モラハラ彼氏の特徴10選│別れてくれない彼の対処法と上手な別れ方

あなたの彼氏はモラハラ男ではありませんか?今回は、普段は優しいのにひょんなことからモラハラを発動するモラハラ彼氏の特徴を大公開!さらに、モラハラ彼氏になってしまう心理や原因から、モラハラ彼氏に対する正しい対処法や別れ方を解説していきます。早速、自分の彼氏を診断してみてくださいね。

モラハラ彼氏に悩んでいませんか?

モラハラ彼氏の特徴

モラハラと聞くと、「大声で怒鳴る」「無理矢理言うことを聞かせようとする」などのイメージがありますよね。

しかし、モラハラは、大声で怒鳴りつけたりするだけではありません。一見、モラハラには見えないけど、実はモラハラにあたる言動がたくさんあるのです。

そこで、今回は彼氏の普段の振る舞いがモラハラに当てはまるかどうか、モラハラである場合はどう対処するべきなのかについてご紹介します。


モラハラとは?モラルハラスメントの定義とは?

モラハラとは、モラルハラスメントの略。目には見えない言葉や身体の傷として残らない態度によって、相手に行なう精神的な暴力です。

殴ったり、蹴ったりして身体に痣や傷などを残す行為と違い、精神的に傷をつける行為のため、第三者にはもちろんのこと、場合によってはモラハラをする、または、されている当事者にもそれがモラハラにあたる行為かどうか自覚できていない場合があります。

そのため、どんなにひどい暴言などを言われ続けたとしても、それで別れたいと思うよりも「私が怒らせてしまったから」「あの人はちょっと機嫌が悪いだけだから」などと思い込み、関係を続けようと頑張ってしまいがちです。

しかし、このモラハラ行為、受け続けていると精神的に大きなダメージを背負ってしまう可能性があるため、充分な注意が必要です。


あなたの彼氏をモラハラ診断!モラハラ彼氏の特徴

「あなたの彼氏はモラハラをしますか?」そう聞かれて即答で「はい、します。」と答えられる人はかなり少ないでしょう。

彼の言動をモラハラかどうか判断するためには、「彼は心配してるだけなの。」「ちょっと機嫌が悪かったみたい。」などと彼をひいき目で見るのではなく、モラハラ彼氏の特徴について「もし、友達の彼氏の話だったら?」という風に、客観的に判断するのがおすすめです。

ここからは、彼氏がモラハラかどうか診断できる、モラハラ男の特徴を見ていきましょう。


特徴1. 他人の幸せを妬み、他人の不幸を喜ぶ

「◯◯君昇進したんだって。」

「〇〇君が、憧れだった車をやっと手に入れた。ってすごく喜んでたよ。」

など、他の人の幸せを聞いた時、あなたの彼氏の反応はどんな感じですか?

「あいつ、仕事頑張ってたもんな。すごいな。」

「あの車、ずっと欲しいって言ってたもんな。今度乗せてもらおうっと。」

など、素直に喜んだり、認めているのであれば、それはモラハラではありません。しかし、喜ぶのではなく、あら探しをするような彼氏であれば注意が必要です。

「あいつ、上司に取り入るの上手いって評判だからな。」

「あの車、見た目はカッコいいけど、燃費悪くて故障が多いんだよ。」

と、相手が誰であろうと、自分以外の人の幸せにケチを付けるようなことばかり言う彼氏はモラハラ彼氏の特徴に当てはまりますよ。


【参考記事】はこちら▽


特徴2. 自分の常識やルールを彼女に押し付ける

マイルールはあくまでマイルール。それを他人に押し付けるのは、モラハラ以外の何ものでもありません。

「なんで俺の言うこと聞けないの?」

「そんなの常識じゃん。そんな事も知らないの?」

など、国で定めた法律ならともかく、自分が思い込んでいる「世の中の常識」やマイルールを相手に押し付けて、強引に従わせようとする行為はモラハラにあたります。

また、このように押しつけをしてくる彼氏は、彼女サイドから「彼女が考える世の中の常識」や「彼女のマイルール」を披露すると、逆上して怒る場合があるので気をつけましょう。


