女子あるある36選|高校・大学・社会人の最高に共感できる面白いネタとは?

女子あるあるを知りたい人へ。本記事では、女子あるあるの面白いネタから、恋愛ネタまで大公開!SNSでのネタも解説していきます。

【高校生】女子あるある11選|絶対共感できる面白いネタ&恋愛ネタとは?

【高校生】女子あるある

「女子高校生ならではのあるあるはどんなものがあるの?」

「女子高校生が思わず頷いしまうあるあるを知りたい」

思春期である女子高校生は、「こんなことあるよね」と共感できるエピソードにはどんなものがあるのでしょうか。

ここからは、女子高校生ならではのあるあるを紹介します。いろいろなあるあるを見て、学校での話のネタにしてくださいね。


女子高生あるある1. かばんの中のヘアピンが乱雑

ヘアピンは小さいため、かばんの中に入れておくと散乱してしまいます。

かばんを片付けていると、「こんなところにも入ってたんだ」と、思わぬところから出てくることもあるでしょう。

そんなヘアピンですが、女子ならヘアピンを使う機会も多いため、いざという時に役立ちます。

「ヘアピン忘れた」と友達に、かばんの中からさっと取り出して渡すこともできるのです。


女子高生あるある2. どんなに寒くてもミニスカ

寒さよりもかわいさを優先するのが女子高校生。雪が降ろうが、強風が吹こうが、ミニスカを変えようとはしません。

「今日寒いね、凍えるー」と言いながらも、しっかりとトレンドに合わせてミニスカを着こなします


女子高生あるある3. トイレは団体行動で、恋バナしがち

思春期の女子高校生からすれば、トイレは一人で行く場所ではありません。友達を連れていき、片思い中の男子の話をしながら盛り上がるのが好きなのです。

「今日も陸上部の〇〇君、めっちゃかっこいいよね」と、いつもトイレは恋愛の話で大盛り上がりしています。


女子高生あるある4. 常に保健室に滞在している子がいる

女子高生あるあるは常に保健室に滞在してる人がいる

保健室は具合の悪い子が行くものですが、優しい保健室の先生に会いに行く子もいます。面倒な授業に出るよりも、保健室にいる方が楽しいのです。

「〇〇先生、具合悪いから休ませてー」と今日も元気な女子高校生が、おしゃべりを楽しみに保健室に行くでしょう。


女子高生あるある5. 口癖は大体「彼氏欲しい」

女子高校生は恋愛に憧れており、そろそろ彼氏が欲しいお年頃。周りの友達たちが彼氏を作っているのを見て、自分も欲しいとアピールします。

特に、女子校は出会いがないので「あー彼氏ほしい。どこかに高身長のイケメンいないかな」といつも言っていますが、大体は理想が高くなかなか彼氏ができません。


女子高生あるある6. 行事は気合を入れた髪型にする

学校の行事はとにかくテンションが上がり、張り切ります。思春期を友達と思いっきり楽しもうとするので、髪型にも気合が入るのです。

また、片思い中の男子にもさりげなく見てもらいたい気持ちもあります。

学校行事の朝は普段しない早起きも可能。いつもは寝ぐせを直してあわただしく出かけるのが、トリートメントをつけヘアアイロンまでかけちゃいます。

普段の2割増しで髪型をキメるのです。


女子高生あるある7. 髪を短く切ったら失恋したと言われる

女性が髪を切ると失恋したと思われがちです。別に気分転換で髪を切ることは珍しくないのですが、条件反射的に失恋したと言ってしまう人もいます。

「その髪型に合うね!でも、何かあった?」と、ぼかしつつ髪を切った理由を探そうとするでしょう。


女子高生あるある8. 夏の体育前の休み時間は皆日焼け止めを塗りだす

女子高生あるあるは体育祭まえは日焼け止めを塗り出す

美白に命を懸けている女子高校生は、日焼け止めは必須アイテム。

少しでも日焼けをしたくないので、水泳やマラソンなど、外で行うスポーツの前は入念に日焼け止めを塗りだす光景が広がります。

「体育の時間に間に合わない!早く塗ろう」と、限られた時間内を使って必死に日焼け止めを塗るのです。特に水泳の授業前は念入りに塗ります。


女子高生あるある9. 「マラソン一緒に走ろう」は噓

マラソンは体力と精神が削られる厳しいスポーツ。走るのが苦手な子は自分が遅くなるのが嫌なので、道連れを探します。

「走るのだるいね。適当に走ろうよ」と誘うものの、最後の一周になると約束など忘れて必死に走るのです。


女子高生あるある10. ファンデーションがポーチの中で割れて大惨事

女子高校生のポーチの中にはいろいろなものが入っています。

入れ方は特に決めておらず、適当にものを入れるので、ファンデーションに衝撃が加わってしまい、割れてしまうことも。

「メイクしよっと、あれ、ファンデ割れてるじゃん」と、ポーチの中は見るも無残な姿に。


女子高生あるある11. 元カノ今カノ情報に一喜一憂する

女子高校生の恋愛情報はすぐに広がります。元カノはだれか、今カノはどのクラスなのか、などはすぐにわかってしまい、その話で盛り上がるのです。

「陸上部で高身長の〇〇君の今カノは〇〇さんだって。昨日付き合ったらしいよ」と、すぐに学校中の噂になります。


【大学生】女子あるある12選|絶対共感できる面白いネタ&恋愛ネタとは?

