26歳女性のあるある特集|恋愛観の変化&やるべき10個のことは?

アラサーと言われるようになる26歳という年齢。女性は結婚に対して焦りだしたり、仕事に熱中したりと、人生のターニングポイントになる人も多くいます。そこで今回は、26歳の女性が抱える悩みや恋愛観と仕事感を徹底解説!26歳のうちにやるべきことも紹介するので参考にしてみてくださいね。

26歳になった女性へ。

26歳女性のあるある特集

女性の26歳は微妙な年齢です。20代の半分を超えていますが、アラサーに含めるにはまだ早く、悩み多き年齢といわれています。

独身ならそろそろ結婚を真剣に考える時期ですし、ビジネスウーマンなら転職が視野に入ってくるでしょう。

26歳という年齢は、女性の一生を左右しかねないとても重要な時期なのです。

ここでは26歳女性の恋愛観をはじめ、知っておくべきこと、やるべきことについて考えていきます。


26歳女性の年収や貯金の平均は?

26歳女性の年収 貯金

女性にとっての26歳は色々な意味で大切な時期ですね。結婚、転職、キャリアを続けるかなど、今後の人生の転換点になる年齢といえます。

26歳女性が学生時代と違うのは、自分の生活を支えているのが毎月の収入という現実でしょう。

今後の人生を考える時、同世代の女性の年収と貯蓄額はどのくらいなのかをまず知っておくべきです。

ここでは今後の生活設計に役立つように、平均年収と貯蓄額について紹介しますね。


26歳女性の平均年収

26歳女性の正社員の平均年収は約250万円から350万円です。働いている地域や会社の規模によって差が出ますが、小企業で250万円、中企業で300万円、大企業だと350万円ぐらいが平均となります。

26歳ぐらいまではこの平均年収ですが、アラサーに近づくにつれて年収に格差が生じてきます。理由はかつての年功序列とは違い、配属される部署によって実力評価の基準が変わるからです。

今後の年収の伸び率を見極めるためには、会社の過去10年間の平均年収の流れを調べてみましょう。その結果によっては転職という新たな道も選択肢に入ります。


26歳女性の貯金の平均

毎月の給料からどのくらい貯蓄に回すかによって、貯金の額は違ってきます。

26歳女性の平均貯金額は約140万円ぐらいです。

大卒で就職したのが22歳か23歳とすると、毎月3万円ぐらい貯金に回していることになりますね。

26歳はまだ自分に投資する年齢なので、貯金がない女性も多いです。このような状況で100万円以上の貯金があるのは堅実といえるでしょう。


26歳独身女性の”あるある”やアラサー女性特有の”悩み”17選

26歳じょせいのあるある

20代半ばを越えていてもアラサーとはいえない26歳は、複雑な年齢です。

特に26歳独身女性には、それなりの行動パターンや悩みがあるといわれます。

ここでは26歳独身女性の「あるある」と「悩み」を紹介し、その理由についても紐解いていきましょう。


あるある1. 周りが結婚ラッシュで毎月のように結婚式に行く

女性の26歳は結婚に踏み切る人が多い年齢です。高校や大学時代の友人たちが次々に結婚するので、毎月のように結婚式に招待されます。

その結果、毎月の出費が増えてしまうことに。さらに自分だけが取り残されていく不安感に襲われます。

25歳までは漠然としか考えていなかった結婚が、急に現実のものになるのが26歳です。


あるある2. 焼き肉に行くと、脂身よりも赤身を注文するようになる

20代前半は食欲にまかせてパクパク食べていたのが、20代半ばを過ぎると急に体型を気にするようになります。なぜかというと、26歳を境に体型が変化しやすくなるからです。

