彼女からエッチに誘う方法|男性が興奮する誘い方と雰囲気作りのコツを解説!

彼女からエッチに誘うのは大丈夫か知りたい女性へ。本記事では、彼女からエッチに誘われた時の男性の本音から、彼女からエッチに誘う方法まで大公開!エッチを誘うコツと注意点も解説していますので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

彼女からエッチに誘ってもいいの?女性から夜の営みのアプローチはあり?

彼女からエッチに誘ってもいいの?

女性が好きな男性や彼氏とエッチをしたいと考えるのは当然のこと。

夜の営みを誘うのが恥ずかしい気持ちは誰にでもありますが、「女から誘ったら引くかな…?」とネガティブに捉える必要はありません。

女性にもいろいろな価値観の人がいるように、相手から誘って欲しいと思っている男性は意外と多く存在しているものです。


彼女からエッチに誘われた時の男性の本音|女性からの誘いは嬉しい?嬉しくない?

男性の約8割が、女性からの夜の営みの誘いを嬉しいと感じています。

この結果を見れば、女性からの誘いを嫌がる人はほとんどいないともいえるでしょう。

男性の本音としては、

「彼女も俺のことを好きなんだな、と実感できて嬉しい」

「いつもとは違う積極的な彼女にドキッとする」

「なかなか誘えない自分をリードしてくれて嬉しい」

「興奮している彼女の様子が、純粋に可愛いと感じる」

などが主になっています。


彼女からエッチに誘うには?自然な流れでセックスに持ち込む方法を解説!

