手先が器用な人の特徴6つ。器用になる方法&手先を鍛えられる趣味も紹介!

手先が器用な人っていますよね。では、器用になるためにはどうしたら良いのでしょうか。今記事では、手先が器用な人の特徴から器用な人に対する周りからの印象、手先が器用になる方法や趣味を大公開!さらに、細かい作業が得意な人に向いてる仕事も紹介していきます。

手先が器用になるにはどうすればいいの?

手先が器用な人の特徴6つ

細かい作業も難なくこなしてしまう「手先が器用な人」は、周りからも一目置かれる存在ですよね。できれば「自分も器用になりたい」と思う人も多いでしょう。

そこで今回は、手先が器用な人の特徴を徹底解説!器用になる方法や手先が鍛えられる趣味もあわせて紹介するので、手先が器用になりたい人は参考にしてくださいね。


手先が器用な人に共通する特徴6つ

手先が器用な人はどんな人なのでしょうか?

まずは、手先が器用な人に共通する特徴を紹介します。手先が器用になりたいと思っている人は、特徴から真似できそうなところを自分に取り入れて、器用になれるよう心掛けてみてくださいね。


特徴1. 集中力が高い

細かい作業をするためには集中力が必要です。そのため、手先が器用な人は集中力が高い特徴があります。

周りの環境に影響されにくく、自分がやるべきことに対して入り込めるので、細かい作業をミス無くきっちりとこなせます。

集中力が高いと作業中は気持ちが途切れないため、途中で雑な作業になることもなく、最後まで丁寧が作業を続けられるのです。


特徴2. 作業が一つ一つ丁寧で、ミスが少ない

手先が器用な人はどんな作業でも完璧な仕上がりを求めています。手のかかる作業でも妥協することなく、一つ一つ丁寧にこなすので、ほとんどミスがありません。

たとえ初めて行う作業だったとしても、持ち前の丁寧さで一つ一つ正確に作業を進めます。安心して任せられる人として頼られることが多いのも、手先が器用な人の特徴です。


特徴3. 細かい作業が好き

細かい作業があった時に「めんどくさい」「気が遠くなりそう」という思いから、自分から進んでやりたくないと思う人って多いですよね。

ただ、手先が器用な人は細かい作業が好きなので、嫌がるどころかワクワクとした気持ちになります。

人が避けたくなるような細かい作業でも、進んで取り組もうとするほど細かい作業が好きなのも手先が器用な人の特徴です。


特徴4. 細かい作業でも上手くいく方法を考えている

手先が器用だからといって何でも最初から上手くできるわけではありません。どうすれば上手くいくのか方法を考えながら作業を進めているので、上手なやり方を見つけて細かい作業でも器用にこなせるのです。

やり方だけでなく、丁寧にミス無く作業を進めるために気をつけることまで考えているため、失敗も少なくスムーズに作業ができます。


特徴5. 忍耐力が強い

細かい作業をすると、なかなか作業が進まずにイライラして途中で諦めたくなることがあるでしょう。

手先が器用な人は、どんなに細かい作業でもイラつかず、最後までやり通す忍耐力の強さがあります。

細かい作業の方がやりがいを感じる一面があるので、人が嫌がるような作業でも持ち前の忍耐力で最後まで仕事をこなせるのです。


特徴6. 作業前から完成するイメージを持っている

手先が器用な人はただ細かい作業が得意なだけでなく、スムーズに作業を進めて行く人が多いですよね。

ただ漠然と目の前の作業を進めるのではなく、先に完成までの作業をイメージしてから取り組むので、要領よくスムーズに作業をこなせるのです。


手先が器用って良いこと?周囲からの印象とは

手先が器用だとなんでも上手にこなせるため、周りからの印象も良さそうですが、実際のところどうなのでしょう?

ここでは手先が器用な人に対して、周囲がどのような印象を抱いているのかについて紹介していきます。


器用な人への印象1. 尊敬する

手先が器用な人は、他の人がなかなか上手くできないような細かい作業でも、少ないミスで完璧に近い状態で行えます。

誰しも自分にできないことをやってのける姿には尊敬してしまうものです。手先が器用な人も、多くの人ができない細かい作業を上手くできるので、それだけで周囲からは尊敬されることも多いでしょう。


器用な人への印象2. ミスをしやすい仕事などを頼みやすい

手先が器用な人は細かい作業が得意なだけでなく、一つ一つの作業を丁寧に行います。ミスができない重要な仕事などを安心して任せられる人として、周囲から頼られることも多いでしょう。

