気まずくならないドタキャンの理由と断り方│信頼をなくさない方法を教えて!

あなたはドタキャンをしたことがありますか?もしくは、友達や彼氏にドタキャンをされてモヤモヤした経験があるのではないでしょうか。今回は、何日前から約束を断るとドタキャンになるのか、気まずい雰囲気にならないドタキャンの上手な断り方と理由を大公開!さらに、NGな断り方も解説していきます。

やられたら辛い「ドタキャン」について完全網羅

気まずくならないドタキャンの理由と断り方

ドタキャンされた方は嫌な気持ちになりますよね。理由を言わない相手だったり、言い訳をされたりすると不満もたまります。

ですが、場合によっては、どうしても、ドタキャンしなくてはいけないことがあるのも事実。

ここではドタキャン理由や、ドタキャンしてしまう背景はもちろん、どうしてもドタキャンをせざるを得なくなった場合の断り方、使えるドタキャン理由など、細かく解説していきます。

ドタキャンする側の心理もあるため、“ドタキャン”について知りたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。


そもそも、どれくらい前に断ったら「ドタキャン」と認識されるの?

ドタキャンといっても、実はその判断はまちまち。条件や場面、相手、断り方によって異なってきます。

実際のところ、一般認識としてどれくらい前に断ればドタキャンと認識されるのか、細かく見ていきましょう。


パターン1. 前もって予定をわざわざ空けた場合、1週間前に言われても「ドタキャン」と感じる

ドタキャンというと当日、あるいはもう予定が始まる数分前なんてことを考える方もいるかもしれません。

ですが、1か月くらい前から前もって予定を決めていた。それも相手に負担になるような予定、例えば忙しいところを無理に都合をつけもらった、なんて時は1週間前でも断ることを伝えた相手にはドタキャンとしてとらえられることがあります。

