別れ話は電話でしてもいい?直接会う必要性&上手な別れの切り出し方を解説

パートナーと別れようと思った時、直接会うのがきまずかったり、情に流されそうになるから会いたくないという方は多いはず。そこで今回は、別れ話を電話でしても良いのか、メリットとデメリットを解説していきます。また、直接会って話す必要性なども紹介するので、悩んだ時は参考にしてみてくださいね。

別れ話を電話でしようと思っている男性&女性へ。

別れ話は電話でもOKなのか

恋愛に別れは付き物。できるだけ穏便に別れたくても、綺麗な別れ方ができるとは限りません。

そこで今回は、電話で別れを告げるメリットや電話での別れ話の切り出し方、復縁を迫られたときの言い方をまとめてご紹介します。

突然別れ話をすると引き止められるかもしれませんが、次の恋に進むためにも納得のいく終わり方ができるようにしましょう。


電話で別れ話をしても良いの?

直接会って別れ話をしたくても、遠距離恋愛をしている場合や別れ話の切り出し方によってはそうはいかない場合もあります。

そこでまずは、電話を使って別れ話をするメリットやデメリットをまとめてご紹介します。どのような別れ話の切り出し方をするか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。


電話で別れ話をするメリット

まずは、電話で別れ話をするメリットをまとめてご紹介します。

別れを決断しても直接会うことで気持ちが揺らいでしまう場合は、電話を使う別れ話の切り出し方がおすすめ。ぜひ、メリットを参考にして考えてみてください。


メリット1. 直接会わない分、気持ちが揺らがずに別れを切り出せる

別れると決意をしても会うことで、今までの思い出や一人になる寂しさを考えてしまい、切り出し方が分からなくなる人も多いはず。せっかくの決心が揺らいでしまい、別れようか辞めようかと躊躇する期間が長くなってしまいます。

一度決めた決心を揺るぎないものにするためにも、彼氏や彼女に「会わない」ことができるところがメリットです。


メリット2. 遠距離など直接別れ話ができない場合に便利

お互い忙しくて時間がない場合や遠距離の場合は、彼氏や彼女になかなか直接会えません。「次に会う時には伝えよう」と先伸ばしにすると、長い間モヤモヤとした気持ちを抱えたままに。

また、別れたいという気持ちを抱えたまま、LINEや電話を続けるのも辛いものです。電話で気持ちを伝えてスッキリしたほうが、次に進めるところがメリットです。


メリット3. 二度と顔を見なくて済む

酷いケンカをした場合や、お互いに理解しあえないほど価値観がずれてしまい、会うことすら煩わしいというケースもあるでしょう。

直接会うことで「いい方向に行けば」という気持ちがあれば別ですが、そうでない場合には、二度と会うことなく電話で済ませてしまうのも一つの手段です。

また、直接会わないことで言い合いになることが避けられるところもメリットです。


メリット4. 復縁を望まれる可能性が少ない

どちらか片方が別れたくない場合や別れ話を避けようとしている場合、直接会うことで引き止められる可能性があります。

どれだけ強い決意をしても顔を見て引き止められれば、情や愛情で揺らいでしまうことも。

電話なら顔を見ないで意思を伝えられる分会う気もないと思ってもらうことができ、自分の決めた意思を貫き通しやすいです。


電話で別れ話をするデメリット

続いて、電話で別れ話をするデメリットをご紹介します。直接会えない電話は、相手に伝わ情報が少なく円満な終わり方ができない可能性も高いです。

デメリットやリスクがあることも考慮して、どのように別れ話をするのか決断するといいでしょう。


デメリット1. 円満な別れ方が難しい

相手の表情や態度を見ることで、今どのように考えているのか察しが付くもの。電話だけだと声しか情報がない分、気持ちが上手く伝わらない可能性があります。

特に、言い合いになってしまった場合は、どちらか一方が思いをぶつけて電話を切ってしまうことも。別れてからも友達でいたいなど、円満な別れは期待できないところがデメリットです。


デメリット2. 顔が見えない分、相手を傷付ける可能性がある

辛い気持ちや悲しい気持ちを我慢していても、顔を見ればそれを察することができます。しかし、電話だけだと一方的に別れを告げることになるので、相手への思いやりや配慮にどうしてもかけてしまうことが。

場合によっては、彼氏や彼女に上手く理由が伝わらずに「深く傷つけられた」と感じられてしまうこともあります。


デメリット3. 相手に失礼な人間と思われる

付き合いが長ければ長いほど、別れる時の伝え方にこだわる傾向があります。直接謝罪や感謝を述べない態度に「失礼」「礼儀がない」と感じる人もいるでしょう。

「直接伝えたいけれどできない」という気持ちまではなかなか汲み取ってもらえないものなので、彼氏や彼女から失礼だと思われてもいいと感じる場合にしかおすすめできません。


別れ話は電話と直接会うのとどっちが良い?悩んだ時の選択肢とは?

別れ話は、直接会ってするのか電話を使うのかどちらの方が良いのでしょうか?

恋人だった相手を思いやり、最後までいい思い出として残したい場合は、直接会う方が良いでしょう。

しかし、もう会う気もなく終わり方にこだわらないのなら、電話を使ってできるだけ早く気持ちを伝えるのも一つの方法です。相手との関係やどこまで配慮できるかに合わせて選ぶといいでしょう。


電話で行う上手な別れ話の切り出し方を解説!

ここからは、電話での上手な別れの切り出し方をご紹介します。

電話で別れを告げるには、彼女や彼氏に別れ話を予感させるような、前持った準備が必要です。電話だけでも上手く別れ話を進められるよう、参考にしてみてくださいね。


1. 電話に限らず、相手と前もって距離を置いておくこと!

