投げやりな態度になる人の心理とは?全て投げ出したくなった時の対処法も紹介

投げやりな態度になる人の心理を知りたい人へ。本記事では、投げやりな態度になる人の心理から、投げやりになった時の対処法まで大公開!投げやりに鳴ってしまった人のへの接し方も解説していますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

投げやりになる人の心理|どうして適当な態度になっちゃうの?

投げやりになる人の心理や特徴

そんなに難しい仕事でも、退屈な仕事でもないのに、なぜか投げやりな態度を隠そうともせず仕事を処理してる人っていますよね?

なぜ、そんなに投げやりな態度を取るのでしょうか?

まずは、投げやりな態度を取ってしまう人の心理について、一つずつチェックしていきましょう。


投げやりな態度になる人の心理1. どうせ上手くいかないと思っている

まだ結果がわからないうちから、上手くいかないと思い込んでしまっている場合、つい投げやりになってしまいます。

「いくら資料を作り込んだって、どうせ、このプレゼンとおるわけないし。やるだけ無駄なんだよな。」

など、自分で失敗すると決め付けているため、努力するのが時間の無駄、努力するだけの結果は得られないと思っているのです。


投げやりな態度になる人の心理2. とにかくやる気が起きない

ただ単に寝不足で疲れていたり、目の前の仕事に飽き飽きしていたり、はたまた、考えるだけでゾッとするほど仕事が多すぎたりする場合、やる気が起きず投げやりな態度になってしまいます

「昨日の接待のせいで、睡眠時間2時間かよ。しかも二日酔いだし。それで、この決算書類の山って。まじ勘弁してよ。」

などと、やる気が無い時はつい投げやりな態度になってしまうのです。


投げやりな態度になる人の心理3. 自己嫌悪に陥っている

自分のことを否定してしまう気持ちで一杯になっていると、自分が行うことに対しても無意識のうちに投げやりな行動をとる心理です。

「どうせ私なんか、営業成績だって最低だし。新規アポだって取れてもドタキャンされてばっかりだし。」

などと、自己嫌悪の塊になってしまうと、仕事にもプライベートにも全てにおいて消極的になってしまいます。

だって、上手くいく事なんて何もないんだもの。

そんな気持ちで心がいっぱいになっているため、どうしてもしなくてはならない事に対して投げやりになるのです。


投げやりな態度になる人の心理4. かまって欲しい

自分の今の状態を誰かに知って欲しい、「どうしたの?なんかあった?」とかなんでもいいから自分の事を気にかけて欲しい。

そんな心理から、わざわざ投げやりな態度をとって、周囲に自分の事をアピールするのです。

例えば、これみよがしの大きなため息を何度もついたり、書類を大きな音を立てて置いてみたり、はたまた、キーボードを乱暴に叩いてみたり。

はっきりと口に出して「かまって欲しい!」とは言えないために、態度で示しています。


投げやりになってしまう人の特徴|どんな共通点があるの?

すぐ投げやりになる人と、滅多に投げやりにならない人っていますよね?

なぜ、すぐに投げやりになってしまうのでしょうか?

ここからは、投げやりになる人に多くみられる特徴について、一つずつチェックしていきましょう。


投げやりな態度になる人の特徴1. 理想が高く、完璧主義

投げやりになってしまう人って、実はとっても真面目な性格。

そのため、全てにおいて完璧に仕上げたい。

そんな高い理想を常に掲げているのです。

しかし、人間だもの。そう毎回理想通り完璧にできるわけではありません。

投げやりになってしまう人は、その真面目さゆえ、自分の理想通りの完璧な結果が得られないと分かった途端に、全てにおいてやる気を失い投げやりになってしまいます


投げやりな態度になる人の特徴2. 自信がなく、自己肯定感が低い

自分自身に対しての自信があまりない人は、ほんのちょっとした事で、すぐに自信を無くしてしまいます。

「やっぱり、自分にはチームリーダーなんか無理だったんだよ。自分にできるわけがないのに。」

などと、自信の無さからつい投げやりな態度と行動に出てしまうのです。

このタイプの人は、他人から褒められても、そもそもの自己肯定感が低いため、投げやりな態度もなかなか改善できません。


投げやりな態度になる人の特徴3. 生きがいや人生の目標がない

生きがいや人生の目標は、毎日の生活にハリと潤いをもたらしてくれるもの。

しかし、特にやりたい事や楽しみにしている事がない。

ただ毎日、会社と自宅の往復だけ。週末はひたすら寝てるだけ。

そんな生活だと、何をやるにもただ機械のこなすだけになってしまいます。

そして、楽しいと思える気持ちが全くないため、どうしても投げやりになってしまうのです。


投げやりな態度になる人の特徴4. 打たれ弱く、自分を責めてしまう

すぐ投げやりになってしまう人は、実は、心がちょっぴり弱いため、誰かにネガティブな事を言われたり、うっかりミスをしてしまったりすると、すぐに凹んで自分を責めてしまうという特徴があります。

