元カノが結婚した時の男の心境│男性が後悔する元カノの特徴とは

元カノから直接結婚の報告が来たり、SNSで結婚したことを知った時、元彼はどんな心境になるのでしょうか。今回は、元カノの結婚を知った男性心理や本音を大公開!自分じゃない男と結婚してショックを受けたり、自分が結婚したかったと後悔するような、未練を感じさせる元カノの特徴もお教えします。

元カノが結婚した時って複雑な気持ちになりますよね。

元カノが結婚した時の男の心境

元カノが結婚した時、SNSや友達から知らされる、もしくは直接連絡がくるかもしれませんよね。そんな時、一体元彼はどのようなことを思うのでしょうか。

この記事では、元カノが結婚した時の男子の心境や結婚しておけばよかったと思う「元カノ」像、さらには元カノの結婚式に呼ばれたときの対処法について解説します。


元カノが結婚したのを知った時の男性の心境とは

元恋人となると、その関係性は複雑に感じるもの。もし「今度結婚するんだよね」と元カノから報告を受けたとき、男性は一体どのようなことを思うのか気になる女性もいるはず。

ここでは、元カノが結婚したのを知ったときの元彼の心境・男性心理を解説します。


男性心理1. まだ好きな場合、かなり大きなショックをうける

男性は元カノの中で常に一番手でいたいものなので、結婚の報告を聞いて「え、そんな…」とショックな心境になる男性も少なくありません。

もう好きだという気持ちが残っていない場合であれば、素直に祝福できるかもしれません。ですが、まだ気持ちが残っていると、なんだか寂しい気分になりヤキモチを焼いてしまいます。

ショックを受けるだけでなく、その結婚相手がどんな人なのか非常に気になる人も多いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


男性心理2. 先を越された感が出て、自分も結婚したいと焦る

結婚すると聞くと、なんだか大人の階段をひとつ登ったような反応を受ける人が多いです。

自分がまだ結婚していない場合、まるで先を越されて寂しい感覚に陥りがち。「久しぶりに会う同級生が結婚して子供がいるときに感じる焦り」と似ているかもしれません。

「元カノと結婚したかった」という未練があるわけではありません。自分と比較して「負けた」というような気持ちが焦りに繋がり、「自分も早く結婚したい」と思うことも。


男性心理3. 別れてしまったことを後悔する

元カノが結婚したという連絡を受けたとき、男性は自分のものが奪われたような感覚を覚えます。そんな時、「元カノと結婚すればよかったな…」「自分と結婚した方が元カノは幸せになれるのに」といった、後悔の気持ちが出てくることも。

「思い出は美化される」とよくいわれますが、別れてしばらく経つと、元カノとの良い思い出が頭に浮かぶでしょう。「あのとき別れていなければどうなっていただろう」といった、タラレバの話を想像する男性も少なくありません。

【参考記事】はこちら▽


男性心理4. 正直、どうでもいいと思ってしまう

相手に好きな気持ちが残っていない場合、「元カノはもう終わった相手」だと割り切っているので、元カノの結婚を聞いても何も反応しない男性も。過去のことを思い出して、あれこれ思うこともありません。

ちなみにそうした男性は、今彼女もしくは好きな人がいる可能性も考えられます。今現在自分が幸せで「その人を大切にしたい」と思っているからこそ、元カノのことは何も思わなくなります。


男性心理5. 素直に「おめでとう」と祝福する

ヤキモチや後悔を感じる男性もいる一方、元カノが結婚すると聞いて嬉しいと感じ、心の底から「おめでとう」と言える男性もいます。

元カノは1度本気で愛した女性。「愛した人だからこそ幸せになってもらいたい」と思う男性も少なくありません。

特に自分が既に結婚して心に余裕があるケースだと、「相手にも結婚して幸せを感じてほしい」と思うことも多く、その場合このパターンに当てはまります。


男性心理6. 特に何も思っていないのに、謎の喪失感を感じる

元カノのことがまだ好きなわけではなく、自分も毎日楽しく過ごしていても、結婚の連絡を受けてなんともいえない感情の波が押し寄せてくることも。

こうした感情の原因は、さまざまな気持ちが入り混じっているから。

「相手には幸せになってほしい」「素直に祝福したい」という純粋に嬉しい気持ちがある一方、「あのとき元カノと結婚していればどうなっていたのだろう」といった、寂しい気持ちや未練が無意識的に残っているケースもあります。

