幸せになりたい人へ。幸福度が高まる瞬間&幸せになる方法7つを解説

幸せについて知りたい方へ。今記事では、幸せの意味や感じる瞬間から、幸せな人の特徴や幸福度を高めて幸せになる方法まで詳しくご紹介します。さらに、幸せじゃない人の特徴や不幸に感じる理由も徹底ガイド!ぜひ参考にして、幸福度の高い幸せな人生を歩んでくださいね!

あなたにとって幸せとは?幸せになる方法を徹底解説

幸福度が高まる瞬間&幸せになる方法8つ

忙しない毎日を過ごしていると、「幸せって何だっけ?」とふと感じる瞬間ってありますよね。仕事で失敗したときや失恋したときは、特に自分にとっての幸せがわからなくなりがち。

そこでこの記事では、幸せの定義から幸せだと感じる瞬間やタイミング、さらには周りからみて幸せそうな人の特徴から幸せな人が行っている行動や習慣について、幸せを徹底的に解説します。

幸せになるのに条件なんてありません。幸せじゃないと感じる瞬間についてもあわせて解説しているので、幸せになりたい人はぜひ参考にして、幸福度を高めてみてくださいね。


大前提として「幸せ」の意味とは

そもそも「幸せ」の定義について疑問に思っている人もいるはず。幸せとは、心が満たされている状態のことを指しています。

大きな喜びや満足感を覚えたときに「幸せ」だと思うことが多く、幸せと感じるかどうかは人によって異なります。たとえ同じような状況で他人が幸せだと思っていても、自分が幸せだと思わなければ、幸せとはいえません。


どんな時に幸福度が高まるの?人が幸せと感じる瞬間やタイミング7つ

いったいどのようなタイミングにおいて、人は幸せを感じやすいのでしょうか。ここでは、人が幸せだと感じる瞬間やタイミングについて解説します。

幸せかどうか最近よく悩んでいるという人は、ぜひ参考にして自分に当てはまっているか確認してみてくださいね。


タイミング1. 美味しいものを食べている時

コンビニの弁当など普段あまり贅沢なものを食べていない時、ちょっぴり豪華なレストランに行けば「こんなに美味しいもの久しぶりに食べた」と幸せに思うはず。

それだけでなく、疲れたときの食事も幸せを感じやすいです。仕事が終わってから美味しいものを食べていると、生きている実感を味わいテンションが上がってしまうことも。


タイミング2. 目覚ましをかけずに好きなだけ寝られる時

毎日仕事で忙しいと、朝ゆっくり起きたくても出勤しなければなりませんよね。眠くても起きなければならず、満足に寝られないのでストレスが溜まってしまうことも。

ですが休みの日であれば、寝たいだけ寝られるのでストレスも溜まりません。そのため朝起きた時、「よく寝られたなぁ」とつい幸せを感じやすいといえます。


タイミング3. 好きな人と一緒に過ごしている時

一人でいる時は開放感を味わえることで幸せを感じやすいですが、好きな人と一緒にいることでしか味わえない幸せも存在します。

好きな女性と一緒に映画に行ったりお酒を飲んだりしていると、「もっとこの人と一緒にいたい」と思うこともしばしば。ドキドキして思わずときめいてしまうことも多く、幸せを感じるでしょう。


タイミング4. 人の役に立ち、周囲から感謝された時

人の役に立つことをして感謝された時、嬉しさとともに充実感を覚えるので幸せを感じやすくなります。

仕事で取引先の人から感謝されたり、知らない人から道を聞かれて案内してあげたり、誰かの役に立って感謝されることで「やって良かったな」と自分を誇らしく感じることもしばしば。ついテンションが上がって嬉しくなるはずですよ。


タイミング5. 気心の知れた友達や家族と楽しい時間を過ごしている時

友達とランチをしたり、夜に家族で様々な話をしていたりする時も幸せを感じやすい瞬間の一つ。付き合いが長い人と一緒に過ごしていると、自然とリラックスして心が穏やかになるでしょう。