「発注ミスまたしちゃったよ。この仕事やっぱり向いてないよ。部長めっちゃ怒ってたし。もう、仕事辞めたほうが良いのかなぁ。」

などと、ひたすら自分を責めて責めて責めまくり殻に閉じこもって投げやりになってしまうのです。


投げやりな態度になる人の特徴5. めんどくさがりで忍耐力がない

我慢する力が他の人よりも少ないのが、投げやりになる人の性格。

些細な事でもすぐにめんどくさがって、やる気を無くしてしまいます。

「え〜、もう日報作るの飽きたな〜。どうせ、毎日同じような事しか書かないし。いっその事、全部、コピーして日付だけ変えればいいんじゃね?」

などと、適当に済まそうとしがち。しかし、仕事になるとそう簡単に手を抜けないので投げやりになって嫌々処理するのです。


投げやりな態度になる人の特徴6. 行き当たりばったりで、計画性がない

投げやりになる人の中には、物事を順序立てて進める事がとっても苦手な性格に人もいます。

とりあえず、目の前にある事をその時の気分で片付けるため、とっても行き当たりばったり。

集中力が続くよう計画を立ててから取り組むなんて、もっての他。

そのため、すぐに気分が乗らなくなり、投げやりになるのもとっても早いのです。


投げやりな態度になる人の特徴7. 熱しやすく、冷めやすい

自分が興味がありそうな事や面白そうな事には、パッと集中するのが投げやりな人。

そして、一気に集中する反面、その集中が切れるのもとても早いのです。

要するに、熱しやすく、冷めやすい人。

そのため、一度集中しても自分の気分が満足してしまえば、あとは流れ作業。

投げやりに片付けていくだけになってしまうのです。


投げやりな人への対処法|どうすれば改善するの?

投げやりになることに慣れてしまった人は、仕事でもプライベートでもすぐに投げやりになってしまいます。

では、そんな投げやりな人とは一体どのように接するのが良いのでしょうか?

ここからは、投げやりな態度になりがちな人との上手な対処法や接し方をチェックしていきましょう。


投げやりな人への対処法1. 話を聞いてあげる

一口に投げやりになるといっても、投げやりになる原因や理由は人それぞれです。

「なんか今日いつもと違うけど、どうしたの?何かあった?」

などと、まずは、話を聞いてあげましょう。

ポイントは、「今日、なんか投げやりだよね?」などと、直球で聞かない事。

投げやりな人は、イライラしていたり凹んでいたりと気持ちが穏やかではありません。

そのため、投げやりである事を、他の人に指摘されると思わず反発して口をつぐんでしまう可能性があります。

声をかける時は、相手の事を心配してますよという雰囲気を前面に押し出して話を聞いてあげましょう。

心の内を吐き出して、すっきり気持ちが落ち着けば、投げやりな態度も改善されますよ。 


投げやりな人への対処法2. 優しく接してあげる

自己嫌悪の塊になってしまって、いろいろと投げやりになってしまっている人には、優しく接してあげましょう。

「どうせ、自分なんてダメな奴なんだ!」と、自己否定の気持ちでいっぱいになってしまっているので、叱咤激励するのは傷口に塩をグリグリ塗り込むようなもの。

ますますやさぐれて投げやりになってしまう可能性があります。

自己肯定感がある程度復活するまで、ひたすら優しく接してあげましょう。


投げやりな人への対処法3. リフレッシュする時間を取るように促す

職場の人間関係や、職務への重圧などから、心も身体も疲れ果てて投げやりになってしまっている人には、一度しっかり休むように促しましょう。

しっかり休んで、ストレス解消する事で投げやりだった自分から抜け出す事も可能となります。

しかし、心身ともに疲れすぎていると、自分が投げやりになっている事にすら気がつかない事もあるので、その場合は、周囲の人がそれとなく指摘した上で休みを促すのも良いでしょう。


投げやりな人への対処法4. 距離をおいてそっとしてあげる

投げやりになっている人全てが、他の人に手を差し伸べて欲しいわけではありません。

ある程度、気が済むまで投げやりでいたい人もいるのです。

そんな人がいたら、付かず離れずの程良い距離から、優しく見守っておいてあげましょう。

ただ、そっと見守るだけ。手を出したくなっても我慢しましょう。

自分の心の中で、自分1人できちんと解決できたら、徐々に投げやりな態度も緩和していくので、それまで距離をおいておくという対処法です。


投げやりな人への対処法5. おすすめの本やYouTubeを紹介する

投げやりになっている人は、周囲が見えなくなっている場合があります。

自分と自分自身を取り囲むネガティブな環境にしか目が行かなくなり、ますます投げやりになってしまうのです。

そんな人には、別の視点がある事をさりげなく教えてあげるのも良いでしょう。

おすすめは、その人の考え方とは少しだけ違う物の見方をしている本やYoutubeなどを紹介する事。

自分と正反対の物の見方の場合、ギャップがありすぎて、受け付けてくれない場合もありますが、少し似た部分がある場合は、投げやりな人も興味を持ってくれやすくなりますよ。


投げやりな人がいたら、その原因を取り除いてあげよう。

何かにつけて投げやりになる人は、その人の人生そのものに意味が見出せず、投げやりになっている可能性があります。

投げやりになっている原因や理由は人それぞれなので、まずは、なぜ投げやりになっているのかを知る事が大切です。

そして、投げやりになっている人が、本当はどうしたいのか?他の人とどう接したいのか?などを知り、適切な対応をしていきましょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事