女性脳の特徴とは│男性脳との違いと2つのタイプの見分け方を診断!

「女性脳」や「男性脳」という言葉を聞いたことがありますか?今回は、「女性脳とは?」という基本的な意味や定義から、特に恋愛面での男性脳と女性脳の違い、女性脳を持つ人の特徴を大公開!さらに、自分がどちらのタイプか診断する方法や見分け方を解説していきます。

あなたはどっち?女性脳の特徴と見分け方を大公開

女性脳の特徴

女性脳と聞くと女性らしい思考を持つ脳をイメージしますよね。でも、実際に”女性らしい”脳って一体なんでしょうか。

人間の脳には2つの種類があり、男性脳と女性脳があり、それぞれに思考の整理、感情面での違いがあることも。

そこで今回は女性脳の診断や、脳に関する理解を深める書籍について紹介します。


脳は2種類ある?気になる女性脳や男性脳とは?

女性脳は、感情面・直感力が優れている傾向があり、記憶の処理の仕方が男性脳と少し違っているようです。そんな女性脳を知るための基礎知識に触れながら、続いて男性脳の意味についても、同様に解説していきましょう。

言葉では知っていても具体例を挙げて、女性脳と男性脳を比較することで一層、理解が深まります。女性脳と男性脳の違いを把握し、人間関係をスムーズにしましょう。


女性脳と男性脳の違いや女性脳の特徴

女性脳と男性脳は、意外と大きな違いがあるもの。男性脳とは何か、女性脳とはどういうものか。

これから細かく見ていきますので、参考にご自身の脳タイプを診断してみましょう。特徴をよく捉えて理解すれば、周囲の人の脳タイプを診断できるようになりますよ。


特徴1. 女性脳は直感や感性が優れ、男性脳は論理的思考に優れている

女性脳の割合が強い人は、性質的に直感力と感性が磨かれていることが多く、センスある人が多いです。オシャレやデザインに関心が高い女性が多いように、女性脳を持つ人はセンスで瞬時に”良し悪し”を判断できる傾向にあります。

一方で男性脳はロジカルに考えるので、女性脳と男性脳を持つメンバーを同じプロジェクトに入れて、バランスを取るのも良いでしょう。直感力が活きる場とロジカルさが求められるシーンは異なるので、双方で補い合うことが重要。


特徴2. 女性脳の恋愛は上書き保存、男性脳の恋愛はフォルダ保存

恋愛において、女性脳は過去の恋愛を書き換えてしまう”上書き保存”、男性脳は過去の恋愛をしっかりと整理しておく”フォルダ保存”と、昔から呼ばれていますね。

女性脳の持ち主は恋愛経験を上書きして忘れる、吹っ切れるのが上手なタイプと言えるでしょう。

一方、男性脳はフォルダに保存してコレクションするような部分があり、いつでも参照して、思い出にふけってしまうのです。

どちらが良いかはあなた次第ですが、恋愛する時に相手の脳タイプを理解するのも、恋愛成就の要素になりそうですね。


特徴3. 女性脳は会話に共感を求め、男性脳は会話に問題解決を求める

男性脳は結論を先に求めるビジネス的な思考、女性脳は恋愛などで女性が共感を求めるように、やはり共感重視のタイプです。会話を否定することなく、受け入れて欲しいんですよね。

女性脳とは共感重視、自分を否定せずに受容して欲しい脳タイプと言えるでしょう。

男性脳タイプは会話をする時、常に解決をすることを求めてしまうので、女性脳タイプとは根本的に合いません。少しでも、相手の話を聞き入れるようにすると、人間関係がスムーズに進みますよ。


特徴4. 女性脳はマルチタスク、男性脳はシングルタスク

家事など複数のことをこなす人が多い女性、職人のように一つのことを突き詰めていくのには男性が向いていると言えますね。女性脳とは、同時にいくつものタスクをこなせるので、男性脳を持つタイプよりも仕事の効率が良いです。

シングルタスクだから劣っている訳ではなく、それぞれに合った仕事のスタイルがあると考えましょう。女性脳、男性脳タイプ双方が、自分の脳が持つ特性を活かすことが重要。

短期に実行したい物事は女性脳タイプに頼み、細かい作業や精査が必要なものは男性脳タイプと、上手に割り振りましょう。


特徴5. 女性脳は物欲が強く、男性脳は性欲が強い

男性が女性脳タイプの人と付き合うと感じるのが、”まだ買うのか?”という程の物欲です。一方で、男性脳タイプは性欲旺盛。

物欲と性欲、どちらも人間の欲求のうちで重要なものですが、偏りすぎもよくありませんね。買い物しすぎている傾向がある人は、自分の女性脳タイプが色濃く出てると自覚するだけでも違いますよ。


特徴6. 女性脳は過程を楽しみ、男性脳は結末を知りたがる

女性脳タイプはプロセス重視で、じっくり楽しむタイプ。男性脳タイプのように、プロセス無視で結果だけ知りたいということがありません。

結果を知りたがる男性脳タイプは、少しだけ結論を先延ばしにすると違いますよ。スローペースで実行、過程を記録したり、周囲とシェアするだけでも、いつもと違う楽しみ方ができるかもしれません。


特徴7. 女性脳は周囲を自慢し、男性脳は自分自身を自慢する

あなたが”自慢する対象が何か”によっても、脳タイプを診断することができますよ。女性脳は周囲の人、環境を自慢します。

男性脳タイプは女性脳タイプと違い、特性として自分自身が自慢の対象になりやすいでしょう。双方、感性が違うと言えばそれまでですが、同じ脳タイプが集まると、相当面倒な事になりそうですね。

