傲慢な人の特徴とは。プライドが高い性格の原因や接し方のコツを解説

自分より弱者に対して傲慢な態度を取る男性や女性っていますよね。どう接すればいいかわからず、悩む人は多いはず。そこで今回は、傲慢な人がどんな人を指すのか、傲慢になる原因や性格の特徴について解説していきます。また、傲慢な人への対処法や接し方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

傲慢な態度をする人っていますよね。

傲慢な人の特徴

傲慢な人とは、誰にでも見下した態度をとったり思いやりのない言動を取ったりするような人のことです。

一緒にいても楽しいと思うことはまずないため、出来れば関わりたくないのが本音ですが、職場やプライベートなど、どこのコミュニティにも少なからず存在しています。

そこで今回は、傲慢な人の特徴や扱い方について紹介します。傲慢な人の診断テストもあるので、自分が当てはまっていないか確認してみてくださいね。


傲慢な人とは?意味は?

傲慢とは相手を見下したり、バカにするという意味で使われている言葉です。

言葉の意味にあるように「傲慢な人」は、相手をバカにしたり、相手のことを認めようとしなかったりするなど、見下した態度で他人と接してきます。

プライドが高く、自分の意見が一番正しいと考えているため、間違った考えでも「傲慢な人」の場合は自分の間違いを認めようとしません。

このように「傲慢」はマイナスなイメージが多い言葉のため、良い意味で使われることはありません。


傲慢な人になってしまう人の7つの原因や心理

傲慢な人になってしまう人には、どのような特徴があるのでしょうか?

ここでは傲慢な人と言われる7つの原因や心理について解説していきます。

必ずしも全て当てはまるというわけではありませんが、周囲に傲慢だと感じる人がいた場合には少なからずこのような傾向があるという参考にしてください。


原因&心理1. 自分のコンプレックスを隠すために強がっている

自分に何かしらのコンプレックスがある場合、そこから目を背けたいがために傲慢な態度をとる人がいます。

例えば、小さい目がコンプレックスの人はメイクで大きな目を演出してコンプレックスをカバーする場合があるでしょう。

これが自分にコンプレックスがある傲慢な人の場合、自分を強く見せるために荒々しい言葉を遣ったり、大声で人に罵声をあげて強さをアピールしようと振る舞います。

自分の弱さ=コンプレックスと向き合うことができず、なおかつそれを人に悟られたくない人ほど大きな態度でごまかそうとするのです。

【参考記事】はこちら▽


原因&心理2. 過去の成功体験によって、自分を過大評価しすぎている

過去に経験した成功体験や武勇伝によって自分を過大評価しすぎている場合、いつまでもそれを誇示し続ける人がいます。

過去の経験を自信に変えて努力することは悪いことではありません。

しかし、いつまでも過去の栄光や武勇伝を自慢気に話している人ほど、今努力すべきことが見えていない場合が多いのが現実です。

自分がいかにすごい人なのかをアピールし、周りに威張るようになり、傲慢な態度へと変わっていきます。


原因&心理3. 周りから強く見られたいという気持ちが強い

傲慢な人は周りから強く見られたい願望が人一倍強い傾向にあります。そのため、初対面の人に対しても威嚇するような雰囲気で接するなど、一緒にいる人に恥ずかしい思いをさせてしまうことも少なくありません。

このような態度は過去の経験が元になっている場合があります。

例えば、人間関係で弱い立場になって辛い目にあったことがある、又は他の人が辛い目に遭っているのを目撃した経験があるなど、過去の経験を元に同じような辛い経験を避けるために傲慢な態度で自分をガードしていると考えられます。

【参考記事】はこちら▽


原因&心理4. 称賛されることや、崇められることに快感を感じている

傲慢な人が称賛されたり崇められることに快感を感じるのはなぜでしょうか?