女性の体型は25歳から26歳頃に完成を迎え、その後は脂肪がつき始めたりホルモンの変化によって体型が変わりやすくなります。

26歳女性が焼き肉に行って赤身を注文するようになったら、体型の変化に気をつけてくださいね。


あるある3. 20代前半を本気で羨ましく思う

20代前半を羨ましく思う

26歳という年代は同級生が次々と結婚し、中には出産して母親になっている友人もいます。

同窓会で子供を抱いた友人に会ったりすると、まだ若いと思っていた自分がそうではないことに気づくのです。26歳女性が20代前半を心の底から羨ましいと思うのは、そんな時でしょう。

羨んでいても解決にはならないので、自分は自分という強い気持ちを持つことが大切ですね。


あるある4. メイクや服装の方向性に悩む

同窓会などに出席すると、26歳という年齢の現実を思い知らされた女性は何とかして若さを取り戻したいと願います

そしてメイクや服装を若向きにするべきか、26歳女性らしくするべきか迷うことに。

その結果、20代前半の後輩たちと飲み会にいく時はメイクや服装が若向きに、同年代と会う時は年齢に合ったメイクや服装といったように、使い分けるようになります。

これは自信喪失の表れなので、周囲に左右されない自分を確立することが大事です。


あるある5. 流行が分からなくなってくる

若い女子の集まりには若いファッションで、同年代の集まりには年齢らしいファッションでと使い分けるのが26歳女性の特徴。

ところが周囲に振り回されていると、26歳女性にふさわしい流行が何なのかわからなくなります。

流行に左右されない自分を大切にするならいいのですが、周囲に惑わされる傾向が強いと流行に振り回されてしまうことに。

26歳という年齢は流行を追うのをやめて、自分らしさを追い求める年齢なのです。


あるある6. オールや夜遊びがきつくなってくる

26歳女性はオールがつらい

女性の26歳は体型や体力が頂点に達する年齢といわれており、あとは衰えをいかに食い止めるかが課題になります。

このような影響がもろに出るのがオールや夜遊びの時。

一晩中カラオケで盛り上がるつもりが、ダウンして居眠りしたりで26歳という年齢を突きつけられるのです。

25歳を境に無茶な遊び方はせずに、大人的な遊びに切り替える必要がありますね。


あるある7. 恋愛に対しても刺激よりも、安心や安定を求める

周囲の友人や仲間が次々と結婚していくのが26歳ですが、独身女性は取り残されて結婚に焦りを感じ始めます。

若い頃は恋愛に刺激を求めていたのが、26歳独身女性はリアルに結婚を考えるので安心や安定を求めようとするのです。

また26歳にもなると、刺激を求めた恋愛の結果を身に染みてわかっているはず。

26歳独身女性が恋愛に安心や安定を求めるのは自然の流れといえます。


あるある8. 1人で外食することに抵抗がなくなってきた

26歳の独身女性は会社内で孤立しやすくなります。同期で入社した仲間が寿退社したり、転職したりで数が少なくなるからです。

20代前半の女子社員とは年齢的な溝ができ、1人ランチが増えるでしょう。そうなると必然的に1人で外食することが多くなり、抵抗感もなくなります。

ランチ一つとっても、ライフスタイルが変わってしまうのが26歳女性です。


あるある9. 体の衰えを感じ始め、健康に気を使い始める

26歳女性は健康に気を遣う

