【年代別】恋愛あるある40選|片思い&両思いの絶対共感できるエピソードとは?

恋愛あるあるを知りたい方へ。本記事では、年代別での恋愛あるあるから、LINEやSNSの恋愛あるある、失恋の恋愛あるあるまでを徹底解説します!

【中学生&高校生】8つの恋愛あるある|学校でよくあるエピソードとは?

恋愛あるある

まずは、中学生・高校生の恋愛あるあるから見ていきましょう。

中学生・高校生にはその時期だからこその恋愛あるあるがあるもの。今現在学校に通っている方は「わかるわかる!」と共感することばかり。もう学校を卒業して社会人になったあなたなら、昔の甘酸っぱい記憶が蘇ってくることでしょう。

あの頃のトキメキを思い出してくださいね!


恋愛あるある1. 好きな人と隣の席になって嬉しいけど、話しかけられない

学校といえば席替えや移動教室。

そこで好きな人がまさかの隣に!そんなチャンスな状況なのに、嬉しさと緊張が混ざり合って「なんて話そう?!」「会話が盛り上がらなかったらヤバい!」「隣にいる現実がもう無理〜!!!」と、頭の中で延々と一人会話を繰り広げたことのある人も多いはず。


恋愛あるある2. 好きな人の教室にわざと用事を作って行く

同じ学校でも片思いの人が別のクラスだと、普段なかなか会えないもの。

そんな時でも「1日1回は好きな子に会いたい!」「そして少しでいいから話したい!」という前のめりな思いから、好きな人と同じクラスの友達に「宿題教えて〜」など、何かしら口実を作って会いに行っちゃうのです。


恋愛あるある3. 好きな人と目が合うだけで一日が幸せ

恋愛あるある3. 好きな人と目が合うだけで一日が幸せ

好きな人が先輩や違うクラスなどあまり関わりがない人の場合、気軽に話せないですよね。

そんな人とは廊下や教室で目が合うだけでも、ときめきが止まらなくなり一日中幸せな気持ちで溢れます。顔がニヤけて周りからいじられるのもあるある。


恋愛あるある4. 登校・下校の時間を好きな人に合わせる

片思い中はとにかく一瞬でも好きな子に会いたいもの

そう思う一心で学校の門をくぐる時間を調整したり、好きな子が乗るバスや電車の時間を調べて合わせたりします。

「おはよう」「お疲れ様」と挨拶できるだけで、その日は一日中幸せな気持ちでいっぱいになります。


恋愛あるある5. トイレと放課後の教室は恋バナで盛り上がる

学生時代に盛り上がる話といえば恋バナ。特に女子にとっては鉄板ではないでしょうか。

トイレや放課後の教室は、学校での数少ない本音トークができる場所。「◯◯君、△△のこと気になってるらしいから両思いじゃん!」と好きな子が自分を好きかもという情報を聞いたり、友人との作戦会議をして盛り上がります。


恋愛あるある6. 恋をしている自分が好き

恋愛あるある6. 恋をしている自分に恋してる

恋愛経験が少なくピュアな学生時代。「恋は盲目」なんて言葉がありますが、学生時代の恋はその言葉の通り、恋愛中は周りが見えなくなってしまうことも。

度が過ぎると「恋愛をしているだけで幸せ!」と相手を好きになるのではなく、「恋している自分が好き」という状態になってしまいます。


恋愛あるある7. 好きな人からのLINEと思ったらお母さんでガッカリする

好きな人とは何気ないLINEでも緊張してしまいますよね。そんな状態だから返事が返ってきたら嬉しさから「よしっ!」ガッツポーズがでるほど。

返事を期待して待っている時に「今日のご飯は肉じゃがです」なんて連絡がきたら、「おかんかよ…」とがっかりしてしまいますね


恋愛あるある8. 相性診断は100%が出るまで色んな占いを試す

学生時代に流行るものといえば「相性診断」ではないでしょうか?特に女子は友人達と一緒にわぁわぁ言いながらやっていた人も多いはず。

せっかくやるなら「やっぱり相性が良いんだ!」と思いたいですよね。だから、色んな占いを「相性100%」が出るまで試すのです。


【大人の女性】7つの恋愛あるある|職場でよくあるエピソードとは?