傲慢な人は自分が一番になりたいと考えているため、他人から称賛されたり崇められたりすることに快感を覚えます。

中には幼い頃に親からの愛情を十分に受けられなかったため、愛されたい気持ちや注目されたい気持ちが現れている場合も。

この場合、大人になってからは人に甘えることができないため、周囲で最も優位な立場になり、称賛されることで心を満たそうとしています。

手段を選ばず優位に立とうとするため、周囲の人の気持ちを考えない行動が結果的に傲慢な人と言われてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


原因&心理5. 両親や家族がお金持ちだったり立派な方で、自分もすごい人だと勘違いしている

傲慢な人は、自分は一般的で平凡な会社員なのに、両親や家族に優れた部分があると「自分は特別」「何をしても許してもらえる」と考えてしまいます。

これは親や家族の権力を笠に着て、自分は偉くてすごい人だと勘違いしているからです。

例えば「自分の親は警察官だから仲良くしておいた方が良いよ」というように親の権力をチラつかせて上から目線な態度で強引に友達を作り、その友達を都合良く扱う場合があります。


原因&心理6. 自分の意見が全て正しいと思いこんでおり、客観視できていない

自分の意見が間違っていたとしても、言い訳を重ねて自分の間違いを認めようとしなかったり、素直に謝ることができなかったりするのも傲慢な人の特徴です。

ある程度自分が正しいと思うことは大切ですが、傲慢な人とは自分の言動が「全て」正しいと思い込んでいる自意識過剰なタイプのため、相手の指摘や意見に聞く耳を持ちません。

その結果、自分の意見を客観視できずに気がつけば周囲から「厄介な人」と嫌がられ敬遠されてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


原因&心理7. 常に一番だったり、自分に主導権が無いと気が済まない

傲慢な人は競争心や対抗意識が強いのも特徴の一つ。常に自分が一番であったり、主導権を握っていないと気が済みません。

自分が優れていることを証明したがることから、自己アピールが強すぎて自分の話ばかりする人が多い傾向にあります。

また、相手に自分の意見を認めさせるために物事にも優越をつけて固執し、強制的に自分を認めさえることも。

自分を守るためには敵意を剥き出しにして主導権を握ろうとするため、周囲の人にとっては「めんどくさい人」と思われていることも少なくありません。

【参考記事】はこちら▽


【自己診断】傲慢な人の12個の特徴とは

職場やプライベートな人間関係など、傲慢な人はどこにでも居るものです。できれば付き合いを回避したいものですが、ビジネス上の付き合いとなれば難しいのが現実。

傲慢な人とうまく付き合うためにも、自分や周りの人が傲慢な人に当てはまっていないか、診断してみてくださいね。


傲慢な人の性格の特徴

自分や周囲の人が傲慢かどうかを判断するためには、まず傲慢な人の性格を知っておくことが大切。周りから厄介な人と思われがちな傲慢な人には出来るだけなりたくないものです。

どんな性格なのか知識として知っておけば、自分が傲慢にならないために気をつけられるだけでなく、性格に当てはまる人との付き合い方を考えるきっかけになることも。

ここでは傲慢な人の性格の特徴について6つ紹介していきますので参考にしてくださいね。


性格の特徴1. プライドが高く、負けず嫌い

プライドが高く負けず嫌いの人でも、理想に向けてコツコツと努力を重ねる人もいますが、傲慢な人はプライドが高く負けず嫌いなだけであり、理想に向けて努力をすることはありません。

とにかく自分が一番だと思い込み、自分自身に対して強い自信があるためプライドの高さとなって現れています。

人から見下されることも嫌うため、努力をせずに借金をしてまでもブランド物に身を包むような見栄っ張りの一面があるのも特徴です。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴2. 譲り合いや思いやりの心がなく、態度がでかい

円滑な人間関係を築くためには感謝の気持ちを表すことが大切です。些細なことでも相手を思いやる気持ちを持って感謝を表せば、お互いに気持ちが良いものです。

しかし、傲慢な人は誰かに何かをしてもらって当たり前だと思う人が多いです。当たり前だと思っているため当然相手に対して感謝をする気持ちはありません。

自分一人で生きているとさえ考えている人もいるため、仕事などでチームで何かをやり遂げたとしても「全て自分の実力だ」と思う人もいます。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴3. 基本的に人を見下していて、馬鹿にしている

自分の実力は棚に上げて人よりも優れていると思い込んでいるため、自分よりも下の人間に対しては駒のようにあれこれ指示を出したり、ミスをした場合には徹底的に批判することも。

一方で、自分より上だと思う人間に対しては媚びを売ることも忘れません。例えば自分より下だと思う人間にさせたことを、あたかも自分がやったかのようにして上の人間に媚を売り気に入られようとするズルい一面もあります。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴4. リーダーシップとワガママを履き違えている

