職場や女友達にいる「マウンティング女子」の意味や特徴、対処法を大公開!

相手のことをどこか蔑んだ発言をしてしまったり、相手より少しでも自分を上に見せようとする女性っていますよね。こんな特徴がある女性のことを、一般的には「マウンティング女子」と言います。今回はマウンティング女子の特徴や心理だけでなく、マウンティング女子の対処法をレクチャーします。

マウンティングする女性って結構いますよね。

マウンティング女子

「マウンティング」という言葉をご存知でしょうか。

多くのメディアで話題となり、マウンティングをする女性のことを「マウンティング女子」と呼ぶなど、何かで一度は見聞きしたことがあるかもしれません。実際にマウンティングをされてイラっとした経験ががある女性もいるでしょう。

この記事では、マウンティング女子の特徴やその態度の背景にある心理をご紹介します。マウンティングに至る理由を知ることが、マウンティング女子の対処法への近道になりますよ。


そもそも「マウンティング」ってどんな意味があるの?

マウンティングの意味

「マウンティング」とは、本来、動物が自分の強さをアピールするために、相手に馬乗りになる行動を指す言葉です。こうした言葉の由来から、人の「自分の方がすごい」といったアピールする行為を指す言葉としても使われるようになりました。

男女ともに起こりうるものですが、出世や年収といった明確な比較物がある男性と比べ、「マウンティング女子」は「勝ち」とする基準があいまい。彼氏や夫、子どもなど、本人以外の要素も比較対象に含まれます。

そんなマウンティング女子の様子は、沢尻エリカ主演のドラマ「ファーストクラス」でも描かれ、話題になりました。


マウンティング女子とは?

マウンティング女子とは、女友達や職場仲間との会話の中で、自分がいかに恵まれているかをさりげなくアピールする女性のこと。

直接的に言うのではなく、一見相手のことを誉めているような発言でも、裏側に「でも、わたしの方がいいでしょ、羨ましいでしょ?」という心理状態が見え透いているケースも多いです。

言われた側の女性も、「なんかイラっとする」と感じるもの。自己中なコミュニケーションになるため、ただの悪口や社交辞令よりタチが悪いものなのです。


【参考記事】はこちら▽


マウンティングするマウンティング女子の心理とは?

「この子よりわたしの方が上」だということを本人に示したいという心理が、マウンティング女子の特徴です。専業主婦とワーキングマザー、独身者と既婚者といった異なる環境にいる女性間のマウンティングがわかりやすいでしょう。

あえて相手に「幸せだ」とアピールするのは、自分の今に確固たる自信がないため。不安を否定するために、「あなたより幸せだから」と態度で示したいわけですね。


マウンティング女子の特徴

マウンティング女子の特徴

周りをイラッとさせるマウンティング女子。マウンティング女子はどんな特徴があるのでしょうか。「この人ってマウンティング女子なのかな?」と思っている人はぜひ参考にしてみてくださいね。


1. 自分が話題の中心じゃないと気が済まない。

女性が数人集まると、何となく場のリーダー的な存在になる人が現れるものです。マウンティング女子の心理の特徴は、こうした際に常に自分が話題の中心でいないと気が済まないという自己中なもの。

特に、子ども時代から目立ち続けてきたにも関わらず、進学後や職場で思うように目立てなくなった女性がマウンティングにつながる言動をしがちです。


【参考記事】はこちら▽


2. 聞いていないことをペラペラと話し出す。

マウンティング女子の特徴で、聞いていないことをペラペラと話し出す

ブランドものや限定品、新しい服やバッグ。マウンティング女子には、こうしたものを持っている自分に気付いてほしいという欲求があります。

しかし、実際には気付いてもらえないことも多いもの。その結果、「ねえ、これ見て」「これ知ってる?」と聞かれる前からペラペラ話し始めてしまうのです。

言われた女友達などから、「すごいね」「センスあるね」といった誉め言葉をもらえて初めて満足するのが特徴です。


3. 女性と男性で態度が大きく変わる。

マウンティング女子がマウンティングを繰り出すのは、同性である女性だけ。男性に対してはまったくそうした素振りを見せないのも、マウンティング女子の特徴です。

子ども時代であれば、「ぶりっ子」と呼ばれて敬遠されたような言動や態度を取る女性が多く、態度の変化は女性が見ると一目瞭然。

しかし、同性にいらだたれることも、マウンティング女子の心を満たす条件のひとつになります。「嫉妬しているんだ」と思い込むわけですね。


【参考記事】はこちら▽


4. 陰口や噂話が大好物。

マウンティング女子の特徴で、陰口や噂話が大好物

マウンティング女子は、人の陰口や噂話が大好き。マウンティングをする女性は、漠然とした不安をを打ち消すため、常に自分が他人よりも幸せであることを重視しています。

自分が良ければいいわけではなく、他人と比べて良いかどうかが大切なため、自然と人のことが気にかかる心理が働くわけですね。もちろん、噂話はいい話ではなく悪口です。

聴くだけではなく、悪口を言いふらすことが好きな人も少なくありません。


【参考記事】はこちら▽


5. 自虐自慢が多い。

あからさまに「ねえ、自慢させて」と話してくる女性に対しては、案外イライラを覚えないものです。「マウンティング」と思われないことも多いでしょう。

マウンティング女子の特徴は、あえて自虐をして見せながら、実は自慢をしていること。

例えば、「みんなしょっちゅうデートできていいなあ。わたしなんて、彼氏が商社勤務だから海外出張も多くて。なかなかデートできないんだよー」など。

言われた側は、「そうなんだあ。寂しいね」と同情するか、「えー、海外出張なんてかっこいいじゃん」と持ち上げるかの2択に。どちらであっても、マウンティング女子は「そんなことないよ」と謙遜して見せるものです。