そんな時は元気になる歌を聴いて、自分を励ましてあげましょう。


男性心理7. 結婚相手の男性がどんな人物か気になってしまう

「どんな人と結婚したのだろうか」と思わず反応してしまう男性も多いです。男性は非常にプライドが高い生き物。

常に他人と比較する傾向にあるので、元カノが結婚したと聞いたとき「自分よりイケメンなのだろうか」「自分よりお金を持っていそうか」など、あれやこれやと想像してしまいます。

もし自分よりかなりブサイクだと思う男性と結婚した場合、「俺のほうがかっこいいのに、どうして…」などと、ついショックを受けてしまう可能性もゼロではありません。


男性心理8. 子供がいる場合、結婚してたら自分の子だったのかな…と思う

元カノが結婚して子供が生まれたとき、その可愛らしい姿に「自分と結婚していたら自分の子どもだったのかな」と空想にふけることも。

このケースだと、まだ元カノに未練が残っている男性も多いです。「あのとき別れなければ…」「結婚していればどうなっていたのだろう」など、後悔の念が押し寄せてくるでしょう。

男性は以前は付き合っていた女性も含めて、常にその人の一番でいたいものなのです。

【参考記事】はこちら▽


男性が結婚しとておけば良かったと後悔する「元カノ像」とは?

上記のように、元カノからの結婚報告を聞いて、ショックを受ける男性も多いです。「あのとき別れず、プロポーズしておけばよかった」と後悔することも。

ここでは、男性が結婚しておけば良かったと後悔するような「元カノ像」を解説します。


1. 懐が深く、自分のワガママを受け入れてくれた女性

懐が深く器の大きい女性が元カノだと、「結婚していれば、今でもしっかり支えてもらえたのかな」と後悔しがち。

自分のワガママをそのまま受け入れてくれたり、自分の決めたことに対して黙ってついてくきてくれたり。そうした女性の器の大きさは、別れてから気づくことも多いです。

別れてから「いい彼女だったなぁ」と思ってしまうからこそ、結婚の報告を聞いて一層ショックを受けてしまうのです。


2. 波長が合い、一緒に居て落ち着いく女性

自分が無理をすることなく、いつも自然体でいられた相手に対して後悔するケースも少なくありません。付き合うといっても、もともとは赤の他人。相手に気に入られようとちょっと無理をしたり、相手にあわせる人も多いはず。

なかなか波長が合う、なおかつ付き合うまで発展する人はなかなかいませんよね。別れたあとで、「あんないい彼女、他にはいなかった」と悲しい気持ちになることもあります。


3. 料理や掃除など、家事が抜群にできた女性

元カノが料理などが上手で家庭的であった場合、「元カノの手料理が忘れられない」「あんなに家庭的な人はいない」と、別れたあとから後悔することも多いでしょう。

特に結婚となると、毎日一緒に生活することになるので、家事ができると「結婚したい」と思われやすいです。「元カノと結婚していれば、幸せな毎日だっただろうな…」と、思わず元カノの結婚相手が羨ましくなるかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


4. 献身的で自分を立ててくれた女性

いつも献身的で、自分に尽くしてくれることで、男性は嬉しいと感じるもの。

付き合っていたときはそれが当たり前だと思っていても、いざ別れて元カノが結婚すると聞いたとき、「あんなに自分を立ててくれた人はいなかった」「なんで結婚しなかったんだろう」と後悔しがち。

元カノのよさは、別れてから気づくことも多いです。そんな献身的な元カノが結婚すると聞くと、思わず相手の男性が羨ましく感じるかもしれません。


5. 一年以上付き合っており、長く連れ添った女性

付き合いが短い元カノであれば、別れて結婚するとなったとき、あまり後悔の念はないかもしれません。ですが1年以上付き合った元カノの場合、それだけふたりの思い出も多いはず。

