彼氏と別れるべきか迷う女性へ。見極め方&円満に別れる方法を解説

彼氏と別れるか迷っている女性へ。今記事では、カップルが別れる原因から、彼氏と別れるべきか見極める方法やタイミング、実際に別れる方法まで詳しくご紹介します。自分の気持ちに正直になり、今の彼氏と付き合うべきか、別れるべきかをハッキリさせましょう!

彼氏と円満に別れる方法を解説!

彼氏と別れるべきか迷った時の見極め方&円満に別れる方法

大好きだった彼氏でも一緒に時を過ごす中で、価値観の違いなどが生じ、別れを決心することもあるでしょう。しかし、上手に別れるためにはどうすれば良いのか、悩む女性もいるかと思います。

ただ、無理をしながら付き合っていても、辛い日々が続くだけ。だからこそ、今の彼氏と別れて次の恋愛を探したり、しばらく恋愛から離れてみるのも選択肢の一つです。

今回は、彼氏と別れるべきかを見極める方法から、別れるタイミングなどについて、詳しく解説します。


きっかけは何?カップルが別れる主な原因7つ

カップルが別れる原因は様々ですが、よくある原因をいくつかご紹介します。別れは辛く、厳しい選択となることもありますが、大切な自分の人生を楽しく過ごすためには仕方のない場合も少なくありません。

別れの原因に思い当たる点があったなら、一度冷静に考えてみることが大切です。


彼氏に原因があって別れるパターン

二人の人間が付き合う中で、どちらかに何かの問題が生じることもあるでしょう。それは、彼氏に問題があるのか、彼女に問題があるのかの2パターンが主に考えられています。

以下では、彼氏に原因があって別れるいくつかのパターンをご紹介します。


原因1. 彼氏に浮気されたから

基本的に彼氏と彼女という関係になれば、他の人に目を向けたり付き合ったりすることはルール違反です。

恋愛中はお互いの信頼のうえに関係が成り立っているものですので、彼氏に浮気をされたなら、相手への思いは一瞬にして崩れてしまうことでしょう。

彼氏の浮気の事実に耐え切れず、別れにつながることがあります。

【参考記事】はこちら▽


原因2. 干渉や束縛してきて、耐えられないから

彼氏と彼女として付き合い始めても、お互いにそれぞれの生活があります。もちろん、彼女にとって、彼氏と過ごす時間は大切なものです。しかし、それと同様に自分一人で過ごしたり、友達と会う時間も失いたくはありません。

そういう彼女の気持ちを理解しようとせず、彼氏だからといって「何をする時も必ず報告してほしい」などと過剰な束縛や干渉をされたら、恋人として付き合っていくことが窮屈になってしまうことでしょう。

居心地が悪い恋愛は結果的に別れに直結する可能性が高いのです。

【参考記事】はこちら▽


原因3. 金銭感覚など、埋められない価値観のズレを感じたから

生まれ育った環境によって金銭感覚を始めとする価値観は、人それぞれ。しかし、付き合っていく中で、だんだんと自分の価値観や金銭に対する考え方が、彼氏と大きく異なっていると分かる場合もあります。

今後も彼氏と一緒に歩んでいくことを考えた時に、どうしても歩み寄れない価値観を相手が持っていると将来に対する不安も大きくなるため、別れを引き起こすことがあるでしょう。


原因4. 甲斐性なしで結婚するビジョンが全く浮かばないから

女性が彼氏からプロポーズされるのを待っている、という状況はよくあることです。しかし、いつまで待っても男性からのプロポーズがないと、婚期を逃してしまう可能性もあります。

さりげなく「結婚」の話を振っても彼氏にスルーされたり、話題を変えたりし続けられると、女性にとっては未来が見えなくなることでしょう。そのため、漠然とした不安を抱え、別れに至るケースがあります。

