バカにされる人の特徴とは?バカにされた時の対処法&防止する方法を解説

人にバカにされるのって嫌ですよね。そこで今回は、人をすぐ小馬鹿にしてくる人の心理から、バカにされやすい人の特徴や笑われた時の対処法まで詳しく解説します。さらに、周囲からネタにされるのを防ぐための予防策も解説するので、ぜひ参考にしてくださいね!

バカにされる人になっていませんか?

バカにされる人の特徴

学校や職場などで人にバカにされると、どんな相手であれ腹立たしいものです。

暴言を吐かれる、子ども扱いされる、鼻で笑われるといった経験をすると、悔しく情けない気持ちが強くなりますね。

今回は、人を小馬鹿にしてくる人の心理を解説した上で、バカにされる人に共通する特徴やバカにされた時の対処法についてご紹介します。


そもそも人を小馬鹿にしてくる人の心理とは?

周囲に他人をやたらと小馬鹿にする人がいて困っている、そんな人は少なくありません。

自分が小馬鹿にされている時はもちろんですが、たとえ自分が小馬鹿にされていなくても、人が人を馬鹿にしているのを見るのは気分がよくないものです。

そもそもなぜ人を小馬鹿にするのか、人を小馬鹿にする人の心理についてご紹介します。


心理1. 人をバカにしたり、見下したりすることで優越感に浸りたい

他人を小馬鹿にする人は、自分の意見や考えが正しいと信じ込んでいることが多いという特徴があります。そのため、自分とは違う意見や考えを持っている人を見ると許せない気持ちになるのです。

相手の意見や考えを否定することで自分が相手よりも力があるのだと見せつけたい、優位に立ちたいと思っています。

たとえ一時的であっても、相手より上に立つことで優越感に浸りたいのです。


心理2. 本気ではなく、冗談のつもりでからかっている

周囲からは他人を小馬鹿にしているように見えても、本人は小馬鹿にしているつもりがないケースもあります。単に冗談を言っているつもりで、深く考えずに言葉にしたり態度に表したりしているのです。

少々きついことを言っても許してくれる相手だと踏んでいることも多く、本気でバカにしているわけではありません。

しかし、相手の立場に立って考えようとする考えが希薄で、冗談になるかならないかの境界線を理解できていないのです。


心理3. 本音を言っているだけで、バカにしているつもりはない

発言している本人は、相手を小馬鹿にしているのではなく、アドバイスをしているつもりという場合もあります。

「こうしたらいいのに何でしないの?」「もう少しきちんと考えたら?」などと、良かれと思って率直な意見を口にしているのです。

ただ、発言する時に使う言葉が辛辣だったり、言い方がストレートすぎたりして、結果的に相手を小馬鹿にしている形になってしまっているということもあり得ます。


心理4. 素直になれず、つい意地悪を口にしてしまう

本当は相手と仲良くなりたいけれど、照れくさくて、ついつっけんどんな言い方になり、小馬鹿にしているような雰囲気を感じさせる人もいます。

もっと距離を縮めたいと思っているものの、素直になるということは自分のほうが下の立場になるような気がして嫌なのです。

そのため、自分はそんなに気にかけていないという態度を見せようとして、意地悪なことを言ったりあえて話しかけないで過ごしたりすると言えるでしょう。


原因は自分かも?人にバカにされる人に共通する特徴

特定の相手に限らず、学校や職場などでいろんな人にバカにされる人がいます。

バカにされる機会が多いと、もしかして自分にも原因があるのかもしれないと悩むこともあるでしょう。

他人にバカにされる人にはどういった特徴があるのか、共通する特徴を6つご紹介します。


特徴1. 自己肯定感が低く、自分に対する自信がない

自分なりの価値観や考えが固まっていると、自信を持って行動できるものです。

しかし、周囲の意見に流されやすく自分の意見が固まっていない人は、自信がないためバカにされやすいと言えます。

反対されただけで「自分は間違っていた」「やっぱりダメな人間だ」と自分を卑下し、自己肯定感がどんどん下がると、さらに言動がぶれやすくなって他人からますます見下されるという悪循環に陥る可能性が高いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 不器用な性格で、失敗やミスが人よりも多い

