別れた方がいいカップルの特徴&診断方法|関係性を見直す方法も解説

好きな恋人と付き合っていても、別れた方がいいのかな?と思う時ってありますよね。そこで今回は、別れた方がいいカップルの特徴から、別れた方がいい彼氏・彼女の特徴、悩んだ時の9つの診断項目をご紹介!さらに、関係性を見直す方法も併せて解説していきます。

別れた方がいいかも?と悩むことってありますよね。

別れた方がいいカップルの特徴&診断方法

付き合っていく中で自分たちは別れた方が良いのか考えてしまう時があります。一緒にいて楽しいなのに、友人から別れた方が良いと言われたりしたら、一気に不安になってしまいますよね。

ただ、気持ちに従って別れた後で、やっぱり別れなければ良かったと辛くなることは避けなければいけません。

そこで本記事では、別れた方が良いカップルの特徴や別れるかどうかの診断項目について解説します。自分たちが本当に別れるべきなのか考えながら、チェックしてみてくださいね。


別れた方が良いカップルの特徴

別れたいとが良いカップはただなんとなく一緒にいる

好きだから一緒にいても、付き合っている理由やカップルの状況によって別れた方が良い場合があります。

では、どのような特徴のカップルが別れるべきなのでしょうか。パートナーとの関係を思い出しながら、一緒に考えていきましょう。


特徴1. 互いに干渉し合うこともなく、何となく一緒にいる

一緒にいる時間が長くなると、お互いに干渉することが少なくなります。信頼し合っているカップルなら問題ありませんが、相手への興味や関心が薄れているのと同じ状況に至ります。

特に、気持ちは冷めていても新しい恋人を探すことに不安や抵抗があると、何となく一緒にいるという選択肢を取りがちです。

そのまま一緒にいても関係が進展する可能性が低く、キッパリと別れたほうがお互いのためになりますよ。


特徴2. 会話がない

相手のことに興味や関心が少なくなると、相手のことを知りたいと思う気持ちが減ります。こうしたお互いの気持ちが目に見えて現れるのが会話です。

相手への興味や気持ちが冷めると、会話がなくなったり、どちらかしか話しかけていなかったりします。付き合っていても会話が増える可能性も低いため、このまま一緒にいるよりも別れた方が良いでしょう。


特徴3. 一緒にいても笑顔がない

別れたいとが良いカップルは笑顔がない

相手への気持ちが冷めていると、相手との時間が退屈に感じるものです。そのため、一緒にいても笑顔が生まれない、相手の笑顔を見る機会が少なくなったカップルは別れるべきでしょう。

相手のことを好きだと、何もなくても一緒の時間が楽しく感じますよね。週に一度、月に一度のデートでも笑顔がないのは、一緒にいたくないという心理なのかもしれません。


特徴4. お互い相手よりも優先していることがある

仕事や趣味など、恋人よりも優先したいものはありますよね。優先すること自体は悪いことではありませんが、大切な約束や用事があってもドタキャンする場合などは相手への気持ちが冷めている証拠です。

また、お互いに他のことを優先していれば、会う機会も減り連絡することすら無くなるでしょう。形式上カップルですが、事実上別れているのと同じですので、罪悪感を忘れるためにも別れるべきですよ。


特徴5. 価値観や考え方が合わない

カップルの次のステップは結婚して夫婦になることですが、結婚してもお金の使い方などが原因で別れる夫婦も多いです。

そのため、カップルの時から価値観や考え方が合わない場合は別れるべきです。将来的に幸せになれないのなら、今だけ我慢する必要はありません。価値観の合う人と出会うためにも別れた方が良いですよ。


特徴6. お互いが異性として見ていない

別れた方がいいカップルはお互い異性としてみていない

カップルでいる時間が長くなると、親友や家族のように思うことがあります。

しかし、結婚していない時からこのような感覚だと、結婚しても様々な問題に直面するでしょう。

したがって、お互いに異性として見ていない、見られなくなったら別れるべきです。一緒にいる時間が楽しくても、それは親友であり恋人ではないことを自覚することが大切ですよ。


特徴7. 別れては復縁を何度も繰り返している

別れることで相手の大切さを改めて感じることは珍しくありません。ただし、別れと復縁を繰り返している場合は、恋愛ではなく相手へ依存している可能性があります。

恋愛感情と依存は自分にとっては同じ感覚でも、相手から逃げられないという点で全く異なります。依存から相手と一緒にいても幸せを実感できないため、幸せになるためにも別れるべきです。