特徴3. 他人への批判が多く、見下すような言い方をする

仕事であれ、プライベートであれ、他の人に対して褒めるよりも圧倒的に批判が多い彼氏には注意しましょう。

「あんなのおかしいんじゃないの。」

「あいつぐらいだよ。あんな馬鹿なことしてるの。」

「それ、必要ある?もっとほかにあるでしょ。」

など、自分の方が立場が上、自分の方が賢い、自分の方ができるなど、なんでもかんでも見下すような言い方をする彼氏は、あきらかにモラハラの特徴です。

モラハラ彼氏は、強がって偉そうな態度で他人を評価し表面的なプライドが非常に高いのですが、実際には自分に自信が無い場合がとても多いのです。

そのため、誰かが自分が出来なさそうなことを成し遂げたり、自分が知らないことを知っていたりすると、素直に褒めたり羨ましがったりすることができず、上から目線で批判することで、自分の自信の無さを隠しているのです。


【参考記事】はこちら▽


特徴4. 外面がよく、初対面の人や目上の人の前ではおとなしい

モラハラ彼氏の多くは、一見とても優しい場合が多く、実際にモラハラされている人以外には、その実態が伝わりにくいのが現状です。

モラハラ彼氏はプライドがとても高いわりに内心がとても臆病であるため、初対面の人や明らかに目上だと分かる人の前では、借りてきた猫以上に大人しく温厚で、優しい彼女思いの彼氏を腹ただしいほど見事に演じます。

そのため、モラハラ行為に堪え兼ねた彼女が、他の人に相談しても「まさか、あの彼がそんな事するとは思えないし。あなたの思い違いじゃないの?」などと、最初はあしらわれてしまう場合もあります。

モラハラ彼氏のこの見事な二面性は、モラハラが原因で女性側が別れたいと思ったときにも大きな障害となります。

モラハラ彼氏が周囲の人を味方につけ、なかなかスムーズには別れてくれない場合もあるのです。


特徴5. 気分によって言っていることが平気で変わる

モラハラ彼氏は気分屋であることが多く、その時の気分で言うことがコロコロ変わります。

それは、まるで小さな子どものわがままのように、自分が言ったことに対して責任も何もない、その場限りの発言が多く、周囲の人はかなり振り回されてしまうことになります。

そして、厄介なのが気分屋のはずなのに、たまに言うことが変わらない場合。いつもすぐに気分で変わるからと彼が言ったことをスルーしていると、運悪く彼の気分が変わらず、彼の言ったことをしていなかったことに対して、激しい怒りをぶつけて来るのです。

こういう状態の彼に「いつも言うこと変わるじゃない!」と言い返しても火に油を注ぐだけ。さらに激しく怒り狂うだけになるのでとても厄介な性格の持ち主と言えます。


特徴6. 付き合いたての頃はとても優しい

モラハラ彼氏は、付き合い始めからモラハラ全開なわけではありません。

モラハラをする人は人見知りに近いぐらい、他の人に対して警戒心が強いため、付き合い始めは慎重な態度をとっています。

そして、付き合い始めてからしばらく時間が経ち、彼女に対して警戒心や遠慮もなくなって来る頃に少しずつモラハラが出てきます。

「昔は、こんな人じゃなかったの。」

「最初の頃は凄く優しかったの。」

モラハラ彼氏と付き合う彼女から、このような発言が出て来るのはそのためです。

「最初の頃の優しい彼にいつか戻ってくれるかも。」と淡い期待を抱いて、日々モラハラに耐えている人も多いでしょう。

しかし、はっきり言っておきます。最初の頃の優しい彼はただの化けの皮です。

付き合いが長くなってから出てきたモラハラが彼の本性ですよ。自然と、モラハラが治るなんてことは、まずありません。


特徴7. 束縛が激しく彼女のすべてを支配したい

「彼女の外出先」「外出時間」「誰と会うのか?」「何を話すのか?」モラハラ彼氏は全てを詳しく知りたがります。

LINEのチャット履歴や電話の着信履歴、SNSの書き込み、SNSの友達リストに並んでいる人と彼女の関係など、文字通り彼女のすべてを自分の支配下に置きたがります。

酷くなると、就業中であろうと睡眠中であろうと自分からのLINEや着信にはすぐに対応することを迫ります。

「彼、心配性なの。」

「愛されすぎちゃってるだけなの。」

など、自分に都合良く解釈するのはやめましょう。目を覚ましましょう。

彼の行為はモラハラの特徴に当てはまっていますよ。

そして、執着心の強いモラハラ彼氏の束縛は、別れた後にも続く場合があります。

彼から逃げたい一心で強引な別れ方をした場合、彼の執着心を余計に燃え上がらせ、ストーカーのようにつきまとってくる可能性があるので、別れ方には細心の注意を払いましょう。


【参考記事】はこちら▽


特徴8. 名前ではなく「お前」と呼ぶ

最後にいつ、彼に名前を呼ばれたか覚えていますか?