不快に感じたという方も多いのではないでしょうか。相手に悪いと思うのであれば、納得してもらえる、しっかりとした断り方、理由をを考えておくべきです。


パターン2. 一般的には2〜3日前に断られたら、ドタキャンと認識する人が多い

もっと一般的な部分では言えば2~3日前に断るとドタキャンだと感じる方が多いようです。

そこまで多忙でなくとも、社会人になれば、家族との時間もあります。なかなか予定は開けづらいもの。

なんとか作った時間を2~3日に前に変えられてしまうと、怒りを感じる、というのが一般的な考えのよう。

ただ、しっかりと連絡を取り、理由を話し謝罪すれば、信頼関係が壊れるような事態になることは防げるでしょう。


パターン3. 前日の夜に断りを入れるのは、ほぼドタキャン

ドタキャン、としてよく挙げられるのは、前日の夜に断りを入れること。比較的時間のある学生さんでも、これは同じでしょう。

予定の内容によっては、事前に予約が必要なものや、負担の大きいものも少なくありません。

断り方、謝り方、理由によっては納得してくれる場合もあります。

ですが、信頼問題に発展する危険性も十分にあります。

これから断りの連絡を入れなくてはいけない、という方はそのあたりを念頭入れておいていただきたいものです。


パターン4. 当日キャンセルは「正真正銘のドタキャン」

当日のキャンセルは、場合によっては信頼問題どころか、人間性を疑われる事態にもなりかねません。

仕事を風邪で休む、というのであれば、そこまで問題はないかもしれません。

ですが、デートや遊びの場合は、相手も待ち望んだものであることも多いでしょう。

断り方、理由によっては、ドタキャンした人と、付き合いをやめたい、と思う場合もあるかもしれません。

ここまでくるとよほどのことでない限り、何を言っても、言い訳、ととられる危険性もあります。

きまずい間柄に代わってしまう可能性もあるでしょう。

やむを得ず、当日キャンセルをしなくてはいけなくなった方はこの辺り、十分に納得しておく必要があります。

【参考記事】はこちら▽


ドタキャンする際に重宝する「理由」や「言い訳」一覧

とはいえ、あまり仲が良いわけでもないのに、遊びに誘われたりしたら、ちょっと断りたくなってしまう、ということあるでしょう。

それに、ケガや病気、家族の不幸などどうしても避けら得ない理由もありますよね。

ドタキャンする場合、ドタキャン理由を言わないのではなく、説明することが大切

というわけで、以下では、どうしてもドタキャンせざる得なくなった場合に使える、理由や言い訳をご紹介していきます。

もちろん、約束を守ることが一番大切です。でも、ドタキャンしてしまうことも、長い人生一度や二度はあるでしょう。

理由を言わないのではなく、仮に違ったものでも、しっかりと相手が納得いく理由を考えることが大切です。


理由1. 当日のドタキャンで一番多いのが「体調不良」

ドタキャン理由の代名詞ともいえるのが体調不良。

本当に体調が優れなくなった、という場合もあるでしょう。ですがつい、使ってしまった、という方もいるのではないでしょうか。

仮に仕事の場面で、体調不良を理由にキャンセルしなくてはいけなかった、という際には疑われたりすることのないよう、しっかり病院に行き、診断書を作ってもらい職場に提出することが大切です。

ただ、友人間のイベントで、ドタキャンのための言い訳として体調不良を使った、という方も少なくはないのではないでしょうか。

こうした場合は、ばれてきまずい関係になるのを防ぐため、ばれないように当日は外出しないなど、対策を講じることも大切です。

これは何もドタキャンの言い訳、としてだけではなく、本当に体調が悪かったけど、途中で回復したという場合にも有効ですよ。


「家族が体調を崩した」も、ドタキャンで多い理由の一つ

前日ピンピンしていて、自分が体調を崩したと良いづらい場合、家族の体調をおもんばかったふりをするのも、ドタキャン理由、言い訳の手法としてよく取られがちなもの。

こちらも本当であれば、しっかりと、診断書を取っておくことが肝心です。

ただ、仮に言い訳として使うのであれば、当然ではなりますが、頻繁に使えば、何かと理由をつけて逃げる人間だと思われ、信頼が損なわれることにもつながります。

どうしてもドタキャンをせざるを得ず、これしか理由を使えないなんて場合はそうそう来ないと思いますので、くれぐれも使う際には注意しましょう。


理由2. 「身内の不幸」もドタキャンで使用される主な理由

ドタキャンをする傾向にある人が、多く使いがちなドタキャン理由の一つが身内の不幸。

ただ、人の死に関する問題です。

デートや先輩との遊びの場面など、ドタキャンする場所、場合によっては、1回で信用を無くすこともあるでしょう。

人の好意を、踏みにじることにもつながるからです

仮に、うその理由として使うのであれば、絶対にばれないようにすることが必要です。

身内に不幸が連続して起きるなど、映画やドラマの世界くらいでしかありませんからね。

逆に、こんなドタキャン理由で相手からよく断られる、という方は相手から相当に軽んじられている、あるいは関係性を断ちたい、と思われている可能性も十分にあります。

こういったドタキャンをされたら、相手との関係性を見直してみても良いかもしれませんよ。


理由3. デートや先輩との遊びをドタキャンするのに使えるのが「急に仕事が入った」

とはいえ、人間、生きていると、どうしてもドタキャンしたくなる場合もあります。人間関係が絡んでくると特にそうだ、という方も少なくないのではないでしょうか。

そうなると大切になってくるのは、相手に嫌な思いを抱かせない、不信感を抱かせない断り方、ドタキャン理由です。

デートや、先輩との遊びで使えるドタキャン理由としてあるのは「急に仕事が入った」というもの。仕事は生きていくために必要なものです。

相手からすれば、それを遮ってまで引き留める理由がありません。

ただ、フリーターや学生さんというのでなければ、予定をすっぽかさなくてはならないほどの仕事が急に入ってくる、ということはほぼないでしょう。こちらも多用するのには十分に注意が必要です。


理由4. 当日にめんどくさい場合「来週じゃなかったっけ?」とぼかして、別日にすり替えるのもアリ

巧みな話術、スルースキルを持っている方であれば、日時をすり替えるという手段もおすすめ。

これは相手も時間に余裕がある場合や、きっちり決めた予定でないという条件付きになります・相手にも嫌な思いをする可能性は少ないですし、ドタキャンしたい側の「めんどくさくなっちゃったなあ」、という欲求を満たすこともできますからね。

ただ話し方がうまくなかったり、親しい間柄ではないという場合はばれる可能性が高いので、ばれないという絶対の自信があるときだけ使うようにしましょう。


ドタキャンしても気まずい思いをせず、穏便に片付く丁寧な断り方とは?

