楽しい人生の歩み方|退屈な人生の終止符を打つ“幸せな生き方”とは

人生は一度きりだからこそ、楽しく充実した日々を過ごしたいですよね。そこで今回は、楽しい人生を送る人の特徴から、人生が楽しめない人の特徴や原因、人生を楽しむ方法まで詳しくご紹介します。ぜひ参考にして、後悔のない満足度の高い人生を歩んでくださいね!

楽しい人生を送りたい方へ。

人生について把握すべきポイント&自分の人生を楽しむ方法

世の中には人生を満喫している人もいるし、つまらないと感じながら人生を送っている人もいます。たった一度きりの人生なのですから、できるだけ幸せで楽しい人生を満喫したいですよね。

今回は、人生を思いっきり楽しめるように、人生を満喫している人の特徴と、退屈に感じやすい人の特徴を比べ、人生を大いに楽しむ方法を考えていきましょう。

楽しく幸せに溢れた人生を築くために、ぜひ役立ててくださいね。


そもそも「人生」とは具体的に何なのか?

人生とはシンプルに言うと「人が生きている」ということ。

生きている時間や、その中で感じたり経験したりすることを総合したものが「人生」なのです。

どんな人でもたった一度きり与えられた、かけがえのない瞬間の積み重ねが「人生」とも言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


人生について考える前に把握しておきたい3つのポイント

自分の人生について悩んだり、考えたりすることは、誰にでもあります。多くの人は人生の中で成功を求めたり、幸せを求めたりしますが、どんな人生を理想とするのかは人それぞれです。

ここでは、人生について考える前にぜひ把握しておきたい、重要なポイントをご紹介します。


ポイント1. 人によって退屈、楽しいなど、人生の過ごし方や価値観は異なる事を理解する

どんな人生を理想とするのかは、人によって違います。他人の価値観や尺度では、その人の人生の良し悪しを測ることは難しいのです。

どんな人生を過ごしたいのか、何を幸せと感じるのか、人生に対する価値観は人それぞれ。幸せな結婚をして家族に囲まれていることを幸せを感じる人もいれば、独身でも夢に向かって邁進できている人もいるでしょう。

人生を考える時に他人の意見に流されないようにするのはもちろん、周囲の人にも自分の価値観を押し付けないようにすることが大切です。


ポイント2. 一度きりの人生だからこそ、自分の感情に素直に生きたほうが充実した日々を過ごせる

人生は誰にとっても一度きり。一度きりの人生だからこそ、他の人の価値観に惑わされたり、年齢、性別、学歴などを理由に夢を諦めたりするのは勿体ないことです。

自分のやりたいことは何なのか、自分が充足感を得られることは何なのかを突き詰めていくことが、人生を楽しむコツ。たとえ挫折を味わってもいつまでもクヨクヨすることなく、将来に向けて新たな挑戦をしていくことが大切です。

自分の感情に素直になって、本気で好きと思えることに向かって邁進している人こそが、人生を謳歌できるというものです。


ポイント3. 人生に正解はないため、自分が楽しく、幸せに過ごせることを念頭に置いて毎日を過ごす

長い人生の中には何かを選択しなくてはならない時や、困難に立ち向かい行く先が見えずに困惑してしまう時があるでしょう。そんな時、自分は何をしたら良いのか、何が正しいのかと答えを探ろうとします。

しかし、「自分にとっての人生とは」と考える時に、全ての人に当てはまる正解など存在しないということを念頭に置いてください。

正解がないからこそ、人生は良くするのも悪くするのも自分自身。自分が楽しく幸せに過ごせることを念頭に置いて毎日を過ごせば、充実した愉快な人生を築くことができるのです。


見ていて羨ましい!幸せで楽しい人生を過ごしている人の特徴とは

いつも生き生きとしていて、人生を謳歌している人っていますよね。人生を思いっきり楽しんでいて幸せそうな人は、羨ましく感じるもの。

そんな幸せで楽しい人生を過ごしている人には、どんな特徴があるのでしょうか。


楽しい人生を送る人の特徴1. 仕事とプライベートをバランスよく両立している

人生を最大限に楽しむためには、仕事の時間もプライベートの時間も、両方が充実していることが理想。仕事ばかりだけでプライベートを疎かにしていても、プライベートばかりが充実していて仕事がおざなりになっていても、中途半端な人生になってしまいます。

