彼氏との結婚に迷う女性へ。悩んだ時の診断で後悔しない選択をしよう!

大好きな彼氏と付き合っているものの、いざ結婚となると迷ってしまう女性は多いはず。そこで今回は、彼氏との結婚で迷った時の原因や理由から、結婚を迷った時にすべき10の診断を大公開!結婚で後悔するパターンや既婚女性の結婚の決め手もお教えするので、参考にしてみてくださいね。

彼氏との結婚に迷っている女性必見!

彼氏との結婚に悩んだ時の10の診断

結婚を前向きに考えているはずなのに、今の彼氏との結婚に心のどこかで何か引っかかるという人も多いのではないでしょうか。

具体的に何が不安かと聞かれても上手に答えられないけど、何かモヤモヤして結婚を迷うことも。

そこで今回は、彼氏との結婚にいま一歩踏み出せずに悩んでいる女性に知ってほしい10個の診断を紹介します。


なぜか踏み切れない…。彼氏との結婚を迷う主な理由や原因

結婚をしたい気持ちはあるのに、なぜか彼氏との結婚には迷うという人もいるのではないでしょうか。

そこでこの章では、彼氏との結婚に迷う理由について紹介します。モヤモヤとした気持ちが晴れるきっかけになるかもしれないので、チェックしてみてくださいね。


理由1. 性格や価値観が微妙にズレている気がするから

彼氏と一緒に過ごすのは楽しいのに、ちょっとした場面で「考え方が違うかも」と彼女としては違和感を感じる時はありませんか?

例えば、一緒に食事をしても店員さんに横柄な態度を平気で取るといったことなどです。

自分ではありえないなと感じているけど、彼氏としては普通にしていることが、自分とは感覚が違うと感じて結婚を迷う原因となっています。

価値観が合わなければ、次第に男性のことを「好きかわからない」と思う可能性もあります。


理由2. 彼の収入では経済的に家庭を養うのは厳しそうだから

彼との結婚はしたい、だけど仕事を見ていると収入はそこまで高くなさそうといった点が引っかかっていることも。お互いに収入の話は何となく、タブーになっているから具体的な金額を話さなくても、職種や普段の行動から何となく金額は想像できます。

将来子供ができた時や親の介護が必要になった時と、色々と想像すればするほど彼の収入だけでは厳しいと現実を突きつけられ、結婚を迷ってしまうのです。


理由3. 彼氏の親御さんや親戚と仲良くなれるか不安だから

彼から両親の話を聞いて「厳しそう」「親が色々と間に入ってきそう」と、聞いているだけで、将来どうなるのかと想像がある程度できます。

彼女からすると、嫁姑の関係が上手く行かなければ、苦労が多く大変だろうなと色々と考えてしまい、結婚を迷うのです。

自分の性格では、上手に立ち振る舞える自信もないので不安ばかりが大きくなります。


理由4. 今就いている仕事を辞めなければいけないから

今の仕事は収入も安定し、楽しく仕事をしているのに、結婚や彼の転勤などがあれば、自分が仕事をやめるという選択肢を取らなければいけないことが、結婚に躊躇してしまう理由です。

男性から「いつまでも働いていてもいいよ」と言ってくれていたとしても、いざ子供が生まれたり状況が変われば今のキャリアを捨てる選択を取らなければいけないと考えています。


理由5. 本当に好きかわからないから

彼氏、彼女の関係であれば一緒にいて楽しいと感じてはいるものの、いざ「結婚」となると彼氏のことを本当に好きかわからないと感じる人も。

一緒に居れば気持ちは落ち着くし、ラクではあるものの「この人と本当に一生一緒にいれるのか?」と、考えれば考えるほど自信が持てません

考えすぎると「本当に好きかわからない」といった方向へ行ってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


理由6. もっと良い人がいるんじゃないかと考えてしまうから

彼との結婚を迷うのは、「本当に結婚相手がこの人でいいのか」と疑ってしまうから。

今の彼氏とは一緒にいて楽しいし、精神的にもラクだなとは感じるものの、いざ結婚の話になると今の彼氏よりももっと優しくて、経済的にも安定している理想の人が現れるかも知れないと考えてしまうのが、結婚を躊躇してしまう理由です。


理由7. 彼氏と金銭感覚が合っていない気がするから

付き合っている時にはあまり気にならなかったお金のことも、結婚相手となると話は変わります。

彼女としても、趣味やゲームにお金がかかるのは理解できるものの、それが行き過ぎた金額であれば、そもそもお互いが持つ金銭感覚が違うと感じることも。

結婚した後のことを想像すると、一緒に生活していくのは難しいと考えてしまうのです。


理由8. 彼氏と年の差があるから

彼氏とは仲良もよく、一緒にいても年の差を感じることはあまりないと思ってはいても、いざ結婚をするとなれば話は違います。

例えば、子供が出来た時に彼氏が年上であれば、「子供と一緒に走ったり、遊んだり出来るかな?」と不安になるのです。

自分の年齢に近い相手が良いのではないかと、男性と自分の年の差を考えてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