「自分から誘ったことがない私でも上手くできるかな…?」

「具体的なエッチの誘い方を知りたい!」

ほとんどの男性が喜んでくれると知っていても、いざ女から夜の営みを誘うとなると勇気がいりますよね。

具体的にどう誘えばいいのでしょうか。

ここからは、女から自然な流れでエッチを誘う方法を解説していきましょう。


誘い方1. デート終盤「まだ帰りたくないな。」と伝える

まだ一緒にいたいことをアピールできれば、「じゃあホテルでも行こうか」などと自然な流れでエッチする雰囲気に持っていけます。

もし言葉に出すのが恥ずかしいのなら、別れ際に彼氏の服の袖を掴んで名残惜しそうにするだけでもOKです。

よほどの鈍感でない限り、男性は女性の離れたくない心理を察してくれるはず。

ただし、男性の翌日の予定によっては、女性の誘いに応じたくても応じれないこともあります。

「明日は休み?」などと、あらかじめ予定を確認しておくほうが優しいでしょう。


誘い方2. 彼に密着してイチャイチャする

体を密着させることで男性のムラっとした気持ちが高まるため、エッチしたいと思わせることができます。

具体的には、

  • 恋人つなぎをして甘えてみる
  • スマホを見ている男性に、顔を寄せてみる
  • 男性の肩にもたれかかってみる
  • 彼の背中に抱き着いてみる

などの行動を実践してみましょう。

少しでも男性がムラっとした様子があれば、どんどん積極的に体を密着させてください。

男性の気持ちが急上昇していきますよ。


誘い方3. 優しくマッサージをしてあげる

彼の体の疲れを癒すとともに、お互いの肌が触れ合うことで性的意識が刺激されるため、エッチしたい気分にさせやすくなります。

例えば、

  • 肩や腰を揉んであげる
  • 太ももを優しくさすってあげる
  • ハンドマッサージをしてあげる

など、彼の反応を見ながらいろんな部位のマッサージをしてみましょう。

彼が吐息を漏らすなど、少しでも気持ちよさそうな反応がある部位を念入りにマッサージするのがおすすめ。

気分が高まった男性は、エッチの流れに持っていってくれるはず。


誘い方4. ベッドで「まだ寝ないで」と言ってみる

寝て欲しくないことを伝えると、彼氏は彼女の甘えん坊な雰囲気に可愛さを感じて興奮しやすくなります。

例えば、

  • 彼の頬をツンツンしながら、「寝ないでよ~」と甘えてみる
  • 「昨日はあなたが先に寝ちゃってたから、寂しかったな…」と寂しさをアピールしてみる

などが具体的な甘え方です。

また、どうしても甘えるのが苦手な人は、「今日は寝かせたくないな…。」とSっ気を出してみるのもおすすめ。


誘い方5. 抱きついて上目遣いで見つめてみる

男性は女性の上目遣いにめっぽう弱いもの。

ハグと上目遣いの組み合わせは、女性のか弱さと可愛さが存分に感じられ、興奮しやすいと言われています。

具体的には、

  • 並んで座っている時に、彼の肩に頭を寄せて上目遣いで見つめる
  • ベッドのなかで、彼に密着しながら上目遣いで見つめる

などが方法として挙げられます。

上目遣いをする時は、「抱いてほしい…。」など心の内を訴えるように見つめるのがポイント。


誘い方6. たくさんキスをする

その気がなかった男性も、キスを繰り返すことで興奮しやすくなっていきます。

さらに積極的にキスをしてくれる女性に対して愛らしさも感じ、自然とエッチをする流れに。

例えば、

  • 彼の興奮が高まるまで、フレンチキスを繰り返してみる
  • 首元や手のひらなど、いろんな場所にキスしてみる

などがおすすめの方法です。

彼の息が荒くなってきたら、「もっとしたい…」と甘えてディープキスをおねだりしてみましょう。

自然にエッチな流れになっていくはずです。


誘い方7. 足を絡ませて密着する

下半身を絡ませると、彼に性的刺激を与えることができるため、エッチの流れに持っていきやすくなります。

例えば、

  • ソファーに座っている時に足を絡ませてみる
  • ベッドのなかで、寝てしまいそうな彼に足を絡ませてみる

などの方法を試してみましょう。

彼の股間に当たりそうで当たらないようにさわさわと絡ませるのがポイント。

思わぬ刺激に興奮し、彼もエッチがしたくなるはずです。


誘い方8. 彼の膝の上に乗る

体の一部を密着させることで男性は思わずセックスを連想し、気分が高まってしまうもの。

ただ普通に乗るよりも、

  • 彼の首に手をまわしてキスをする
  • 顔を近づけてじゃれ合う
  • 膝の上に乗ったままハグをする

など、イチャイチャと甘える雰囲気を出しましょう。

どうしても膝の上に乗るのが恥ずかしいなら、彼の横に座って足だけを乗せてみてください。

彼女から体を寄せてくれることに興奮してくれるはずです。


誘い方9. さり気なく下着の話題に持ち込む

下着の話題をさり気なく出すことで彼の好奇心を刺激し、自然とエッチする流れに持っていきやすくなります。

具体的には、

「そういえば、今日新しい下着つけてるんだよね。」

「この前、可愛い下着を見つけて買っちゃったの!」

「実は、今までとはちょっと違う下着に興味があって…。」

などのように話題にしてみましょう。

男性の「見てみたい!」という心理をくすぐれたら、「見せてあげなーい」といたずらっぽくあしらってみるのもおすすめ。


誘い方10. ストレートに「エッチしたいな」と言う

女性からストレートに誘うと、男性はドキッとして愛おしく感じるでしょう。

女性としては勇気がいりますが、

「今夜は、ご飯を食べた後にエッチしたいな」

「クリスマスのデートには、ホテルでエッチしたい」

「自分から誘うのは初めてだけど、どうしてもエッチがしたくて…」

というように、しっかり言葉に出してみましょう。

どうしても直接伝えるのが恥ずかしい場合は、LINEでメッセージを送るのも手段の1つです。


誘い方11. 一緒にお風呂に入る

裸の女性と狭い空間に居れば、男性の性的興奮度はほぼ確実に高まるでしょう。

具体的には、

  • 「今日一緒に入ろ?」とストレートに提案する
  • 男性が先に入っているところに、サプライズで女性が入っていく
  • 女性が先に入り、「来て欲しいな…。」と男性を呼んでみる