【参考記事】はこちら▽


自分(彼女)に原因があって別れるパターン

彼氏に問題があって別れるパターンはもちろんのこと、自分自身に問題があったために、彼氏から別れを切り出されるケースもあります。

ここでは、女性側に問題がある代表的なパターンを3つご紹介しますので、自分に該当する部分がないかを冷静に振り返ってみましょう。


原因1. 彼氏以外に好きな人ができてしまったから

付き合うまでは、「この人しかいない!」と思い、めでたくカップルになれても、付き合いが長くなるにつれて、彼氏以外の男性に目が移ってしまうこともあります。

彼氏がいても、素敵な男性と出会う機会は訪れるでしょうし、彼氏と喧嘩をした時に優しく接してくれた人を好きになるケースも否めません。

そういう男性ができるとその人に近づきたくなり、彼氏との恋愛を終わらせたいという気持ちになってしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


原因2. 今は仕事や趣味に没頭したいから

恋愛をするということは、少なからずお金も時間も必要となりますよね。しかし、何か没頭できる趣味や仕事ができてしまった時、恋愛に時間とお金を割くことがもったいなくなるというケースがあります。

そういう時は、彼氏と恋愛を続けること自体が億劫になり、すっきりと別れて自分の人生だけを楽しみたいという気持ちが芽生える女性も多いですよ。


原因3. まだ遊びたいと思ったから

女友達とご飯を食べたり、旅行に行ったりすることは、大変楽しいひとときでもあります。もちろん恋愛も大切ですが、彼氏がいると女友達と会う時間がなくなってしまうのも事実です。

また、彼氏と付き合っていると様々なことに悩んだり、ストレスをためてしまうことも。そういう心配事を抱えるよりも、今は友達と賑やかに過ごしていたいという思いが強い女性は、彼氏としてもないがしろにされているようで別れを考えられてしまうパターンもあるでしょう。


もしかして潮時?破局するカップルの前兆4つ

破局寸前のカップルには、そろそろ潮時かなと感じ始める前兆があります。

以下に、主な前兆を4つ紹介しますが、少しでも自分たちの関係に該当しそうな項目があった場合は、真剣に考えてみる必要があるでしょう。


前兆1. LINEや電話など、連絡頻度が急に減る

以前は、毎日「おはよう」から「おやすみ」まで頻繁に連絡をしていたのに、急に最近その頻度が落ちた。そのように感じる時は、恋愛以外のことに熱中していたり、最悪のケースでは他に好きな人ができた場合もあります。

ただ、男性は仕事が忙しくなると、急に連絡頻度が落ちる人もいますので、今までの傾向と比べて、総合的に判断した方が良いでしょう。


前兆2. デートの頻度が減る

毎週どこかに連れて行ってくれていたのに、最近では部屋で会うだけになっているといった外出の減少や、会う頻度の低下は危険信号かもしれません。

会う事そのものが「楽しい」と感じなくなっている可能性もありますが、他に楽しいことを見つけてしまったケースもあります。

ただし、これも仕事が忙しくなったなど、ちゃんとした理由がある場合も少なくないため、早とちりしないように注意が必要です。


前兆3. 記念日やお互いの誕生日を一緒にお祝いしなくなる

付き合い始めた頃は、記念日や誕生日をお互いに祝っていたカップルでも、年数が経過するにつれて、記念日を祝わなくなることがあります。

お互いに、「必ず一緒にいなくても大丈夫」だと納得している理由があれば良いのですが、祝ってあげようという気持ちそのものが薄れている場合は、別れ話が切り出される前兆であるケースもあると言えます。


前兆4. 些細なことでイライラして喧嘩の回数が増える

彼氏や彼女の発言が引っかかるようになり、言い返してしまうことが増えるようになると、関係が冷めてきているサインかもしれません。お互いに言いたいことが言えるのは悪いことではないのですが、喧嘩にまで発展する回数が増えるのは考え物です。

