卑屈になる心理とは?卑屈な人の特徴/自虐的な性格を改善する方法を解説

卑屈な人ってどこにでも1人はいますよね。今回の記事では、卑屈の意味、卑屈な人になってしまう心理や理由、卑屈な人に共通する特徴もご紹介!さらには、卑屈な人であることによるデメリットから、卑屈な性格を直すための方法までお教えしますので、ぜひ参考にしてくださいね。

卑屈なことを言う性格を直したい方へ。

卑屈な人の心理や特徴・性格の改善方法

現実を素直に受け入れられなかったり、かまってほしいと思うことも多い卑屈な人。自分の周りに卑屈な人がいる場合、つい迷惑に感じることもあるかもしれません。

この記事では、「卑屈とは」といった意味の解説から卑屈になってしまう心理や理由、さらには卑屈な人の特徴・デメリットから卑屈な性格を直す方法について解説します。

ぜひこの記事を参考にして、卑屈な性格を直してみませんか。


卑屈とは?卑屈の意味をお教えします。

卑屈とは、自分に対して必要以上に低い評価をしてしまうことを指しています。よく「どうせ自分なんて…」といったことを口にすることも多く、自分に対してネガティブな発言をすることもしばしば。

周りからみて「そこまで蔑まなくてもいいのに」と思うほど自分を低く見積もっている場合は、卑屈な人だといえるでしょう。


「卑屈」と「謙虚」の意味は全く違う!

卑屈と謙虚の意味について迷うケースもあるかもしれません。謙虚は、自分の能力をへりくだって相手を立てることを意味しています。

一方卑屈は、自分を控えめにする点では同じですが、自分に対してマイナスな思考が原因になっています。相手のことを思った上での行動でもないので、謙虚とは大きく異なると考えましょう。


どうして?卑屈になる心理や理由5つを解説!

卑屈になる時、いったいどのような心理や理由が働いているのか気になる人もいるでしょう。ここでは、卑屈になる心理や理由について解説します。

ぜひ参考にして、どういった部分が理由に当てはまるのかしっかりと確認してみてくださいね。


心理や理由1. 素直に現実を受け入れられない

卑屈な人は、失敗した時にその失敗を受け入れられない傾向が強いです。プライドが高いので、立ち直ろうと思ってもうまくできないでしょう。

部屋にこもったり携帯の電源を切ったりして、現実の世界から遮断しようとすることもしばしば。「どうせ自分なんて…」と自己嫌悪になり、どんどん卑屈さが増してしまいます。


心理や理由2. 反省していることを周囲にアピールしている

仕事など何か失敗した時、卑屈な人は周りから嫌われたくないと思うケースもあります。そのため、「自分は反省しています」と周囲にアピールすることもしばしば。

そうやって自分の評価があがることを狙っていることも多く、反省アピールをさらにすることで、周りからもっと気に入ってもらおうとするでしょう。


心理や理由3. 注目されてかまって欲しい

いつも愛情不足なところが卑屈な性格になってしまうケースも。いつも誰かからの愛情を欲しており、誰かにかまってほしいと考えることもしばしば。

そこで「こんな自分なんて」と自分を蔑むことで、他の人から注目されようとするでしょう。「そんなことないよ」と誰かに言ってほしいと考えており、かまってもらうことで嬉しさを覚えます。

【参考記事】はこちら▽


心理や理由4. 周囲と比較し、劣等感を感じている

卑屈になる人は常に自分と他人を比較していることも多く、「人間誰もが違って当たり前」だという認識を持っていません。

そのため、才能や容姿など、様々な点で人と比較することで、「どうせ自分は…」と思ってしまうこともしばしば。

自分の価値を世間一般の価値にすぐに委ねようとするため、自己嫌悪に陥ってしまいやすいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


心理や理由5. 落ち込んで思考停止状態になっている

劣等感などに苛まれて落ち込んだ時、何かに躓いてしまうとどうしていいかわからなくなるのも卑屈な人の大きな特徴だといえます。

周囲が驚くほど落ち込んでしまうことも少なくなく、思考停止状態になるケースも少なくありません。周りが励まそうとしても聞こうとせず、どんどん閉じこもろうとして卑屈さが増してしまいます。


あなたは大丈夫?卑屈な人の11個の特徴から自己診断!

卑屈な人にはそうではない人と比較して、様々な特徴が垣間見れます。いったいどのような特徴があるのか、気になる人も多いのではないでしょうか。

ここでは、卑屈な人の特徴を解説します。ぜひ参考にして、当てはまっていないか診断してみてくださいね。


卑屈な人の「性格」の特徴

卑屈な人には、性格面でも様々な特徴が存在していますよ。ここでは、卑屈な人の性格に関する特徴を解説します。

卑屈な人の性格も非常に様々。ぜひ参考にして、自分の性格を照らし合わせて診断してみてくださいね。


性格1. プライドが高く、自分が大好き

卑屈な人は基本的にプライドが高く、どんな状況においても自分を優先しようとしがち。他人が自分より優れているところを見ると、自分を守ろうとして、つい嘘をついたり言い訳をしてしまうこともあります。