幸せで楽しい人生を過ごしている人は、仕事とプライベートのバランスを取るのが上手です。どちらも自分の人生とってかけがえのないこととして大切にしているので、仕事でもプライベートでも満足感を得ることができるのです。


楽しい人生を送る人の特徴2. 自分のやりたい事をやっている

幸せで楽しい人生を過ごせている人は、あらゆる物事を自分主導で進めます。やりたい事はやる、やりたくない事はやらないという潔さを持っています。

義務感でやらなくてはと感じる事や、他人から押し付けられた事は極力避けて通り、自分がやりたい事、楽しいと感じる事を優先しています。

ただの自己満足と言われることがあっても、自分のやりたい事をやっているのだから楽しく感じられるのです。


楽しい人生を送る人の特徴3. いつも明るく、笑顔が絶えない

人生を楽しんでいる人は基本的にポジティブ思考の持ち主。いつも明るく、ニコニコと笑顔が絶えません。「笑うかどには福来たる」とも言われるように、笑顔の多い人は、自然に幸運を引き寄せます。

また、そのような明るい人の周りには、似たようなポジティブ思考の人たちが集まります

持ち前の明るさや笑顔でさらなる幸運を招き、より良い仲間にも恵まれるため、人生がさらに楽しく愉快なものになるのです。

【参考記事】はこちら▽


楽しい人生を送る人の特徴4. 一生涯の友達やパートナーが側にいる

人生を楽しんでいる人の側には必ずと言って良いほど、誰よりも自分の生き方を理解してくれる人がいます。

結婚している人なら配偶者であったり、恋人であったり、親友であったりと人それぞれですが、何でも打ち明けることができ、時には厳しいアドバイスもくれる良き理解者であるのが共通です。

そんな一生涯続く親友やパートナーとは、長い人生で起こる楽しいことも辛いことも一緒に分かちあえるため、お互いの人生をより楽しく充実したものにできるのです。


楽しい人生を送る人の特徴5. 自分の人生を誇りに思っており、自己満足している

物事は捉え方によって大きく変わります。他人からどう言われようと「自分の生き方に満足している」と言える人は、人生を楽しめている人。自分が選んできた選択肢に大きな悔いがなく、今の自分に満足しているのですから、人生を謳歌していると言えるでしょう。

また、人生を楽しんでいる人は、自分のこれまでの人生を誇りに思っている傾向にあります。たとえ完璧な人生ではなくても、「あのことがあるから今がある」というポジティブな捉え方ができているから。自分の人生を誇りに思えるのです。


楽しい人生を送る人の特徴6. 気持ちの切り替えが上手で過ぎたことを気にしていない

長い人生の中には、失敗をしたり挫折を味わったりすることもあるはず。結婚生活が上手くいかなかったり、仕事に不満を抱いたりすることもあるでしょう。しかし、そんな時にズルズルとそのままの状態を続けたり後悔ばかりしていては、次のチャンスを見逃してしまうかもしれません。

人生を楽しむことができる人は、失敗した時に素早く見切りをつけ、気持ちを切り替えることが上手です。良いことも悪いことも過去に起こった出来事にはこだわり過ぎず、どんな出来事も人生の大切なレッスンとして捉え、前に進むことができるのです。


楽しい人生を送る人の特徴7. 人生に夢や目標を設定しており、日々努力を重ねている

幸せで楽しい人生を送っている人は、きちんと将来の夢や目標を持っています。将来へのビジョンがしっかり見えていると、夢や目標を達成するためには、何をどの順番でするべきなのかという計画も立てやすくなります。

その計画に沿って、日々努力を惜しまず行動していくことができます。日々の努力が人生の大きな夢や目標に繋がり、自己満足できる人生を送ることができるのです。


反対に人生があまり楽しくないと感じてしまいやすい人の特徴

いつでも口にするのは不平や不満ばかりで、自分の人生は退屈で楽しみがないと感じてしまう人もいますよね。人生が楽しくないと感じる人は、何が原因でそう感じてしまうのでしょうか。