傲慢な人はマイルールで動くため集団行動には不向きです。他人のことを認めないため自分以外の意見に聞く耳を持てません。

自分ではリーダーシップを発揮して集団を引っ張っているつもりですが、周りから見れば単に自分の意見を押し通すためにワガママを言っているだけに過ぎません。

傲慢な人は、自分の意見に異を唱える人がいれば「敵」と見なして攻撃をしてくることがあるため、周りから厄介と思われているようです。


性格の特徴5. 自分とは異なる価値観を受け入れることが苦手

自分が一番正しいと思っているため、自分以外の人の価値観を受け入れられないのも傲慢な人の特徴です。

相手の指摘や意見には完全に耳を傾けず、自分の意見を頑として通そうとします。

例え間違っていると気づいたとしても、プライドが高いため間違えを受け入れることができず、頑なに自分の価値観を貫こうとする特徴があります。

そのため周囲の人と対立しやすいのが傲慢な人の特徴です。


性格の特徴6. 思い込みが激しく、尊敬している人の話はよく聞く

傲慢な人は自分が絶対に正しいと思い込んでいるため、人の話や意見はほとんど聞き入れません。

一方で自分が尊敬する人など、周囲の中で優位に立つために必要だと思い込んだら、話を良く聞いて時には媚を売ることも。

例えば、自分より下だと思う人に頼んで購入させた飲み物を、自分が尊敬する人に「飲み物を買ってきました!」とまるで自分が買ってきたかのように尊敬している人に渡し、気に入られるように媚を売る場合があります。

態度だけ見ていれば案外単純な一面があるのも傲慢な人の特徴です。

【参考記事】はこちら▽


傲慢な人の行動や言動の特徴

傲慢な人の性格についてわかったところで、実際の行動や言動の特徴はどうなっているのでしょうか?

あらかじめ行動や言動から傲慢な人かどうかを探ることができれば、場合によっては傲慢な人との関わりを避けられる可能性も考えられます。

ここからは、傲慢な人がやりがちな言動や行動の特徴を6つピックアップ。

一つ一つしっかりと解説していくので、しっかりと覚えておきましょう。


言動の特徴1. 「ごめんなさい」「ありがとう」が言えない

傲慢な人は、自分以外の人に対して感謝の気持ちを持てないため、「ごめんなさい」や「ありがとう」など、感謝の気持ちを述べることができません。

うまくいけば全て自分のおかげ、ミスをしたら他人のせいという感覚のため、自分が悪いという感覚や相手に感謝をする気持ちがないのです。

「ごめんなさい」「ありがとう」が言えないため、傲慢な人は人間関係にトラブルが多く長続きしないのもうなづけます。

【参考記事】はこちら▽


言動の特徴2. 無愛想で、笑顔が少ない

無愛想で笑顔が少ない人には内向的な人が多く、表情が無愛想になってしまう人もいます。しかし、傲慢な人は基本的に相手を見下しているため、他人に愛想を良く接する必要がありません。

愛想を良くする必要がないため笑顔も自然と少なくなり、いつも無愛想で近づきにくい雰囲気を出しています。

それでも本人は、自分が一番優れていると思い込んでいるため、相手にどう思われようが気にしていないことが多いのです。


言動の特徴3. 声が大きく、周りの注目を集めようとする

傲慢な人は自己顕示欲が強いため周りの注目を集めようとします。大きな声を出すことは周囲の注目を集める簡単な方法の一つです。

周りに自分の存在をわかって欲しいという気持ちや、自分の考えをとにかく周りに聞かせたい自己主張の強い人も傲慢なタイプであることが多いのが特徴。

一方で、単純に自分の思い通りにならないことがあって大声を上げている場合もあります。いずれにせよ、自己中心的な考え方が強いといった共通点があります。


言動の特徴4. 話を必要以上に盛る癖がある

他人から聞いただけの話でも、あたかも自分が知っていたかのように大げさに話をするのが得意なのも傲慢にみられる言動の一つ。

これは自分のことを認めてもらいたいという承認欲求の現れです。

例えば、行ったことのないレストランでも口コミだけを参考に、まるで実際に見てきたかのように話をする場合があります。

前述したように、傲慢な人は自己顕示欲が強い人が多いため、必要以上に話を盛って周囲の注目を集め、周りに自分を認めさせようと考えるのもうなずけます。


言動の特徴5. 周りの人に対して否定的な発言が多い

傲慢な人はプライドが非常に高く、特に根拠もなく自分以外の人間を見下しているために否定的な態度をとります。

何かしらの理由があって否定するのであれば周囲も納得ができますが、はっきりとした理由はなく、なんとなく人を見下しているのが特徴です。

一方で、傲慢な人は自分が正しいと思い込んでいるため、他人から自分自身を否定されるのが大嫌いです。

人に対しては否定的なのに、自分が同じことをされるのは嫌う矛盾が周囲にとっては厄介な人とされてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


