ひとりぼっちになる原因&対処法とは?寂しい思いをしないための方法も解説

ひとりぼっちで寂しいと感じる瞬間ってありますよね。今回の記事では、寂しいと感じる瞬間、ひとりぼっちになってしまう理由から、寂しい時の対処法を解説!さらには、今後ひとりぼっちで寂しい思いをしないための方法までお教えします。ぜひ記事を読んで参考にしてくださいね。

ひとりぼっちになってしまう理由を知りたい方へ。

ひとりぼっちになる原因&対処法

気がついたら周りの人たちはそれぞれグループができていて、自分だけひとりぼっちになっていたという経験をしたことはありませんか?

ひとりぼっちはやっぱり寂しいものですよね。今回はひとりぼっちになる原因や対処法について徹底解説していきます。

寂しい思いをしないための方法についても合わせて紹介していくので参考にしてくださいね。


ひとりぼっちで寂しいと感じる7つの瞬間とは

ひとりぼっちは他の人に気を遣う必要がなく気楽ですが、どことなく寂しさを感じてしまいますよね。様々なシーンでひとりぼっちになってしまう瞬間がありますが、それはどのような場面なのでしょうか?

ここではひとりぼっちで寂しいと感じる瞬間を7つピックアップして紹介していきます。ひとりぼっちになりがちな人もそうでない人もまずはチェックしていきましょう。


寂しい瞬間1. 一人で夜ご飯を食べている時

食事は誰かと一緒に食べた方が美味しいと感じますよね。とはいえ、様々な事情によって1人で夕食を食べなければならない時があるでしょう。

一人暮らしの人はもちろん、帰宅時間が家族バラバラで1人で食べることになってしまうなど、その理由は様々。

一日を締めくくる夕食くらいは誰かと一緒に会話をしながら食べたいと思っても、様々な理由からそれが叶わないことも多いのです。


寂しい瞬間2. 体調を崩して看病して欲しい時

一人暮らしの人にありがちなシチュエーションですが、体調を崩して看病して欲しい時に誰もそばにいてもらえないことってあるものです。

体調が崩れるといつも以上に寂しさが募るもの。誰かに助けてもらいたい時にこそ人恋しくなりますよね。

食事や買い物など、普段は難なくできることも体調が悪いと出きなくなってしまうこともあるので、出来れば誰か側にいてもらえるのが理想でしょう。

【参考記事】はこちら▽


寂しい瞬間3. 落ち込むような出来事があった時

原因は様々でしょうが、落ち込むような出来事があった時には、誰かに側で励ましてもらいたいですよね。

特に落ち込むような出来事があった日の夜は、気持ちがどん底まで落ち込んでしまうことも。夜になるとマイナス思考になりがちなので、誰かと一緒に過ごせればベストでしょう。

どうしても誰かと過ごしたい時にひとりぼっちになってしまうと、より寂しさが募るものです。


寂しい瞬間4. 喜びを分かち合いたい時

辛かった出来事の反対として、とても嬉しい出来事があった時にも誰かと一緒に喜びを分かち合いたいですね。

1人で黙って喜びをかみしめるのも良いですが、やっぱり誰かと一緒に明るくパーッとした気分で楽しみたいもの。

盛り上がりたい時なのに、気軽に呼べる友達が居ない状態だと、いつも以上に寂しさが募るでしょう。


寂しい瞬間5. クリスマスやバレンタインなどのイベント事の時

クリスマスやバレンタインなどの恋人と過ごすイベントは、言うまでもなくひとりぼっちで過ごすのが辛いイベント。場合に寄ってはイベントの存在自体が辛くなってしまうこともありますよね。

恋人はもちろん、一緒にデートを楽しめそうな異性の友達も居ないとなると、家の中に引きこもって一人の時間を過ごすことになるでしょう。


寂しい瞬間6. 部屋に一人でいる時

部屋に一人で過ごしていると、ふとした瞬間にさみしさを感じてしまうことがあります。部屋の中には自分一人しか居ないので、声を出して話す必要もありません。

誰にも邪魔されず、一人で静かな時間と向き合うことができるため、憧れる人が多い一方、毎日の生活が一人の時間が中心だとひとりぼっちの時間が寂しくなってしまう人もいるようです。


寂しい瞬間7. 友人が家族や恋人と過ごしているのを見た時

一人で過ごすことに慣れてしまうと、一人で過ごすのが当たり前になって何の寂しさも感じない人も居るでしょう。

そんな人でも、友達が家族や恋人と過ごしているのを見た時には、人恋しい気持ちになることがあります。

特に恋人がいない人や家族とは離れて暮らしている人の場合、友達の姿をみて家族の温もりを思い出し、「一人だと寂しいな…」と感じてしまうことがあるようです。

【参考記事】はこちら▽


ひとりぼっちになってしまう7つの理由は何?

