話すことないのに電話してくる男性心理|用もないのにかけてくるのは脈あり?

特に用事もないのに電話したいと言ってくる男性に戸惑っている方へ。この記事では、話すことがないのに連絡してくる男性の心理から、脈ありサイン、電話してくる男性の対処法まで詳しく解説します!

話すことないのに電話してくる男性心理|脈ありだと思っていいの?

話すことないのに電話してくる男性心理

「話したいって電話してくるけど、目的が分からない」

「話すことないのに電話したがるって、どんな気持ちなの?」

付き合ってもいないのに、用もなく電話をしてくる男性がいるとその理由が気になってしまいますよね。

ここからは、話すことないのに電話をしたがる男性の心理を詳しく解説します。

特に理由なく電話をしてくる男性の気持ちを理解してみましょう。


男性心理1. 声が聞きたくなった

男性はあなたのことが好きだからこそ、どうしても声が聞きたいと思うことがあります。

そんな時は特に用事がなくても、あなたの声を聞くために電話をかけてしまうのです。


男性心理2. 暇つぶしに付き合って欲しい

何もやることがないと、退屈で誰かにかまってほしい気持ちになるもの。

あなたのことを仲の良い異性の友達だと思っているため、時間をつぶすために取り敢えず暇電をしてしまうのです。


男性心理3. 特別な存在だとアピールしたい

特に親しくもない間柄だと、業務連絡などの用事が無いと電話をする機会はあまり無いものです。

しかし、同じ職場や学校にいるだけでは中々一歩進んだ関係にはなるのは難しいもの。

そんな時に特に話したいことがなくても、わざわざ電話をすることで、あなたに好意をアピールしようとしています。


男性心理4. 寂しさを紛らわせたい

寂しい気持ちを抱いていると、人が恋しくなることがあるものです。

そんな時は、孤独な気持ちを紛らわせるために、人との繋がりを求めて、話すことないのに電話をしたくなります。


男性心理5. 遊びに誘いたいと思っている

好意がある女性に対しては関係を前進させたいと、多くの男性は考えます。

そんな時は男性は遊びに誘うきっかけを見つけるために、電話をかけてしまうものです。


男性心理6. 相手は誰でもいいから電話するのが好き

電話でのおしゃべりを好む人は、電話をして誰かと繋がっているのが好きなもの。

そんな男性は、誰でもいいから暇電に付き合って欲しいと考えます。


男性心理7. もっと仲良くなりたい

好意がある女性と対面して、直接会話するのが苦手な男性もいます。

それでも好きな女性とは話をしたいものなので、顔を見ずにコミュニケーションをとれる、LINEや電話などで気になる女性と関わりを持とうと考えています。


男性心理8. メッセージより電話の方が楽だと思っている

LINEやメールなどのやり取りは、文章を考えるのが苦手だったり、だらだらとやり取りが続くのが面倒だと思う男性もいるもの。

そのような男性は、電話で直接話をした方が楽だと思っているため、大した予定がなくても、電話で交流を深めようとするのです。


男性心理9. 好意を確かめたい

男性は好きな人がいる時には相手がどう思っているのか知りたいもの。

そんな時に、女性の気持ちを図る手段として、いきなり電話をかけて女性の反応を伺いたいと思っています。


話すことないのに電話してくる男性の好意を見分ける方法は?