たとえ時間がかかったとしても、持ち前の集中力や忍耐力で、最後まで一つ一つ丁寧に、ミス無く作業をこなしてみせるため、周囲からの信頼も厚いのです。


手先が器用になる5つの方法をレクチャー

手先が器用だと仕事や日常生活など、様々な場面でメリットがありそうですよね。手先が器用になりたいと思う人のために、ここでは手先が器用になる5つの方法を紹介します。

一つずつ心掛けていけば、今よりも手先が器用になれますよ。


器用になる方法1. 作業工程をしっかり覚える

手先が不器用な人は、細かい作業が苦手な以前に作業工程を把握しないまま作業を始めようとします。

手先が器用な人は、まず作業工程を把握して要点を覚えてから作業に取り組むため、要領よく作業を進められるのです。

手先を器用にするためには、作業を始める前に作業を観察し、作業工程をしっかり覚えることが大切ですよ。


器用になる方法2. 一つ一つの作業をとても丁寧に実施する

手先が器用になるためには作業を丁寧に行うことが大切です。手先が器用な人は、細かいところまでしっかりと作業が出来ています。

細かいところまで作業が出来ているということは、一つ一つの作業をとても丁寧に行っているからこそ。

最初は時間がかかりますが、一つ一つの作業をとても丁寧に実施することで手先が器用になっていきますよ。


器用になる方法3. あえて利き手ではない方の手を使ってみる

器用に作業を行うためには、利き手だけでなく利き手とは反対側の手の動きが重要になってきます。

作業をする時には両手を使うので、利き手ではない方の手を上手く使えれば、器用に作業ができるようになるはず。

日常生活の動作をあえて利き手ではない方の手を使ってみることで、手先の動きをトレーニングしてみましょう。


① 箸を使う

指先の使い方をトレーニングするには、箸を利き手ではない方で使えるようにしましょう。

箸は毎日の食事で使う道具なので、日常的に手の器用さをトレーニングするのには最適な方法です。

食事以外でも豆をお皿からお皿へ替えるトレーニングがおすすめですよ。


② 文字や絵を書く

利き手ではない方の手でペンや鉛筆を使うのは難しいですよね。利き手ではない方の手で文字や柄を書く練習をしてみましょう。

最初はなぞり書きから始めるのもおすすめ。何度も練習することで手を自由に使えるように鍛えられるでしょう。


器用になる方法4. ヘアアレンジ

特に女性は、自分でヘアアレンジをするのって難しいですよね。自分でヘアアレンジできるように練習することで手が器用に使えるようになるでしょう。

最初は結ぶだけの簡単なアレンジから始めて、次第に三つ編みや編み込みなど難しいアレンジにも挑戦していくことで、徐々に手先の器用さが磨かれます。

動画などを参考に、出来るだけ毎日ヘアアレンジに挑戦してトレーニングすることが大切です。


器用になる方法5. パソコンのタイミピングを練習する

パソコンで文字を入力する時には、両手の指を使ってキーボードを入力しますよね。タイピングは指先を細かく動かす作業なので、手先の器用さをトレーニングするには効果的です。

パソコンに慣れていない人であれば、文字の配列を覚えて入力するだけでも良いでしょう。慣れている人は正確に素早くタイピング出来るように練習すると手先が器用になりますよ。


手先の器用さを鍛えられる趣味を紹介!

好きなことに挑戦して手先の器用さを鍛えられるのならば一石二鳥ですよね。ここでは手先の器用さを鍛えられる趣味を5つピックアップして紹介していきます。

気になるものがあったら、出来るだけ早く始めることでトレーニングできますよ。


趣味1. ピアノやギターといった楽器

子供の頃からピアノを習っていた人には手先が器用な人が多いです。ピアノやギターなど指先を使って演奏する楽器は、手先が器用になるための要素がたくさん詰まっています。

綺麗な音楽を奏でるためには、楽譜通りに鍵盤や弦を抑えなければなりません。指先を巧みに動かして楽器が演奏できれば、手先の器用さが鍛えられるでしょう。


趣味2. ミシンで布小物を作ってみる

ミシンを使って布を縫う作業は細かな操作が多く、指先を器用に使うトレーニングには最適です。ポーチや巾着袋などの布小物をミシンで作ってみましょう。

ミシンに糸を仕掛けるところからトレーニングは始まっています。真っ直ぐ縫ったりカーブをつけたりなど、布小物を作るためには様々な細かい作業が必要です。

お気に入りの布で小物を作りながら手の器用さを鍛えていきましょう。


趣味3. DIY

様々な工具を使って家具などを作り上げるDIY。物を作りあげる楽しさから趣味としても注目をされています。

材料を組み立てたり、細かいパーツを取り付けたりなど、DIYで物作りをするためには手先を器用に使いこなせることが大切です。

物が出来上がる楽しみも実感できるので、夢中になって色々な物をつくることで自然と指先が鍛えられるでしょう。


趣味4. アクセサリー作り

ピアスやイヤリングなどのアクセサリーを作るためには、ワイヤーやビーズなど、細かなパーツを組み合わせて作り上げる必要があります。そのため、手先を器用に鍛えたい人にはもってこいの趣味になるでしょう。

