男友達が電話をしてくる理由とは?頻繁に連絡がきた時の上手な対処法も解説

男友達が電話をしてくる理由について詳しく知りたい女性へ。今記事では、電話をしてくる男友達の心理から、主な理由や対処法まで詳しくご紹介します。頻繁に男性の友人から電話がくる理由が分からないとお悩みの女性は、ぜひ参考にしてみてください!

電話をしてくる男友達の心理とは|気になる男の本音を大公開

男友達が電話をしてくる理由とは

恋人でもない男性から電話がかかってくると、「何かしら意味があるのでは?」と考えてしまうもの。

男友達が電話を掛けてくる心理には、何気ない気持ちの他に重要な意味が込められた場合もあります。

ここでは電話をしてくる男友達の心理について詳しく解説していきます。


電話をしてくる男友達の心理1. 誰かと会話をしたい

普段からおしゃべりが好きで、会話を楽しむタイプの男性は、暇さえあれば誰かしらと話したいと考えるもの。

今日の楽しかった出来事や何気ない無駄話など、男女関係なく気の合う人に「楽しいから」という思いで電話を掛けるのです。

誰かと会話をしたい、話すのが好きだという気持ちから、仲のいい人に分け隔てなく電話をしていると言えるでしょう。


電話をしてくる男友達の心理2. 距離を縮めたい

好意を持った女性とは、どうにかして仲良くなりたい、親密な関係になりたいと思うもの。

普段は友達同士で遊んだり、学校や会社で顔を合わせる程度の間柄だとなかなか二人きりで話す機会がないので、きちんと話をするという手段の一つとして電話をしようと思うのです。

電話をしてくるということは相手へのアピールにもなるので、距離を縮めたいという心理の表われと言えます。


電話をしてくる男友達の心理3. 自分の話を理解してくれそう

テンポや波長など気の合う相手と話すと楽しくて気も遣わないので、つい会話に癒しを求めてしまうものです。

恋愛感情とまではいきませんが、友達としての関係が長くなったり、気の合う同士だと「自分のことを分かってくれている」という気持ちになり、頻繁に電話を掛けてしまいます。

自分のことを理解してくれていると感じている相手との会話は気持ちが満たされるのです。


電話をしてくる男友達の心理4. 信頼をしている

辛いことがあった時や迷った時など、信頼できる相手に話を聞いてほしくなる人は多いでしょう。

恋愛対象ではありませんが、どうしていいか分からない時にしっかり意見を言ってくれたり、辛いときに背中を押してくれたりして欲しくて、電話をかけてしまうのです。

弱い自分というのは誰にでも見せれるものではありません。信頼できる相手だからこそ二人きりで話せる電話をしてくるのだと言えます。


男友達が電話をしてくる理由|連絡をしてくる主なきっかけを解説

電話を掛けてくると言っても、その理由やきっかけは様々。

他の誰でもなく、なぜあなたにわざわざ電話を掛けてきているのでしょうか?

ここからは、男友達が電話を掛けてくる理由について詳しく解説していきます。


男友達が電話をしてくる理由1. 相談がしたいから

相談をした時に話を聞いてくれたり、的確なアドバイスをくれる女性はとても貴重な存在なので、毎日話したくなるもの。

異性だからこそ相談できることや他の人に言えない悩みなどは、信頼できる女性にのみ話せることですので、つい長い電話をしがちになります。

信頼をしているからこそ、二人きりできちんと会話ができる電話をかけるのです。


男友達が電話をしてくる理由2. 好意を持っているから

気になる女性がいれば、より深い関係になろうと様々な手段を使ってアプローチしたくなるものです。

「少しでも相手のことを知りたい」「なるべく同じ時間を共有したい」という強い思いから、電話を頻繁に掛けてしまうのです。

他の誰でもなく、特定の相手ばっかりに電話を掛けてくるというのは、好意を持っているからと言えるでしょう。


男友達が電話をしてくる理由3. 暇つぶしがしたいから

無趣味で何もすることが無く、一人でいると退屈でただ単に電話を掛けてくるという男性も一定数いるのです。

こういう男性は夜遅い時間に、一人で家にいると特に何もすることが無いので、思いつく限り暇そうで相手してくれそうな人に電話を掛けていき、話し相手を探します。そこに大した意味は無くただ単に時間を潰したいだけなのです。