ドタキャンすると出てくるのが人間関係の問題。それは相手だって、大事な予定を急に変更されたくはありませんし、ドタキャンした方も自分がされたらいやでしょう。

断り方が下手だと、気まずい関係に結び付きがちです。

以下では穏便に問題を済ませるための丁寧な断り方を解説していきます。


断り方1. なぜ無理になったかのか、相手が納得する理由をきちんと述べる

まず大切なのは相手が納得できるよう、ドタキャン理由をしっかり説明することです。どうしても、断らざるを得ないような用事があれば、なおのこと。

相手にわかってもらえるよう、しっかりと論理の通った話を心がける必要があります。

断らなければいけないことがわかったら、職場や仕事先など、話す相手によっては、事前にしゃべるドタキャン理由を考えておくのも、良いかもしれません。

電話口で説明する必要がある場合は、メモを作っておくのもおすすめですよ。


断り方2. 心からの謝罪を述べて、すぐに代替日の日程をきる

たとえどんなドタキャン理由であれ、予定を断ることは相手の時間を奪うことにつながります。

しっかりと謝罪の言葉を述べることが大切です。

職場だけでなく、友人間やデートをする間柄の異性、親しい先輩であっても、ここはなあなあにしてはいけません。

相手を軽んじることにつながるからです。

謝った後は、しっかり代替日を設定することで、私も、しっかりこの予定のことを気にかけていたんだ、という気持ちを示すことができます。

加えて、どうしてもやらなくてはならない予定の場合は、相手に対する礼儀として、こちらが再度日程調整をする必要もあることを覚えておきましょう。


断り方3. 前もって費用を払っている場合、キャンセル料などはすぐに払い戻しをする

飲み会やデートでの食事場所、先輩におごってもらうなど、既にお金が動いている場合もあるでしょう。

特に規模の大きい飲み会や食事会では、1人かけたら料金が大きく変わってしまうという場合も。しっかりと相手に謝罪するとともに、キャンセルに関する費用や、その他キャンセルすることで生じてしまった損益は、程度の差はあれ、断った側がしっかりと負担する義務があります。