何の前触れもなく一方的な気持ちだけを伝えようとすると、相手が想像以上にショックを受けたり「別れたくない」と言い出したりして、円滑に別れられない可能性が高くなります。

そこで、いつまでに別れると決心をしたのなら、その日に向けて少しずつ距離を置くようにしましょう。少しでも距離感を作って置くことで情も薄れて「やっぱり」と予感させることもできます。


2. 予めLINEで「大切な話があるから、電話して良い?」と連絡する

彼氏や彼女にも「いつもとは様子が違う」ということを感じてもらうために、事前に連絡を入れておくことをおすすめします。

LINEやメールで「大切な話がある」「聞いてほしいことがあるから、電話してもいい?」といった言い方をして、いつもと雰囲気が違うことを予感させましょう

彼氏や彼女も話を聞く姿勢になっているので別れ話を切り出しやすく、スムーズに別れられる可能性も高くなります。


3. 電話の終わり方は「今までありがとう。じゃあね」

別れ話をしているものの「きっとまた考え直してもらえる」「また連絡が取れる」と思われてしまうのは困りますよね。

そこで、もう連絡はできないし恋人ではなくなることを認識させるために、最後は「今までありがとう。じゃあね」と言って電話を切るようにしましょう。

少し残酷に感じるかもしれませんが、ダラダラと連絡が取れる状態にしてしまう方が後々面倒なことになります。


電話で別れ話をする時の注意点とは

電話で別れ話をする時には、どのような点に注意をしたらいいのでしょうか?

ここからは、電話で別れ話を切り出すときの注意点をまとめてご紹介します。電話で別れ話をする前にミスを起こさないためにも、ぜひチェックしてみてください。


注意点1. はっきりと「別れたい」と伝えること

表情や態度が見えない電話だからこそ、優柔不断な態度を取ってはいけません。

ハッキリと「別れたい」と切り出さないと、別れる意思があると思ってもらえないからです。どうしようと迷っているうちに、伝えられないままになってしまいます。

できるだけ淡々とした声色で別れたい意思を伝えて「本気で別れたいと考えているんだな」と感じてもらえるようにしましょう。


注意点2. 理由など伝えるべきことをまとめて、短めに別れ話を終わらせる

別れる意思を決めた以上、彼氏や彼女と長々と話しても進展はありません。

あらかじめ電話で伝えたい最小限の話を決めておいて、言いたいことを伝えたら電話を切るようにしましょう。「ありがとう」などの感謝の言葉と共に、別れを選んだ理由を簡潔に伝えるのがおすすめです。

相手の話を聞いてしまうと気持ちが揺らいでしまうかもしれないので、できるだけ早く電話を切るといいでしょう。


注意点3. 暗めのテンションで伝える

彼氏や彼女に真剣であることを悟ってもらうためにも、普段のような明るく元気な声色はNGです。できるだけ暗く落ち着いた口調で淡々と話すようにしましょう。

相手に何か言われても「大切な話だから」「しっかりと受け止めて欲しいから」と伝えて、暗めの口調を崩さないことが大切です。できるだけこのテンションのまま話して、電話を切りましょう。


注意点4. 「会いたい」と言われても拒否する

急に別れ話をされて困惑してしまう、彼氏や彼女もいるでしょう。「直接会って話したい」「もう一度だけ会いたい」などと、会うことを要求してくるかもしれません。

しかし、会う約束をしてしまうと気持ちが揺ぐのはもちろんのこと、わざわざ電話で別れ話を切り出した意味がなくなってしまいます。

この決断を貫くためにも「会えない」「無理」などと、会うことは避けるようにしましょう。


注意点5. 別れ話をする時間は、なるべく夜より昼間にすること

別れ話はする方もされる方も大きなダメージを受けます。そのため、時間帯を選び、できるだけ休みの日の昼間に電話をして、手短に終わらせるようにしましょう。

夜に別れ話をしてしまうとお互い孤独に陥りやすく、ダメージが余計に大きくなる可能性があります。相手への最後の優しさだと思って徹底してくださいね。


復縁を求められた時の対応方法

最後に、別れ話の時に復縁を求められたときの対応方法もお教えします。お互い一度は好きになった相手なので、別れ話をした時に引き止められることもあるでしょう。

自分の気持ちと向き合いながら、後悔しない選択をするようにしましょう。


1. 別れ話の時に悩んでしまった場合は、一度会って話す

電話で別れ話をしている最中に「別れたくない」と言われて悩んでしまった場合は、どこかで復縁したい気持ちを抱えている可能性があります。

「このまま別れたら後悔する」「ここさえ直れば復縁できる」と感じたら、一度会って話す機会を設けてみるのもいいでしょう。

彼女や彼氏も直接別れたいと言われたことで、反省してくるかもしれません。


2. 絶対に別れたい場合は、復縁の可能性がないことを伝える

何を言われても復縁は有り得ないほど強い決断をしている場合には、その気持ちをしっかりと伝えましょう。「何を言われても復縁するつもりはない」「これから先はない」という言い方をして理解してもらいます。

そう伝えても「別れたくない」と言われる場合には、仕方ないので一方的な気持ちを伝えて電話を切ります。

恋愛は双方の気持ちで成り立っているので、別れる時に全てを理解し合うというのは難しいものです。


電話で振る時は、特に誠意を尽くして気持ちを伝えましょう。

今回は、電話で別れ話をするメリットとデメリット、そして電話で別れ話をする時の方法や注意点をまとめてご紹介しました。

彼女や彼氏を思う気持ちがあるなら、直接会って話すことも大切です。しかし、それすらできない状況の時には電話を利用するのも一つの手段。

お互いが次の恋に向かうためにも一度決心をしたなら、なるべく早くスッキリとさせましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事