もし飲み会、合コンなどを開く際には、少しだけ、脳タイプを意識したメンバー構成をしてみましょう。


特徴8. 女性脳は社会性が高く、平和主義

社会性の高さも脳タイプを見分ける要素の一つ。女性脳は男性脳と違い、争いごとを好みません。

喧嘩しがちな男性脳タイプとは異なり、できるだけ感情に流されたくないのが女性脳タイプなのです。見分け方としては、かなりシンプルな方法がありますよ。

周囲の意見をしっかりと尊重するタイプは平和主義の女性脳タイプ、自分の意見を押し通したいような人は男性脳タイプと言えるでしょう。


特徴9. 女性脳は変化に敏感で、察する力が強い

あなた自身、周囲の些細な変化を察知するタイプなら、女性脳タイプと言えるでしょう。服装、髪型だけでなく、微妙な態度の変化などが当てはまります。

変化を敏感に察知して、身の振り方を考える分析家な傾向があるのも、女性脳タイプですね。男性脳タイプはストレートな表現を好みますが、女性脳タイプは推し量る能力が優れていますので、グループを陰で支える縁の下の力持ちのような部分があります。


女性脳・男性脳診断!2つの脳タイプの見分け方とは

女性脳、男性脳の診断方法を知りたいというあなたに、誰でも分かりやすく判断できる特徴をいくつかご紹介します。男性脳とは何か、女性脳とはどういう特徴があるのか。

興味を持った方は、まずこの診断を使って周囲の人を診断しましょう。


見分け方1. 地図を上手く読める場合は男性脳

地図を読むのが苦手な女性脳タイプは、方向音痴であったりします。診断するのは簡単で、地図を渡して、しっかりたどり着けるかどうか。

特徴としては大変分かりやすいのですが、地図だけで特にナビが必要ないようなら、男性脳と言えるでしょう。”地図が読めない女性、地図が得意な男性”など言われますが、実際には性別ではなく、脳タイプが影響しています。

「〜さんって、地図読むのは得意?」なんて質問で、手軽に診断できますね。


見分け方2. 人差指よりも薬指が短い場合は女性脳

性格的な特性ではなく、外面から判断できる簡単な診断で女性脳を判断しましょう。これは簡単に診断できる身体的な特徴なので、見分け方としては相当、難易度が低いと言えるでしょう。

指を見る機会は少ないと思いますが、手の大きさを比べてみたり、手相をみせてもらう流れで指の長さをチェックしてください。あくまで一つの指標ですが、割合として指の長さが脳タイプに影響するのは、覚えておいて損はなさそうです。


女性脳について詳しく書かれている本をご紹介

これまでは女性脳の特徴、診断方法について触れてきました。しかし、まだまだ深く勉強したい、更に深く脳タイプの割合を知りたい方も多いはず。

そこで、女性脳がテーマの書籍を数冊、ピックアップしましたのでお役立てください。


おすすめの本1. 「話を聞かない男、地図が読めない女」アラン・ピーズ

かなり前から発売されている本で、女性脳と男性脳の診断もついており、初めての方にもうってつけ。”たくさん話しかけてくる女は、あなたに好意を抱いている”など具体的なシーンを挙げて、男性脳と女性脳の違いを解説

本一冊の中に脳タイプに関する会話の種が豊富に詰まっており、あなたの周囲にいる人の脳タイプごとの割合を把握するのにも最適。脳タイプごとの行動の違い、その根拠が示されている貴重な一冊です。


おすすめの本2. 「女性脳の特性と行動 ─深層心理のメカニズム」 ローアン・ブリゼンティーン

この書籍は女性脳に特化しており、比較的出版年度も新しい本です。神経精神科医ローアン・ブリゼンディーン博士による、女性脳研究の成果をまとめた一冊。

斬新なのは、女性の一生における身体的変化をベースに解説をしており、特に女性自身が女性脳を理解するのに最適でしょう。また、女性に多く接する仕事をしている方も必携の書と言えます。

身体の変化とホルモンの変化、脳の関係をしっかりと体系付けて紹介していますので、学術的根拠ある情報が欲しい方は参考になります。


おすすめの本3. 「男脳と女脳 人間関係がうまくいく脳の活用術」茂木健一郎

テレビでのコメンテーターなどでも活躍中の、茂木健一郎氏の著書です。男性脳と女性脳の優位性にフォーカスをあてた内容で、とても面白く読めると評判の一冊。

女性脳の特性を職場での関係性などで例えながら紹介し、すぐに役立つ知識が満載です。本を読むのに抵抗がある方でも、著名な茂木氏の書籍ならスムーズに読めるはず。

感性で判断する女性脳、論理的な思考で判断する男性脳の特色を理解しましょう。


女性脳な人は、適材適所の仕事や良い友人関係を築きましょう。

女性脳な人は感性で判断するような特徴がありましたね。男性脳タイプと違って、感覚ベースや共感重視の一面があるので、センスが重視されるような局面や周囲との協調性が鍵となる場合に力を発揮します。

男性脳との違いを把握して、適材適所で女性脳タイプの人が活躍できるよう工夫していきましょう。合コンセッティングや、仕事でのプロジェクトメンバー選定に役立ててくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事