別れた彼女を忘れられない彼氏の心理|復縁したい男性が取る行動までご紹介!

彼女と別れて落ち込んでいる彼氏っていますよね。彼女との別れを引きずっている男性心理はどのようなものでしょうか?今記事では、元カノのことを思い出す瞬間や復縁したい男性が元カノに取る行動をお教えします。彼女と別れて男性がどんな気持ちになっているのか知りたい女性は参考にしてくださいね。

彼女と別れてからも引きずる男性って多いんです。

別れた彼女を忘れられない彼氏の心理

恋愛絡みの格言は星の数ほどあれど、「男性は別名保存、女性は上書き保存」は、とっても有名。男性の方が過去の恋愛を忘れられない。という事ですね。

では、実際に別れた彼女が忘れられない男性というのは、一体どういうものなのでしょうか?

今回は、別れた彼女を忘れられない彼氏の心理や、別れた彼女と復縁したい男性が取る行動などについて詳しくご紹介します。

あなたの元彼の行動にあてはまるものがあるかもしれませんよ。


別れた彼女を忘れられない5つの男性心理は?

別れてからかなり時間がたっても、新しい彼女ができても、別れた彼女が忘れられずいつまでも引きずっている男性って、実はけっこう多いんです。

ここでは、別れた彼女を忘れられない5つの男性心理について詳しくご紹介します。


男性心理1. 未だに好きで、未練がある

別れた彼女がいつまでも忘れられない大きな理由の1つは、ずばりまだ好きだから。これは、自分がつい出来心で浮気して別れを突きつけられた立場でも当てはまります。

もっとも、自分の浮気で別れてしまった場合は、あまりおおっぴらに「まだ、別れた彼女が好きなんだよね。」なんて事は言えませんけどね。

別れた彼女の事が好きだという気持ちが残っている以上、未練たらたら忘れられないのも仕方がありません。

【参考記事】はこちら▽


男性心理2. 初めての彼女だったため、鮮明に記憶に残っている

仕事でもプライベートでもドキドキ初体験は、いつまでも鮮明に記憶に残っているもの。

これが、恋愛、初めての彼女となるとなおさらです。初めての告白、初めてのキス、初めての恋人繋ぎ、初めてのデート、などなど、初めての彼女との初体験を数え上げたらキリがありません。

別れてしまった初めての彼女とのアレコレを、「青春の甘酸っぱい思い出の1ページ」として昇華できれば素敵ですが、そこまで割り切るには、それなりの時間が必要です。


男性心理3. 彼女に振られてしまったため後悔がある

「好き=付き合う」とならないのが恋愛です。いくら大好きな彼女だったとしても、彼女の心変わりなどで振られてしまう事もありますよね。

自分が大好きなのに、彼女と別れる事になってしまった場合いつまでも未練が残ります。

また、付き合っている最中の自分の言動を自問自答するという、出口のない後悔も延々と繰り返す事になるのです。


男性心理4. 付き合った期間が長いため、思い出が多い

別れた彼女と一緒に過ごした時間が長ければ長いほど、2人の思い出もたくさんありますよね。

一緒にみた夏の花火、2人のお気に入りのカフェ、初めて一緒に見た映画、一緒に初詣に行った神社、会社帰りにいつも待ち合わせしてた駅の改札。

数え上げればキリがありません。

特に、数年単位で付き合った彼女であれば、四季折々のイベント毎にどうしても彼女との思い出が蘇ってきてしまいますよね。


男性心理5. 今の恋愛が上手く行っていなく、ただ単に寂しい

新しい彼女ができても、その彼女と喧嘩をしたり、気まずい雰囲気になったりすると、どうしても別れた彼女を思い出してしまいがちです。

「あいつは、こんな事で怒らなかったのにな…。」

「あの子は、あんなに口汚く罵ってくる事しなかったな…。」

昔の事は頭の中で美化されがち。特に、今の恋愛が上手くいってない場合、その傾向は強くなります。

そして、新しい彼女と仲直りしたり、上手くいくようになるとすぐに忘れてしまう程度の寂しさでもあります。

【参考記事】はこちら▽


別れた彼女を思い出す6つの瞬間って?