「ずっとこの状態が続けばいいな」と思ってしまう人も少なくなく、日々のストレスが自然と発散しやすいと言えます。


タイミング6. 趣味や好きな事に没頭している時

自分の好きなことをしている時は、思わず時間が経つのを忘れるほど没頭してしまいやすいです。

その世界に浸っている時は、日常の嫌なことなども全て忘れられることも多く、楽しさで心が埋め尽くされているので幸せだと感じやすいでしょう。

写真を撮ったり野球観戦をしたり、何時間も同じことに没頭する人も少なくありません。


タイミング7. 新しい経験や価値観に触れて感動した時

何か新鮮味を感じたときも、人は幸せを感じやすいといえます。日々全く同じような時間を過ごしていると、新しいことが何もないので退屈に感じてしまい幸せだと思いにくいこともしばしば。

新しいチャレンジをしたり、旅行に行ったり、新しい刺激を受けて感化されると新鮮味を感じやすく、幸福感や充実感を感じやすいです。

【参考記事】はこちら▽


周りから見ていて幸せそうと感じる人の特徴8つ

周りを見渡してみると、「この人幸せそうだな」と思うこともあるでしょう。幸せそうに見える人には、いったいどのような特徴があるのでしょうか。

ここでは、周りから見ていて幸せそうだと感じる人の特徴について解説します。


幸せな人の特徴1. 仕事や趣味など、自分の好きな事をやって生きている

仕事や趣味など、自分の好きなことをやっていると人間はイキイキする傾向にあります。自信が表に出るようになり、そのポジティブな姿が自然と相手に伝わるもの。

そうした自信に満ちた姿を見ることで、周りの人は「幸せなんだろうな」と感じやすいでしょう。自分の人生をしっかりと生きている姿に、かっこよさを感じる人も少なくありません。


幸せな人の特徴2. プラス思考で常にポジティブで明るい

いつも幸せそうに見える人は、どんな時でも前向きな考え方をしている傾向が高いです。ポジティブなサイクルを作ることが得意な傾向にあり、たとえ辛いことがあっても諦めることなく前を向いて頑張ろうとすることもしばしば。

ネガティブな要素を周りに見せることもなく、ポジティブなオーラをいつも放っているので、周りからは幸せに思われやすいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


幸せな人の特徴3. 自分の気持ちに正直で素直に生きている

幸せそうに見える人は、自分にも他人にも嘘をつきません。自分にとって大切なことが何かしっかりとわかっているので、どんな時でも自分の気持ちに正直にいることが多い傾向に。

正直なので「いいな」と思ったらすぐに相手を褒めるのもポイント。周りはそのまっすぐな心に惹かれやすく、自然と周りに人が集まりやすいので幸せそうに見えるでしょう。


幸せな人の特徴4. 気持ちの切り替えが早く、過ぎたことを気にしない

周りから見て幸せそうな人は、「あの時こうしておけば良かった」などと後悔することも少ない傾向に。基本的に現在もしくは未来のことしか考えていないので、過去のことをいちいち気にしません。

そうした前向きな考え方に周囲は潔さを感じやすいはず。いつも前を向いている姿にかっこよさを感じて、幸せそうだと思ってしまいます。


幸せな人の特徴5. 常に笑顔を絶やさず楽しそうにしている

いつも笑顔で楽しそうに見える人を見ると、「悩みなんて何もないんだろうな」と思うようになり、幸せそうに見えてしまいます。

またいつも笑顔でいる人は、自然と周りにもポジティブな影響を与えやすく、周りを自然に笑顔にすることもしばしば。いつもその人の周りは笑顔が絶えないので、周りからいつも愛されて幸せな人に思われやすいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


幸せな人の特徴6. 自分の長所や好きな事を自覚している

自分ことをしっかりとわかっている人は、「自分はこういう人」だと自覚しています。そのため周りの評価に左右されることもなく、自分のすべきことをわかっていることもしばしば。

しっかりと自分に芯を持っており、その堂々とした姿を見て魅力的に感じてしまいます。なかには輝いて見えてしまう人も少なくなく、「あの人みたいになりたい」と羨ましく思われることもあるでしょう。


