腰が低い人の特徴|心理や付き合い方の注意点とは?

腰が低い人の特徴を知りたい人へ。本記事では、腰が低い人の心理や特徴から、接し方の注意点までも解説します!

腰が低いとは?意味や類語を解説!

腰が低いとは?

「腰が低い」という言葉には、以下の2つの意味があります。

  • 低い位置に腰がある。腰を据える位置が低い。
  • 他人に対して謙虚で愛想が良い。

1つ目は、目線を合わせるために膝を折って腰を低い位置にもってくるなど物理的な意味です。

2つ目は、他人に対する態度のことで「控えめ」「低姿勢」などが類義語にあたります。

「高圧的」「上から目線」「偉そう」とは対義的で、相手にとっては接しやすく好感が持たれやすいです。

ここでは主に、2つ目の意味について解説していきます。


腰が低い人の特徴|性格や行動の共通点とは?

腰が低い人の特徴

「あの人は有名な経営者なのに腰が低いね」

「あなたの彼氏は腰が低くて優しそうだね」

腰が低い人には好意的な印象を持ちやすいですが、真意が分からずどう接していいのか分からない一面もあります。

「何か裏があるから愛想がいい?」「下心があるんじゃないの?」と疑ってしまう場合も。

腰が低いのはどんな理由があるからなのか、その性格や行動から心理を探ってみます。


特徴1. 物腰が柔らか

相手から嫌われたくない、怒られたくないといった不安を抱えている人は、受け答えが穏やかで物腰が柔らかい印象になりがちです。

例えば、遅い時間まで残業になりそうでも「一緒に頑張って終わらせましょう」と温厚な口調で話すなど、おっとりした空気感があります。

相手からマイナスな感情を向けられるのを避けたいので、「嫌な人」「面倒な人」と思われないような話し方になりやすいです。


特徴2. 年下に対しても敬語

腰が低い人は、年齢や立場に関わらず誰にでも丁寧に接する特徴があります。

ビジネスの場で、年下や部下に対して敬語を使う上司だと「この人なら自分の考えを理解してくれそう」と慕われやすいですね。

「〇〇に確認をとってもらえますか?」「これを△△にお願いします」など、指示内容も丁寧で分かりやすい場合が多いです。

自分の実力は成果を出すことで示したいので、立場を利用して偉ぶったりせず丁寧な接し方でコミュニケーションをとる傾向にあります。


特徴3. 褒められても謙遜する

褒めても「そんなことないよ」「私よりあなたの方がすごい」などの反応で謙遜が多い人は、相手のことを心から信じられていません。

腰が低い人は、褒められてもお世辞や社交辞令だと感じて素直に喜べず、結果的に謙遜しているように見えがちです。

「そんなことないよ」

「みんなのおかげだから」

など、自分の評価を否定することが口癖になっていることもしばしば。

自分を低く見せるような言動は遠慮ではなく「本当にそう思っている?」という不信感からきている場合もあるのです。


特徴4. 空気を読むのが上手い

腰が低い人の特徴は空気を読むのがうまい

目立ったり嫌われたりするのが苦手な人は、それを避けるために空気を読むのが上手いです。

自己主張はあまりせず周りに同調し、その場を無難にまとめようとします。

また、どんな意見が求められているのかを空気感から素早く判断できるのもこのタイプ。

目立つ特徴がなくても、相手を優位な気持ちにさせたり話をうまくまとめ上げたりできるので、印象に反して出世が早い場合も多いですよ。


特徴5. 目立つ立場を避ける

良いことでも悪いことでもとにかく目立ちたくないと考えるのも、腰が低い人の特徴の一つです。

例えば、

  • リーダーになると目立ってみんなに注目されるのがイヤ
  • 恥ずかしいから前に出て発表したくない

など、みんなの視線が自分に集まるのを避けたがる傾向にあります。

腰を低くすることで、「周囲の人のほうが優れているから自分を選ばないで」と暗に主張しているのです。

その他大勢に紛れ、面倒ごとが降りかからないよう存在感を隠している場合もあります。


特徴6. 友人が多くて人気者

積極的な性格ではないのになぜか友人が多い、自然と周りに人を集めるタイプも腰が低い場合が多いです。

  • いつどこで見ても誰かと楽しそうに話している
  • 休み時間は基本的にたくさんの人に囲まれている

など、愛想の良さから、相手にとって居心地がよく「自分を害しない人」と判断されやすいです。


特徴7. 頭が良くて要領が良い

腰が低い接し方をする人だと思われると、初対面でも警戒心を持たれにくい傾向にあります。

それを分かった上で腰が低い態度をとる、世渡り上手で出世できるタイプはとにかく頭も要領も良いです。

例えば、部下に対して「前回の資料は自分が作ったものより好評だったよ。今回もお願いできるかな?」など面倒な仕事のお願いもスムーズ。

コミュニケーション能力が高いので、腰が低い態度で相手を油断させたり良い気持ちにさせることが得意です。

部下に的確な指示を出して仕事が要領よく進めたり、取引先を相手にすれば都合の良い条件をのませたりと、その先の成果へとつなげられます。


特徴8. 大人の余裕がある

腰が低い人の特徴は大人の余裕がある

誰に対しても腰が低い態度でいられる人は、以下のような特徴も持ちます。

  • 収入や持ち物などの見栄の張り合いに参加しない
  • 部下や後輩が大失敗しても厳しい叱責ではなくフォローで導く

このような人は変なプライドから自分優位に見せようとしません。

また、感情を表立って爆発させず相手にとってベストな方向を模索できる人でもあります。

「自分が上だ」という感情を出さずマイペースでいられるので、大人の余裕がある印象を持たれやすいです。


腰が低い人の心理|どんな意図や考えがあるの?

