嫌なことがあった時の気持ちの切り替え方9選。すぐに解消できる方法とは

嫌なことがあった時って、どう気持ちをリセットすれば良いか気になりますよね。そこで今回は、嫌なことがあった時の気持ちの切り替え方から、逆効果になってしまうNGなこと、心に響く名言を徹底紹介!さらに、嫌なことが重なった時の対処法もレクチャーします。

嫌なことがあったら、どう対処すればいい?

嫌なことがあった時の気持ちの切り替え方9選

仕事でも恋愛でも、嫌なことは起こってしまうもの。嫌なことが頭にあると何をしてても楽しめないですよね。しかし、様々な方法で気持ちを切り替えることでリフレッシュできるだけでなく、自分の成長につながることもあります。

今回は、嫌なことがあった時に気分転換する方法から、逆にストレスが溜まってしまうことなどをご紹介。対処法を知ると知らないとでは大違いですので、ぜひ参考にしてみて下さいね。


嫌なことがあった時にすぐ気持ちを切り替える方法

仕事や恋愛で嫌なことがあった時、その問題を解決しようと向き合うことも大切ですが、嫌なことばかり考えると余計にストレスが溜まる可能性も。そんな時は一度気持ちを切り替えてリフレッシュしましょう。

ここでは、嫌なことがあった時にすぐに気分転換する方法をご紹介します。


切り替え方1. 趣味など自分の好きなことに没頭する

嫌なことがあった時、そのことで頭がいっぱいになっているといつまでも気分が優れません。そんな時は嫌なことが忘れられるように趣味や好きなことに没頭してみましょう。

自分の好きなことであれば余計なことを考えずに集中することができるので、その間だけでも嫌なことを忘れられます。夢中になって何時間も没頭した後は一時的に忘れるどころか、気にならなくなっているなんてこともよくあることです。


切り替え方2. 嫌な気持ちになった原因から遠ざける

嫌なことと向き合うべき時もありますが、向き合うべきタイミングは人それぞれ。時には、嫌な気持ちの原因となった人や事柄をを遠ざけることも必要です。向き合ってばかりではパンクしてしまいますからね。

嫌なことの原因が人の場合は、その人と必要以上に関わらないようにする、事柄の場合は思い出さないように他のことに集中して気分転換に励みましょう。


切り替え方3. 恋愛で落ち込んだ時は、失恋ソングを聴く

失恋の悲しみはほとんどの人が経験すること。そんな悲しみを乗り越えるためのポイントは「自分一人だけが辛い」と思わないようにすることです。そのために、あえて失恋ソングを聞いて思い切り泣くことをおすすめします。

失恋ソングの歌詞には、誰かの失恋の悲しみが表現されています。その曲を聞き共感しながら思いっきり泣いてスッキリしましょう。


切り替え方4. 仲の良い友達と遊ぶ

嫌なことがあった時、そのことを一人で考えてこんでいると、どうしても気分が沈んでしまいます。そんな時は仲の良い友達を誘って遊びに出かけることをおすすめします。

せっかく友達と会った時に愚痴を言ってしまっては嫌な気分が続くので、友達と遊んでいる間は、仕事や恋愛の嫌なことは考えないようにして、その時間は楽しむことに集中し気分をリフレッシュさせましょう。


切り替え方5. 嫌に感じることを、紙に書き出す

嫌なことを目に見える形にアウトプットすることで、頭を整理する方法をご紹介します。

紙とペンを用意して、自分が体験した嫌なことや、その時感じた気持ちを包み隠さず紙に書きだします。インプットされた嫌なことを紙に書くことでアウトプットするのです。

書き出している間に、自分の感情が目に見える形になっていき、頭が整理されていきます。全て書き出し、自分の感情と向き合ったら、その紙をビリビリに破って捨てましょう。ネガティブな感情をさらけ出し、破って捨てることでスッキリするはずです。


切り替え方6. 自分の長所を書き起こす

辛いことばかり考えていてもモチベーションが下がるばかりでいいことがありません。そこで、気分転換の方法として「自分の長所を紙に書き起こす」作業をしてみましょう。

自分の「良いところ」「好きなところ」を紙に書き出しているうちに、自己肯定感が高まり明るい気持ちになっていきます。自分でも気付いていなかった長所が見つかって、より前向きになれますよ。