幸せな人の特徴7. 恋人や友達など、好きな人に囲まれて生活している

その人の周りの環境を見ることで、幸せそうだなと判断するケースも少なくありません。恋人や友達などいつも好きな人に囲まれていると、笑顔など自然とポジティブな表情になりやすいです。

そうした姿を見ていると、その愛されている姿に微笑ましく思うもの。羨ましさと同時に「幸せそうだな」と感じることも多いです。


幸せな人の特徴8. 自分の夢や目標を叶えている

やりたい仕事に就いたり、行きたいとこにでかけたり、自分の夢を叶えてきた人は自然と自分に自信がつくもの。

成功体験を持っているので、「自分なら大丈夫」とどんな時でもポジティブに考えており、周りにもその自信が伝わりやすいです。

周りから見ると非常にキラキラして見えて、「いつもイキイキとしているな」と幸せそうに見えて、つい羨ましく感じる人もいるでしょう。


反対に、幸せじゃないと感じる人の特徴5つ

反対に、人はどういう時に「幸せではない」と感じるのでしょうか。ここでは、反対に幸せじゃない人の特徴について解説します。

最近悲しい出来事ばかりで幸せだと思わない人はぜひ参考にして、自分に当てはまっているかどうかチェックしてみてくださいね。


幸せじゃない人の特徴1. マイナス思考で何事もネガティブに捉えてしまう

いつも幸せだと感じない人は、基本的にネガティブな性格をしているケースが多いです。たとえ嬉しい出来事があっても、「何か裏があるに違いない」などネガティブに考えてしまうこともしばしば。

すぐにマイナス思考になることで自分を苦しめることも少なくなく、プラスに考えることがほとんどないのでいつも不幸せに感じています。

【参考記事】はこちら▽


幸せじゃない人の特徴2. 過去の失敗をいつまでも後悔し続けている

自分のことを幸せではないと思う人は、いつまで経っても過去に執着していることもしばしば。何か自分に不都合なことが起きると、すぐに「あの時こうしておけば良かった」などとすぐに後悔してしまいます。

後悔はしても反省して前に進もうとしないので、また同じ過ちを繰り返して、ますますネガティブになり、不幸だと思ってしまうでしょう。


幸せじゃない人の特徴3. 卑屈な性格で「楽しい」「嬉しい」と素直に口にできない

その人自身の性格によって、自分が幸せだと思えないケースもあります。何か楽しい出来事に遭遇したとしても、卑屈な性格だと素直じゃないので思ったことを口にできません。

必要以上に自分を蔑むことも少なくなく、ちょっと落ち込むと「何をやってもダメなんだ」と思うようになり、ますます自分で不幸せな状態にしてしまいます。


幸せじゃない人の特徴4. 人の陰口や不満など、ネガティブな言葉ばかり口にする

自分のことを幸せではないと思う人は、他人の幸せな姿を見ても素直に喜べません。例えば周りに恋人ができて幸せそうにしている人がいた時、「でもあの人、性格悪いからなぁ〜」などと他人の粗探しをすることもしばしば。

いつもネガティブな言葉で他人を妬んだり不満を言ったりすることも多く、幸せなことに目を向けようとしないので、幸せとは感じにくいです。

【参考記事】はこちら▽


幸せじゃない人の特徴5. 自己肯定感が低く、自分の事が好きじゃない

自己肯定感が低い人は、基本的に自分に自信を持っていません。「私なんて…」と心の中でいつも思っており、すぐに周りと比較してしまうこともしばしば。

他人と比較して相手のいい部分を見ることで、「あの人はあんなに素敵なのに」とますます落ち込んでしまいます。そうした負の連鎖がどんどん続くことで、自分のことが嫌いになり幸せだと思わなくなるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


理由は何なの?幸せに感じられない4つの原因を解説

幸せだと思わない時、そこには様々な理由が考えられます。いったいどのような原因が、幸せから遠ざけているのでしょうか。

ここでは、幸せに感じられない原因について解説します。ぜひ参考にして、当てはまっているかどうかチェックしてみてくださいね。


幸せを感じない原因1. 自分と他人を比べて劣等感を感じているから

幸せをあまり感じない人の中には、常に他人と比較している人も多いです。他人の幸せそうな姿を見ることで、「あの人はあんなに幸せそうなのに、自分なんて…」などとマイナス思考に陥りがち。