このまま付き合っていても、喧嘩ばかりなのかなと将来に不安を覚え、お互いに気付かないうちに、別れが近づいている可能性があります。


彼氏と別れるべきか迷う。今後も付き合うか見極める方法

「別れた方が楽かもしれない」「でも簡単に別れるのは違う気がする」。そうやって悩む人は多くいます。

別れずに、話し合って乗り越えていく方法を取れるのであれば良いのですが、どうしても耐えられない理由があるのなら、別れることも仕方がありません。

彼氏と別れるべきかを見極める方法を、いくつか紹介します。


見極め方1. 彼氏と今後も付き合いたいか本気で考え直してみる

カップルの間で喧嘩が増えたり、連絡頻度が減ったりといったネガティブな面は目立ってしまいがちです。しかし、冷静に考えれば「当たり前になっている」だけで、気付かない相手の優しさや良さもあるかもしれません。

嫌なところだけが目についてしまうのは仕方がありませんが、相手の良いところをいくつかリストアップしてみてください。そのうえで、冷静に今後も付き合っていけるかどうかを、自問自答してみる方法が効果的です。


見極め方2. 分かりあえない部分は、お互いに意見を言って改善できないか試みる

一人で思う存分考え抜いたとしても、自分の意志だけで別れようとすることは危険です。相手にも言い分があるでしょうし、相手の考えや本心を聞ければ付き合いを継続できるかもしれません。

相手と気が済むまで話をすることが大切で、お互いに直して欲しいことを全て伝え、相手と自分が改善できそうになければ、付き合っていくことはできないと判断できるでしょう。


見極め方3. 一度距離をおいて、彼氏への気持ちや存在の大きさを再確認する

彼氏と恋愛中は定期的に連絡を取り合ったり、毎週のようにデートをしていたことでしょう。

しかし、お互いの距離が近くなりすぎると、ささいなことで喧嘩になり、一時的な感情で別れを決めてしまうこともあり得ます。だからこそ、一旦距離を置き、冷静に自分の気持ちを見つめ直してみてください。そうすることで、寂しい思いが出てきたり、相手のことがやっぱり好きだと再認識できる場合もあります。

ただし、距離を置く方法を試してみても何も感じない時は、別れても問題ないことが多く、一つの判断基準にできそうです。

【参考記事】はこちら▽


見極め方4. 今の彼氏と結婚するイメージが湧くかじっくり考えてみる

遊んだり、一緒にいて楽しいと思える相手でも、恋愛と結婚では大きく異なります。彼氏と家庭を持つという将来像までイメージ出来れば、今後も関係を続けていけるかもしれません。

しかし、この人と結婚して将来ずっと一緒に過ごせるという感覚や理由が分からないならば、カップルの潮時で別れを選ぶのも仕方がないことだと言えます。


見極め方5. 信頼できる親友などに恋愛相談してみる

自分と彼氏の二人の世界だけで物事を判断しようとしても、思っている以上に視野が狭くなっている場合があります。

そのため、第三者から見てどう思うのかという意見を取り入れることで、客観的な事実に気付かされることも。

「別れたほうが良いよ」などのアドバイスを鵜呑みにする必要はありませんが、参考にすることができますので、信頼できる友人などに相談することは大切です。

【参考記事】はこちら▽


別れるとしたらいつが最適?恋を終わらせるベストなタイミングとは

様々な理由を冷静に考えたうえで、やはり別れる方が良いと判断した場合、彼氏に別れ話をする必要が出てきます。多くの時間を一緒に過ごしていると、情が邪魔をすることもありますが、中途半端に続けるよりも恋をしっかりと終わらせることが大切です。

どのようなタイミングで見切りをつければ良いのかについて、お伝えします。


タイミング1. 「これ以上付き合っても仕方ない」と別れる決心がついた時

相手のことが本当に好きかどうかを考えたり、友達などに相談しても、別れた方が良いという決心に至ることがあります。相手の嫌だと思うところが改善されることもなく、将来像もイメージできなければ、見切りをつけた方が良いでしょう。