どんなタイミングで別れた彼女を思い出すのかは人それぞれですが、ほとんどの人が同じような瞬間で思い出すようです。

ここでは、男性が別れた彼女を思い出す6つの瞬間について詳しくご紹介します。


瞬間1. 思い出の写真やモノをみたとき

別れた彼女とまだラブラブだった時に2人で撮った写真や、お揃いで買った食器、アクセサリー、彼女がプレゼントしてくれたネクタイ、彼女がソファにこぼしてしまったコーヒーのシミなどなど…。

別れた彼女との思い出がギュッとつまった写真やモノを見てしまった瞬間、その写真を撮った時の事や貰った時の事などが、走馬灯のように頭の中に鮮明に蘇ります


瞬間2. 距離をおいたことで、大切さに気がついた

「顔を見れば喧嘩をしていた最後の数ヶ月。早く別れたいと何度も思ってたのに、いざホントに別れたら、後悔しかない…。」なんて事はよくある話。

特に相手に尽くすタイプの彼女の場合、尽くしてもらう事が当たり前の状態で別れると、地味にダメージが大きいのはアレコレと尽くしてもらっていた彼氏の方なのです。

「逃した魚は大きい」とはまさにこの事ですね。


瞬間3. 共通の友人と話していて名前を聞いたとき

「そういえば、お前の元カノ、〇〇ちゃんだっけ?3日ぐらい前に駅前で見かけたよ。」

「昨日の営業先でさ、お前の元カノとばったり会っちゃったよ。あの子転職してたんだな。すげー綺麗になってて一瞬誰か分かんなかったよ。」

など、共通の友人から思いがけず元カノの話を聞いた時、2人の思い出が頭の中に一気に蘇ります

ただの友達ではなく恋人関係として深い付き合いをしていた元カノなので、名前を聞いただけでも愛し合っていた頃のアレコレを思い出してしまうのです。


瞬間4. 思い出の場所に訪れたとき

初めて一緒に夜景を見た公園、居心地が良くて2人で何度も通った小さなカフェ、仕事帰りのデートでいつも待ち合わせしていた本屋さん。

2人の思い出がつまった場所を訪れた時、ふと別れた彼女に連絡してしまいたくなるのは、彼女の事が忘れられないから

「久しぶり!元気にしてる?今、2人でよく来てたカフェにいるよ。新作ケーキがめっちゃ美味しい!」

「元気?久しぶりにあの駅ビルの本屋来たんだけど、改装してすごい綺麗になっててびっくりした!〇〇はもう知ってた?」

こんなメールやLINEが届いたら、それは別れた彼女を思い出している瞬間です。そして、その元彼は復縁を狙っている可能性がありますよ。


瞬間5. 元カノが結婚した事を噂で聞いたとき

別れた昔の男にまで、自分の結婚式の招待状を送る女性は、そう多くありません。同様に、結婚の報告をわざわざ直接してくる女性も、そういません。

そのため、元カノの結婚話は、人づてに噂として耳にする場合がほとんどです。

そして、別れてもどこか自分のモノだと思っていた元カノの結婚に、大なり小なりショックを受けるのが男性です。

【参考記事】はこちら▽


瞬間6. LINEのタイムラインやSNSで投稿を見かけたとき

別れた後に直接連絡をとらなくても、相手の近況をそれとなくチェックできるのが、LINEのタイムラインやSNSでの投稿。

明らかに女子会だと分かる投稿には、ほっとしつつも何度も読み返し、どことなく男の陰が見え隠れする投稿は、写真をできる限り拡大し新しい男の情報を探ろうとしてしまうのです。

また、別れた彼女のタイムラインを何度も遡って繰り返し読んだり、「いいね」を押すべきか、気の効いたコメントを残すべきか、はたまた読んでないフリをしておくべきか、頭の中でぐるぐる考えてしまうでしょう。

【参考記事】はこちら▽


元カノと復縁したい場合に男性がとる方法や行動パターン

別れたからといって、元カノへの気持ちも綺麗さっぱり消え失せるわけではありません。中には、また付き合える方法を試行錯誤している男性もいるのです。

ここでは、元カノと復縁したい場合に男性がとる方法や行動パターンについて具体的にご紹介します。


行動パターン1. 適度に冷却期間を設け、距離をおく

別れてすぐに復縁を申し出てくる男性もいますが、大半はある程度の冷却期間を設け、物理的にも精神的にも距離を置いてから、徐々に復縁に向けて動く男性がほとんどです。

その冷却期間に、男性がしている事と言えば、復縁を申し込んでOKして貰うための自分磨きがほとんど。

といっても、女性の場合の自分磨きは、ダイエットやファッション、ヘアメイクなど自分自身の見た目のバージョンアップも含まれますが、男性の場合は、見め目のバージョンアップより、仕事のキャリアアップや酒癖、金遣いの荒さの改善などのパターンが多くあります。