他人からバカにされる人は、うまく立ち回ることが苦手な人が多いです。

相手に言われたことに反論したくてもすぐに反応できず、納得できないまま行動するため、集中力が低下してミスが増えてしまいます。

学校や職場で何か問題が起きた時も、責任を逃れるためにうまく言い訳することができないので、自分一人が悪者になってしまった結果、周囲にバカにされやすくなってしまうのです。


特徴3. 控えめな性格で自己主張が上手く出来ない

他人からバカにされる人は、言いたいことをつい飲み込んでしまうタイプが多いです。

自分の意見を持っていてもはっきりと主張することがなく、常におどおどしているため、ネタにされる機会が自然と増えます。

意見を主張してもどうせ受け入れてはもらえないという考えが根底にあるため、本心をほとんど人に明かさない謙虚な面が強いですが、周囲からすると「何を考えているのか分からない」という印象が強くなり、その結果、見下される人になってしまうのです。


特徴4. 仕事や恋愛など、全てにおいて受け身で自分からアクションを起こせない

バカにされる人は、基本的に消極的です。自分からアクションを起こしたり、自分で考えて行動することはあまりなく、人から指示されるまで待っているタイプと言えます。

今までに仕事や恋愛で辛い思いをしたり、失敗した経験があるため、同じ思いをしたくないために自ら行動することを避けるのです。

その受け身な態度が相手に主導権を渡すことになり、見下されることに繋がりやすいと言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. 髪型や服装など、身だしなみに全く気を配っていない

他人からバカにされやすい人は、清潔感があまりないケースが多いです。

シャツの裾がはみ出している、ネクタイの締め方が雑になっている、ストッキングが伝線しているといった服装の乱れが目立ちます。

髪やひげがぼさぼさで整っていない、爪が伸び放題で不健康そうといった細部の手入れもできていないため、だらしない印象が強いです。

「身なりもきちんと整えない人だ」と見られやすく、バカにされる要因になります。


特徴6. 空気が読めず、見当違いな発言ばかりする

会話をしている時、自分にしか分からないような話題ばかり取り上げたり、ほとんど反応がなく話を理解しているのか分からないような態度を見せる人は、バカにされやすいと言えます。

会話は、相手とのやり取りがスムーズにできて初めて盛り上がっていくものですから、その場の空気を読めずにいると「分かってないな」と思われてしまうのです。

明らかに見当違いな解釈をして話の腰を折るのも、会話が続かない相手だと判断されてバカにされやすいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