「用もないのに電話してくる理由を知りたい」

「脈ありなら、関係を進展させたいな」

気になるのは、話すことないのに電話をしたがる男性に友達以上の感情があるかないかですよね。

好意があるのが分かれば、あなた自身も対応を考えられるもの。

ここからは男性に好意があるのかどうかの見極め方を紹介します。


見分け方1. 明日の予定を気にかけてくれるか

好きな人に対しては思いやりの気持ちを持っているもの。

そのため、通話中にどれだけ自分を気遣ってくれるかで、男性の気持ちを読むことができます。

例えば、電話をしている時に

「明日の朝、早くない?大丈夫?」

など、会話を楽しみつつも思いやりの言葉をかけてくれるなら、あなたを大切に思ってくれている証拠なので、脈ありの可能性が高くなるでしょう。


見分け方2. 話が途切れないように話題をたくさん提供してくれるか

好意を持っている相手とは、ずっと会話を続けていたいと男性は考えます。

例えば、通話をしている時に

「今日こんなことがあってさ」

「◯◯は最近何にハマっているの?」

など話題を自分からたくさん提供して、無言の時間が出来ないようにしてくれているのなら、あなたに対して好意を持っているからといえるでしょう。


見分け方3. 頻繁にかかってくるか

好きな人ができると、その人のことばかり考えてしまいます

そんな思いが募ると、

「とにかく声が聞きたい」

「好きな相手と繋がっていたい」

という考えでいっぱいになって、頻繁に電話をかけてしまうのです。

もし男性が

「ちょっと話しがしたくて・・・」

と毎日のように用もないのに電話をかけてくるのなら脈ありの可能性ありでしょう。


見分け方4. 電話をくれる男性は酔っているか

お酒を飲んで酔っ払うと、人は自分の欲求に忠実な行動を取ってしまいがちです。

普段はあまり電話してこない男性でも、アルコールが入ると

「好きな人の声を聞きたい」

という願望を男性は抑えきれなくなっているの

特に話すことないのに、

「何しているか気になってさ」

などとわざわざ電話をしてくるのなら好意を持っていると判断出来るでしょう。


見分け方5. 電話をかけてくる時間はいつも遅い時間か

人は夜になると気持ちが大胆になって、自分に正直な行動を取ってしまうと言われています。

電話をかけてくる時間がいつもきまって遅い時間ばかりなら、男性は

「あの子と繋がりを持ちたい」

という好きな気持ちを抑えられなくなって電話をかけているといえるでしょう。


【好きな男性の場合】用がないのに電話してくる男性への対処法

「好意があって電話してくれるなら、関係を進展させたいな」

「あの人のこと好きだから、変な対応して失敗したくない」

話すことないのに電話してくる男性のことが好きなケースもありますよね。

彼のことが好きなら、適切な対応をして関係を前進させたいもの。

ここではおすすめの対処法を紹介するので、参考にしてみてくださいね。


対処法1. 電話が来て嬉しいと素直に伝える

男性にとって、気になる女性に電話をする時は相手がどう思うか不安なもの。

かけた時に相手に喜んでもらえると安心できるため、電話をしてくれる男性に対して好意があるなら、その気持ちは素直に表現すべきです。

「電話してくれてありがとう」

「お話できて嬉しかったな」

など電話をしてもらえて嬉しかった気持ちを正直に表現しましょう。

「自分のこと嫌がっていないから、デートに誘おうかな」

と男性も前向きな気持ちになれるでしょう。


対処法2. 「まだ切りたくない」と可愛く言ってみる

電話をしている時に男性が気を遣って「電話を切ろう」などと言ってくることがあるでしょう。

そんな時には、男性に対して、電話でおしゃべりしている時間を楽しんでいるという気持ちを名残惜しそうに伝えると良い印象を与えられるでしょう。

そのため、

「電話切ると寂しくなっちゃうな」

「◯◯とずっと話していたいよ」

などと伝えてみましょう。

「もっと話してみようかな」

とさらに会話が弾んで、仲良くなれますよ。


対処法3. リアクションを大きくする

電話をしてくれる男性と関係を深めるには、

「また電話したいな」

と思ってもらうことが大切です。

自分の話に楽しそうに反応してもらえると、男性は気持ちよくなってまた電話したいと思うので、通話中の会話はリアクションを大きめにしましょう。

「わぁ!すごい!」

「◯◯君、面白すぎる!」

など、会話を楽しんでいることが伝わるようにリアクションしてみましょう。


対処法4. 相手の名前を呼ぶ

人は名前で呼んでもらった方が親近感を感じる傾向があります。

突然名前で呼ばれると、親しくなれたような気がして男性は胸がキュンとするものです。

用もないのに電話をしたがる男性と通話をしている時に不意に、

「◯◯くんはどう思う?」

と名前で呼んでみましょう。

男性も親しみを込めて、あなたのことを名前で呼ぶようになり、より親密になれるでしょう。


対処法5. 「また話そうね」と伝えて切る

男性は用もないのに電話したことに引かれていないかなど、不安を抱いているもの。

その不安を取り除いてあげると、男性はより積極的になれます。

会話を楽しんで、電話を切るタイミングになったら、

「今日は楽しかった、また話そうね」

と伝えて会話を終えましょう。

そうすることで、また二人きりで会話をするチャンスが増えるでしょう。