女子大生あるある

「女子大学生なら共感できるあるあるはどんなものがあるの?」

「女子大学生あるあるに興味がある」

高校生から成長し、少し大人になった大学生は少し違ったエピソードがあります。どんなあるあるがあるのか気になってしまいますよね。

ここからは、女子大学生が頷いしまうようなあるあるを紹介します。自分や学校の友達に当てはめて、楽しんでくださいね。


女子大生あるある1. サークルやバイト先で彼氏を作る

大学生は高校生に比べて自由度が高いです。女子校出身者は、出会いの多さにビックリするでしょう。

サークルやバイトなどを始める人も多くなり、話しているうちに価値観が近かったり、趣味が同じだったりする異性と仲良くなることも。

サークルに入ったあと、一緒に行動していた片思い中していた男子と付き合った、という話はあちこちで聞くでしょう。


女子大生あるある2. コミュニティ内で別れるのが気まずくなる

大学生はコミュニティのメンバーと同じ時間を過ごすことが増えます。

そのため、別れたあともコミュニティに参加している限りは顔を合わせてしまうので、一気に気まずくなるのです。

コミュニティ内に居づらくなった人は、辞めてしまうか、顔を出さなくなってしまうこともしばしばあります。


女子大生あるある3. 仲の良いグループはだいたい服装の系統が同じ

大学はサークルなどを通じて、同じ趣味の人が集まりやすい環境にあります。

服装を見れば、だいたいどんなグループにいそうなのかが、なんとなくわかるのです。

カジュアルな服装、スポーツ系の服装、綺麗目の服装など、同じような服装の人が仲良くなっているはずですよ。


女子大生あるある4. 服や美容にお金をかける

女子大生あるあるは服や美容にお金をかける

大学生になると、おしゃれな人や綺麗な先輩などを目にする機会が増えます。

女子大学生は高校生の時よりもお金を稼げるようになったので、興味のある服や美容にお金をかけるのです。

「モデルの〇〇ちゃんが着ているあの洋服を買おう」とどんどんおしゃれになっていくでしょう。


女子大生あるある5. 1人でカフェやショッピングすることに慣れる

高校生まではグループでつるむことが多かった人も、大学生になると単独行動する機会が増えます

一人でカフェに行ったり、ショッピングしたりすることがカッコよく見えるのです。

「一人でカフェに入ってみたけど、意外といいかも」と、一人行動の楽しさを知っていきます。


女子大生あるある6. 飲み会の次の日は、講義をサボりがち

大学生は飲み会が長時間に渡って続くこともしばしばあります。朝まで飲んでしまうと体がだるく、次の日はどこにも行きたくなくなってしまうのです。

「昨日は飲みすぎて二日酔い。まだ単位あるから行かなくていいや」と簡単に休んでしまいます。


女子大生あるある7. 挨拶は「今度飲みに行こう!」になる

高校生は未成年のため、お酒を飲めませんでした。大学生になると成人してお酒を飲む機会が増えるため、何かにつけて飲みに行こうとします

「お疲れ!今度飲みに行こうね」という会話は、高校生の「バイバイ」と同じようにあちこちで聞くでしょう。

ただ、ほとんどの場合は飲みに行かないことが多いでしょう。


女子大生あるある8. バイトしすぎて落単する

女子大生あるあるはバイトしすぎて落単する

遊ぶ機会が増え、欲しいものが多い女子大学生は、バイトを入れてお金を稼ぐことに力を入れる子もいます。

あまりにバイトをしすぎて授業を欠席しがちになるのです。

「今日も明日もあさってもバイト。単位はどうにかなるか」と思っていますが、結局単位を落とすこともよくあります。


女子大生あるある9. 一限は行けなくなり、五限は行かずに帰る

大学は遠方から通っている人も多く、時間の早い一限には間に合わない人も多いです。

一方で五限以降は開始時間が遅くなるため、家に帰らないとバスが無くなってしまう人もいます。

友達とお昼を食べている時、

「一限は寝坊したから無理だった。五限?遅すぎだから今日は帰るね、代返宜しく」

といった会話はよく聞く内容です。


女子大生あるある10. テスト期間だけ助け合う友達がいる

授業に出なくても怒られることが少ない大学では、講義をさぼる人はちらほらいます。

そんな人はテストを乗り切るために、ノートを写させてくれる友達がいることが多いです。

「〇〇さんはあの講義とってるよね。ノート見せて」と悪びれもなく、人の助けを借るでしょう。


女子大生あるある11. 始めは自炊するが、気付けばコンビニ生活

大学が実家から遠い場合は通えないので、一人暮らしをする人もいます。

はじめは自立をしようと意気込んで自炊をするものの、めんどくさくなりコンビニで済ませてしまうのです。

「今日もバイト、明日は飲み会。忙しいからコンビニに行こう」と、便利さを求めてしまいます。


女子大生あるある12. 頻繫に家で友達とお泊り会をする

女子大生あるあるは頻繁にお友達の家にお泊まりする

一人暮らしをしているとだんだんと寂しくなってきます。そんな時はサークルやバイトの人を家に呼んでお泊り会をして、寂しさを紛らわせるのです。

LINEで「〇〇今日暇?うちに泊まりに来ない?」と連絡がくることもしょっちゅうあるでしょう。


【社会人】女子あるある7選|絶対共感できる面白いネタ&恋愛ネタとは?