どう返すのか正解?人にバカにされた時の上手な対処法

明らかに他人にバカにされていると感じると、悔しいですし情けないものです。

かといって、ただ怒るだけでは、短気な印象を与えるなどかえってイメージダウンになってしまうこともあります。

バカにしてくる相手に対してどう返すのが良いのか、バカにされた時の上手な対処法についてご紹介します。


対処法1. 相手に対してハッキリ嫌悪感を抱いていることを主張する

人をバカにする人のタイプは様々ですが、単に自分が優位に立ちたいためだけに、大人しい性格の人をバカにする人がいます。

そういう人は、謙虚な姿勢で対応していては嫌がっていることが伝わりませんから、たとえ普段は仲のいい友達であったとしても、自分の思いをはっきり伝えるべきです。

「そういう言い方は不愉快なのでやめてくれる?」と毅然とした態度で言いましょう。

嫌悪感が伝わって「ごめんね」と謝ってくれれば、その後も友達として付き合っていける可能性があります。


対処法2. バカにしてくる人とは距離を置くなど、関わらないようにする

バカにされると、普通はもう付き合いたくないと思うものです。

もし今後の関係を断ってもいいような関係の相手なら、いろいろ主張して理解してもらおうとする時間が無駄なので、自分から距離を置いていく対処法を行いましょう。

仕事上の関係など距離を置くことが難しいなら、最小限の接触で済むように自分からは話しかけないよう努めて、ストレスをためないようにするのがおすすめです。


対処法3. 小さな成功体験を積み重ねて自己肯定感を高める

バカにされることが多いという自覚があるなら、周囲にバカにしないよう主張することとあわせて、自分も変わっていく努力が必要かもしれません。

自信がなく、失敗を恐れておどおどしているとバカにされやすいので、普段から堂々と振る舞えるよう自分に自信を持つことが大切です。

どんな小さなことでもいいので目標を立てて、クリアしていくという行動を続けていると、「自分にもこれだけできるんだ」という自信がついて、周囲の目も変わってくるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


対処法4. 仕事でバカにされた場合、結果を出して見返す

仕事においては、行動した分だけ成果として返ってくることが多いものです。売上が少ない、事務処理が遅いなど仕事に関することでバカにされるなら、結果を出すしかありません。

人と同じことをするのではなく、自分に合った方法でスキルや経験を積み重ねていきましょう。

時間はかかりますが、こつこつと続けた努力は必ず糧となり自信になるので、バカにされることもだんだん少なくなるはず。


対処法5. 自分を肯定してくれる友達や恋人を見つける

優越感に浸りたい、自分の自信のなさをごまかしたい、そんな理由で人をバカにしている相手なら、基本的に自分には非がありません。

バカにされる理由がないことを自信にして、周囲を味方につけるのは一つの方法です。

自分のことをよく理解してくれている友達や恋人、職場の同僚などを味方にして、バカにしてくる相手と距離を置いていくのがおすすめ。


事前に予防するのが吉!バカにされないようにする方法

他人にバカにされるのは誰でも嫌なものですが、嫌だとはっきり言えなかったり、言っても相手が聞いてくれないことも少なくありません。

こうしたストレスの大きな状況にならないために、そもそもバカにされないようにすることも大切です。

他人にバカにされることを事前に予防する方法について、3つご紹介します。


方法1. 人と話す時は目を見て、ハキハキと話すことを心がけてみる

人にバカにされやすい人は、謙虚すぎたり、失敗やミスをした時に必要以上に委縮するタイプが多いです。

自信がないために相手の目を見られない、声が小さく主張の仕方が不器用という傾向があります。

たとえ自信がなくても、相手の目を見て大きめの声ではきはきと話すと、自信がありそうだと相手は感じてバカにしてこなくなるでしょう。


方法2. 嫌な時はハッキリ「NO」と言う習慣をつける

仕事でも恋愛でも、不器用でなかなか考えを伝えられずにいると、ネタにされるケースは多いもの。何を言っても言い返してこない相手に対しては、文句や嫌味を言いやすいからです。

しかし、非がないのに言われっぱなしでいる必要はありません

「やめてください」とはっきり口にして、バカにされると嫌なのだということを相手に示す習慣をつけていきましょう。


方法3. 言動や行動に対して常に一貫性を持つ

自分に自信がなく、いつも誰かの意見にすぐ流されてしまっていると、頼りない印象を与えてバカにされることが多くなります。

協調性があることと、違うと思っていても人の意見に従うこととは同じではありません。「私はこう思う」と一本芯が通った考えをしっかり持って、発言や行動をするよう心がけましょう。

自分の意見を持っていれば自信があるように見えるため、バカにされることは少なくなるはずです。


周りからバカにされやすい人は、自分の行動を少しずつ変えてみて。

いつもなぜか周囲からバカにされたり、ネタにされることが多い、そんな悩みがあると辛いものです。

自己中心的な心理から人をバカにする人がいる一方で、ついバカにされてしまいやすい原因を自ら作ってしまっている場合もあります。

人にバカにされないために変わりたいと思っているなら、この記事を参考に、人をバカにする人の心理を把握して、バカにされないための方法を少しずつでも実践してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事