切り替え方7. 部屋にある不要なものを捨てる

不要な物を捨てる動作は、心の中の不要な物も捨てる効果があるといわれています。不要な物を選ぶ作業を通して、自身の心の中の不要な物も選別できるということですが、そんなに深く考えなくても大丈夫。

何も考えずに不要な物をゴミ袋に入れていくだけでもスッキリしていくはずです。断捨離することで、物理的にも部屋がスッキリして気分がよくなる効果もありますので、モヤモヤしている時は断捨離をしてみましょう。

【参考記事】はこちら▽


切り替え方8. 体を動かして、リフレッシュする

運動がストレス発散に効果があるというのは知られていることですが、気持ちを切り替える際にも有効です。汗をかく程度に筋トレをしたりジョギングをしたりすることで、気持ちがスッキリしリフレッシュすることができます。

ポイントは「苦手なスポーツはしないこと」で、自分が楽しいと思えるスポーツを辛いと感じない程度の強度でやりましょう。


切り替え方9. 一人旅に出かけて、自由に過ごす

日常から抜け出して、非日常を味わうことができる一人旅。自分で好きなところを訪れ、好きなように過ごせる一人旅は気分転換にぴったり。

いつもと違う場所を訪れ、新たな景色を眺めたり体験をしたり、普段食べないような物を食すことで、モヤモヤしていた気持ちが薄れる効果も期待できます。

もちろん、自分の「心のふるさと」のような場所をつくって、落ち込んだ時に訪れたりしてもいいですね。


知っておきたい!嫌なことが起こった時に行動すると逆効果なこと

嫌なことがあった時は、何かしらの形でストレスを発散しようと考えるもの。しかし、方法次第では余計にストレスが溜まるなど、逆効果になることも。ここでは、ストレス発散の際にやるべきではない方法をご紹介します。


逆効果なこと1. やけ食い

辛いことがあった時、暴飲暴食に走ってしまう人も少なくないはず。しかし、やけ食いにセットで付いてくるのが後悔です。胃もたれだけならまだいいですが、リフレッシュのつもりだったのに、体重が増えてしまったりして余計にストレスが溜まることに。

嫌なことが続いた後は、どうしてもやけ食いに走ってしまいがちですが、やけ食いの後に残るのは後悔だけですので注意するようにしましょう。


逆効果なこと2. 友人に愚痴をこぼす

嫌なことが重なると、どうしても愚痴っぽくなってしまいます。しかし、愚痴を言っている間はその出来事が頭を支配している状態なので、気分転換にならないどころかネガティブな気持ちが続いて余計にストレスが溜まることに。

また、愚痴を聞かされた友達も嫌な気分になるので、友情関係にヒビが入ることも。愚痴を一切言わないのは難しいですが、ほどほどにするようにしないといけませんね。


逆効果なこと3. 自暴自棄になって何もかも投げ捨てる

辛いことばかりで「何もかも捨ててしまいたい」と思う時もありますよね。しかし、それは一時的な感情であり、後から考えると誤った選択であることがほとんどです。

嫌なことがあったら、とりあえず冷静になりましょう。仕事も恋愛も、冷静さを失ってしまってはうまくいきません。自暴自棄になって行った行動についてくるのは後悔だけです。

【参考記事】はこちら▽


逆効果なこと4. SNSをチェックする

SNSにはポジティブな情報もあれば、ネガティブな情報もあります。都合よくポジティブな情報だけを取得するのは難しく、嫌なことがあった時にSNSをチェックして、余計に落ち込んでしまったなんてことも。

例えば、恋人と別れて落ち込んでいる時に、SNSで別れた恋人の情報が目に入ってしまい余計に落ち込んでしまったり。少しでも落ち込む情報がありそうな場合はSNSの使用は控えましょう。


逆効果なこと5. どう改善しようかと嫌なことばかり考える

嫌なことが続くと、状況を変えるために改善策を考える人も多いはず。しかし、改善策を考えるということは、言い方を変えれば「嫌なことと向き合う事」でもあります。

前向きな行動ではあるのですが、嫌なことと向き合うのは精神的に辛いもの。頭の中が辛いことでいっぱいになってしまい泥沼にはまってしまう可能性も。

改善策を考えるのは悪いことではないですが、一度頭を空にした方が効率が良い場合もあります。


嫌なことが重なる時はどうすれば良い?