腰が低い人の心理

腰が低い人の具体的な特徴は分かりましたが、やはり掴みどころがなく真意が見えてきません

その行動の根底にはどんな心理が隠れているのでしょうか。

単なるその場しのぎの接し方ではない、腰が低い人の内面を詳しく知っていきましょう。


心理1. 一人になりたくない

「嫌われたくない」「怒らせたくない」という考えの共通点は「一人になりたくない」という感情です。

孤独が苦手で寂しがり屋なので、自分から人が離れないよう謙虚な接し方を目指した結果、腰が低い態度に落ち着いています。


心理2. 注目されたくない

恥ずかしがり屋で前に出たくない、自分の意見を主張しない人は、そもそも注目されること自体が嫌いです。

謙虚な態度で無難にその場をこなすことで、会社でもプライベートでも大人しく過ごして自ら存在感を薄めています。


心理3. 敵を作りたくない

傲慢な態度で周りをグイグイ引っ張るタイプはリーダーシップを取りやすいですが、敵も作りやすいです。

腰が低い人はそれを警戒して八方美人な性格になりやすく、周囲に嫌われないよう細心の注意を払ってます。


心理4. 能力をバラしたくない

腰が低い人の心理は能力をバラしたくない

例えば本当は高難度の資格持ち、異分野で豊富な経験があるなど自慢できる能力をあえて話さない人もいます。

必要以上に見せつけるのはただの自慢という考え方です。

能力をひけらかすことに意味はないと感じていて、謙虚な振る舞いであえて隠しています。


心理5. 自分に自信がない

自尊心が低い、自己肯定感が低い人は、相手が年下だろうと強気になれず自信のなさがそのまま態度に出てしまいがちです。

あの人に任せたほうが仕事は上手くいく、あの女性はモテるからきっと相手にされないなど、自分への劣等感から腰が低い態度になってしまいます。


腰が低い人との付き合い方|接し方の注意点とは?

腰が低い人との付き合い方

「気になる女性は腰が低くいつも控えめで、どう仲を深めていいか分からない」

「いつも低姿勢で自分の意見を言えない会社の後輩に、もっと積極的になってほしい」

腰が低い理由は様々なので、グイグイいくべきかペースを合わせるべきか付き合い方に悩みますよね。

ここでは腰が低い人との付き合い方ではどんなことに注意すべきなのか、3つのポイントを確認してみましょう。


付き合い方1. 調子に乗って傲慢な態度を取らない

腰が低い人に対しては、つい調子にのって失礼なことを言いやすい傾向にあります。

反論されないからと上から目線で傲慢な接し方をしたり、イジりがいがある人だとして過剰にけなしたりしていませんか。

表向きは変わらず大人しくても、失礼なことをし続ければ怒らないはずがありません。

腰が低いことを理由に変な扱いをせず、周囲の人と同じように接することを心がけましょう。

そうすることで、腰が低い人の「ひっそりしていたい」「一人になりたくない」の両極端な本音のどちらにも対応できます。


付き合い方2. 無理に目立たせようとしない

思い込みで勝手に突き進むと、「理由があって目立ちたくないから余計なことはしないでくれ」と思われる恐れがあります。

特に主張が控えめでひっそりしている人に対して、自己主張のチャンスをあげたいとお節介心を持ってしまう人は要注意

「積極的に指名して意見を言わせよう」「リーダーを任せてみよう」などと考えず、まずは本人の意思を最大限尊重しましょう。

例えば、グループで活動しているならその人だけを指名して意見を言わせるのではなく、全員に聞いて反応を探ってみてください。

無理に踏み込まず、行動や雰囲気で本音を察してあげることも大事です。


付き合い方3. 謙虚な姿勢を参考にする

腰が低い人が身近にいるなら、その謙虚な姿勢から参考にできることを取り入れてみてはいかがでしょうか。

例えば恋愛面において、積極的にアプローチをかける男性よりも謙虚で寡黙な男性のほうがモテる場合もあります。

ビジネスでは、腰が低くアグレッシブさを感じない人のほうが営業成績が良いなんてことも。

どちらも成功の共通点は謙虚さの中に相手を魅了する何かがあるということです。

自分にはなかった謙虚さを手に入れるチャンスなので、相手に失礼にならない程度に関わりを持ってみてください。


腰が低い人の気持ちを理解して上手に付き合ってみて。

腰が低い人の心理は様々で、あえて謙虚な接し方をする世渡り上手タイプから本当に自分に自信がないタイプまで、その差は大きいです。

だからこそ真意が分かりにくく、一緒に仕事をしたり距離を縮めたりしたい場合はどう接して良いのか分かりにくいですね。

謙虚な姿勢には必ず理由があるので、いきなり踏み込まずどんな心理なのか予測してみましょう。

自分も謙虚な姿勢を参考にして、少しずつ理解していけば付き合い方も分かってくるはずです。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事