長く連れ添ったことでさまざまな思い出が蘇り、元カノが結婚すると聞いたとき「あのまま結婚していたら、今でも楽しい毎日だっただろうな」などと後悔しがち。祝福したいけど、素直には喜べない複雑な気持ちに陥ります。


6. 今まで付き合った人の中で一番綺麗だった女性

男性にとってやはり女性の外見は大切。結婚する元カノが非常に綺麗な人だった場合に後悔する男性も多いです。

付き合ってしばらくすると、相手の顔を何回も見ているので、その美しさが当たり前だと思ってしまいがち。

ですが別れたあと、「あんなに綺麗な女性は他にはいなかった」と思うようになり、元カノの結婚を聞いたとき激しく後悔することも。

このパターンも、別れたあとに元カノのよさに気づきやすいです。

【参考記事】はこちら▽


元カノの結婚式には呼ばれた場合の対処法

元カノの結婚報告を聞いたあと、場合によっては結婚式に呼ばれる可能性もあるでしょう。結婚式に呼ばれたとき、出席すべきかどうか迷ってしまうはず。

ここでは、元カノの結婚式に呼ばれたときの対処法を解説します。


対処法1. お互いに未練がないなら、出席するのもOK

長く付き合って、かつお互い納得して別れたのであれば、結婚式に呼ばれる可能性もゼロではありませんよね。

そんな時、お互いに未練がなく素直に「相手の幸せを祝福したい」と思うのであれば、結婚式に出席しても問題ないでしょう。相手の幸せな姿を見れば、自分までも幸せな気分になれるはずです。

ちなみに未練が残って別れたのであれば、結婚式に出席してもいいことはあまりありませんし、呼ばれることもないでしょう。結婚式で感動的な歌を聴いたときは、どうしようもない気持ちなるはず。


当人同士が良くても周囲に気を遣わせるようなら、欠席する方がベター

もし本人同士がお互いに未練がなくて、結婚式に参加しても問題ないと思っても、周りの人が気を遣ってしまうかもしれません。

結婚式に出席している共通の友達などは、新婦の元彼だと知っている可能性も高いです。その状況を知っている人に気を遣わせることになり、迷惑をかけてしまう可能性もあります。

そういうケースであれば、結婚式には欠席する方が無難といえるでしょう。


対処法2. 二次会から出席する

元カノは、自分が一度愛した大切な人。元カノが結婚すると聞いて、「どうしても相手の幸せな姿を一目見たい」と思うかもしれません。

そういう場合であれば、結婚式には参加せず二次会から参加するのもひとつの方法です。二次会であれば結婚式のような堅苦しさを感じませんし、結婚式よりは行きやすいでしょう。

流れてくる感動的な歌を聴いて元カノとの思い出が蘇るかもしれませんが、参加した時は元カノに心の底から「おめでとう」と言ってあげてくださいね。


対処法3. 元カノの親御さんとも面識がある場合は、欠席するのが無難

元カノと長く付き合っており、相手の親御さんとも面識がある場合は結婚式には欠席することをおすすめします。

やはり相手の親御さんに元彼だと知られている場合、お互い気を遣ってしまうので、結婚式の雰囲気もいいものにはなりにくいでしょう。

またそういうケースで結婚式に出席しても、どうしようもないもどかしさを感じてしまいがち。双方にとってあまりよくないので、結婚式への参加はおすすめできません。


元カノが結婚した時は、素直に祝福してあげられると素敵ですね。

ここまで、元カノが結婚した時の男性の心境から、男性が結婚しておけばよかったと後悔する「元カノ像」、さらには元カノの結婚式に呼ばれたときの対処法をご紹介しました。

元カノが結婚すると聞いて、後悔をしたりヤキモチを妬いたりする人も多い一方、素直に「おめでとう」と言える人までさまざまなケースが考えれられます。

この記事を見ている女性もぜひ参考にして、元彼との接し方を考えてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事