「付き合いはじめの頃はちょっと照れくさそうに名前で呼んでくれてたのに、最近呼ばれてないかも…」という場合は要注意です。

「おい、ちょっと。」

「お前もこっちくれば?」

「お前の方でやっといてよ。」

など、「おい」「お前」といった呼び方が定着している場合は、彼に見下されている可能性があります。

また、喧嘩したときなどに「てめぇ!」などと言われた場合は、どんなに大好きな彼だったとしてもモラハラを疑いましょう。


特徴9. 機嫌が悪いときは何を話しても無視する

付き合いが長くなれば、大なり小なり喧嘩はするもの。しかし、その喧嘩で彼の機嫌が悪くなった時、彼は無視を決め込んでいませんか?

「話しかけても無視をする」「謝罪しようとしても無視をする」だけではなく、まるでそこにあなたがいないかのように振る舞ったりする行為は、それによってあなたが困ったり、精神的に打撃を受けるのを見て彼が密かに楽しんでいる可能性があります。

これは、喧嘩の原因がどちらにあっても関係ありません。

「喧嘩によって俺様の機嫌が悪くなった。俺様の機嫌を損ねたお前が悪い。だから、罰として無視してやる。」というような精神構造なので、彼に非があろうが、あなたに非があろうが関係なく無視を決め込みます。


特徴10. プライドが高く、彼女の意見を素直に聞き入れない

モラハラをする人はプライドが非常に高い場合が多く、彼女のように自分に近い場所にいる人の意見は素直に聞き入れられません。

モラハラ彼氏にとって、彼女の意見を聞き入れることは、自分が間違っていることを認めてしまうことになります。

また、「彼女の意見を聞き入れる=自分より彼女の方が立場が上」という図式があるため、プライドの塊であるモラハラ彼氏は、たとえ、彼女の意見が正しいことを理解していても、それを聞き入れることはできないのです。


【参考記事】はこちら▽


モラハラ彼氏になってしまう心理や原因

彼氏がモラハラをしてしまうのはなぜなのでしょうか?モラハラ彼氏は、昨日今日で作られるわけではありません。

彼氏がモラハラをしてしまう心理とその原因を知り、付き合いを続けて行くか、別れるか、付き合いを続けるのであれば、彼のモラハラにどう対処するべきなのかなど、しっかり知ることがとても大切です。


心理と原因1. 両親から愛情を受けなかったため、愛情に飢えている

幼い頃に両親や周りの大人からしっかりと愛情を受けて育った人は、自分の中に自信があります。

その自信は、何かの資格や試験の成績によるものとは違い、「自分は自分である」という根本的な自信、自尊感情が高い人が持つ自信です。

しかし、幼い頃に周囲の大人から褒められる可愛がられず批判されて育った人は、愛情に飢えているだけでなく、自分自身に対して自信がありません。

そのため、ちょっとしたことで自分自身を簡単に否定してしまいます。いわゆる自尊感情の低い人間になるのです。

「どうせ、俺はダメなヤツだから」「できないのは分かってたし」などの発言がよく出てくる彼氏はこのタイプです。

モラハラ彼氏になるのは、この自尊感情の低いタイプの人間です。

自分自身に対して自信がないため、常に他人からどう思われているのか?自信がないことがバレているのではないかと気にしているのです。

そして、他人の言動が気になり、少しでも自分より「できる人間」がいる場合は、それを上から目線で批判することで、自分自身の自信の無さをごまかしているのです。


心理と原因2. 彼女を独り占めしたいという独占欲の表れ

「彼女のことが好きすぎるから。」「自分に自信がなくて彼女がいつか離れそうで心配だから。」など彼女を独り占めしたくなる彼の心理はさまざまです。

『彼女を自分だけのものにしたい』『彼女の全てを知りたい』という思いが強すぎて、モラハラになってしまう場合があります。

この手のタイプの男性はモラハラ行為を愛情表現と思い込んでいる場合もあるため、注意が必要です。

モラハラ行為を指摘すると、自分の愛情を拒否されたと思い込み激しく逆上する場合もあるので、気をつけましょう。


【参考記事】はこちら▽


心理と原因3. 仕事や友人関係のストレスのはけ口にしている

「こんな事もできないなんて、お前何年社会人やってんだよ。」

「この年でその稼ぎしかないってヤバいだろ。」

と、仕事のストレスや友人知人など、周囲の人達との人間関係がうまくいかないストレスを、身近で甘えられる存在である彼女にぶつけてストレス解消している場合があります。

この場合、仕事で上司に言われて自分自身が腹の立った言葉や友人知人に言われた事などを、直接本人に言い返せない代わりに彼女にぶつけている場合が多く、彼女をサンドバック代わりにしているといってもいいでしょう。