OLあるある

「社会人で働いている女子が共感できるあるあるネタに興味がある」

「社会人女子あるあるはどんなことがあるのか知りたい」

社会人として働いている女子にもあるあるネタはあります。どのような内容なのか気になりますよね。

ここからは社会人女子あるあるを7つ紹介します。学生とは違うあるあるネタを知ってくださいね。


OLあるある1. 昼過ぎのトイレは歯磨きの渋滞がおこりがち

コミュニケーションをとる際、口臭に気を遣うのはエチケットです。

お昼を食べたあとに歯を磨くOLは多いのですが、昼食の時間帯がかぶるため、トイレは混雑してしまいます。

用を足して手を洗う人やメイクを直す人などが集まってしまい、なかなか歯磨きができないことも。


OLあるある2. 机の中におやつを入れて交換しがち

仕事をしているとお腹が空いてきます。周りのOLも机の中にお菓子を入れている人が多く、周囲と交換するために多くストックしているのです。

「〇〇さん今日のおやつは何?私のと交換しよう」と、同僚がどんなお菓子をもってきているのかが気になります。


OLあるある3. 4月はメイクに気合を入れても、段々と薄くなる

4月はキラキラした新入社員が入ってくる時期。

先輩として威厳あるところを見せるためにも、気合を入れてばっちりメイクをしますが、そんな気持ちは長くは続きません。

6月頃には「先輩、最近メイク薄くないですか」と言われることも。


OLあるある4. 午前中と午後でメイクが変わる

OLあるあるは午前と午後でメイクが変わる

仕事は出会いもないし、朝は眠いから、と最低限のメイクで出勤します。

しかし、仕事後は彼氏と遊んだり、飲み会があったりと遊びの予定を立てているため、午後はバッチリメイクをするのです。

朝まではあっさりしていた人が、お昼休憩後はキラキラメイクをして、別人になっている場面を見ることも少なくありません。


OLあるある5. 休みの日はすっぴんで過ごす

社会人として化粧をすることは最低限のマナーの一つです。毎日時間をかけてメイクをしているので、休みの日ぐらいは手抜きをしたくなります

朝起きて寝るまでずっとすっぴん。近所のコンビニに行く際は、マスクとメガネでごまかす人もいます。


OLあるある6. 洗濯物が溜まりがち

仕事が忙しく帰りが遅くなってしまうと、疲労困憊で何もやりたくありません

家に帰ったらお風呂に入ってご飯を食べて、すぐに寝てしまう人もいます。

「洗濯は休みの日にやればいいや。」と替えの洋服をフル活用しながら、洗濯をできるだけ仕事の日にはしません。


OLあるある7. 飲み会が嫌いになっていく

会社の飲み会は自分の好きな人ばかりが来るとは限りません

波長の合わない同僚や、気の合わない上司も来るため、飲み会がつまらなくなり、行きたくなくなります。

「今日の飲み会は〇〇さんと△△上司が出席か...。つまんなそうだから帰りたい〜」

と、苦痛に感じてしまうことも。社会人の闇を感じる瞬間でもあります。


【SNS】女子あるある6選|絶対共感できる面白いネタ&恋愛ネタとは?