特に要件もなく、だらだらと不特定多数の人に電話を掛けるような人は、暇なだけの可能性大です。


男友達が電話をしてくる理由4. 話しやすいから

聞き上手な人や話が合う人との会話は楽しいので、たくさん話したくなるもの。

価値観が近かったりノリが合う相手だと電話で話すだけでも盛り上がるので、その日あった出来事や面白かった話などをその都度報告して、共有しようとする人が多いです。

そのために、話が合う仲のいい相手とは自然と電話の回数も増えてしまいます。


男友達が電話をしてくる理由5. 話したい内容があるから

シンプルに確認したいことや聞きたいことがある場合は、電話が一番手っ取り早い手段だと言えます。

例えば、共通の趣味や共通の友達のことなどで気になることや話しておきたいことがあると、メールやLINEだと煩わしいと感じる為、電話をしてくるのです。

話す内容がある程度決まっている場合や、あまり長電話にならない場合は要件があって電話をかけてきているのだと言えます。


男友達から頻繁に電話がかかってきた時の最適な対処法は?

男友達からしつこい電話がかかってきたり誘われるようなら、ちょっと困惑しますよね。

こちらの時間もとられるし、話すことが無い場合などは特に対応に困ってしまうもの。

ここからは、男友達がよく電話を掛けてくる場合、どういった対処をするのがベストなのかを詳しく解説していきます。

よく電話がかかってきて困っているという方はぜひ参考にしてみてください。


男友達から電話が来た時の対処法1. 出れる範囲で対応する

頻繁にかかってくる電話に対して全て丁寧に対応していると疲れてしまいますよね。

深夜などこちらの状況次第では、電話を取らないというのも一つの手ですし、時間が取れない場合は、はっきりと「今は忙しい」ということを伝えて、無理のない範囲で対応するようにしましょう。

そうすることで相手の男性も、すこし電話をかけ過ぎたのかなと気付く場合があります


男友達から電話が来た時の対処法2. 彼氏がいるからと断る

彼氏がいるのに、別の男性から頻繁に電話がかかってくると、自分自身も彼氏もあまりいい気はしないものです。

電話をしたくないことを、やんわりと態度や言動で表しても相手に伝わらないようだったら、彼氏がいることを伝えて電話自体を断るのも有効な手段です。

きちんと相手に伝えることで、男友達も懲りて電話をしなくなるでしょう。


男友達から電話が来た時の対処法3. LINEで用件を聞く

電話をすると、こちらの時間もとられてしまいますし、無駄なことまで話してしまいつい長くなってしまいます。

そんな時は、一度電話を無視して時間が経ってから電話に出られない旨を相手に伝えて、要件をLINEで聞くようにしましょう。

LINEだと自分のタイミングで返信できますし、端的に済む場合が多いです。


男友達から電話が来た時の対処法4. 無視をする

相手が彼女持ちの場合や全く興味が無い場合などは、電話がかかってくること自体が迷惑以外の何ものでもないはずです。

もう電話をしてほしくない場合はしっかりとした意思表示として、あえて無視するのが一番効果的です。かけ直すこともせず、そのまま済ませてしまいましょう。

無視を繰り返すことで、相手もあなたの気持ちに気付き電話をしてこなくまります。


電話をかける男友達の本心を見抜いて、上手に対処してみて。

今回は電話を掛けてくる男友達の心理や理由について詳しく解説してきました。

電話を掛けてくる理由としては、ただ単に暇つぶしや、好意があって距離を縮めるためだったり様々ですが、頻繁に電話が掛かってくるようなら困りものですよね。

そんな時は相手のペースに合わせずに、無理なく対応できる範囲で対応し、適度な距離を保つようにしましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事