脈なし男性とのLINEの終わらせ方|興味がないことを察してもらう6つのコツ

LINEをするのがめんどくさくなってしまった女性へ。この記事では、脈なし男性とのLINEの終わらせ方から、好きな人とのLINEをきれいに終わらせるコツまで詳しく解説します!

脈なし男性にはLINEの終わらせ方で察してもらうべき?

脈なし男性にはLINEの終わり方で察してもらうべき?

「興味ない人からずっとLINEがくるんだけど、早くやり取りを終わらせたい…」

男性から何度も質問がきたりして、長く続いたLINEの終わらせ方が分からない経験をした女性は多いのではないでしょうか。

興味ない男性との会話って正直めんどくさいですよね。

そんな時は、LINEの終わらせ方でそれとなく察してもらうのがおすすめ

相手を傷つけず、簡単にできる方法なのでぜひ確認してみてくださいね。


脈なし男性とLINEを終わらせる6つの方法|興味ない人と距離を置くコツとは?

「職場の人で今後も関わるから丁寧にLINEを終わらせたい…」
「興味ない人と長く続いたLINEをスパッと終わらせる方法を知りたい!」

LINEって切るタイミングを逃すとダラダラやり取りしてしまいますよね。

そこでここからは終わらせ方のポイント6つを紹介します。

今まさに悩んでいる方は、どんな切り方があるのかチェックしてみましょう。


ポイント1. そのうち連絡する旨を伝える

学校や職場など、身近な人で関りがある場合は最後も印象良く終わらせたいですよね。

そこであくまで今はLINEしたくないという風に伝えれば、失礼にならず距離を置くことができます。

「そうだね!じゃあまた連絡します!」
「ちょっと今忙しいので改めて連絡するね!」

という風に伝えてみましょう。

丁寧な終わらせ方なので、相手も嫌な気持ちになりません。


ポイント2. 恋愛に興味がないことをアピールする

興味がない人には彼氏がいなくても充実していることをアピールして、男性側から諦めてもらいましょう。

恋愛する暇がないほど忙しいことが伝われば、相手も脈なしだと察してくれるはず。

例えば、LINEで恋愛の話になったら、

「今は仕事を頑張りたいから、恋愛は興味ないなぁ」
「趣味で充実してて彼氏と遊ぶ時間がないんだよね」

など。

男性は脈なしを察して違う女性に切り替えてくれるでしょう。


ポイント3. 他に気になっている男性がいることを匂わせる

女性側から他に好きな人がいることを匂わせれば、相手は可能性がないことに気づいて諦めるはず。

やり取りの中で好きな人の存在が分かる言葉を使いましょう。

  • 相手の好意に気づかないふりをして「今バイト先に気になる人がいるんだよね」と相談してみる
  • 恋愛トークで好きな人とのエピソードを話す

など、たとえ会話が長く続いた状態でも、直接的に脈なしだと伝えることができます。


ポイント4. LINEが好きじゃないことを伝える

LINE自体が苦手ということにして、返さないことがあると知ってもらえば、途中で切っても嫌な印象を与えません。

相手も「自分ではなくLINEが好きじゃないんだ」と思ってくれるので、既読無視や未読無視をしやすくなるのです。

LINEがダラダラ続きそうになったタイミングで、「実はLINEでやりとりするの苦手で、あまり見ないから気づかなかったらごめんね!」などを伝えておきましょう。

身近な環境の人や今後も関わらなければいけない人におすすめです。


ポイント5. LINEに気づいてなかったフリをする

返信したつもりでいたことにして、後から謝れば自然な流れでLINEを終わらせることができます。

さらに「すぐ返信しない=興味がない」と脈なしである雰囲気も出るため、相手も察しやすいです。

既読無視して数日後に「返信したつもりになってました、すみません!今ちょっと仕事がバタバタしてて…」と送りましょう。

後からフォローの連絡を入れることで失礼にもならず、自然と距離を置くことができます。


ポイント6. 思い切ってブロック

可能性を残す方が失礼になることもあるので、完全に脈がないことを伝えるためにはブロックするのも一つの手段です。

相手もキッパリと諦めて次の女性を探すことができます。

興味ない人からのLINEがダラダラ続いたら、そのタイミングでブロックして距離を置くようにしましょう。

特にしつこい人や鈍感な人に効果的です。


脈なし男性には、LINEの終わらせ方を参考に返信してみて。

今回は脈なし男性とのLINEの終わらせ方を紹介しました。

相手との関係が身近であればあるほど、LINEの会話の切り方って難しいですよね。

しかし、脈なし男性に可能性を残してしまうと後からトラブルになる可能性も。

そうならないためにも、今回の記事を参考に上手に距離を置くようにしましょう。

言葉やタイミングに気をつけることで、最後まで失礼な印象を与えず終わらせることができますよ。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事