自分だけのオリジナルアクセサリーを作るのは楽しみながら手先の器用さをトレーニングできます。また、上手に出来るようになれば販売して収入を得ることもできますよ。


趣味5. 折り紙アート

折り紙は小さな頃に一度は遊んだことがありますよね。紙を綺麗に折る作業の繰り返しで作品ができる折り紙アートは、手先を器用にするために効果的です。

折り紙では簡単なものから難易度の高いものまで、様々な物が作れます。まずは自分に出来そうな簡単なものから始めてみると良いでしょう。

徐々に難易度を上げながら折り紙アートを楽しんでくださいね。


得意分野を仕事に活かそう!手先が器用な人に向いてる仕事

世の中には細かい作業が必要になる仕事がたくさんあります。せっかく手先が器用ならば、その器用さを活かした仕事をしてみたいですよね。

ここでは、手先が器用な人に向いている仕事を7つピックアップして紹介していきます。


向いてる仕事1. ネイルアーティスト

ネイルアーティストは指先を綺麗に整え、爪という限られた大きさの中で綺麗に色を塗ったりパーツをつけたりとアートを施していく仕事です。

綺麗に色を塗るだけでも、爪からはみ出さないよう慎重に作業を進めていかなければなりません。ストーンなどのパーツをつけると、さらに細かく手先を使う作業になります。

細かい作業ですが、お客様にも直接喜んでもらえるため、やりがいがある仕事ですよ。


向いてる仕事2. 医者

医者は様々な種類の医療器具を用いて診察や治療をする仕事です。時には手術をしなければならず、人の命が関わることなので失敗は許されません。

どんな仕事よりも一つ一つに丁寧に対処し、使命感を持ってミス無く仕事をこなさなければならないので、仕事が丁寧で正確な手先が器用な人ほど向いている仕事と言えるでしょう。


向いてる仕事3. 工場の機械エンジニア

機械エンジニアは、工場に設置されている機械や設備に関する設計や制作、運用までを行う仕事です。

工場で取り扱っている機械は、精密に扱わなければいけないものも多いため、専門的な知識や技術が必要になります。

手先が器用な人は持ち前の器用さが武器になるので、精密機械を取り扱う機械エンジニアの仕事も正確に行えるでしょう。


向いてる仕事4. 料理人

料理は包丁を使って野菜を細かく切ったり、綺麗にセンス良く盛り付けしたりなど、手先の器用さが求められる職業です。

特に日本料理などは、下ごしらえの段階から飾り切りをしたりなど丁寧な作業が必要となるので、細かい作業が好きな人にはもってこい。

料理人は手先が器用な人にとってやりがいを感じられる仕事になるでしょう。


向いてる仕事5. 美容師・理容師

美容師や理容師は、人の髪の毛をカットしたり、パーマをかけたりするなど細かい作業の連続です。また、お客さんの数に応じて手早く丁寧な作業をしなければなりません。

美容師や理容師が一人前になるためには、見習いから様々なステップを踏んで晴れてスタイリストとして仕事ができます。手先の器用さを上手くいかせたら、人より早くステップアップできますよ。


向いてる仕事6. 洋服など修理の職人

大切な洋服を長く着るために、穴が開いてしまったりほつれてしまった箇所を修理する時ってありますよね。大切な洋服ほど、綺麗に修理して長く愛用するものです。

洋服を修理するためには細かな針仕事の連続です。一つ一つ丁寧に作業していかなければならないため、手先が器用な人にはまさにぴったりな仕事になるでしょう。


向いてる仕事7. パティシエ

見た目にも美しいスイーツを生み出すパティシエ。スイーツを作るためには繊細な作業が必要になります。

できあがったスイーツの盛り付けや、スイーツを作る過程においても様々な場面で繊細さが必要になるため、細かい作業が好きな手先が器用な人にぴったりな仕事です。

趣味としてお菓子作りを楽しんでいる人がいれば、その延長として本格的にパティシエの勉強を始めてみませんか?


手先が器用になれるよう、トレーニングで鍛えてみて。

今回は手先が器用な人について詳しく紹介してきました。手先が器用な人は人生においても得をすることが多そうです。

手先の器用さは、日々のトレーニングによってある程度までは鍛えられます。自分も手先が器用になりたいと思う人は、今回の内容を参考に、毎日少しずつできるところから努力を重ねて鍛えていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事