相手へ対する期待や希望さえなくなっているということは、彼氏があなたの人生プランから既に外れてしまったのだと言えます。


タイミング2. 彼氏と会うのが面倒に感じ始めた時

一緒にいて楽しいと思える相手なら抵抗はないはずですが、彼氏と時間を共有するのが面倒だと思っているのなら、ストレスを感じ始めているサインです。

また、「彼氏と会う理由が分からない」「二人でいてもなんだか寂しいし辛い」という思いがあるならば、付き合って行くこと自体を迷っているとも言えます。こういうタイミングこそ、見切りをつける時期かもしれません。

【参考記事】はこちら▽


タイミング3. 彼氏よりも気になる男性ができた時

女性は大抵の場合、好きな人ができたら、その人だけのことを考えてしまう傾向にあります。つまり、あなたが彼氏よりも気になる人ができたのなら、それが別れのきっかけになる可能性が高いでしょう。

本当に彼氏を好きなら、他の男性に目が行くことも少ないと言えます。彼氏の存在が今のあなたの心を豊かにしていないということが大きな理由なのです。


タイミング4. 会うたびに喧嘩するのがお決まりになった時

喧嘩するほど仲が良いとは言いますが、会うたびに喧嘩するのが当たり前になってしまった場合は、一緒にいても寂しいし、辛い気持ちが増す一方です。

喧嘩しないように改善できれば問題はないのですが、改善できないようであれば付き合いを続けていくこと自体が困難と言わざるを得ません。

そのような状況ではストレスもたまるため、トラブルが肥大化する前に、別れ話を切り出すのが賢明です。

【参考記事】はこちら▽


なるべく穏便に済ませたい!彼氏と別れる方法や上手な振り方とは

彼氏との別れを決心しても、上手に関係を清算することは簡単ではありません。なぜなら、別れを決めた理由をきちんと整理し、その思いを相手に丁寧に伝える必要があるからです。

一度は好きになった相手だからこそ、いい加減にはせず、納得のいく別れを告げることができるように努めましょう。


別れ方1. しっかり気持ちを伝えるなら、最後に会って直接別れを告げる

自分の気持ちを伝えるには文字や電話ではなく、相手の目をしっかりと見て、伝えることが大切。相手の反応を直接見るのは嫌かもしれませんが、二人の関係をきちんと終わらせるには、誠意が伝わる対応をすべきです。

自分の思いを伝えたうえで、相手の返事を直接聞くことが、迷うことなく別れるためには最適だと言えます。


別れ方2. 会うのは嫌だと思う場合、電話で「別れよう」と彼氏へ伝える

彼氏と直接会って別れ話をする時間さえも、苦痛だと感じる人もいるはず。また、愛情がなくなってしまうと、彼氏のために時間を作ることにも気が乗らなくなります。

しかし、自然消滅を狙うよりも、相手にも理解してもらったうえで別れる方が後悔しないのは確か。電話でも良いので、はっきりと別れたい旨を相手に伝えるきっかけを作りましょう。

【参考記事】はこちら▽


別れ方3. 会話するのが嫌な場合、LINEで別れを告げる

彼氏の声も聞きたくないという危機的な状況になっている場合は、会話をするだけでも大きなストレスがかかってしまいます。

このような場合は、自分自身の精神状態を崩さないためにも、LINEで別れを告げる方法を取らざるを得ないでしょう。

ただ、LINEで別れ話をすることは可能ですが、出来る限り相手と直接会ったり、電話をしたりして別れに至るのが理想的です。

【参考記事】はこちら▽


できるだけ円満に別れる方法を見つけてみて。

様々な視点から「別れ」について触れましたが、自分たちの関係に該当する状況や前兆があった場合は、早めに対策をしていくことが大切です。自分だけで悩むのではなく、相手との話し合いの場を設けたり、友人などに相談したりと、可能な限りの方法を試しましょう。

例え、別れることになってしまっても悲観せず、しっかりと考えた上での判断であれば、その決心は今後のあなたの糧となってくれるはずですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事