言動の特徴6. すぐに「俺だったら」「私だったら」と自分の話に持っていく

傲慢な人はとにかく自分が一番、自分が大好きという人が多いのが特徴。

自分が原因で何らかの問題が起きたとしても、決して自分を変えようとはせず、それどころか、他人を変えようとすることもあります。

自分に注目を集めたい気持ちが強いため、どんな話でも自分が中心になるように「俺だったら」「私だったら」と話を自分に持っていくのが傲慢な人の特徴です。

そのため、会話をしていても相手にストレスを感じさせてしまうことも少なくありません。


傲慢な人にならないために気をつけるべきこと

ここまで傲慢な人についての特徴を解説してきましたが、総合的に見ても傲慢な人にはなりたくないと考える人が多いのではないでしょうか。

そこでここからは、自分が傲慢な人にならないために気をつけるべきことを解説していきます。


気をつけること1. 他人の意見やアドバイスを素直に聞き入れる

自分が正しいと思っていても、他人からの意見やアドバイスは一度素直に聞き入れて考えてみることが大切です。

たとえ自分の考えとは正反対の意見やアドバイスをもらった場合でも、一度そのアドバイスについて考えた上で受け入れるかどうかを決めていきましょう。

頭ごなしに相手の意見をシャットダウンしてしまえば、周りから見ると傲慢な人だと思われかねません。

他人の意見やアドバイスに耳を傾けるだけでも新しい発見があるかもしれませんよ。


気をつけること2. 周りに支えられて今の自分があることに気付く

傲慢な人はとにかく自分が一番、自分が全て正しいという考えがあるため、自分一人で生きていけると思っている部分があります。自己中心的な考え方をしていると、気がつけば周りに誰も居なくなってしまいますよ。

自分の周りにはいつも人がいて、困った時に助けてくれるのは当たり前のことではありません。人の気持ちを考えた言動を心掛け、人に感謝する気持ちを忘れないようにしましょう。