心理と原因4. 彼女を自分なりに教育している

あきらかに彼女を自分よりも下だと思い込んでいるモラハラ彼氏の場合、頼んでもいないのに自分なりに彼女を教育しようとします。

その教育の仕方は、「世の中に出た時に恥ずかしくないように。」と親がしつける礼儀作法とは違い、モラハラ彼氏の好み通りに振る舞えるようにしたいがための教育であるため、かなり偏ったものとなります。

そのため、彼女に対してたくさんのルールと罰を設けようとします。

「男友達には一切連絡とらないこと」「会社の飲み会は一切参加しないこと」「仕事が終わったらすぐLINEで連絡して来ること」など、彼にとって一方的に都合の良いルールが多く、罰はその時の気分で変わることが多いのが特徴です。

もっとも、恋人関係ともなれば、お互いに気持ちよく関係を続けていくために、2人の間でさまざまなルールが出来上がってきます。

「2人の間のルールがモラハラに当たるかどうか分からない」という場合は、そのルールがどちらか片方にのみ都合良くできていないか?などで診断してみましょう。


心理と原因5. 男尊女卑の価値観があり、女性を見下している

「男性の方が偉いのだから、女性は男性の言うことを黙って従っていれば良い」という男尊女卑。

未だに根強く残る考え方ですが、これを彼女にも押し付ける彼氏がいます。

そのようなモラハラ彼氏の多くは、育った家庭環境が男尊女卑の考え方をする家庭である場合があります。

家の中で絶対的な発言権を持つ父親と、どんなに不服があろうと父親の言うことに従う母親の元で育ったり、家の中でふんぞり返る父親の世話をかいがいしくする母親の姿を見て育った場合、自分の母親のように振る舞うことを彼女にも求める場合があります。

男尊女卑思想の強いモラハラ彼氏と付き合い続けたいのであれば、表向きは彼に従順なふりをして、実は手のひらでころころと彼氏を転がすコツを身につける必要があります。


モラハラ男と別れたい!モラハラ彼氏への上手な対処法や別れ方

モラハラ彼氏と別れるためにはどうするのが良いのでしょうか?

プライドの高いモラハラ彼氏に彼女の方から別れを切り出してしまうと、逆上して余計に執着されてしまう可能性があります。

モラハラ彼氏には、普通の彼氏のような穏便な反応を望まず、モラハラ彼氏用の対策を立ててから計画的に別れるのがおすすめです。

ここでは、モラハラ彼氏と上手に別れるための対処法をご紹介します。


モラハラは治る?関係を続けたい場合の対処法

モラハラを治すのは正直簡単ではありません。

症状が目に見えやすい病気や怪我とは違い、モラハラは彼の考え方や物事の捉え方が原因となっています。

「モラハラさえなければ、すごくいい人なんだけど…。」

「彼には私しかいないと思うの。」

など、モラハラであっても、彼と一緒にいることを選択するのであれば、モラハラ彼氏にあわせた対処法を長期的に試していきましょう。


1. モラハラを治すのは簡単なことではないことを心得る

モラハラは1回や2回話した程度で改善されるほど優しいものではありません。

モラハラを治すためには、まずモラハラをしている彼氏自身が自分の言動がモラハラになっていることをしっかりと自覚しなくてはなりません。

その上で、なぜそんな行動をしてしまうのか、なぜそんな発言をしてしまうのか、自分で原因を理解し、改善する努力をしなくてはなりません。

これは、当事者ではないあなたでは、手助けすることはできないのです。

「彼氏がモラハラをする度に、それを指摘し自覚させる」という手助けの仕方もあるといえばありますが、モラハラをする時は大抵怒っていたり、機嫌が悪かったりするので、そのタイミングでの指摘を素直に聞き入れるのは、まず難しいでしょう。