特徴8. お互いの生活習慣が合わなさすぎる

離れて暮らしている時には些細な違和感となることでも、一緒に生活するようになると喧嘩の原因となります。

そのため、お互いの生活習慣や相性が合わなさすぎることは、別れた方が良い特徴といえます。

例えば、食事の内容が合わない、休日の過ごし方が違う場合などは、一緒に生活するとトラブルが起きやすいため、カップルの時から注目して合うか合わないかをチェックしてみましょう。


別れた方が良い彼氏/彼女の特徴

別れた方がいい男性は浮気癖がある

カップルの現状から別れた方が良いのか判断してきましたが、次は今ラブラブでも別れた方が良い彼氏と彼女の特徴を紹介します。

幸せな恋愛をするためにもパートナーとの相性や言動を考えながら、当てはまる特徴がないかチェックしていきましょう。


別れた方が良い彼氏の特徴

まずは、別れた方が良い彼氏の特徴を紹介します。別れたくないと思っていても、あなたを傷つけるような彼氏とは別れるべきです。

他の女性の影がないか、適当な言動をしていないかなど、信頼できる彼氏なのか改めて考えてみましょう。


特徴1. 浮気癖がある

1人の女性だけを愛せない男性は、常に他の女性へ気持ちが向いているためあなたと一緒にいなくても幸せです。そのため、浮気癖がある彼氏はすぐに別れるべきです。

また、結婚した場合も浮気癖のある男性は家庭を大切にせず、他の女性とトラブルを起こす可能性があります。

あなただけが苦労してしまうため、あなただけを大切にする男性を見つけた方が良いでしょう。


特徴2. 都合の良い時だけ連絡してくる

別れた方がいい男性は都合の良いときだけ連絡してくる

自分の都合に合わせてだけ連絡してくる彼氏は、あなたとの時間を大切にしてるのではありません。暇な時や時間を埋めたいなど、身勝手な理由だけであなたに連絡をしています。

つまり、あなたへ愛情があるのではなく都合が良い存在として扱っているのです。都合の良い時だけ連絡してくるような彼氏とは今すぐ別れるべきですよ。


特徴3. 言動が一致しない

彼氏があなたとの会話を大切に感じていないと、適当なことを話してしまい、その場で会話を打ち切ろうとします

さらに、浮気など隠したいことがある場合には嘘を付くことも珍しくありません。

言動が一致しないような彼氏の行動は、信用できず裏切られる可能性が高いので、別れた方が良い特徴に当てはまります。言動が一致しない彼氏は約束したことも守らない傾向が強いので、自分が傷つかないためにも別れるべきです。


特徴4. 他人への態度が悪い

店員などへ横柄な対応をしたり見下したりする彼氏は、愛情がない相手には知り合いであっても同じ対応をします。

彼女を特別扱いしていても、愛情がなくなれば同じような態度に変貌するでしょう。

将来のあなたへの態度になる可能性があるため、他人への態度が悪い彼氏は別れた方が良いです。特別な相手ではないからこそ現れる彼氏の態度が本当の姿であることを理解しましょう。

【参考記事】はこちら▽


別れた方が良い彼女の特徴

別れた方がいい女はお節介

続いて、別れるべき彼女の特徴について解説していきます。あなたのことが心配だから、なんでもお世話をしてくれるなど、本来は嬉しいはずの彼女の特徴は、あなたを苦しめる特徴かもしれません。

彼女の言動に対しあなたがどう思っているのか、彼女との相性などを考えがらしっかりチェックしていきましょう。


特徴1. 束縛彼女

何かにつけて心配症な彼女とは様々な約束が増えますが、約束しても彼女の心配が休まることはありません。むしろ、関係が深まるごとに約束は増え、あなただけが辛い思いをするでしょう。

そのため、束縛が強い彼女は別れた方が良いといえます。束縛を愛情表現だと勘違いし、少しでも破ると愛情がないとあなたを追い詰める彼女とは、いつまでも幸せにはなれませんよ。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. お節介すぎる

お節介すぎる彼女は家庭的に見えますが、彼氏を自分の好みに染めたいと思っている場合があります。服装を用意するなど、様々な部分を自分好みに変えて彼氏をコントロールしているのです。