などの方法を試してみましょう。

ただし、裸を見慣れてしまうと、興奮度も下がってしまうので、頻繁にお風呂に一緒に入るのは避けておいた方がいいですよ。


誘い方12. ゆるい薄着の服を着る

フェイクボタンが付いているなど、脱がせるのに手間がかかりそうな服をきていると、男性は手を出しにくいと感じるでしょう。

すぐに脱がせられそうな露出の多い服や、ゆとりのある服を着ているほうが、イチャイチャする流れになりやすいです。

具体的には、 

  • 前開きのトップス
  • 首回りにゆとりのある、被るタイプのトップス
  • 背中にファスナーが付いているワンピース
  • フレアスカート

などが挙げられます。

ファッションに詳しくない男性でも、一目で脱がせ方がわかるか服装かどうかを意識してみましょう。


エッチな雰囲気作りのコツ|イチャイチャできるムードにするには?

「初めて自分から誘うなら、ムードも大事にしたい!」

「付き合ってない男性を誘ってみたいけど、イチャイチャムードにするにはどうしたらいいの?」

女性なら誰しも、ムードを大切にしたいと思いますよね。

どうすればエッチな雰囲気が作れるのでしょうか。

ここからは、イチャイチャできるムードの作り方を解説していきましょう。


コツ1. お酒を飲んでお互いの気分を高める

多くの人は、お酒に酔うとリラックスし、性的興奮も高まりやすくなる傾向に。

お互いにシラフな状態よりも大胆な行動が取りやすくなるでしょう。

  • 食事に行ったら、お酒を頼む
  • お家デートで、コーヒーやジュースの代わりにお酒を飲んでみる
  • ワインやシャンパンなど、普段はあまり飲まないお酒を一緒に楽しむ

など、普段のデートにお酒を取り入れてみましょう。

ただし、飲み過ぎには注意が必要です。

眠たくなったり気持ち悪くなったりすれば、エッチどころではなくなりますよ。


コツ2. キスの時から吐息をもらす

ただ単にキスをしているよりも、吐息交じりのキスのほうが色気を感じてもらえるでしょう。

女性から溢れる色気に男性は刺激され、一気にムードが高まります。

具体的には、

  • 軽いキスから始めて、次第に深く激しいキスにしていく
  • キスをしながら、「はぁ…」「んっ…」などと吐息を漏らす
  • 「チュッ」など、わざと唇の音をたててみる