気がつけばいつもひとりぼっちで過ごしているという人は、なぜひとりぼっちになっているのか気付いていますか?

ここではひとりぼっちになってしまう理由を7つピックアップして紹介していきます。いつも一人で過ごしている人は特にチェックしてみましょう。


ひとりぼっちになる理由1. 恋人ができないから

恋人がいると、仕事が終わったあとや休日などは、恋人と一緒に過ごすことが多いですよね。ひとりぼっちになってしまう人には、恋人ができないのが理由になっていることも。

特に失恋した後で恋人がいない状態だと、一人でいることに慣れず、心にぽっかり穴が開いたような気持ちで、さみしさを感じやすくなってしまいます。


ひとりぼっちになる理由2. 仲の良い友人がいないから

学校の中などでは、ついいつも仲良しの友人に囲まれて過ごすことが多いでしょう。いつも一緒にいた友人とずっと一緒に居られれば幸せでしょうが、様々な理由によって難しいのが現状です。

環境の変化があるといつまでも仲良しの友人と過ごせないでしょうし、そもそも元から仲良しの友人がいないという人もいます。

いつも一緒に過ごしてくれる仲の良い友人がいないとひとりぼっちになる事が多くなります。


ひとりぼっちになる理由3. 兄弟がいないから

兄弟は小さなころからずっと一緒に成長してきた仲間ですよね。良いときも悪いときも、家族として一緒の時間を過ごしてきた兄弟は、寂しい時に駆けつけてくれる力強い味方です。

一方で兄弟がいない人は、友達感覚で一緒に過ごせる家族がいないため、ひとりぼっちになることが多くなってしまいます。

兄弟がいないと子供のころから一人で過ごすことに慣れてしまっている場合もあるでしょう。


ひとりぼっちになる理由4. 妻や夫と離婚してしまったから

今まで人生を共にしてきた妻や夫などと離婚してしまった時、直後はすっきりとすることも多いですが、少し時間が経つと人恋しさを覚えてしまうことがあるでしょう。

パートナーが一緒だと、疲れた時には自分を労ってくれたこともあったでしょうが、離婚すると労ってくれる人はもういません。しばらくは一人を楽しむくらいの余裕をもって過ごせれば理想的でしょう。


ひとりぼっちになる理由5. 配偶者が亡くなってしまったから

人の死は突然やってくるもの。昨日まで普通に一緒にすごしていたのに、ある日突然大切な人を失ってしまうこともありえる話です。

人生を共にしてきた配偶者が亡くなってしまうと、ひとりぼっちになってしまいます。

失恋した時のように、次を探せばいいという気持ちにはなかなかなれないため、しばらくはひとりぼっちで過ごすことになるでしょう。


ひとりぼっちになる理由6. SNSによって人間関係が希薄化したから

スマホがあれば手軽に友達と連絡ができるSNS。直接顔を合わせなくても合って話しているかのようにテンポよく会話ができるのが魅力です。

だからこそ、友達の数は増えても一人一人とは深い付き合いにはなりにくい特徴があります。

気軽に連絡がとれるからこそ、人間関係が希薄化したことにより、実際にはひとりぼっちにだと感じる人も多いようです。


ひとりぼっちになる理由7. 人見知りで、出会いの場に行かないから

人と接するのが苦手な人というのはどこにでもいるものです。特に初対面の人と会話をするのが苦手だと、出会いの場には自ら行くことがほとんど無いでしょう。

積極的に出会いの場に行かないため、新しい人間関係が増えるきっかけもありません。

今まで仲良くしてくれていた友達の環境が変わったりすると、一緒に過ごせる仲間が減ることもあるため、ひとりぼっちになることも考えられます。

【参考記事】はこちら▽


ひとりぼっちで寂しい時の15個の対処法を解説!

どうしてもひとりぼっちになることが避けられない時ってあるものです。そんな時には色々な方法で寂しさを紛らわせてみましょう。

ここではひとりぼっちで寂しい場合の対処法を15個ピックアップして紹介していきます。


寂しい時の対処法1. 両親に電話をかけてみる

ひとりぼっちで寂しくなった時には、自分を育ててくれた両親に電話をしてみましょう。懐かしい声を聞いたら、思わず涙が出てくるほど安心できるでしょう。

両親はどんな状況であれ子供のことを受け入れてくれるもの。寂しい時には電話をすれば話を聞いてくれる両親は、いつでも安心して頼れる存在なので、ひとりぼっちでも安心してやっていけそうですね。