断った後も親しい間柄でいたいのであれば、ここは忘れてはいけない部分です。


断り方4. 予定が無理とわかった時点で、速やかに断りの連絡を入れる

一番理想的な断り方は、ドタキャンにならないこと。

例えば、予定を決めた後に、どうしてもはずせない用事ができてしまった。

そうなったら、速やかに断りの連絡を入れておきましょう。相手の負担も少なくすることができます。

加えて、相手にも信頼のおける人間だと思ってもらえることでしょう

ついつい忘れてしまうかもしれません。

ですので、忘れないうちにすぐ、なんならきまって数秒で連絡を入れるくらいの素早さが大切になります。


反対に周囲に嫌われるNGなドタキャン理由や仕方

ここまでは、人間として社会人として、断るのであれば当然やるべき、そんな当たり前の断り方をご紹介してきました。

以下ではこんな断り方をしたら一発で嫌われかねない、そんなNGなドタキャン理由、断り方について説明していきます。

ここで紹介するものは、決して、やってはいけないことです。

時間管理にルーズだ、ちょっとドタキャンしてしまいそう、なんて方はきもに銘じておいてくださいね。


1. 待ち合わせ時刻を過ぎた後に、中止のアナウンスをする

ドタキャンといっても時間は守りましょう。待ち合わせ時刻を守らず、相手に迷惑をかけたうえで、さらに追い打ちをかけるように断りの連絡を入れるのはもはや最悪です。

こういった断られ方をされたら、多くの人は自分は軽んじられていると感じますし、今後も付き合いを続けたいとは思わないでしょう。

仮にこういった断り方を続けても許してくれている友人、知人、先輩、恋人がいるのであれば、今一度、その人たちの寛大さに感謝した方が良いでしょう。


2. 無理な理由を明確に言わないまま一方的にドタキャンをする

時間を守っていたとしても、理由をいわない、理由を濁す、となると相手にとっては、何か自分に言いたくないことでもあるのか、と感じるきっかけを与えてしまいます。

デートや先輩との遊びであれば、自分のことを好きではないかもしれない、という嫌な感情を相手に与えてしまう危険性もあるでしょう。

理由を言わないことによって、きまずい関係になる可能性も十分にあります。

見え透いた嘘はだめですが、相手が納得してくれるような理由を伝えるのもマナーとして大切です。


3. 明らかに見え透いた言い訳を述べてしまう

理由を言わないことがだめだからといって、見え透いた言い訳、嘘をつくのは、いけません。

知人が何度も死んだり、よく病気になったり、そんなことを続けていれば、当然信頼は揺らいでいくでしょう

そもそも、見え透いた言い訳を考えなくてはいけないほどの適当な理由でドタキャンしてしまうこともよくありません。

ですが、どうしてもドタキャンしてしまうこともあるでしょう。そんな場合は、誠心誠意、しっかりと相手に理由を説明しましょう。

場合によっては「ちょっと体が疲れてて、面倒になっちゃった」と正直に、気持ちを伝えてみることも、大事かもしれませんよ。


相手の信頼を取り戻すドタキャンした後のアフターケアとは?

ここまででは、ドタキャンをするまでの理由や言い訳の方法について説明してきました。

以下ではドタキャンをしてしまったその後アフターケアについて解説していきます。

仮にしてしまってもここでしっかりと相手に誠意を見せれば、信頼を回復することも十分に可能です。


1. 本当に楽しみにしていた旨を伝え、すぐに別日のスケジュール調整を行う

謝罪することも大切。

ですが、自分も楽しみにしていた、キャンセルするのは心苦しいという、相手と同じ気持ちであることをしっかりと伝える、そんなことも関係性を維持するうえでは大事です。

自分はこんなに楽しみにしていたのに、相手は適当な理由で断った、と思われてしまうと、相手と気まずい関係にもなりかねませんからね。

その際、しっかりと、断る側から、別日のスケジュール調整を申し出ることが必要です。

当然ながら、相手の都合に合わせることが肝心ですよ。


2. 相手との関係を円満に保ちたい場合、身内の不幸や体調不良など、やむを得ない理由で乗り切る

恋人とのデート、先輩から誘われた飲み会など、断った後も相手と円満な関係を保ちたいということも少なからずあるでしょう。

相手との断る前の関係性によっては、正直に理由を話してしまうと、いけないこともありますよね。

最後の手段ではありますが、そういった場合は身内の不幸や体調不良、仕事が急に入ったといったというやむにやまれぬ理由を説明することも、良好な関係を保つ上では必要になってくるでしょう。

くれぐれも多用はしないでくださいね。


ただし、嘘がバレた場合より信頼を失うので、基本は本音を述べるのが無難

こうした理由を多用しない方が良いというのは、嘘がばれた場合、より信頼を失う可能性が高くなるからです。

あくまでも、本当の本当に、こういったやむにやまれぬ理由を使うのは、最後の手段として使用するべきです。

基本的には、正直に自分の現状と断りたくなった気持ちを相手に伝えるのが、無難でしょう。

なぜなら、ドタキャンしてしまった時点で相手からの信頼は揺らぎ始めているからです。


3. 事前予約をしているものなら、キャンセル料をしっかりと払い、ご飯を奢る

飲食店など事前予約、場合によっては支払いが必要な予定をドタキャンしてしまった場合は、キャンセル料や必要分をしっかりと払うことが必要です。

合わせて、アフターケアとして埋め合わせに、次の飲み会では支払いを申し出る、ご飯をおごる、といった対策を講じることも関係性を円満に保つためには重要になってきます。

先輩と後輩、という間柄では必ずしも必要なことではありませんが、「この前は申し訳ございませんでした。次は私が払います」という誠意を相手に伝えるために、おごることを申し出ることは大切ですよ。


万が一「ドタキャン」をした場合は、アフターケアが重要になる

「ドタキャン」はできるならばしてはいけないこと。でも長い人生そういうこともあります。うまく生きていくためには今回説明したような理由、あるいはアフターケアを実践してみてはいかがでしょうか。

またドタキャンされた方はここで説明したように、相手の心理をしっかり把握しておくことが肝心です。

大切に思っていても、相手は自分のことをどう思っているのか、薬草という行為は其れを判断する材料にもなります。

なんか友達がドタキャンするな、と思ったらここで説明したことを心の隅にでも置いておき、今一度関係性について考え直してみるのも楽しく生きていくうえでは大切かもしれませんよ。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事