この手のマウンティングは、多くの人が腹立たしく思うケースでしょう。


【参考記事】はこちら▽


6. 自分の価値観を押し付けてくる。

マウンティング女子は、人には人の価値観があるということをスルーしがち。

「太っているより痩せていた方がいい」

「彼女・妻としてこうしていた方がいい」

など、「べき論」を振りかざしてくることも多いものです。

本人は良かれと思っている言動がゆえに、言われた方はモヤモヤするばかり。気のいい人は「そうだね」と同調してみせますが、内心では「自己中で面倒臭い」と思ってしまうものです。


マウンティング女子の対処法

マウンティング女子の対処法

一緒にいて嫌な気持ちになるマウンティング女子。続いては、職場や女友達にいるマウンティング女子から自分を守るための対処法をレクチャーします。


職場にいるマウンティング女子の対処法

まずは、職場にいるマウンティング女子に対する対処法から。職場にいるマウンティング女子に関しては、会わない選択肢ができないと思うので、ぜひ対処法を試してみてくださいね。


1. できるだけ関わらない。

業務に必要なやり取り以外、できるだけ関わりを持たないことが、一番役立つ対処法でしょう。

マウンティング女子には、関われば関わるほど嫌な思いをするだけ。また、「この人には言える」と思われてしまうと、ずるずると関係性が続いてしまいます。

ストレスを溜め込まないためにも、さりげなく距離を取り、ドライな関係性を保ちましょう。


2. プライベートの話をしない。

職場にいるマウンティング女子の対処法は、プライベートの話をしない

マウンティング女子にマウンティングする材料を与えないためには、プライベートに関わる話をしないことも対処法のひとつです。

比べるものがあるからこそ、自分と相手を格付けすることで始まるマウンティング。

彼氏の話や家庭の話を持ち込まず、情報を与えすぎないことで、マウンティング被害にあう頻度を減らせるでしょう。

「この人にはマウンティングできない」と飽きさせてしまうことがおすすめです。


3. 話題を極力そらすようにする

マウンティングをする女性の中には、マウンティングをする話の内容が固定化されている人も少なくありません。

「この人、何かと彼氏の話につなげるな」と思ったことがある方もいるのではないでしょうか。

こうしたタイプの女性の場合は、その話題を避け、もしそうした話題になった場合も、さりげなく違う話題を始めてしまいましょう。


女友達がマウンティング女子の場合

周りにいる女友達にもマウンティング女子はいます。一緒に楽しく話していたり、仲が良いと思っている女性からマウンティングされると悲しいですよね。女友達がマウンティング女子の場合の対処法をお教えします。


1. ひたすら聞いて、適度に褒める。

マウンティング女子の女友達の対処法は、ひたすら聞いて、適度に褒める

職場の人間と異なり、友人の場合はあまりにも冷たい態度はとりにくいものです。「この子はこういう子なんだ」と受け入れてしまうのも方法のひとつでしょう。

マウンティングに乗るのも疲弊の元。できる限りストレスを減らすには、ただ話を聴き、適度に「すごいね」と褒めることをおすすめします。満足をさせてあげれば、とりあえずその場は収まります。


2. 自分が性格が悪いと気づかせてあげる。

もし、マウンティング女子が大切な友人で、本人のことを思うのであれば、「それはマウンティングだよ」と伝えてみてもよいでしょう。

直接伝える際は、相手を責めているように聞こえないよう、感情的にならずに伝えることがおすすめ。本人に自覚がなかった場合、改善されるかもしれません。

ただし、場合によっては関係性にヒビが入る可能性があるため、本人の性格やこれまでの関係性を踏まえて判断してくださいね。


3. 疲れたら距離をおく。

いくら仲が良い女友達でも、いつもマウンティングに付き合うのは難しいもの。自分自身の状態によっても、許容できるレベルが変わるでしょう。

「あ、ダメだな」と感じたときには、一旦距離を置きましょう。一時的に疎遠になっても、関係性がゼロになるわけではありません。

何かを言われたら、「仕事で忙しくて」と伝えておけばOKです。


マウンティング女子とは上手に付き合いましょう。

マウンティング女子とは上手に付き合いましょう

女友達グループや、女性ばかりの職場など、男性のいない関係性のなかで起こりがちなマウンティング。日々ストレスを感じている方は少なくないでしょう。不安感からきているとはいえ、付き合い続けるのは困難です。

悪意のあるマウンティングには、距離を取る、適当にあしらうなど、自分の心を守る対応を意識してくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事