もっとも、この冷却期間中も元カノに知られないよう、元カノのSNSのタイムラインは隅々までチェックしています。

【参考記事】はこちら▽


行動パターン2. 元カノにLINE(ライン)やメールで連絡をする

ある程度の冷却期間を経て、自分自身に自信がついてきたら、いよいよ元カノにLINEやメールで連絡をとってきます。

もちろん、冷却期間後、初めて送るメッセージの内容はかなり吟味しています。

「長すぎると未練たらたらに思われそうだし、かといって短すぎると素っ気なさすぎそうだし…。」

うっかり途中で送ってしまわないよう、スマホのメモ帳に候補のメッセージをいくつも書いて頭を悩ましている場合もあるのです。


誕生日などをきっかけに連絡してくることも

ラブラブだった時には一緒にお祝いした元カノの誕生日やクリスマス、新年、バレンタインなど。記念日やイベントは連絡をするきっかけにはぴったりですよね。

「◯◯ちゃん、誕生日おめでとう!元気にしてるかな?」

「メリークリスマス!去年一緒に食べたケーキ、今年も買っちゃったよ。」

など、「記念日だから」という大義名分のもと連絡もいつもより送りやすくなるのです。

【参考記事】はこちら▽


行動パターン3. 元カノのTwitterやInstagramをチェックする

TwitterやInstagram、Facebook、LINEなど、SNSのタイムラインは、元カノの近況を知る貴重なツール

特に別れた直後の投稿は目を皿のようにして探してしまいます。

「マジで好きだったのに…。」

「毎日辛すぎる、もうやだ…。」

など、まるでかまってちゃんのような投稿ですが、それが自分との別れが原因だと分かると嬉しさ倍増です。さらに、その後の投稿ももちろん隅々までチェック。

復縁の障害になりそうな新たな男の出現や、新しい彼氏が既にできていないかどうかなども、大切な確認事項です。


行動パターン4. 「久しぶりに話そう!」と食事に誘ってくる

復縁したいと切に願っていても、そんな下心丸出しのお誘いをしてくる元彼はそういません

まずは、軽い感じで「元気にしてる?良かったら久しぶりに食事でもどう?」などと連絡してくるパターンがほとんどです。

もちろん、メッセージを送る直前まで、元カノのSNSのタイムラインは細かくチェックし、メッセージを送るベストなタイミングをはかっています。


行動パターン5. 現在の彼氏の有無など、恋愛事情を聞いてくる

いくらSNSのタイムラインを細かくチェックしていても、元カノの最新情報は本人からしか教えてもらえません。

「なんか、前より綺麗になったんじゃない?もしかして、新しい彼氏とかできたの?」

「〇〇、付き合ってた時より断然いい女になってるじゃん。他の男がほっとかないでしょ?」

など、自分のライバルになりそうな男がいないか、既に彼氏ができていないか、さりげない振りをして現在の恋愛事情を探ってきます

本人は、復縁したいという自分の下心がバレてないと思いながら余裕な態度でさりげなく、あくまで軽いお喋りのつもりで聞いている体を装っています。


行動パターン6. 復縁したいことを伝えてくる

「離れてみて分かったんだけど、やっぱり俺には〇〇しかいないんだ。」

「◯◯の事がずっと忘れられなくて…。〇〇以上にいい女はいないんだよ!」

など、伝え方には様々なパターンがありますが、どの言い方にも共通して言えるのは「オンリーワン」をアピールしてくること。

「1度は別れたけど俺にはやっぱりあなただけです。」

というような事を真摯な態度で伝えてくるようなら、復縁可能かどうか真面目に考えてあげるのも良いでしょう。


彼女と別れてからの男性は意外と引きずっていますよ。

別れた彼女を思い出すのは、普段の生活の中のふとした瞬間です。

また、新しい彼女と上手くいっていなかったり、仕事やプライベートで落ち込んで心が弱っていたりすると、昔の彼女につい連絡をとりたくなってしまうもの。

さらに、「やっぱり、お前と別れなきゃ良かったな…。」などと、考え無しにこぼすのも、彼の心が弱っているタイミングです。

別れた彼氏からの復縁願いが、本心からの発言なのか、ただ単に心が弱っている故の現実逃避の発言なのか、じっくりと見極める事がとても大切です。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事