ここからは、人生があまり楽しくないと感じてしまいやすい人の特徴をご紹介します。


人生が楽しくない人の特徴1. 保守的で新しいことに挑戦していない

人生を楽しめない人は保守的な傾向にあります。保守的な性格の人は伝統を大切にする一方で、新しいことにチャレンジするのが苦手。やったことがないから、聞いたことがないからと、何か面白そうなことが目の前にあっても、なかなか飛びつくことができないのです。

保守的な人の人生は平穏で安定している代わりに、刺激や新鮮味に欠ける傾向にあります。人生を思いっきり楽しむためには、新しいことや面白そうなことに飛びつく積極性が不可欠。保守的な人の場合は、興味をそそられることがあっても見逃してしまうため、人生を楽しむことができません。


人生が楽しくない人の特徴2. 人生の目標を見失っている

人生の目標がないまま毎日を過ごしているのでは、人生に張り合いを感じられないのは当然です。先のことをしっかり見定め目標を持てる人は、努力をすることにモチベーションを持つことができ、目標へ向かって邁進することで達成感を得たることもできます。

しかし、目標を見失った人は、毎日の生活に意義を見出すことができず、人生がつまらなく感じてしまうのです。


人生が楽しくない人の特徴3. 楽しいことや辛いことを共有できる友達がいない

人生がつまらなく感じる原因は、人間関係にあるかもしれません。毎日の生活の中で、楽しい出来事や面白い出来事があったとしても、共有できる友達がいなければ、その楽しさや面白みも半減してしまいます。また、辛い出来事があった時も、側にいて支えてくれる友達や辛さに共感してくれる友達がいなければ、なかなか克服することはできません。

楽しい事や辛いことを一緒に味わってくれる友達がいない人生は寂しく、孤独感に溢れたものになってしまうのです。


人生が楽しくない人の特徴4. やりたい事があってもお金がない

お金持ちでなくても充実した人生を送っている人はいますが、あまりにもお金がない場合、諦めなくてはいけないことが多くなってしまいます。毎日生活するのに精いっぱいなようでは、嫌な仕事でも我慢して働かなくてはいけないし、本当にやりたい事があってもチャレンジできません

「人生はお金ではない」というのは、お金に余裕があるから言えること。人生はある程度お金がないと、心から楽しむことは難しくなってしまいます。


人生が楽しくない人の特徴5. 仕事で心身ともに疲弊している

仕事があまりにも激務な人や仕事だけが生きがいという人は、仕事ばかりに時間と労力を吸い取られてしまっている人が少なくありません。

来る日も来る日も働きバチのような生活を送っていては、心身共に疲弊してしまいます。プライベートの時間を疎かにしてしまい、人生そのものを楽しむ余裕を失ってしまいます

人生を豊かに楽しむためには、何のために仕事をしているのか、自分の生き方を考え直してみてください。

【参考記事】はこちら▽


何が理由なの?人生を思う存分楽しめない原因

「何をしても楽しくない」「人生がつまらない」と感じる気持ちをは、どこから生まれてくるのでしょうか。人生に楽しみや面白みを見出せないのは、何が原因なのでしょうか。

ここからは、人生を思う存分楽しめない理由を深く探ってみます。


原因1. 同じ日々の繰り返しで、人生に刺激やスパイスが足りないから

毎日同じ時間に起きて同じ仕事をこなすだけといった、ル−ティーン化した生活は面白みに欠けるもの。日々の生活の中で新しい発見も少なく、刺激やスパイスに欠けた人生になってしまいます。

そして、単調な生活を長年続けていくと、次第にいろいろな物事に対する興味や関心が薄れていきます。同じことを繰り返すだけの生活の中で無気力感が増し、ますます刺激のないつまらない人生になってしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