モラハラの改善は、第一に本人の自覚と努力が非常に大切なのです。


2. 理不尽な意見を簡単に受け入れない

モラハラ彼氏は、時に非常に理不尽な要求を突きつけてきます。

客観的に見たら全く道理が通っていない、おかしな要求である場合が多いのですが、それを押し付けたいモラハラ彼氏自身は、あなたが首を縦に振るまで執拗に何度でも要求してきます。

その要求に根負けして受け入れてしまうと、彼氏のモラハラはますます助長されていきます。

モラハラを改善したいのであれば、どんなに押し切ろうと迫られても必ず断る強さを持ちましょう。


3. 怒る理由を論理的に追求し、モラハラを自覚させる

モラハラ彼氏の多くは、自分のモラハラの理不尽さに気がついていない場合が多いのですが、怒りに任せて反論してしまうと彼氏も余計に逆上してしまうだけです。

モラハラ彼氏の要求がいかに理不尽か、どの部分がどのようなモラハラにあたるのか、冷静に論理的に話しましょう。

話すだけでは理解しようとしてくれないのであれば、分かりやすく文章にして書いたり、図に描いて解説するのもおすすめです。そうして自覚させることが大切になります。


4. 「好き」「愛してる」などの愛情表現をまめにする

モラハラ彼氏の中には偉そうに振る舞っていながら、内心自分自身に自信がなく、常に不安を抱えている人が多くいます。

彼女に愛されているか心配だけど、プライドが高いため、自分から彼女に愛情確認するのができないパターンもあるため、こまめに愛情表現を行い、彼の不安を取り除いてやるのもひとつの手です。

もっとも、これもかなりの長期戦となってきます。数日愛情表現を豊富にした程度では、彼の態度は変わりません。

「いつか、モラハラしなくなってくれたらいいな。」ぐらいの期待の薄さでこまめに愛情表現を続けていきましょう。


5. 何か言われてもすぐに謝らない

モラハラ彼氏に理不尽な怒りをぶつけられても、その場をおさめるためにすぐに謝ったり、ご機嫌をとったりしていませんか?