そのため、自分の好みにできない場合には離れてしまう可能性もあります。

お節介なだけでなく、プライベートなことにまで口を出したり強制したりする場合には別れた方が良いですよ。


特徴3. 彼氏に無理な要求をする

別れた方がいい女は無理な要求をしてくる

給料を上げてほしい、デートの頻度を増やしてほしいなど、彼氏の都合を考えない彼女の要求は、あなたではなく態度や条件にだけ注目していることの現れです。

もし、彼女の要求に見合う男性が現れれば、あなたよりもその男性のもとへ行くでしょう。

最初から本当の彼氏のことを見ていないため、無理な要求や実現不可能な要求をしてくる彼女とは別れた方が自分のためです。


特徴4. 付き合い立てにも関わらず、将来のことを口にする

2人で様々な経験をする中で将来をともにする相手なのかを判断します。そのため、付き合ってすぐ結婚などを口にする彼女は、結婚することが目標になっています。

あなたの気持ちよりも結婚できるかどうかが重要であり、結婚する気がなければ気持ちが離れていくため、すぐに将来を考えられなければ別れた方が良いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


別れた方が良い?別れない方が良い?悩んだ時の9つの診断項目

別れた方がいいと悩んだ時の診断

友人から別れた方が良いと言われたても、別れたくない気持ちが強く、どうしたら良いのか悩んでしまうことがありますよね。

そこで、ここからは別れるを判断するための9つの診断項目を紹介します。

別れたことを後悔することが分かるなら、別れた方が良いはずです。様々な観点から別れない方が良いのか、別れた方が良いのかをじっくり考えて行きましょう。


診断1. 相手のことを心から信用できるかどうか

相手の言動がチグハグな場合を除いて、本当のことを話しているかどうかは絶対に分かりません。それでも、一緒にいられるのは相手への絶対的な信頼があるからですよね。

そのため、相手のことを心から信頼できる場合には別れない方が良いでしょう。反対に、どんな言葉を使っても信用できない場合には別れた方が良いですよ。


診断2. 相手との未来のことが想像できるかどうか

付き合っている中でこれからも一緒にいたいと思うだけでなく、具体的に将来のことを考えられる場合にはその人と別れない方が良いです。

特に、欠点も踏まえても相手との未来を考えられるなら、しっかりと相手との信頼関係が築いている証拠です。

一方、将来のことが想像できず前向きに考えられない場合には、どこかで相手に不満があり一緒にいることを拒んでいるため別れた方が良いでしょう。


診断3. 本音を言い合えるかどうか

別れた方がいい年の診断は本音を言えるか

言いたいことを我慢して築いた関係は、今は良くても長続きしません。本音を隠して相手の顔色を伺うようなカップルなら別れた方が良いですよ。

喧嘩が多くても、きちんと本音を言い合えるはカップルは不満があってもその場で解消します。最終的には絶対的な信頼で結ばれていますので、本音が言い合えるなら別れない方が良い関係です。


診断4. スキンシップを取りたいと思えるかどうか

好きな人に触れたいと思うだけでなく、触れ合うことで愛情を感じ2人の関係を深めます。そのため、相手とスキンシップを取りたいと思うのなら、きちんと2人の愛情や信頼関係が築けており、別れない方が良いでしょう。

また、実際にスキンシップが減っている場合にはそれだけ2人の気持ちが冷めています。スキンシップを取りたいかだけでなく、実際の頻度なども合わせて診断してみましょう。


診断5. 趣味や仕事よりも相手のことを大事に思えるかどうか

恋人はその人以外には務まらない重要な役割であるため、本来なら恋人以上に大切なことはあまりないはずです。もし、恋人よりも趣味や仕事のほうが大事だと思うなら別れた方が良い結果になります。

しかし、これは優先度とは異なります。相手も普段は他のことを優先しても、デートや大切な約束がある時は必ずあなたを優先するなら、あなたのことを大切にしているため別れない方が良いと考えましょう。


診断6. 一緒にいると心が落ち着くかどうか

別れた方がいい時の診断はいっしょにいて落ち着く

相手への不満や不安があると、恋人と一緒にいても心が休まらず一緒にいることに疲れてしまいます。一緒にいても心が落ち着けないのなら、気疲れをして大きな負担を感じる前に別れた方が良いでしょう。