女性にとって26歳は体力の曲がり角。辛いことですが、若さとの訣別を余儀なくされる年齢だといえます。

それを自覚するのが遊び方で、オールや夜遊びがきつく感じるのです。

体の要求もあっていつの間にか食べたいものが変化し、健康を意識したメニューを選ぶようになります。

これは26歳女性の健康に対する無意識の防衛本能といえるでしょう。


あるある10. 「27歳」という年齢が迫ってくる恐怖がある

女性の一生を考えた時、大きな変化を迎える年齢が26歳です。ほとんどの女性は25歳から26歳になる時、諦めにも似た感情に襲われるはず。

それは若さから遠ざかる恐れに似ています。しかもこの恐れは30歳を迎えるまで続くのです。

26歳の時は27歳が迫ってくるのを恐れ、27歳になれば28歳を恐れます。

30歳を迎えると腰が据わりますが、26歳から29歳までの1年1年は女性にとって最も辛い時期になるでしょう。


あるある11. 休日に行く街が変わってきた。

26歳で孤立感になれてくると、メイクやファッションも若さよりも落ち着きを求め始めます。

ライフスタイルの変化は休日の過ごし方にも影響し、今まで通っていた街ではなく別の街が好きになることも。

20代前半は10代の延長という捉え方ができますが、20代後半は大人への脱皮の年代といえますね。

26歳になったら、積極的に新しい休日の過ごし方や街歩きにトライしてみることをおすすめ。新しい自分の発見につながる可能性がありますよ。


あるある12. アラサーは他人事だと思っている

26歳女性はアラサーは他人事

26歳になった女性の多くは、まだ25歳から1歩だけという感覚があるはず。だからアラサーはまだまだ自分には関係ないと思いがちです。

しかし心でそう思っていても、体力や気力は正直です。次第に26歳はアラサーへの第一歩だということに気づきます。

女性によってはショックを受ける場合もあるでしょう。

上手に乗り切る方法は、アラサーを否定的にとらえるのではなく、新しい自分を発見できる年代と前向きに考えることです。


あるある13. ある程度、高級ブランドを身に着けたほうが良いか悩む

26歳女性の悩みは、20代前半の若い年代とアラサー年代の間に挟まれていることでしょう。どちらに属したらいいのか迷うのです。

例えばファッションです。若向けとアラサー向けのどちらを選べばいいのか迷ったあげく、中途半端になってファッションセンスが疑われることに。

迷うぐらいなら、ある程度高級ブランド志向になった方が精神的には楽かもしれません。自覚してアラサーファッションを先取りしてしまった方が、迷うよりはましでしょう。


あるある14. 実年齢よりも下に見られると喜ぶ

10代の頃は年齢に対するこだわりはありません。20代になるとある程度年齢を意識しますが、26歳になると常に年齢のことが頭の片隅にこびりついています。

会社への提出書類に年齢を書く時、否応なく26歳を意識するでしょう。

だから取引先や初対面の人に実年齢より下に見られると、内心とても嬉しく感じるはず。

ただし喜びを表に出さないで、26歳であることを相手に知らせる勇気を持つことが大事ですよ。


あるある15. 後輩などに食事を奢る機会が増えてきた

26歳女性は後輩におごる機会が増えた

26歳女性は会社内で孤立しがちですが、それを回避する手段の1つが後輩に食事を奢ることです。食事を奢ることで若い世代と一緒に行動できますし、慕われるという効果も得られます。