世間一般的に見れば幸せそうに見える人であっても、自分より上の立場の人と常に比較することが多いので、いつまで経っても幸せだと思わないでしょう。


幸せを感じない原因2. 現実から目を背けて、自分の人生を好転させようと努力していないから

努力をせずにいつも他人を羨ましがっている人も、幸せを感じない人の大きな特徴。「幸せになりたい」とは思っているものの、実際に行動を起こすことをめんどくさいと思っています。

「幸せになりたいな」といつも思って現実から目を背けることも多く、他人の幸せそうな姿を見ることでつい妬んでしまうことも多いでしょう。


幸せを感じない原因3. 自分で人生のピークを過ぎたと思いこんでいるから

いつまでも昔のことを引きずっている人も、幸せを感じられない原因の一つ。特に若い時が楽しすぎた場合、「この先は辛いことしかないのではないか」とつい悲観的になってしまうこともしばしば。

そのため、現在のことにしっかりと目を向けられず、いつまでも過去の楽しいことに浸ろうとするので幸せに感じられないでしょう。


幸せを感じない原因4. 収入が低く、お金がなくて自己実現できないから

経済的な要因が原因で、幸せに感じられないケースも存在しています。もし「これがやりたい」と思うことがあっても、お金に余裕がないとできない可能性も。

お金がないと自己投資できる金額も限られてしまうので、結局やりたいことができなくなってしまいます。次第にストレスが溜まってしまい、幸せに感じられなくないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


ぜひ参考にしたい!幸せな人が行っている行動や習慣とは

いつも幸せそうに見える人には、様々な行動や習慣を持っています。いったいどのような行動や習慣があるのか気になる人も多いはず。

ここでは、幸せな人が行っている行動や習慣について解説します。ぜひ参考にして、「いいな」と思うものがあれば意識してみてくださいね。


幸せになる習慣1. 日頃から感謝の気持ちをきちんと伝えている

いつも幸せな人は、思ったことをしっかりと口に伝えるよう意識している傾向に。何かしてもらった時に「ありがとう」と言うことで、言われた人だけでなく、言った本人も嬉しく感じやすいです。

「ありがとう」の数を増やしくていくことで、自然と感情もポジティブなものになりやすく、幸せだと感じるケースも増えやすいといえます。


幸せになる習慣2. 自分の欲望や気持ちに正直に行動している

いつも幸せそうにしている人は、自分に対していつも素直に行動している傾向に。そのため「お腹が空いたら食べる」「眠いと思ったら寝る」など、感情をそのまま行動に移すこともしばしば。

自分を我慢させることがほとんどないので、ストレスが溜まることも基本的にありません。そのためネガティブな感情になりにくく、幸せな状態を維持しやすいです。


幸せになる習慣3. 自分にご褒美を用意したり、毎日の生活で楽しみを作っている

いつも幸せな人は、自分を律する部分を持ちながらも、たまには自分を甘やかすことも忘れません。

仕事を頑張った日には、奮発して食後にスイーツを食べたりお気に入りの入浴剤でお風呂につかったり、オンとオフをはっきりさせながら自分で楽しみを設けています。

自分を労わればリフレッシュできるので感情がポジティブになりやすく、幸せな状態になりやすいでしょう。


幸せになる習慣4. 前向きで幸せな人とだけ行動を共にしている

人間は周囲の環境に影響を受けやすい生き物です。そのためいつも不幸せだと思う人と一緒にいれば、自然と自分自身も不幸せに感じてしまうもの。

一方でいつも幸せな人の場合、幸せな人同士で一緒にいることがほとんど。お互いのプラスの影響を与える環境にいるので気持ちも前向きなものになりやすく、幸せを感じやすいといえます。