気をつけること3. 上から目線や、高圧的な発言をしていないか周りに確認する

些細なことであっても「上から目線」や「高圧的な発言」をしていないか、周りに確認することが大切です。

特に自分と親しい間柄の友達や同僚がいれば、一度フィードバックしてもらうと良いでしょう。

周りから傲慢な態度を指摘された場合には、意見にしっかりと耳を傾けて何が良くないのか、メモに書き残してみるのがおすすめ。

少しずつ努力をすることで、普段の態度や発言を変えてくれるきっかけになりますよ。


気をつけること4. 感謝の気持ちをこまめに伝えるように心がける

他人を見下してしまうのは傲慢な人の悪い特徴です。他人を見下さないためにも相手に感謝の気持ちを持つことが大切。

どんなに些細なことであっても、感謝の言葉やねぎらいの言葉をかけられて嫌な気分になる人はいません。

常に言葉に出して相手に感謝を伝えることで「自分を助けてくれるのは当たり前」という自己中心的な考え方を忘れるきっかけになりますよ。

傲慢な人にならないたいめにも「ありがとう」の気持ちを声に出して伝えることを忘れずにいましょう。


気をつけること5. 自分の意見を相手に押し付けない

自分が一番正しいと思い込んでいるのが傲慢な人の特徴。傲慢な人にならないためにも、周囲の意見やアドバイスにしっかりと耳を傾けることが大切。

自分には自分の、相手には相手の考えがあるのが当たり前ですから、どんなに自分の意見が正しいと思ったとしても一旦相手の意見にも耳を傾けてみましょう。

一方的に自分の意見を押しつけるのではなく、それぞれの意見を尊重しながら話し合うことが大切です。


気をつけること6. 過ちを犯した時、言い訳をせず認める

人間誰しも間違いを起こしてしまうものですが、傲慢な人は自分の非を認めるのが怖い、難しいと感じる人が多く、謝らないという特徴があります。

過ちを犯してしまうのは仕方のないことなので、言い訳をする前にとにかく過ちを認めて素直に謝ることが大切です。

自分の過ちを認めることができたら、他人のちょっとしたミスにも寛容になれ、自然と受け入れられるようになりますよ。


気をつけること7. コンプレックスを無理に隠そうとしない

自分の中にあるコンプレックスを隠すために傲慢な態度で自分を守っている人もいます。

コンプレックス=自分の弱みなので、人に見せたくないと思うのは仕方のないことですが、自分を強く見せるためにわざと乱暴な言葉遣いをするなど、人を不快にさせるような傲慢な態度で隠す必要はありません。

自分の弱さを自分自身で認め、コンプレックスを隠すことなく自然体の自分で過ごせば、自分の身を守るために傲慢な態度で自分を強く見せる必要がなくなりますよ。


気をつけること8. 他人の長所に目を向け、褒めるように心がける

傲慢な人に最も多く見られるのが他人を見下していることです。他人の長所に目を向けて、どんなに些細なことでも褒めるように心掛けていけば、自然に相手を見下す気持ちがなくなりますよ。

また、他人の長所を褒めるだけでなく、積極的に取り入れていくことも大切です。せっかく他人の好感が持てる部分に気がついたのであれば、どんどん取り入れることで自分を変えてみてはいかがでしょうか。


傲慢な人への対処法や接し方の4つのコツ

職場やプライベートなど、どこにでも傲慢な人は現れるものです。傲慢な人とうまく付き合って行くためには、どのように接していけば良いのでしょうか。ここでは傲慢な人への対処法や接し方のコツを解説していきます。


上手な接し方1. 上手に褒めて、共感し、相手を立てる

傲慢な人はとにかくプライドが高いのが特徴。そのため、相手を立てて褒めることがポイントです。

「さすがだね」「すごいね」「あなたにしかできないことだね」など、わかりやすい褒め言葉をかけることで、傲慢な人の気分が良くなり扱いやすくなるでしょう。

ただし、言い過ぎは相手を助長させてしまうことがあるため、ある程度に頻度は抑えることが大切です。

また、傲慢な人は自分が正しいと思っているため、共感してあげることも効果的ですよ。


上手な接し方2. 間違いに気づいても強く指摘しない、反論をしない

自分が正しいと思い込んでいるのが傲慢な人の特徴です。たとえ反論してしまった場合でも、さらに反論されて戻ってくるのがオチ。

間違いに気づいてもできるだけ反論せずに「確かに」「あなたの言う通りかも」など、意見を肯定した上で話をすると納得してくれることもあります。

どうしても反論しなければならない時は、相手の意見を理解しながら、柔らかく自分の意見を伝えていきましょう。


上手な接し方3. 出来るだけ関わらず、2人だけの空間を作らない

傲慢な人は自分の間違いを認めません。基本的に何を言ってもムダだと考えておくと良いでしょう。

出来るだけ関わらないようにするのがマストですが、難しい場合には2人だけの空間を作らないことをおすすめします。

傲慢な人といっても1人の人間であることには変わりないため、複数の人を相手にしなければならない場合には少し態度が変わってきます。

1対1で相手をせずに複数で接して相手をすれば、多少なりとも怯んで傲慢な態度が落ち着きます。


上手な接し方4. 真剣に受け答えをせず、適度に話を流す

傲慢な人はマウンティングをするのが得意です。人に優劣をつけて接してくるため、自分より下にマウンティングされたときには見下した態度をとってきます。

上から目線で話しかけてきたり、否定的なことを言ってきたりするため、いちいち真剣に受け答えをしているとストレスが溜まってしまいます。

適度に話を受け流し、当たり障りのない受け答えをするにとどめ、会話をスルーしていくこともときには大切です。

【参考記事】はこちら▽


傲慢な人の特徴を理解して、適度な距離感で関係を続けましょう。

傲慢な人は自己顕示欲が強い人で相手に見下した態度をとるなど、様々な特徴がありましたね。

傲慢な一面があることを本人が気づいていない場合もあるため、自分で気になる場合は一度親しい人にフィードバックしてもらうと良いでしょう。

周りに傲慢な人がいる場合には、反面教師にして自分はそうならないように気をつけていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事