寂しい時の対処法2. テレビをつけて気を紛らわす

一人で過ごしていると当たり前ですが部屋の中が静かになってしまいますよね。静かな部屋にいると、何となく孤独な雰囲気が増していくような感覚に陥ります。

そんな時にはテレビをつけて気持ちを紛らわせてみてください。テレビの中からはいつも賑やかな声や映像が映し出されてくるので、寂しい心を紛らわすのにぴったりですよ。


寂しい時の対処法3. 好きな趣味に打ち込む

ひとりぼっちの時間は何もやることがないとただただ長く感じてしまうもの。寂しさを紛らわすためには何か夢中になれることに挑戦するのもおすすめ。

好きな趣味があれば思い切って打ち込めるのもひとりぼっちならではの環境です。一人でも充実した時間を過ごせるようになるため、没頭できそうな好きなことを探してみると良いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


寂しい時の対処法4. 読書をして寂しい気持ちを忘れる

ひとりぼっちで寂しくなった気持ちを忘れるためには、気軽にできる読書がおすすめ。本さえあればいつでもどこでも気分を紛らわすことができます。

本は作品の数だけ異なる世界観が楽しめるのも魅力。つい読みふけってしまうような物語から、自分の知識を増やせる参考になるものまで、幅広いジャンルが楽しめます。

お金をかけずに気軽に楽しめる趣味なので、寂しさを忘れたい時におすすめですよ。

【参考記事】はこちら▽


寂しい時の対処法5. 寝て気持ちを切り替える

ひとりぼっちで寂しい時間は過ぎるのが遅いですよね。寂しい時間を忘れるには思い切って寝ることで気持ちを切り替えてみましょう。睡眠は気持ちをリセットするためにも効果的です。

何もかも忘れて思い切って眠ることで、気持ちがリフレッシュ出来るのはもちろん、体もしっかりと休ませることができるので、体調も万全に整いますよ。


寂しい時の対処法6. お風呂に入り、リフレッシュする

寂しい気持ちは身も心もリフレッシュして紛らわせるのもおすすめ。手軽に気分転換を図るならお風呂が最適です。

お気に入りの入浴剤などを入れて、ゆっくりと湯船に浸かることで、体も気持ちもすっきりリフレッシュするでしょう。

いつもは忙しくてシャワーだけで済ませている人も、あえて湯船につかることでストレス解消にも効果的ですよ。


寂しい時の対処法7. カラオケに行って、思いっきり歌を歌う

ひとりぼっちの寂しい気持ちを紛らわせるには、何もかも忘れて思い切りはしゃいでみるのも良いでしょう。

最近は一人カラオケを楽しむ人も多いため、カラオケに行って思い切り好きな歌を歌うと気分が紛れること間違いなし。

好きな曲を誰に気兼ねなく好きなだけ楽しめるのは、ひとりぼっちならではの楽しみ方ですよ。


寂しい時の対処法8. 友人を誘い出しご飯に行く

ひとりぼっちで寂しいならば、思い切って友人を誘い出して食事に行ってしまいましょう。誰かと会うことでひとりぼっちの寂しさが解消できます。

気の合う友人と美味しい食事を楽しめば、ひとりぼっちで寂しかった気持ちもどこかへ消えているはずです。

誘いに乗ってくれる友人の存在を感じられれば、ひとりぼっちで寂しさを感じても心強いでしょう。


寂しい時の対処法9. 映画やドラマを見て感情移入する

気分を紛らわせるためにぴったりなのが、映画やドラマを見て世界観に入り込むこと。とにかく夢中になって作品を見ることで感情移入すれば、ひとりぼっちで寂しいことなどすぐに忘れられます。