幸せになりたい!幸福度が高めて幸せになる7つの方法

幸せになりたいと思っても、ついついネガティブに物事を考える癖がある人は、どうやって改善していけばいいかわからないですよね。

そこでここでは、幸福度を高めて幸せになる方法について解説します。ぜひ参考にして、自分にとっての幸せを見つけてみてくださいね。


幸せになる方法1. やりたい事や叶えたい目標を設定する

幸せを感じずにいつもモヤモヤ感がある人の中には、自分のやりたいことがはっきりとしていない可能性も。将来の展望などがはっきりしていないので、自分がどうすればいいのかわからずネガティブな思考に陥ってしまっています。

やりたいことや叶えたいことをはっきりさせることで、「ここに向かって頑張ろう」と自然にポジテイブな状態になりやすく、幸福感が高まりやすいです。


幸せになる方法2. 日頃から笑顔で過ごすことを心がける

普段の表情を意識するだけで、幸福度が高まりやすく幸せだと思いやすくなります。人は嬉しい時、自然と笑顔になりますよね。普段から笑顔を意識することで、勝手に楽しい気分になることも少なくありません。

笑顔でいることに慣れていない人は、まずは鏡の前で笑顔の練習をしてみるのもアリ。普段から笑顔を意識すれば、次第に笑顔になることに抵抗がなくなり、幸福感を感じやすくなります。

【参考記事】はこちら▽


幸せになる方法3. 心から好きと思える人と恋愛を楽しむ

恋愛をすることで、幸せな状態になるケースも多いです。仕事などで何か嫌なことがあっても、恋人がいれば愚痴を聞いてもらったり慰めてもらったりされやすいので、心が癒されて幸せを感じやすいはず。

さらに何か苦しいことがあっても、恋愛をしていれば「この人のために頑張ろう」と前向きな考えになりやすく、頑張って乗り越えようとするでしょう。


幸せになる方法4. 我慢せず、自分の気持ちに正直になってみる

いつも相手にあわせて自分を押し殺してしまうと、ストレスも溜りやすいのでついイラっとしてしまったりネガティブ思考になってしまいがち。

相手にあわせるのではなく、自分の気持ちに正直になれば、ストレスも溜まりにくいです。自分らしく生きることでポジティブな感情も自然と生まれるようになり、幸福感が増すでしょう。

【参考記事】はこちら▽


幸せになる方法5. 睡眠時間を毎日しっかり確保して、常にエネルギッシュな状態に体をキープする

幸福感を高めたい時は、睡眠時間をしっかりと摂取することも大切なこと。いつも睡眠不足な場合、ストレスが溜りやすいのでイライラしたり、マイナス思考になったりすることもしばしば。

睡眠時間をしっかり摂取することで気分もリフレッシュしやすく、身も心もエネルギッシュな状態を保つようになり、ネガティブ思考になりにくいでしょう。


幸せになる方法6. 恋人や友人、家族との時間を大切にする

友人や恋人など、人との関わりも幸せに結びつきやすい大切な要素だといえます。いつも身近にいる人をおざなりに接していれば、関係性もギクシャクしてしまいストレスも溜まりやすくなるはず。

恋人や友人など、いつも周りにいてくれる人との時間を大切にすることで、自然と笑顔になる時間も増えて幸福感が高まるでしょう。


幸せになる方法7. 周囲の目を気にせず、自分の人生を歩むことに集中する

いつも周りと比較してしまうと劣等感に駆られてしまい、「自分なんて…」と落ち込んでしまうこともしばしば。

一人一人、人生は異なります。自分の人生を歩むことを常に意識しておくことで、自然と周りが気にならなくなるはず。

劣等感といったマイナスな感情もどんどんなくなり、「頑張ろう」と前向きな感情になり幸福感が高まります。

【参考記事】はこちら▽


自分の幸せは何か、じっくり考えてみて。

ここまで、幸せの定義から幸せだと感じる瞬間やタイミング、さらには周りからみて幸せそうな人の特徴から幸せな人が行っている行動や習慣まで解説しました。

周りから見て「幸せそうだな」と思う人は、他人と比較することなく自分の人生を生きています。幸せになりたい人は、ぜひこの記事を参考にして、どんどん幸福感を高めてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事