ただし奢る回数やタイミングが難しくなり、関係を悪化させる原因にも。なぜなら、奢られる方が次第に負担になるからです。

仕事で教えてあげたりサポートするのはおすすめですが、奢るのはたまにした方が人間関係は保てますよ。


あるある16. 美容家電を買い揃えるようになってきた

メイクやお肌のケアに力を入れるようになるのも26歳女性の特徴です。昔から25歳はお肌の曲がり角といわれましたが、26歳はそれを実感する年齢なのです。

女性はあまり家電に強くありませんが、26歳女性はお肌のケアのために美容家電に詳しくなり、買い揃えるようになります。

中には新製品が出るたびに買い揃える女性もいるでしょう。26歳女性には老化への恐れがあり、美容家電を買うことで老化から逃れられると錯覚するのです。


あるある17. 実家に帰ると両親や親戚の「結婚」に対するプレッシャーが増してきた

26歳女性の悩みは色々ありますが、深刻なのは家族が26歳という年齢にこだわって干渉してくることでしょう。

最も多いのが結婚に対するプレッシャーです。

親は何とかして適齢期に娘を嫁がせたいという思いが強く、実家に帰るたびにお見合いをすすめたりします。

このような時は反発しないで、結婚に対する自分の考え方を理解してもらうことが必要ですね。


そろそろ結婚?26歳の女性の5つの恋愛観

26歳女性の恋愛観

26歳女性に対する結婚の風あたりは強くなりますが、結婚について最も真剣に思い悩んでいるのは本人です。

実際に26歳女性はどのような恋愛観を持っているのか、ご紹介しましょう。参考になるだけでなく、恋愛へのヒントが見つかりますよ。


恋愛観1. 結婚を前提とした付き合いをするようになる

女性が26歳になると、家族を始めとして周囲が結婚を強く意識するようになります。たとえ本人は意識しなくても、周囲が意識するのでいつの間にか身についてしまいます。

同期の男友達や学生時代のサークル仲間と飲み会をする時も、無意識に結婚相手として見てしまうのです。

男性からデートに誘われても、結婚を前提とした付き合いと勝手に思い込みます。

これが26歳女性の恋愛観かもしれませんが、男性からすると結婚を前提とされると付き合いにくいのも事実です。


恋愛観2. 恋愛にはスリルや刺激よりも、安心を求めるようになる

10代や20代前半の恋愛と26歳女性の恋愛観の違いは、結婚に対する考え方がよりリアルになる点です。

26歳という適齢期ならではの考え方かもしれませんが、恋愛に求めるのがスリルや刺激ではなく安心を求めるようになります。

なぜそうなるかというと、恋愛イコール結婚だから。

スリルや刺激は恋愛の楽しみですが、結婚の安定とは無縁なのです。その違いがわかるのが26歳なのでしょう。


恋愛観3. 多くの男性から「モテたい!」という気持ちが薄れる

26歳女性の恋愛観はもてたいがうすれる

若さの特権はヒロインを目指せることです。ヒロインとは多くの男性の注目を引く存在であり、それを可能にするのが若さ。だから10代の女性は多くの男性からモテたいと思います。

ところが26歳女性は今までの経験から、ヒロインになれるのは幻想だとわかっています。

もし26歳の女性に特権があるとしたら、それは安定です。安定を与えてくれる1人の男性が現れればそれで十分と26歳女性は考えます。


恋愛観4. 理想を追い求めるのではなく、地に足の着いた恋愛をするようになる

女性が26歳になると、理想と現実の区別がハッキリできるようになります。社会人になって4年もたつと、色々な経験によって現実の重さがわかるからです。

これは恋愛観にも影響を与え、男性の中に理想を求めるのではなく現実を見るようになります。

この人と結婚したら生活は安定するだろうか、子供が生まれてもちゃんと育てていけるだろうかなどと、地に足の着いた恋愛をするようになるのです。

26歳になると結婚を前提とした恋愛になるので、リアルな生活を考えてしまうのは当然といえるでしょう。


恋愛観5. 年下の男性の良さもわかるようになってくる

10代の頃は同い年の男子は幼く見えるものです。背伸びしてでも大人の女性になろうとするのが10代だとしたら、大人になった26歳の女性は年下の男性がまぶしく見えるはず。