モラハラ彼氏は、相手を自分に強引にでも従わせることで、自分の方が「上の立場」であると安心しようとします。

それは、「謝る=自分が悪いと認める=相手が正しい=相手の方が上」という不思議な図式がモラハラ彼氏の中で出来上がっているから。

この強要に簡単に答えてしまうと、彼のモラハラはますますひどくなるばかりです。

まずは、彼に対してすぐに謝るのは絶対にやめましょう。

謝らないと彼のモラハラはヒートアップする可能性がありますが、一旦、言いたいだけ言わせて、彼の理不尽な怒りを発散させてましょう。

そして、ひと通り怒り尽くして彼が落ち着いてきたら、冷静になって話し合いをするのがおすすめです。


6. モラハラを治せないなら別れることを伝える

別れをちらつかせてモラハラの改善を迫るのは最終手段にしましょう。

「それ、モラハラだよ。もしまた言ったら別れよう。これ以上あなたのモラハラには付き合えない。」

など、はっきりと伝えましょう。そして有言実行が大切です。この発言後のモラハラを許してしまうと彼はますます図に乗ってしまいます。


モラハラ彼氏と今すぐにでも別れたい場合のコツや注意点

モラハラ彼氏のプライドは非常に高いため、彼女から別れを切り出されるなんて、死んでも受け入れたくない現象です。

逆上して何をしてくるか分かったものではありません。そのため、別れる時には慎重に計画的に別れるようにしましょう。

間違っても売り言葉に買い言葉で別れを切り出さないようにしましょうね。

ここでは、モラハラ彼氏と穏便に別れるために必要なコツや注意点などをご紹介します。


1. 彼氏が嫌いな女性を演じ、失望させる

どんな男性でも好きなタイプと嫌いなタイプの女性がいます。モラハラ彼氏の嫌いなタイプの女性を演じ、あなたに失望するよう仕向けていきましょう。

この時大切なのは、急に彼の嫌いな女性を演じるのではなく、少しずつ少しずつ普段のあなたの振る舞いのなかに嫌いな女性を混ぜていくこと。

ある日急に人が変わったように、彼の嫌いな女性を演じてしまうと、彼の不信感を刺激し演技だとばれてしまう可能性があります。

「前はもっと大人しかったのに、最近なんか違うよね。」

「そういうの、俺嫌いだって前にも言ったよね?」

など、あなたに対して彼が腹立たしく思い愛想を尽かすように仕向けていきましょう。


2. 二人きりの空間で別れ話をしないようにする

モラハラ彼氏は別れを切り出された時、激しく怒り抵抗して来る場合が多く、中には逆上して暴力に及ぶケースもあります。

彼と面と向かって別れ話をしたいのであれば、2人きりで逃げ場のない自宅や彼の家などで切り出すのはやめましょう。

人の多い日中のカフェなど、多数の人の目がある日中がおすすめです。

人目があれば、プライドの高いモラハラ彼氏は世間体を気にして、内心怒り狂っていても表面上は大人しく話を聞いてくれますよ。


3. 別れる理由は、自分に非があることを強調することで穏便に別れることができる

「いつも怒らせてばかりでごめんね。私といると◯◯君をイライラさせてばかりだよね。」

「◯◯君は私にはもったいないよ。◯◯君にぴったりの素敵な女性が他にいるはずだよ。」

日頃から「俺の方が偉い。」「何でもできる。」「頭がいい。」「お前は馬鹿だ。」「何にもできない。」「つまらない女だ。」とモラハラを繰り返す彼には、「自分が全面的に悪く、これ以上自分に付き合わせるのは申し訳ないから別れましょう」という態度で別れを切り出しましょう。

たいていの場合、モラハラ彼氏は自分が何を言っているのかよく分からずモラハラしている場合が多いので、今まで攻撃していた相手がその攻撃を受けて自己否定をし始めると、途端に手のひらを返してきます。

「いや、そういう意味で言ったんじゃないよ。」

「別れたくて言ったんじゃない。」

など、ごね始めますが、一貫して「あなたの言う通り私が全て悪いの。ごめんね。別れよう。」という姿勢を貫きましょう。

自分の発言により相手が心変わりしてしまったことになるので、彼としても必要以上に追いかけられなくなります。


4. なかなか別れてくれない場合は第三者に入ってもらうことも一つの手

どうしても別れてくれない場合は、共通の友人などに間に入ってもらうのもおすすめです。この場合、彼もよく知っている相手を選ぶことがポイントです。

彼がよく知らない相手だと、その人物の入れ知恵であなたが別れようとしていると変な疑いをかけて来る恐れがあります。

また彼がよく知っている人物であってもプライドの高い彼の場合、モラハラをしている姿までは見せていないケースがほとんどです。

最初は、その人物に自分のモラハラがばれて、あなたに逆ギレしてくるかもしれませんが、3人で会ってしまえばこっちのもの。

化けの皮が剥がれた姿をあなた以外の人に見られて、いつものようにモラハラしにくくなります。


5. 別れた後はきっぱりと縁を切る

モラハラ彼氏は少しでも未練がある素振りをすると、モラハラ彼氏はつけあがり、執拗にあなたを追いかけてくるでしょう。

「少し距離と時間をおけば、元の優しい彼に戻るかも。」

など、淡い期待を抱くのは止めましょう。それはただの願望であり幻想です。

モラハラ彼氏と別れた後は、どんなに未練があろうと歯を食いしばって全ての縁を断ち切りましょう

どうしても彼との良い思い出ばかり蘇ってしまうのであれば、なぜ付き合っていた間にあれほど別れたいと思っていたのか、何度でもじっくり思い出してみましょう。


LINEをブロックしたり、SNSのフォローを外して極力関わりをなくす

別れた後は、LINEのブロックはもちろんのこと、インスタグラムやFacebookなど、あらゆるSNSのフォローを外して、彼からの発信を全てシャットダウンしましょう。

可能であれば電話も着信拒否するのがおすすめです。

また、彼から直接の連絡や友人を介しての連絡などが来た場合、その内容がなんであれ反応は一切しないようにしましょう。

少しでも反応してしまうと、彼は待ってましたとばかりに執拗に連絡してくる可能性があります。


モラハラ彼氏は慎重に対処していきましょう。

モラハラは、付き合いが長くなってからや結婚してから徐々に現れるパターンが多いため、最初はそれがモラハラであると理解しにくいのも特徴です。

モラハラ彼氏と関係を続けるのであれば、彼がモラハラをしてしまう心理と原因を把握し、彼と2人で改善していくしかありません。彼と別れたいのであれば、別れ方は慎重に考えましょう。

彼の性格やモラハラの傾向をしっかりと見極めた上で、穏便に別れられるようじっくり計画を立ててから実行に移してくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事