【興味ない男性の場合】用がないのに電話してくる男性への対処法

「話すこともないのに毎日電話されて迷惑・・・」

「できたらもう電話をしてもらいたくないな」

興味のない男性から話すことないのに、電話を頻繁にかけられるのは迷惑ですよね。

なるべくなら、こちらの気持ちに気づいて止めてもらいたいもの。

ここからは好意持っていない男性が、用がないのに電話をしてくる時の対処法を紹介。

適切に対応して、電話したがる男性から距離をおきましょう。


対処法1. ひたすら無視する

男性が電話したがるのは、気になる女性の声を聞きたいからです。

その相手をしてしまうと、男性は脈ありだと期待をしてしまう場合もあります。

それを避けるには、男性から電話がかかってきても出ないこと。

ひたすら無視をして、用もないのに、電話をかけてほしくないという無言の意思表示をしましょう。

電話に出てもらえないことで、男性は

「脈なしなんだな」

と気づいて電話をするのを控えてくれるはずです。


対処法2. ストレートに「迷惑」と伝える

男性が話すことないのに電話をかけてきた時、相手に悪いからと表面上は当たり障りなく会話をしてしまう人もいるでしょう。

しかし、それでは男性は

「彼女も楽しんでくれている」

と勘違いしてしまいます。

好意のない男性からの電話を快く思っていないなら、しっかりと

「用もないのに電話されても迷惑」

と伝えましょう。

言葉に出すことで、男性にもハッキリと気持ちを分かってもらえます

電話をかけてこなくなるでしょう。


対処法3. 「他に好きな(彼氏)がいるから」と言ってみる

男性は好意を持ってあなたに電話をかけてきています。

こちらに好意がないことを理解してもらえないと、話すことないのに電話をかけてくるのを止めないでしょう。

男性が電話をかけてきたら、

「好きな人がいるから、あなたとは付き合えない」

「私、彼氏がいるんだ」

など既に好きな人がいるのを伝えると自分では付き合えないという事に諦めて、アプローチしなくなるでしょう。


好きな男性との電話で会話に困った時におすすめの話題

「好きな人と電話できるのは嬉しいけど、話題に困って無言になってしまう」

「もっと電話で盛り上がって彼と仲良くなりたい」

好きな男性との電話は楽しいものの、話題がなくて言葉に詰まってしまうような場合もありますよね。

ここかららは好きな男性と電話での会話に困った時におすすめしたい話題を紹介します。

ここで紹介する話題をヒントに電話での会話を盛り上げましょう


話題1. 相手の声を褒める

褒めることで男性は自分を評価してくれたことに喜びを感じます

そのため、通話をしているからこそ、触れやすい相手の声について褒めてあげましょう。

「◯◯君の声を聞いていると落ち着くな」

「声が優しくて癒やされるよ」

などと伝えてみるのがオススメです。


話題2. 次の休みの予定

電話をしているのは、より仲良くなるためなので、電話での会話で親密になってゆくゆくは二人でデートをする関係に発展させたいもの。

休みの予定を聞くことで、都合が合えば、そこからデートの約束に進展しやすくなるものです。

そこで、

「今度の休みは何をするの?」

と予定を質問してみましょう。


話題3. 好きな音楽について

好意を抱いている相手が、自分の趣味などに関心を持ってくれるのは嬉しいものです。

自分の好きなものの話しですから男性の口もなめらかになるはず。

電話越しに音楽が流れているなら

「これって誰の曲?」

と聞いてみるのもおすすめ。

次に話す時に、

「この前の曲聞いてみたんだ」

と伝えればこちらの好意もアピールできますよ。


話題4. 今日あった出来事

相手と仲良くなるコツは、二人ともが自己開示をして、お互いに対する理解を深めることです。

「わたしはこんなことがあってね・・・」

と自分にあったことも男性に伝えるようにしましょう。

そうやってお互いに自分のことを話すことで、打ち解けて心を開いていけるでしょう。


話題5. 行ってみたい場所

電話をしている男性のことが好きならば、デートに誘われたいと思うもの。

そんな時は、自分が行きたい場所を伝えることで、遠回しに男性からデートに誘いやすくなるでしょう。

例えば、

「最近話題のテーマパークに行きたい」

などと男性に希望を打ち明けてみれば、

「今度一緒に行こうよ」

と誘ってくるはず。


話題6. 最近の悩み

好きな人から頼りにされたり、相談されたりするのは自分の価値が実感できて、嬉しいものです。

頼りにされることで男性は自分を必要としてくれていると自信を得られ、もっと話をしたい気持ちになれるのです。

「最近、友達との関係に悩んでいて」

「仕事が上手くできなくて落ち込んでいる」

など最近悩んでいることを男性に相談してみましょう。


話すことないのに電話してくる男性と上手に付き合ってみて。

今回は話すことがないのに電話をかけてくる男性の心理や、好意の見極め方、男性への対処法など解説しました。

男性が用もないのに電話してくるのは、あなたと仲良くなりたいからです。

あなたも同じ気持ちなら、今回の記事を参考に会話を盛り上げてみましょう。

電話だけの関係から一歩前進できますよ。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事