騙されやすい人の特徴7選|もう二度と騙されないためにできる改善策とは?

周囲に騙されやすい人の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、騙されやすい人の特徴から、対処法まで詳しくご紹介します。すぐに信じ込みやすい人は、ぜひ参考にして、情報を正しくキャッチできるようにしましょう!

騙されやすい人は、騙されていることに気が付かないケースが多い

騙されやすい人の特徴

自分で自分を「騙されやすい人だ」と自覚している人は、おそらくほとんどいません。無自覚だからこそ、簡単に騙されてしまうのです。

人を信じる気持ちは決して悪いものではありませんが、他人から騙されてしまうのはやはり避けて生きていきたいですよね。

「どうしてすぐに騙されちゃうの?」「本当に騙されやすいよね!」など、周囲から指摘されたことがある人は、騙されやすい人なのかどうかぜひチェックしてみてくださいね。


騙されやすい人の特徴|人を信じやすい人のあるあるとは?

自分は騙されやすいのかを知りたいなら、どんな人が騙されやすい人なのかを知ることが大切。

ここからは、一般的に騙されやすい人に見受けられる特徴について紹介していきます。

ぜひ自分自身を振り返りながら特徴を知っておきましょう。


騙されやすい人の特徴1. プライドが高く“自分は騙されない”と思っている

自分に自信があり頑固な性格も騙されやすい人に多いです。

「自分は絶対に騙されない」といった根拠のない自信を持っているので、騙しにきた人を警戒することがありません。騙されたとしてもプライドが邪魔をして、騙されている事実を直視できないのです。

騙されるはずがないと過信しているので、逆に隙をつかれたら簡単に騙されてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


騙されやすい人の特徴2. 優柔不断で流されやすい

自分の意思を持たず決断ができない性格の人も、信じやすい人に多いです。

優柔不断で周囲の意見にすぐに流されてしまうので、周りが「正しい」と言ったことは鵜呑みにしてしまいます。自分の考えに自信がないため、「この人がそういうなら間違いないだろう。」と、判断も相手任せにしてしまうのです。

自分の頭で考えずに、どんなことも他人の頭でばかり考えてもらうクセがついてしまっているので、嘘を見抜くこともできません。

【参考記事】はこちら▽


騙されやすい人の特徴3. 身近に相談できる相手がいない

騙されやすい人の中には、何事も自分の主観だけで判断してしまう人がいます。

とても良い条件の話だったとしても、第三者が聞けば「それ怪しいよ」と見抜けるのに、自分だけの考えだと、どこか都合よく考えてしまうため、騙されていることに気づかない場合がありますよね。

相談相手が身近にいない人は、誰にも相談せず1人で決断してしまうので、客観的に物事を見ることができないのです。


騙されやすい人の特徴4. 素直な性格で何事も真に受けやすい

人の言うことを疑わず、疑うことに抵抗がある人も騙されやすい人。

素直すぎるために他人の言うことはなんでも信じ、冗談でも真に受けるので、相手の話のおかしな点、矛盾した点があったとしても気づかないのです。どこかで「悪い人はそうそういないよね。」と思い、盲目的でお人好しでもあります。

素直で嘘に気づかず鵜呑みにしてしまうから、恋愛でもすぐに騙されてしまい、詐欺師にも狙われやすいタイプです。

【参考記事】はこちら▽


騙されやすい人の特徴5. “限定”など特別感のある言葉に弱い

信じやすい人の中には、「損をしたくない」という思いが人一倍強い人もいます。

「今だけしか買えないよ」「特別に安くできるよ」など、「今を逃すと損をするかも」という状況にとても弱いのです。絶対に損はしたくないという心理が強く、簡単に口車に乗せられてしまいます。

「お得」「今だけ」と言われると冷静な判断ができなくなってしまうため、誘惑に弱くデマでも簡単に騙されてしまうのです。


騙されやすい人の特徴6. 意思が強く周囲の言葉に耳を貸さない

一度決めたことは誰になんと言われようと変えない人も、騙されてしまうことが多い人。

意思が強すぎる故に「騙されてるんじゃない?」といった周囲の言葉に耳を貸すことができずに、自分の考えのみを信じ込んでしまうのです。ちゃんと聞いていれば対処できることでも、あまりに頑固すぎるため、誰の意見も聞き入れません。

意思が強いのは決して悪いことではないのですが、自分の考えだけで生きてしまうと騙されやすくなります。


騙されやすい人の特徴7. 情報量が不足している

正しいことや間違っていることをきちんと判断できない人は、やはり騙されてしまいます。

情報が不足している状況では、物事を正しく認識するのは難しいです。相手に「これが常識ですよ」と言われると、そのまま鵜呑みにして信じてしまうことになるでしょう。

社会経験が少なかったり経験不足だったりで情報量が足りないと、騙されやすくなってしまいます。


騙されやすさを回避するのに最適な改善策とは?

自分が騙されやすい人の特徴にあてはまっていたとしたら、どうすれば良いのか悩んでしまいますよね。

ここからは、騙されやすい人が騙されるのを回避するために効果的な改善策をご紹介していきます。

参考にしていただければ、きっと騙されない人になれますよ。


騙されるのを回避するコツ1. 周囲の人に相談してみる

自分1人で判断をすると主観的になりがちで、偏った考え方になってしまったり本質が見えなかったりすることがあります。物事を判断するためには、客観的な立場の誰かにも一緒にみてもらうようにしましょう。

信頼できる周囲の人に相談すれば客観的な意見をもらえますし、自分も人に話すことで冷静になれます。冷静な状態で客観的に見ることができれば、正しい判断ができるはずです。

人に話す対策ならすぐにでもできるので、1番簡単で効果的なコツですよ。


騙されるのを回避するコツ2. 自分でも一度調べる習慣をつける

相手の言っている話を鵜呑みにするのではなく、自分でも情報を集めるようにしましょう。

知識が不足していることや聞いたことがない話は、人の話を全て正しいと考えてしまうのではなく、自分自身の頭で考えるようにすることが大切。

図書館などで調べるのもいいですし、今はインターネットを利用すればたくさんの情報を手にすることができますから、習慣にするといいですよ。


騙されるのを回避するコツ3. 自分の意見を述べるようにする

相手の思惑通りに話が進まないよう、思ったことはきちんと伝えるようにしましょう。

何も意見を言わずに黙っていたら、相手には「Yes」と判断されてしまうことがあります。少しでも疑問に思ったり怪しいと感じたりした場合は、はっきりと反論することがとても大切です。

いざという時にしっかりと意見を述べられるよう、普段から意識して練習しておくといいですよ。


騙されやすい人は、本質を見抜く力を手に入れよう。

もちろん騙す方が悪いのは当たり前ですが、やはり他人には騙されずに生きていきたいですよね。

騙されやすい人、すぐに人を信じてしまう人の特徴をご紹介しました。自覚はなかったけれど「もしかしたら騙されやすいのかも」と感じた人もいるのでは。

騙されるのを回避するコツまで詳しく解説しましたので、もう騙されないよう役立ててみてくださいね。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事