彼との結婚を迷う際にチェックしたい10個のポイント

彼氏のことは好きなのに結婚をなぜか迷う人は、心にモヤモヤとしたものが引っかかるからです。そこでこの章では、結婚をする前にチェックしておきたいポイントについて紹介します。

事前に確認しておくことで、結婚に踏み切れるかもしれませんよ。


ポイント1. お互いに築きたい家庭像が似ているか

結婚を迷うのであれば、まずは彼氏と家族についてトコトン話し合うことが大切です。お互いに思い描く家族の形が異なれば、それぞれすり合わせてないといけません。

「何となく大丈夫でしょ」と漠然としていると、すれ違いが起きたときに衝突する原因になります。お互いが本音を話せば、思い描く家庭像に二人で近づけるようになります。


ポイント2. これから先の人生を彼と過ごす覚悟があるのか?

彼との結婚を迷うというのは、どこか不安になる部分があるからです。例えば、お金遣いが荒い、周囲に流されやすい性格といったマイナス面が目立ち、心のどこかで「本当にこの人と一緒で大丈夫なのかな?」といった気持ちになるから。

結婚に迷うなら「何があってもこの人となら乗り越えられる」と心から思えるかどうか、自分自身で問いただしてみましょう。


ポイント3. 余計な気を遣わず、お互いに自分の意見を言い合えるか

結婚をしたら一緒に暮らし、二人の時間は多くなります。子供のことや将来のことで、決断することも増えてくるので、お互いの意見を相手に伝えることができなければ、不満が溜まりケンカの原因になることも。

お互いに相手を気遣って意見を言えない関係は、上辺だけの付き合いの可能性も。彼氏とは本音で話し合えるのかが大切なポイントです。


ポイント4. お互いに尊敬し合える関係を築けているか

彼氏との結婚したいと考えるなら、彼氏のことを人として「すごいな」「素敵だな」と彼女が思えるかどうかが大切です。

相手の考えや行動に尊敬が持てなければ、結婚をしても長く関係を続けていくのは難しいことも。次第に「好きかわからない」という気持ちが芽生えるかもしれません。

お互いが相手のことを「人として素敵だな」と思える関係を、カップルの時から築けていれば結婚に迷うことはないのです。


ポイント5. 彼氏の仕事や収入に不満はないか

結婚生活を続けていくには、男性のことを好きでいるということも大切ですが、収入面も大事です。いくらお互いが好きであっても、生活をする上で安定した収入がなければ幸福度も下がります。また、赤ちゃんができればお金の面はより大切になります。

不満があれば、結婚生活をしても少しずつ「好きかわからない」という気持ちになる可能性も。そのため、彼氏の収入に不安がないか結婚前に確認することはとても重要なのです。


ポイント6. 金銭感覚にズレはないか

将来彼氏と暮らしたり、子供を育てたりしていく中で、お互いのお金に対する考え方が大きく違うのであれば、結婚を一度考え直した方が良いかも。

例えば、少額でも貸したお金を返さなかったり、彼氏はお金遣い荒かったりと自分では「些細なズレ」だと思っていても、結婚をした後には大きなズレとなり、ケンカの理由になります。

ですから、結婚前にお互いに金額感覚はどうなのか知っておくべきです。


ポイント7. 食の好みが合うか確認する

結婚してからは1日3食、一緒に食事をする機会も増えるので、相手がこだわりが強すぎると食事を用意する方も大変です。

自分なりの独自ルールがあったり、食べ方が偏食すぎると一緒に食事するのも嫌になることも。たかが食事と思っても、それが毎日続くと考えれば結婚をする前に確認しておきましょう。

食の好みが合えば、一緒に出かけたりしても夫婦で食べ歩きが趣味と言えますよ。


ポイント8. 家事や子育てには協力的か否か

お互いに仕事をしているなら、彼氏も積極的に家事をしてくれるのかは大切なポイントです。「家事や育児は女性がするもの」と考えている人も中にはいるので、結婚を迷っているのであれば先に確認しておきましょう。

彼氏が家事や育児に前向きかどうか確認するコツとしては、結婚している友達の話を振ってみましょう。

例えば、「◯◯ちゃんの家は旦那さんも家事をしてくれるみたい」と話題を振り「◯◯君はもし、結婚したら家事とかする?」と聞いてみるのです。

相手があまりいい反応でなければ、家事をしようと考えていない可能性が考えられます。


ポイント9. 家族のことを大切にしているか

彼氏は自分の両親や彼女の両親をきちんと考えているか、結婚をする前に確認しておきます。

その理由は、自分の家族のことを大切にできる人は家庭を持っても大事にできる傾向があるからです。家族の接し方を見ていれば、彼氏が自分の家庭を持った時どのような振る舞いをするのかがわかるので、確認しておきましょう。


ポイント10. 浮気せず、一途に自分の事を愛し続けてくれるか?