などがムードを高めるキスのコツです。

恥ずかしがらずに、大胆に吐息を漏らしましょう。


コツ3. 部屋の電気を間接照明だけにする

明るい照明よりも薄暗い照明のほうがお互いが大胆になりやすいため、色っぽいムードが作れます。

明るさの調節ができる間接照明を用意するのがベストですが、

  • 部屋の電気を消してキャンドルを灯す
  • 部屋の電気を消して、テレビだけを付けておく
  • 昼間でも薄暗い空間を作るために、遮光カーテンを取り付ける

などの方法もあります。

どの方法を実践するとしても、事前に明るさの確認をしておきましょう。

ぶっつけ本番だと、思っていたよりも照明が明るすぎたり、暗すぎたりすることがありますよ。


コツ4. ボディークリームで甘い香りを漂わせる

人は甘い香りを嗅ぐと、うっとりとしてムードが高まりやすいです。

彼女から漂う甘い香りに、男性は思わず近づきたくなるでしょう。

甘い香りとは具体的に、

  • バニラ系の香り
  • ベリー系の香り
  • ローズ系の香り

などが主なものとして挙げられます。

ボディークリームは体温が高い場所に付けると香りが広がりやすいため、太い血管が通っている首筋やうなじ、膝裏などに塗るのがおすすめ。

ただし、大量に塗り過ぎると香りがきつくなるため注意してください。


コツ5. お香やキャンドルでいい匂いの空間にする

部屋全体をいい香りで包むことで、お互いが癒され、色っぽい雰囲気になりやすいです。

ムードを演出しやすい香りとは、

  • イランイラン
  • ホワイトムスク
  • チュベローズ
  • ジャスミン

などが代表的なものとされています。

ただし、人によっては苦手な香りもあるため、あらかじめ男性に嫌いな香りや好きな香りを確認しておくほうが安心ですよ。

また、火を使うアイテムのため、設置場所や取り扱いにも注意が必要です。


コツ6. LINEで甘えた気分であることを伝える

デートの前にエッチがしたいことをLINEで伝えておくことで、男性にもその気になってもらいやすいでしょう。

具体的には、

「今日は、一緒にベッドで過ごしたいな」

「明日のデートは、久々にホテルでゆっくり過ごしたいな」

「今日はエッチしたい気分かも…」

などのようなメッセージを送りましょう。

いざ彼氏を目の前にすると「恥ずかしくて誘えない」、という人にも実践しやすい方法です。


コツ7. ムーディーな音楽を流しておく

ムーディーな音楽を聴くとお互いに心が落ち着き、開放的な気分になりやすいです。

開放的な気分になれば、自然とエッチな雰囲気になれるでしょう。

ムーディーな曲には、

  • スローテンポの洋楽
  • 日本のバラード曲
  • オルゴールミュージック

などが挙げられます。

他にも、ジャンル問わず2人の思い出の曲をかけるのもOK。

懐かしい思い出などがよみがえり、お互いを愛おしく感じるでしょう。


彼女からエッチを誘う時に気をつけること|彼が嫌がる誘い方をしないためには?

女性からの誘いを嬉しいと感じる男性は多いものの、誘い方によっては嫌な気持ちにさせてしまうことも。

いくつかの注意点を知っておきましょう。

ここからは、女性からエッチを誘う時の注意点を4つ紹介します。

せっかく勇気を出しても男性にとって嫌な誘い方をしてしまったら意味がないので、しっかりと把握していきましょう。


注意点1. 歯磨きをしてから誘う

彼の隣で目覚めた時、思わずキスをして誘いたくなることもあるでしょう。

しかし男性からすると、

「俺の口臭大丈夫かな…?」

「彼女に臭いと思われたらどうしよう…。」

自分の口臭が心配になって興奮できないもの。

男性が心から楽しめるように、寝起きなら歯磨きをした後に誘うようにしましょう。


注意点2. シャワーを浴びてから誘う

外出から帰ってきてリビングでまったりしている時など、不意に誘いたくなるケースもありますよね。

ただし、男性のなかには、

「汗で汚れた体でエッチするのは嫌だな…。」

「もし体臭がキツイと思われたらどうしよう…。」

などと、衛生面が気になってエッチに集中できない人もいます。

綺麗好きな彼なら、シャワーを浴びた後のタイミングで誘うのがいいでしょう。


注意点3. 体力の余裕がある時に誘う

女性から誘う時も、タイミングを見計らうことは非常に重要です。

たとえ彼女からの誘いでも、男性が疲れていてはその気になれないから。

それどころか、「俺が疲れている時に誘ってくるなんて、自分勝手で引くわ…。」と思われてしまうこともあります。

多忙な彼なら、休日の前の夜や、疲れが取れている休日に誘うのがいいでしょう。


注意点4. 時間に余裕がある時に誘う

お互いの出勤前に時間があれば、誘いたくなることもあるはず。

ただし、彼が大事な会議や予定を控えている緊張状態では、エッチに集中できません。

さらに、「空気を読んで誘って欲しいな…。」と呆れさせてしまう可能性もあるでしょう。

エッチに誘う時は、彼の心境や仕事が落ち着いている時期を見計らった方がいいといえますよ。


エッチを彼女から誘う方法を駆使して、男性をその気にさせてみて。

「たまには彼女からエッチに誘って欲しい」、というのが多くの男性の本音。

しかし、引く男性が少ないと知っていても、初めて女性から誘う時は不安ですよね。

直接言葉で誘えなくてもLINEでメッセージを送ったり、ご飯デートでお酒を飲んでムードを作ったりするなど、誘う方法は様々存在します

付き合ってない人は、脈なし男性に振り向いてもらうために、クリスマスなどのイベントに便乗して大胆に誘ってみるのもいいかもしれませんね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事