誰かと一緒に観ていたら、その人の事も少しは考え無くてはならないため、作品の世界に没頭できるのもひとりぼっちだからこそできる楽しみ方ですよ。


寂しい時の対処法10. お笑い番組を見て、思いっきり笑う

ひとりぼっちで寂しい気持ちは大きな声で笑って忘れましょう。お笑い番組を見ることで、何も考えずに素直に笑えるはず。

笑いは人を幸せにするパワーがあるので、寂しい気持ちも笑いのパワーでどこかに飛んで行ってしまうでしょう。

お笑いが好きならお気に入りの芸人さんのDVDなどを常備しておけば、いつでも笑いを楽しめるのでおすすめです。


寂しい時の対処法11. ジムで筋トレをする

寂しくてどうしようもない気持ちになった時には、ジムに出かけて筋トレをしてみましょう。無心になって体を動かすことで汗をかいて前向きな気分になれます

気持ちがリフレッシュするだけでなく、心地の良い疲労感で家に帰ってからも気持ちよく休むことができるでしょう。

また、ジムで筋トレすればボディメイクにも効果的なので体型を整えられ、寂しさも忘れられるなど一石二鳥ですよ。


寂しい時の対処法12. 旅に出かけ、視野を広げる

気持ちを切り替えるためには新しい環境に飛び込んでみるのも良いでしょう。思い切って旅行に出かけて新しいものを感じて視野を広げるのもおすすめです。

旅先では日常で感じられない様々な体験ができます。見るもの全てが新鮮で気持ちもリフレッシュできるでしょう。

泊りで旅行にいく時間が取れない人は、日帰りで少し遠出をするだけでも効果的ですよ。


寂しい時の対処法13. ブログや日記を書く

自分の気持ちと向き合うためには、ブログや日記を書くのもおすすめ。書くことで改めて気が付かなかった自分の思いや考え方に気づかされることがあります。

自分の気持ちを整理できるので、趣味としてパソコンやスマホを触るのが好きなら、ブログや日記を書き始めてみましょう。

また、ブログの場合は読者ができれば交流することも可能です。自分の考えを発信して共感してくれる人がいれば、ひとりぼっちでも心強いですよね。


寂しい時の対処法14. 部屋の掃除をして身の回りを綺麗にする

ひとりぼっちで寂しくてモヤモヤした気持ちは、部屋の掃除をして身の回りを綺麗すれば気持ちも部屋もすっきりリフレッシュできます。

部屋の掃除をすればその間は夢中になれるため、ひとりぼっちの寂しさを忘れることができるでしょう。

寂しくて仕方のない時にこそ、普段できないような大掛かりな掃除に挑戦してみるのもおすすめですよ。

【参考記事】はこちら▽


寂しい時の対処法15. おしゃれをして気分を上げる

寂しい気持ちを紛らわせるなら、おしゃれをして気分を上げるのも効果的。好きな洋服を着てメイクをしておしゃれをすれば、不思議と気持ちが盛り上がってくるでしょう。

手持ちのワードローブで新しい着こなし方を研究してみるのもおすすめ。あれこれ試しているうちに新しいおしゃれが見つかるだけでなく、気持ちも紛らわせることができますよ。


今後、ひとりぼっちで寂しい思いをしない5つの方法

ひとりぼっちで寂しい気持ちになると、その瞬間はとても辛い思いになるでしょう。できれば辛い経験は何度もしたくないですよね。

ここでは今後ひとりぼっちで寂しい思いをしないための方法を紹介していきます。


ひとりぼっちにならない方法1. 休日はとにかく暇な時間を作らない

暇な時間があると色々なことを考えすぎてしまうもの。休日はとにかく暇な時間を作らないように予定を入れるようにしましょう。

ドライブを楽しんだり、カフェ巡りをしたり、自分のために贅沢に時間を使えるのもひとりぼっちならでは。

趣味などを作っておけば、無理に予定を作らなくても自然に出かける予定ができるのでおすすめです。


ひとりぼっちにならない方法2. 趣味などのコミュニティに参加をして、居場所を作る

ひとりぼっちで寂しさを感じるのは、世の中で自分の居場所がないと感じることも一理あるでしょう。

趣味などのコミュニティに参加することで、その中で自分の居場所ができれば充実したひとときを過ごせます。

また、趣味を通してのコミュニティであれば、集まる人とは共通の話題で盛り上がれるのも魅力。人見知りで出会いのきっかけがない人でも参加しやすいでしょう。


ひとりぼっちにならない方法3. 身だしなみを整え、第一印象を上げる

他人から良い印象を持ってもらうためには、見た目の第一印象が大切。そのためにはまず身だしなみを整えて第一印象を上げることから始めてみましょう。

ひとりぼっちで寂しいのであれば、誰か親しくなれそうな出会いを探すのも良いですが、人から良い印象を抱いてもらうためにも、身だしなみを整えて第一印象を磨きましょう


ひとりぼっちにならない方法4. 出会いの場に足を運び、好きな人を作る

好きな人ができるとそれだけで孤独を感じにくくなるものですよね。合コンや街コンなど、気軽に参加できる出会いのイベントのように、思い切って出会いのきっかけになる場に足を運んでみるのもおすすめ。

一人で参加するのは気が引けるのであれば、友達にお願いして付き合ってもらうのもあり。気軽な気持ちで参加したほうが自然体の自分をアピールできますよ。

【参考記事】はこちら▽


ひとりぼっちにならない方法5. 価値観を共有できる友人を作る

ひとりぼっちで寂しいなら、同じ時間を共有できる友人がいれば充実した時間を過ごせるでしょう。

価値観の違う人と過ごすのはどちらか一方がどちらかの価値観に合わせなければならず、一緒に過ごしていても疲れてしまいます。

自分と同じような価値観を持つ友人であれば、お互いに気兼ねない付き合いができるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


周りと上手くコミュニケーションをとって、ひとりぼっちから脱却しよう!

今回はひとりぼっちになる原因や対処法について詳しく掘り下げてきました。

一人暮らしをしている人はもちろん、家族と一緒に生活をしていても、職場や学校で「自分はひとりぼっちだ」と感じることはあるでしょう。

寂しさに襲われる時もあるでしょうが、今回紹介した内容を参考にうまく対処できれば、きっと乗り切れますよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事