ただ、心が落ち着くからと一緒にいても良い結果にならないこともあります。どうして一緒にいたいのか、その理由を客観的に感じられる場合には別れない方が良いですよ。


診断7. 自分をもっと知ってほしいと思えるかどうか

お互いのことを知っていくことが2人の関係を深めてるために必要です。興味や関心があると相手のことを知りたいと思うのと同時に、自分のことを知ってほしいと思うのが一般的です。

そのため、相手へもっと自分のことを知ってほしいと思えるかどうかが、別れるかどうかを決める診断ポイントになります。自分のことを知られたくないと思い始めたら、別れるべきサインと言えますね。


診断8. 相手からLINEがずっと来なかったら心配になるかどうか

少しのことでも相手の行動が不安になる場合、相手のことを誰かに取られたくないと好きな気持ちがある証拠です。連絡が少しでも減ってしまうと、浮気をしているのかどうか心配になってしまうのです。

ただ、相手への興味がないとLINEが来なくても何も思いません。長期間連絡がない時に、心配になるか何も思わないのか、それが別れるかどうかの重要な診断ポイントになっています。


診断9. 相手の嫌な点を許容できるかどうか

別れた方がいいかの診断は嫌なところを許せるか

相手の言動に嫌な部分があるのと同じく、自分にも相手に不快感を与えていることがあります。

こうした部分は気をつけていても自分では分からないため、相手の嫌な部分も含めて好きでいられることが愛情の1つの形です。

許容できず相手の言動だけ責めて直そうとする場合は、2人だけの関係を作ることを拒否しています。相手の嫌な部分や欠点だけが気になるのなら別れた方が幸せになれますよ。


相手との関係性を見直したい時はどうするべき?

相手との関係性ヲ見直すには距離を置く

別れない方が良いと判断しても、今の状態ではいずれ別れてしまうかもしれません。そこで、関係を見直して新たな気持で向き合うことが大切です。

それでは、どのように相手どの関係性を再構築すれば良いのか、関係の見直し方を紹介していきます。


見直し方1. 冷却期間を設けて、相手のことを好きどうか考える

別れたくないという気持ちは、一緒にいないといけないという間違った気持ちで相手との関係を考えてしまいます。こうした間違った気持ちを持ち続けていると、相手との関係を正しい方向へ変えることができません。

そんな時は、一時的な冷却期間を設けて、改めて相手のことを考えてみましょう。冷静に相手との関係を考え、その上で答えを出すことで、どのような結果になっても後悔することはなくなりますよ


見直し方2. しっかりコミュニケーションを取って、本音を伝える

すぐに結論が出ないのは、相手と向き合うのに自分の中だけで答えを出そうとしているからです。相手が今の関係をどう考えているのか、それを知ることで違った答えを出せることもあります。

そのため、相手ときちんとコミュニケーションを取り、あなたの本音を伝えましょう。あなたの気持ちを知った後の相手の言動から、別れるかどうかの答えを導くことで迷いなく結論が出せますよ。


見直し方3. 別れた方が良いと判断したら別れの決断をするのも一つの手

相手との関係性を見直し別れる

別れた方が良いと思っても、相手から離れることに不安があり、その思いを抱いたまま別れられなくなることがあります。そのまま何年も今の関係を続けてしまい、モヤモヤが残ったまま付き合うことになります。

別れたほうが良いと判断したら、しっかりと別れを決断し実行することも良い選択肢となります。今の関係に違和感を抱いている場合には、思い切って別れを選びましょう。


ただし別れの判断は後悔がないように!

別れた方が良いという判断をしても、それが一時的な感情のものなのか考えることが必要です。相手と上手くいかないなど、一時的な悲観で別れてしまうと必ず後悔します

どうして別れるべきなのか明確な理由をしっかりと考えましょう。そして、自分の気持ちや思い込みだけで答えを出さないように、恋人と話し合うことも大切ですよ。


別れた方がいいか悩んだら、しっかりと自分の気持ちに向き合ってみて。

別れた方がいいか悩んだら自分の気持ちに向き合おう

別れた方が良いカップルは、知らないうちに相手への気持ちが冷めており、別れない方が良いカップルは安定した愛へと成熟しています。

しかし、この2つは状況が似ているため勘違いして判断を誤らないことが重要です。

特に、友人から別れた方が良いと言われたら、上手く言っていても悩んでしまいますよね。友人の言葉は大切ですが、あなたとパートナーの関係を自分でしっかり考え決断することが、何よりも大切ですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事