さらに他の人が自分より優れてイラっとしてしまった時は、他人を蹴落として自分の評価をあげようとする可能性も。

【参考記事】はこちら▽


性格2. ネガティブ思考で、被害妄想が激しい

いつも「自分なんて…」とネガティブな思考が身についているのも、卑屈な人ならではの特徴だといえます。何かで失敗した時は、すぐに悲劇のヒロインになろうとすることもしばしば。

卑屈な人は自分のことを可愛く思っていることも多く、あえてリアクションを大きくすることで、周りが何も言えない雰囲気を作ろうとします。

【参考記事】はこちら▽


性格3. 失敗を怖がって行動ができない

卑屈な人はプライドが高く、必要以上に失敗をしたくないと考えていることも多いです。

なにかに挑戦せざるを得ない状況の時、失敗してプライドが傷つくことを恐れてしまいがち。場合によっては、「でも…」などと言い訳をして、その場から逃げようとすることも。

チャレンジしている人を馬鹿にすることも多く、他人を蔑むことで自分を正当化しようとするでしょう。


性格4. 完璧主義者で周囲にも完璧を求める

理想が高いのも卑屈な人ならではの特徴。失敗をいつも恐れているので、「こうしなきゃいけない」といつも高い理想を掲げていることも多いです。

そのため自分はもちろんのこと、他人に対しても同じように完璧を求めようとしてしまいがち。少しでも自分が思う理想から離れた場合、その状況を認めたくないので言い訳することもあります。

【参考記事】はこちら▽


性格5. 過去の失敗を引きずる

卑屈な人は自分に自信がない人も多く、過去の失敗をいつまでも根に持っています。特に過去に大きな失敗をしてしまった時は、同じようなことをするとついその思い出が蘇ってしまうことも。

「自分なんて…」と自己嫌悪に陥ってしまうことで、どんどん自分を責めてしまいがち。時間が経ってもなかなか立ち直れず、落ち込む状態が続いてしまいます。


性格6. 見栄っ張りで恥をかくことを嫌がる

基本的にプライドが高いので、恥をかくことを嫌がることもしばしば。失敗するようなリスクがあるものについては、「どうせ自分には無理」と思ってすぐに諦めてしまいます。

さらに見栄っ張りな部分も持ち合わせており、他人からは「いつもすごいと思われたい」と考えていることも。恥をかかないことで、自分を守ろうとしています。

【参考記事】はこちら▽


卑屈な人の「行動や態度」の特徴

卑屈な人の場合、性格だけでなく行動や態度にも大きな特徴が現れることも。いったいどのような共通点があるのか気になる人も多いでしょう。

ここでは、卑屈な人の行動や態度に関する特徴について解説します。ぜひ参考にして、自分の周りで行動や態度が当てはまっているか照らし合わせてみてくださいね。


行動や態度1. 嫌味や否定的な発言が多い

基本的にネガティブな性格をしているのが卑屈な人の特徴。そのため何か嫌なことがあると、すぐに「自分なんてどうせ」「どうせ私のことが嫌いなんでしょ」などと否定的な発言になりやすいです。

さらに失敗するのも怖いので、何か新しいことをやる時でも、「自分なんてどうせ」とすぐにマイナスな発言をしてしまうでしょう。


行動や態度2. 何かあればすぐに謝る

卑屈な人は、「謝ればことが済む」という考えをしていることも少なくありません。そのため何か自分が悪いことをした時、すぐに謝ろうとしてその場をなんとかしようとします。

相手が「もういいよ」と根負けするまで謝ろうとすることも多く、基本的にプライドが高いので、怒られて自分が傷つくなら謝って自分を守ろうとします


行動や態度3. 新しい事を始めても諦めるのが早い

プライドが高いので、何か新しいことに挑戦することになっても、すぐに諦めて傷つかないようにすることもあります。

卑屈な人は「頑張ってもどうせ失敗する」と思っていることもしばしば。必要以上にリスクを負って恥をかくことを恐れています。頑張ろうとする前にすぐに諦めることで、できるだけ自分をプライドを保って守ろうとするでしょう。


行動や態度4. 自慢話や自分の話ばかりする

卑屈な人は、基本的に自分のことが大好きです。誰かと話している時でも、自分のことを最優先に考えてしまうことも。

そのため「今日こんなことあってさ〜」「この前〇〇買ってさ〜」などと自分の話ばかりして、相手に自分のことを認めてもらおうとすることもしばしば。相手が何か話そうとしても、一向に聞こうとしないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