なぜなら、年下の男性の中に若かった頃の自分をイメージするからです。年下の男性は26歳の女性にとっての郷愁なのでしょう。

失われた郷愁を追い求めた結果、年下男性との恋愛に夢中になってしまうケースもあります。

【参考記事】はこちら▽


今年で社会人4年目に突入!26歳女性の4つの仕事観

26歳女性の仕事観

女性の26歳は恋愛観だけでなく仕事観にも大きな変化が訪れます。大卒で入社して4年目なので仕事への意欲が高まる反面、転職や他の仕事への興味もわく年齢です。

26歳女性が抱えやすい4つの仕事観について紹介しましょう。


仕事観1. 部下や後輩が入ってきて、教える立場になる

入社して4年目になると新入社員が入ってきたり、他の部署から新人が回されてきます。それまで新人扱いだった26歳女性が先輩の立場になるので、仕事観が変わるはず。

どのように変わるかというと、教える立場としての責任が生まれます

今までになかった責任を背負わされることで仕事にやる気を出すか、負担と感じて嫌気がさすかは人それぞれ。

26歳女性の仕事観は新人の配属によって、仕事への取り組み方を迫られることになるでしょう。


仕事観2. 他の仕事にも興味が出てきて転職を考える

大卒入社して4年経過すると、仕事へのアプローチがだいたいわかってきます。先の展開も見通せるかもしれません。

今までの仕事が面白くないと感じたり、充実感を得られていない場合、別の仕事がしたいという欲求が高まるのが26歳女性です。

このようなケースでは2つの選択肢が考えられるでしょう。

1つは上司に掛け合って配置換えを希望すること、もう1つは転職を視野に入れて行動すること。

一般的には配置換えの希望が通らなかったら転職するというケースが多いです。


仕事観3. 会社で新人扱いをされなくなった

26歳女性の仕事で新人扱いされない

入社して3年目までは、仕事上のミスがあっても新人だからという周囲の理解が得られます。4年目になると新人だからという目で周囲は見てくれません。

26歳は新人でもなく、中堅でもない微妙な位置に立たされる年齢です。この年齢で寿退社したり、転職が多いのはその微妙さが影響しているのでしょう。

このような26歳女性の対処法としては、新人扱いされなくなったのを前向きに受け止められるかどうかが分かれ目です。前向きに乗り越えれば、周囲の見る目が変わります。


仕事観4. 婚期とキャリアについてどちらを優先するべきか悩む

女性が26歳で直面する大きな壁が結婚適齢期という日本独特の考え方です。

26歳前後には同期入社した仲間が次々と寿退社していくので、このままキャリアを目指して頑張るか、それとも婚活に力を入れるかで迷いが生じます。

26歳の時のこの悩みをどう解消するかによって、人生の大きな曲がり角を迎えることになるでしょう。

1つの方法として、実際に結婚した友人に相談してみることをおすすめします。キャリアの道を捨てて家庭を選んだ女性の言葉は参考になりますよ。


26歳の女性がやるべきこと10個

26歳女性のやるべき事

26歳は女性にとって悩み多き年齢です。しかし悩んでばかりいても解決にはなりません。

大事なのは何事にも前向きな姿勢を心がけることです。

ここでは、悩み多き26歳女性がやるべきことについて取り上げます。やらないよりはやった方がマシという程度に、心に留めておいてくださいね。

やるべきこと1. 健康を意識した生活リズムに変える

入社したばかりの20代前半と後半では、体力的な差が出てきます。オールでカラオケできたのが、26歳になるとダウンすることも。

無理して若い世代に合わせようとすると、健康に影響を及ぼすでしょう。

26歳女性のやるべきことは、自分の生活リズムを持つこと。

結婚や転職といった問題に直面した時も、生活リズムを守れば正しい判断ができますよ。


やるべきこと2. 自分にとってプラスにならない交友関係を断つ

生活リズムが安定すると気持ちも落ち着き、前向きな考え方ができます。もしも生活リズムを乱すような原因があれば、排除した方が自分のためでしょう。

例えば夜遊びの好きな友人からの誘いは断るなど、自分の生活リズムを守る必要があります。

断れないでズルズル付き合い続けると、生活リズムが崩れて悪友に振り回されることになりますよ。

26歳は踏ん張り時です。新しい自分を見つけるためにも、プラスにならない交友関係は整理してください。


やるべきこと3. 体型維持のために、定期的に運動をする

26歳女性は運動する

生活リズムの大切さに触れてきましたが、生活にメリハリをつけるのがポイントです。

効果的なのは定期的に運動をすること。