SNSあるある

「SNSで見かけるあるあるネタが気になる」

「SNS女子あるあるはどんなものがあるのか知りたい」

Twitterやインスタグラムなど、SNSをしている女子は多いです。そんな女子によく見かけるあるあるネタは、どのようなことがあるのでしょうか。

SNS女子あるあるを紹介するので、楽しみながらご覧ください。


SNSあるある1. 鍵垢を持っている

SNSは複数のアカウントを持っていることが多いため、上手に使い分けしています。その中には鍵をかけて、普段は言えない愚痴を書いてストレス発散している人も。

「今日はうちの上司にわけわからない理由で怒られた。まじ意味不明」などを投稿すると、すっきりするのです。


SNSあるある2. 自撮りをアップしがち

自分のかわいいところをアピールして、承認欲求を満たそうとします。いいねが付いたり、コメントが付いたりすると、自分に注目されていることを実感するのです。

「今日のメイクはいまいち、と投稿しよう」と投稿したものは、何十枚も撮った中で最高の一枚を投稿していることも。


SNSあるある3. 匂わせ写真を載せがち

彼氏とデートに来ているものの、あえて誰と来ているとは投稿せず、写真に男性といるのが分かる痕跡を残します

『今日はお気に入りのお店でディナー』と投稿した写真には、高級で有名な男物の時計をしている男性の腕を載せるのです。

私は勝ち組というさり気ないアピールを行っている人は多いでしょう。


SNSあるある4. ペットと自撮りする

SNSあるあるはペットと自撮りする

犬や猫などのかわいい動物と一緒に自撮りすることで、自分もさりげなくアピールします。

ペットのかわいさを利用して、自分もかわいいと思われたいのです。

『うちの愛犬は世界一かわいい』、と投稿した写真には、しっかりと決め顔をして盛れている写真を選択します。


SNSあるある5. お気に入りの写真は何枚も投稿しがち

本人にとってお気に入りの写真は、他の人にも見せたいと思っています。

本人的には写真を加工しているので、前に投稿したものとは別物と思っていますが、他の人からは同じにしか見えません

「〇〇はまた旅行の写真あげてる。これ前と一緒じゃん」と飽きられています。


SNSあるある6. SNSに載せるための写真撮影タイムが長い

SNSが好きな女子は、どれだけ映える写真を撮るのかを常に考えています

おしゃれな写真を撮りたいがために、何枚をシャッターを切ることも少なくありません。

料理がきたとき「ちょっと待って」といって、周りを待たせてまでも何枚も写真を撮ってしまう女子も多いです。


共感できる“女子あるある”はありましたか?

女子あるあるを高校生、大学生、社会人、SNSと分けて紹介しました。それぞれ特徴が異なり、共感した部分もあったのではないでしょうか。

「こんなことあるよね」「学生時代こんなことあったよね」と共感できる部分があれば、ぜひ話のネタにしてみてくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事