行動や態度5. 人によって態度がコロコロ変わる

他人が成功したり幸せな様子を見ると、途端に様子が変わってしまうのも卑屈な人ならではの特徴だといえます。

仲の良い友達が仕事で昇進したり結婚したりすると、その幸せな様子を見ることで「どうして自分は…」と自己嫌悪になりがち。

相手を羨ましく感じてしまい、ついその人の嫌味を言ったりして態度がコロッと変わってしまいます。


卑屈な人であることによる4つのデメリット

卑屈な人には、そうではない人と比較して様々なデメリットが存在しています。ここでは、卑屈な人であることによるデメリットについて解説します。

ぜひ参考にして、自分の周りに卑屈な人がいる時はデメリットを照らし合わせてみてくださいね。


デメリット1. 重要な仕事が任せられないため、会社で昇進が遠のく

新しいことを始めようとしても、すぐに諦めてしまうのが卑屈な人の特徴。そのため重要な仕事を任せようとしても、諦め癖がついているので信頼して任せられません

重要な仕事を任せられなくなることで、会社からの評価も上がりにくくなることもしばしば。重要な仕事を他の人がやることで、次第に昇進が遠のいてしまうこともあるでしょう。


デメリット2. 恋愛においても異性からモテない

卑屈な人はいつもネガティブな言葉ばかり言って、自分を傷つけることも多いです。そうした自信のない姿を異性が見た時、つい「頼りなさそう」と思ってしまいモテないこともしばしば。

卑屈な人を好きになって一緒にいたとしても、いつもネチネチした姿に嫌気がさしてしまうので、相手はいい気分になかなかなりません。


デメリット3. 信頼関係が築けないため、周囲から人が離れていってしまう

いつもネガティブな発言をしている卑屈な人。いつも「自分なんて…」と自己嫌悪に陥ってしまうことも少なくなく、次第に周りの人からめんどくさいと思われてしまう可能性も。

卑屈な人は自分のことしか考えていないので、一緒にいても信頼関係が築きにくいです。だんだん周りの人が離れてしまい、そのうち孤独になることも多いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


デメリット4. 人間関係のトラブルが増える

卑屈な人はマイナス思考になっているケースもしばしば。そのため悪気がなくても、つい相手の嫌味を言ってしまうこともあります。

嫌味を言った時、相手がイラっとしてしまうことも多く、最悪の場合喧嘩に発展する可能性も。卑屈な人の何気ない一言で、人間関係のトラブルが増えやすいのもデメリットとして挙げられます。


どうすればいい?卑屈な性格を直す5つの方法

自分が卑屈な性格をしているなと思う時、なんとかして改善したいと思う人もいるでしょう。ですが、どうやって直せばいいのか、悩んでしまう人も少なくないはず。

ここでは、卑屈な性格を直す方法について解説します。ぜひ参考にして、卑屈な性格を改善してみてくださいね。


方法1. 言い訳をやめ、素直に周囲の意見を聞く

卑屈な人は、言い訳をして自分のプライドを守ろうとすることも多いはず。そこでおすすめしたいのが言い訳をしないこと。

何か自分が悪いことをした時、言い訳をするのではなく、すぐに謝ることを意識してみてください。

そうやって自分の非を認めるよう意識することで、次第に自分自身としっかり向き合えるようになり、卑屈さが改善されますよ。


方法2. 周囲と比較して優越感を感じる事をやめる

いつも周囲と比較して劣等感に苛まれることで、自分を蔑んで卑屈になってしまいます。そこで「自分と他人は違うんだ」と割り切った考え方を持つことで、自然と卑屈さが改善される可能性も。

他人だけでなく、自分にしかない良さも持っています。自分のいいところにしっかりと目を向けることで次第に比較しなくなり、優越感や劣等感もなくなるはず。

【参考記事】はこちら▽


方法3. 中途半端に仕事を投げ出さず、最後まで責任を持って取り組む

卑屈な人はできるだけ自分が傷つきたくないので、すぐに諦めようとしてしまうことも多いはず。

「自分にはできない」と思うのではなく、成功するしないといった考え方を捨てて、とりあえず最後まで取り組むよう意識してみてください。

しっかりと最後まで取り組むことで、仮に成功しなかったとしても達成感が得られるはず。達成感を積み重ねることで自然と自信がついて、卑屈さが改善されますよ。


方法4. フラットにコミュニケーションを取り、良好な人間関係を築く

コミュニケーションの取り方を意識することで、卑屈さが改善される可能性も。卑屈な人は、基本的に独りよがりになっていることもしばしば。

フラットにコミュニケーションをとろうとすると、相手のことを自然と考える必要があります。

「どうすれば円滑に会話できるか」と相手基準の考え方にシフトすることで、自然と周りを見渡せるようになり、卑屈さが改善されるはず。


方法5. 恋をして、本気で自分を変えるきっかけを作る

卑屈な性格を直す方法として、恋愛をするのもおすすめの方法の一つだといえます。恋愛で好きな人ができると、その人のために本気で自分を変えようとすることも。

相手にもっと好きになってもらおうとして、ネガティブな表現をなくしていこうと思えるはずですよ。

恋愛にどんどんのめり込めば、相手のことを第一に考える機会が多くなり、卑屈な性格が消えていくでしょう。


卑屈な考え方を直して、性格がいい人になりましょう。

ここまで、「卑屈とは」といった意味の解説から、卑屈になってしまう心理・理由、さらには卑屈な人の特徴を解説しました。

卑屈な人の性格も非常に様々。もし自分が卑屈だと思った時は、相手を尊重して素直になることが大切です。ぜひこの記事を参考にして、卑屈な性格を直してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