嫌なことが続くと気分が沈むのは当然ですが、そんな時は気分を盛り上げるために行動してみましょう。辛いことばかり考えるとネガティブな感情でいっぱいになってしまいますが、逆にポジティブになるために行動していればポジティブな感情が湧いてくるものです。

ここでは、ポジティブになるための方法をご紹介します。


対処法1. ポジティブな言葉を心掛ける

嫌なことが重なるとネガティブな発言が増えてしまいますが、それを聞かされる周りの人までも不快な気持ちになり離れていってしまう可能性も。

言葉は自分に返ってくるもの。できる限りポジティブな発言を心がけてみましょう。ポジティブな発言は人を惹きつける効果がありますので、人間関係で悩んでいる方におすすめです。

【参考記事】はこちら▽


対処法2. 環境を変えてみる

嫌なことでも気分さえ変われば見方が変わることも。例えば家で一人悶々と悩んでいるのであれば、人のたくさんいるカフェに行ったり買い物にいったり。

都会での仕事で疲れているのであれば、田舎に一人旅に行ってみたり、一時的に環境を変えてみるだけでも気分は変わるものです。辛い時こそフットワークを軽くして行動してみましょう。


対処法3. 周囲の人に感謝の気持ちを伝える

ポジティブな言葉を口にすると気持ちまで明るくなる効果があります。そんな効果を利用して、周囲の人へ日頃の感謝を伝えてみましょう。

「ありがとう」などの感謝の言葉は自分だけでなく周囲の人の気持ちも明るくしてくれます。感謝の言葉によって気分が明るくなるだけでなく、人間関係も良い方向に変化していくでしょう。


嫌なことがあった時に読んでほしい名言

嫌なことは自分だけに起こる訳ではありません。どんなに素晴らしい功績を残した人でも、嫌なことを経験し乗り越えてきています。

最後に、偉人達が残した「嫌なことがあった時に読んでほしい名言」をご紹介します。ぜひ参考にしてみて下さいね。


名言1. 『許すはよし、忘れるはなおよし。』ロバート・ブラウニング

19世紀の詩人ロバート・ブラウニングの言葉。嫌なことがあった時、相手に憎しみを抱くのではなく許し、忘れましょうという意味です。

許すことで心が落ち着き、全て忘れ去った時には心の重荷は無くなって、負の感情から解放されると考えられます。嫌なことは忘れて頭を切り替えましょう。


名言2. 『挫折を経験した事がない者は、何も新しい事に挑戦したことが無いということだ。』アインシュタイン

現在では誰もが知っている科学者のアインシュタイン。そんな彼の人生は順風満帆なものではなく、自身の研究が時代を先取り過ぎていることにより、周りからの理解を得られず不遇の時代も長く続きました。

そんな中でも「数々の挫折は挑戦した結果だ」と前向きに考えた事で、偉業を成し遂げたということですね。


名言3. 『失敗と書いて 成長と読む』野村克也

ヤクルトや楽天イーグルスの監督を務めた野村克也氏の著書「野村再生工場」に記された言葉。

失敗すればいいという意味ではなく、失敗と向き合って原因を突き止めたら、それを次の機会に活かすことで成長につながるという意味です。


名言4. 『期待はあらゆる苦悩のもと。』シェイクスピア

16~17世紀に活躍した劇作家シェイクスピアの言葉。

自分の実力、他者に対する気持ち、いずれも「こうあってほしい」という期待が込められているので、そうじゃなかった時に「期待を裏切られた」という気持ちに変わってしまい、苦悩の原因になってしまうという意味です。期待をしすぎないことが大事ですね。


嫌なことがあったら、自分流のポジティブになる方法を試してみて。

生きていくうえで、嫌なことは避けては通れないもの。辛いことを改善しようと考えすぎて余計にストレスが溜まってしまっては元も子もないですよね。

今回ご紹介したような方法で、気分転換をして前向きになると、悩んでいたこともちっぽけなことに思えたりするものです。

嫌なことは誰にでもあることなので、落ち込まずにポジティブな考え方で乗り越えていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事