原因2. マイナス思考で何事もネガティブに考えてしまうから

同じことを体験しても、ある人は楽しいと感じ、ある人はつまらないと感じることが少なくありません。

楽しいか楽しくないかは、実は心の持ち方次第。マイナス思考の人は物事をガティブに捉えてしまう傾向があり、自分で自分の人生をつまらないものにしています。

何事に対しても楽しくないこと、つまらないことに意識が向いてしまうので、人生を思う存分楽しめないのです。

【参考記事】はこちら▽


原因3. いざという時にアクションが起こせず、チャンスを見過ごしてしまうから

行動力の欠如や積極性のなさも、人生を思う存分楽しめない原因です。何か面白そうなことや楽しそうなことに遭遇しても、周りの視線を意識したり、深く考えすぎたりして、いざという時に素早く行動に移すことができません

グズグズしているうちに人に先を越されたり、チャンスそのものを失ってしまったりして、後悔ばかりが残ってしまうのです。


原因4. 自分のやりたい事をやれていないから

毎日が忙しく仕事やプライベートが充実しているように見えても、自分が心からやりたいと感じている事でなければ虚しいだけ。たった一度の人生を思う存分楽しむためには、何事も自分主導で進めていくことが大切です。

他人から与えられた目標をこなしてたり、義務感だけで動いていたりしているだけでは、どんなに大きな成功を掴んでも充足感は得られません。自分のやりたい事をやるというシンプルな原則が、人生を思う存分楽しむためには欠かせないのです。


どうすれば楽しめる?人生を謳歌するための方法とは

人生がつまらないと思っている人が人生を楽しむためには、どんなことに気を付けたら良いのでしょうか。ここからは、人生を謳歌するための7つの楽しみ方をご紹介します。自分の人生をより楽しく面白いものにするために、役立ててください。


楽しみ方1. 興味のあることは、まず一度やって判断する

人生を楽しんでいる人は、行動力がある人です。何か興味を持てること、楽しそうなことを見つけたら、取り敢えずやってみるという姿勢が大切

挑戦してみて上手く行かなかったり、自分には合わないなと感じたりすれば、いつでも途中で辞められます。しかし、最初から挑戦してみなければ、どんなチャンスも手に入れることはできないのです。


楽しみ方2. 後悔しないよう、毎日を大切に生きることを心がける

人生とは日々の積み重ねです。人生を楽しむためには、一日一日を楽しむことが大切。毎日の生活が満ち足りていて、日々の幸福感を得られているのなら、その積み重ねが長い人生の中では大きな充足感となって実を結びます。

毎日を大切に生きることを心がけることで、自分の人生そのものを大切にしていくことができるのです。


楽しみ方3. 自分の人生で叶えたい目標をしっかりと設定する

人生で何かを達成したいなら、しっかりとした目標を掲げることが大切。人生で叶えたいと願っている目標が見出せなければ、何に努力をして良いのか、何に情熱をかければ良いのかを見失ってしまいます。

人生の目標をしっかりと設定することで、日々の生活で何をすべきなのかが見え、その目標に向けて計画していくことができるのです。


楽しみ方4. いざという時に体が動くように、日頃から健康に気を配る

「体が資本」と言われるように、人生を謳歌するためには健康な体が不可欠。どんなに大きな成功を収めていても、健康に不安があるようでは、人生は思う存分楽しむことはできません。

また、健康に自信がないと与えられたチャンスを十分に活かすことができないことも。いざという時にチャンスをものにできるように、普段から健康には気を配りましょう。


楽しみ方5. 失敗やミスをしても次への糧にしてすぐ切り替える

人生は山あり谷あり。時には失敗やミスをおかしてしまうこともあるでしょう。そんな時、いつまでもクヨクヨと悩んだり、後悔ばかりしていては、次のチャンスも見失ってしまうかもしれません。

失敗やミスがあっても人生の糧と考えるように心掛けましょう。気持ちをすぐに切り替えることができれば、人生をより豊かに楽しいものにしていけます。

【参考記事】はこちら▽


楽しみ方6. 周囲の目や顔色を気にせず、自分の感情に従って生きる

人生とは自分自身で決めていくもの。周囲の目や顔色は気にせず、自分がやりたいことや楽しめることを行いましょう。自分の感情に従って生きるということは、他人の価値観に惑わされないということです。