将来のことは誰にも分からないにせよ、自分のことをずっと一途に思い続けていてくれるのかは大切です。

例えば、何気ない日にも急にサプライズでプレゼントや花束をくれたり、自分が困ったことがあれば、さり気なく手を差し伸べてくれたりと愛情を確認する場面は付き合っている中でもいくつもあります。

普段から彼女のことを気にかけてくれている人は、結婚相手に向いているでしょう。

【参考記事】はこちら▽


意外と多い!結婚後に後悔する主な夫婦パターン5選

一見、幸せそうに見えるのにいざ話を聞いてみると、結婚したことに後悔している人が多いことも。そこで、結婚後に後悔してしまう夫婦のパターンについて紹介します。

事前にパターンを知っておけば、後悔しない結婚生活を送れるでしょう。


パターン1. 旦那のお金遣いが荒く、生活費をまともに入れてくれない

彼との結婚がしたくて結婚をしたはずなのに、いざ一緒に生活をしてみると自分の趣味にお金を費やしたり、友達と飲みに行ってしまったりと独身時代とお金の使い方が変わらないことも。

結婚をしたという意識が薄く、生活費も入れてくれないので、自分が子供を見ながらパートをしにいくことになり、結婚したことを後悔するのです。


パターン2. モテるため、結婚後も平気で女性と遊んだりする

女性にモテる人とわかっていても「結婚したらきっと女性遊びはやめるだろう」と考えていたはずなのに、全く変わらないということはよくあります。

独身時代と同じように飲みに行ったり、女性も多く集まる場へ出かけたりと、常に「浮気されるのでは?」と不安になることも。

家族のことより自分の遊びが優先になっていることで、なぜこの人と結婚してしまったのだろうと後悔するのです。

【参考記事】はこちら▽


パターン3. 顔はタイプだが、性格が合わず喧嘩が絶えない

性格や価値観が何となく一致しないとは感じていたものの、彼の顔がタイプで一緒になった場合は、お互いの価値観がズレてケンカになることもあります。

一緒に暮らしていくためには、顔だけが自分好みでも生活していくことは難しく、結婚を後悔することに。

付き合うのは顔がタイプでもいいですが、結婚は顔だけで選ぶと痛い目にあいます。


パターン4. 結婚後にやり残したことに気が付いて後悔する

結婚したことで自由に遊びに行ったり、気軽に一人で旅行したりできなくなったことで窮屈に感じることも。

例えば、留学をしてもっと勉強をしたいと感じても、相手がいることで仕事や家庭のこと、お金のことを現実的に考えて、やりたいことを諦めなければいけません

その時に、もっと色々と独身時代にやっておけば良かったと後悔するのです。


パターン5. 結婚後も独身時代と変わらず、旦那が毎日飲み歩く

結婚を後悔する理由に、相手が結婚をしていることに自覚がないことがあります。

例えば、飲みに行く回数も結婚をすれば減るだろうと思っていたのに、全く変わらず同じペースで飲みに行けば、家族との時間も減ってしまいますよね。

結婚する前は、飲みに行くのをやめると言っていたのに、気がつけば連日のように飲み歩き、家庭を顧みないといった場合は結婚したことを後悔するのです。


既婚女性が結婚へと踏み切った主な決め手とは?

「結婚」と意識すると相手のことが本当に好きかわからないといった気持ちになることも。そこでこの章では、結婚に踏み切った人の決め手について紹介します。

自分のモヤモヤとした気持ちがわかるかもしれませんよ。


結婚の決め手1. 出産しても安心できるくらいの経済力を持っていた

男性側の仕事や収入があり、結婚をして子供を授かっても安定した生活ができると感じられることは大切でしょう。

その理由は、子供を育てていくのにはお金がかかるので経済力がなければどんなに性格が良くても、顔が良くても、生活をしていくことは困難だからです。

将来を考えた時、男性側に収入があれば結婚を心配する必要はありません


結婚の決め手2. 性格や価値観が合い、一緒に居て落ち着く相手だったから

結婚をして家族になれば、一緒に居る時間も増えてきます。仕事で不安なことや自分の悩みなど、相談して一緒に考えてくれる相手であることは結婚する上で大切な部分です。

何より、一緒に居ても自分らしくリラックスした状態でいられることが、結婚する上でとても重要なポイント。結婚を決めた人は自分らしく自然体でいられる相手を選ぶのです。

【参考記事】はこちら▽


結婚の決め手3. 誠実で一途に愛してくれそうと思えたから

一生一緒にいる相手ですから、自分のことを必要とし、いつまでも好きでいてくれる男性でなければいけません。

例えば、こまめに連絡をしてくれたり、迎えに来てくれたりと自分のことを好きでいてくれているなと実感できる相手の言動や行動が、「この人なら信用できる、私を一途に思ってくれる」と思えたので結婚を決めたのです。

【参考記事】はこちら▽


彼氏との結婚に迷ったら、彼をよく分析してみて。

結婚に迷うのは、自分の中で「この人で本当にいいのかな?」といった不安な点が相手にあるからです。

しかし、自分の中でモヤモヤとしたものを解消できれば、結婚前の不安な気持ちを晴らすことはできます。

今回紹介した、結婚を迷うポイントを明確にすれば、彼と結婚をする方が良いのか答えが見えてくるはずですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事