毎日運動するのが難しかったら週末は必ずウォーキングやジョギングをするなど、スケジュールを組んで行えば生活リズムに躍動感が加わって快適に過ごせます。

おすすめはアスレチッククラブの活用です。会社の帰りに運動できるので、体型維持に役立ちますよ。


やるべきこと4. 今までやりたかったけど先延ばしにしてきたことをやる

入社して4年目になると仕事の段取りもわかって、自分なりにスケジュールを組めるようになります。自分の時間を持てるようになるでしょう。

自分の時間を使って、今までやりたくてもできなかったことトライしてください。

例えば、資格を取ればキャリアに役立ちますし、転職する時の武器にもなります。

仕事に関係ない趣味でも構いません。やりたかったことに挑戦すると、26歳という微妙な時期を充実させられますよ。


やるべきこと5. 人生を共に過ごせるパートナーを見つける

アラサーになると、ほとんどの女性はこれから先の人生について真剣に考え始めます。その時になって人生を共に過ごせるパートナーを探そうとすると、焦りの気持ちが大きくなって間違った選択をすることも。

できれば、26歳ぐらいからパートナーを見つける努力をすべきでしょう。アラサーまではまだ時間があるので、人生を共に過ごせる相手をじっくりと探すことができます。

仕事に余裕ができる26歳女性は、パートナーを見つけるために自分の時間を使うのもありですよ。


やるべきこと6. たくさんの失敗を経験する

26歳女性は沢山失敗する

入社して4年の間に色々な失敗は経験しているはずです。だから26歳になって新たな失敗を経験するのはおすすめできません。

ただし、これまでの失敗は仕事関連がほとんどでしょう。

実は、26歳女性に経験してほしいのはプライベートでの失敗なんです。

例えば好きな男性にアタックして失敗したとか、フルマラソンに挑戦して挫折したなど。これらの失敗は人生の糧になります。

26歳からアラサーに向けて生きていく時、プライベートな失敗は役立つはずです。


やるべきこと7. 安かろう悪かろうではなく、上質なモノに触れる

26歳女性の平均貯蓄額は約140万円です。毎月の給料から3万円積み立てるのもいいですが、たまには美味しい料理を食べたり、品質の良いブランド物を買うのも必要でしょう。

26歳独身女性が結婚した友人より恵まれているのは、自分で稼いだお金を自由に使えるということ。

結婚したらこのようなチャンスは持てないかもしれません。

26歳の時に一流なモノや上質なモノに触れておくと、それが自分の成長に役立つことがありますよ。


やるべきこと8. 将来を見据えて貯金をするようにする

一流なモノや上質なモノに触れることをおすすめしましたが、それに溺れてはいけません。

基本的には将来のために地道に貯金をすべきです。

なぜ貯金をすべきかというと、将来への安心につながるから。安心感があると、生活に余裕が出てきます

たまに一流で上質なモノを経験しながら、着実に貯金をしていけば鬼に金棒ですよ。


やるべきこと9. 休日を充実させる趣味を見つける

26歳女性は趣味を見つける

26歳女性は仕事にも慣れ、自分の時間を持てるようになると紹介しました。自分の時間を今までやれなかったことに使うメリットについても触れましたが、やはり休日の過ごし方を趣味で充実させることをおすすめします。

大事なことは暇潰しの趣味ではなく、本格的な趣味を目指すこと。例えば華道や茶道です。道を究める趣味を持つことによって、自分の新たな才能の発見につながることもありますよ。


やるべきこと10. 幅広い年齢の人の話を聞く

女性はもともと社交的ですが、入社して会社人間になると世界が狭くなります。26歳は微妙な年齢ですが、時間的余裕を持てる年齢でもあります。

時間的余裕を利用して別の世界の人たちと幅広く交流すると、26歳という狭い枠から解放されるかもしれません。

例えばボランティアに参加したり、社外のサークル活動に加わったり。人生を共にできるパートナーとの出会える可能性も広がりますよ。


26歳になったら、自分の人生を考えてみて。

26歳女性は人生を考える

26歳という独身女性にとって微妙な年代について考えてきました。結婚や仕事にとって大きな曲がり角であるのは間違いありません。

ただし、焦りは禁物です。

悩み事を抱えている26歳独身女性には、26歳でやっておくべき10の事柄について読み返してみてください。悩みから解放されて新しい自分と出会えるヒントが隠されていますよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事