他人の評価を気にせず、その時々で自分にとってベストなことを選択していくことで、より充実した人生を築いていけますよ。


楽しみ方7. 家族や友達、恋人など、周囲の人を大切にする

人生を最大限に楽しむためには、喜びや楽しさを共有できる相手が欠かせません。いくら人生の目標に向かって努力をしているからといって、家族、友達、恋人など自分の周りにいる人をないがしろにしてしまっては、元も子もありません。

人生の中で成功を収めた時に一緒に喜んでくれる相手がいれば、喜びが倍増します。逆に苦難に立ち向かった時は、共に悲しみ、励まし、支え合えることでしょう。そんな周囲の人を大切にすることで、自分の人生をより謳歌していけるのです。


幸せな人生を歩むには?人生を楽しむ5つのコツ

たった一度きりの人生だからこそ、幸せな人生にしたいもの。幸せな人生を歩んでいくためには、具体的には何をしていけば良いのでしょうか。

ここからは、今すぐ実践できる人生を楽しむ5つのコツをご紹介します。


コツ1. やりたい事リストを作成するなど、人生設計をしっかり練り直す

充実した毎日を送っている人は、人生の満足度も高いもの。人生の中でやりたい事をリストにしたり、夢や目標を達成するためにやるべき事を書き出すなど、人生に対するビジョンをしっかり持ちましょう。

人生設計を考える時は、短期、中期、長期という視点で練り直すのがおすすめ。今やるべきこと、今年中にやっておきたいこと、数年で実現させたいことなどを意識して生活することで、充実した毎日が充実した人生へと繋がっていくのです。


コツ2. 自分の本気で好きな事や興味のあるものを見つける

いくら仕事や家族のためといっても、自分のやりたくない事、幸福感をもたらしてくれない事に多くの時間を割いていては、たった一度きりの人生を無駄にしているようなもの。現在の人生に不平や不満を抱いている人は、自分は一体何がしたいのか、自分が好きだと感じる事は何なのかを、今一度見直してみましょう。

何をしている時に幸福感を得られるのか、自分の本気で好きな事や、興味のあるものを探してみてください。


コツ3. 憧れの人の生き方をロールモデルにしてみる

周りに人生を満喫している人がいて素敵だなと感じたら、自分の人生の中でお手本にできるところがないか探ってみましょう。また憧れの有名人の著書を読むなど、人生を謳歌している人の生き方をロールモデルにしてみるのも良いでしょう。

もちろん、いくら憧れの人でも生き方をそのまま真似するのではなく、自分らしさを付け加えることも忘れずに

真似できるところは真似しつつ、自分の色もしっかり残していくことで、自分らしい人生が築いていけるのです。


コツ4. 常に前向きでポジティブに物事を捉える

人生を楽しむためには、ポジティブに物事を考えることが不可欠。物事を深刻に考えたり、不安が先に出たりするタイプの人は、ポジティブに物事を捉える訓練をしましょう。

コップの中に半分水が入っているのを見て、「もう半分しかない」と感じるか、「まだ半分もある」と感じるかは自分次第。

常に前向きでいるためには、無いものを欲しがるのではなく、与えられたものを活かそうとポジティブに考えることが重要です。

【参考記事】はこちら▽


コツ5. 生きてる間にやり遂げたい夢や目標、ミッションを設定する

人生の中で何を達成したいのかがはっきりしていないと、毎日の何を目標にして頑張れば良いのかが分かりません。目指すものがある人生とない人生とでは、人生に対する意気込みやモチベーションが大きく違ってきます。

一日一日を大切に生きていくためにも、生きている間にやり遂げたい夢、目標、ミッションを設定し、計画立てて行動するようにしましょう。


人生を楽しいと感じられる心の余裕を手に入れましょう。

人生を楽しむのも、人生がつまらないと感じるのも、結局は自分次第です。たった一度きりの人生なのですから、自分で納得でき、満足できる生き方をしたいものですよね。

人生を謳歌するためには、常に前向きな気持ちで臨み、夢や目標を持つことが重要。今回ご紹介した人生を満喫している人の特徴や人生を楽しむ方法を参考にして、後悔のない満足度の高い人生を歩めるように、自分の生き方を見直してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事