大人の女性の恋愛あるある7つ

次に、大人の女性の恋愛あるあるをご紹介していきます。

社会人にも学生の時とは少し違った恋愛のあるあるがたくさん。大人の女性だって恋愛中は色々考えてしまうんです。

片思いの人も、両思いでお付き合いしている人も「それめっちゃわかる!」と共感できる社会人女性の恋愛あるあるとは一体どんなものなのでしょうか?


恋愛あるある1. デートの一週間前からコンディションを整える

大好きな人とのデート。万全な状態で「可愛いね」と言われたいのが乙女心というものです。

そのためデートの一週間前から、美容院やネイルサロンに行ったり、デートの用の服を買って家で1人ファッションショーを繰り広げたりなんてこともあるあるでしょう。


恋愛あるある2. 相手のSNSをこっそりチェックする

特に片思いをし始めた相手だと「どんな人なんだろう?」「今何してるのかな?」とつい気になってしまうもの

気になりすぎて、好きな人のちょっとした情報もインスタやFacebookで得ようとします。まさに宝の山ですね。


恋愛あるある3. LINEの返信時間で悩む

恋愛あるある3. LINEの返信時間で悩む

好きな人とのLINEは内容だけでなく、返すタイミングも悩んでしまうのもあるある。

「即レスしたらがっついてるみたいで引かれちゃうかも?」なんて考えてしまうので、悩んでしまうんですよね。ちょっとしたことですが、好きであるが故に困ってしまうのです。


恋愛あるある4. 恋愛運や縁結びという文字を気にしがち

「両思いになりたい!」と常に思っているため、占いや神社などで『恋愛運』や『縁結び』という文字を見つけると、つい気になってしまいます。

普段信じないジンクスやおまじないを信じてみたり、良い意味のものを集めたりしたことのある人も多いのでは?


恋愛あるある5. 職場ですれ違うだけでキュンキュンする

同じ職場の人を好きになると、自分のデスクの近くを彼が通るだけでも嬉しくなって、そわそわしたりキュンとしたりします

そんな時の自分の表情や態度が「周りの人に好きなことに気づかれないか」と気になり、さらにそわそわしてしまうのもあるあるです。


恋愛あるある6. 他の同僚の女子と話しているだけで落ち込む

恋愛あるある6. 他の同僚の女子と話しているだけで落ち込む

片思いの相手が楽しそうに他の女性と話していると、「もしかして好きなのかな」「あの子も彼のこと好きなんじゃないか」など不安な気持ちになってしまいます

話している女性と付き合い始めるなど、頭の中でネガティブな妄想劇場が始まってしまうことも。


恋愛あるある7. 職場で彼の名前が聞こえるだけで気にしてしまう

彼が他の人からどんなことを言われているのか、仕事で何をしているのか、など気になりすぎるため、職場で「おーい。〇〇君!」と好きな人が呼ばれたりすると、ついつい自分まで反応してチラッと見てしまいます

どんな些細なことでも知りたくなるんですよね。


【大人の男性】7つの恋愛あるある|職場や飲み会でよくあるエピソードとは?

大人の男性の恋愛あるある7つ

「恋愛あるある」と言うと女性の気持ちを考えがちですが、男性だって女性の負けず劣らず、思わず「そうそう!」と言いたくなるような行動や気持ちがたくさんあるんですよ。

そこでここからは、大人の男性の恋愛あるあるを7つご紹介していきます。

これは多くの社会人男性が共感できるはず!それではさっそく見ていきましょう。


恋愛あるある1. 飲み会で隣に他の男が座っていると嫌

男性は意外とハートが弱いもの。大学生のサークルや職場の飲み会で、好きな人の隣に男が座ってしまうと「自分以外の男の人と話して欲しくないな…」「話してる男性の取られちゃうんじゃないか…」と考え、不安な気持ちになってしまいます。


恋愛あるある2. アピールに気がついてもらえなくて悩む

中にはアピールが苦手な男性もいますよね。

そんな男性も仕事を手伝ってみたり、食事に誘ってみたりと好きアピールしてみるんだけど、なかなか気づいてもらえないことも。

そんな状態が続くと、アピールに気づいてもらえないことをショックに思い、やたらLINEの返信を早くするなど、アピールが過剰になってくるんですよね


恋愛あるある3. 2人きりになれるチャンスを狙う

恋愛あるある3. 2人きりになれるチャンスを狙う

片思いの人と「話して距離を縮めたい!」「もっと知りたい!」という気持ちが強いので、2人きりになれるチャンスを常に狙っています。

例えば、職場で好きな人が飲み物を書いに自販機に行く時、同じタイミングで自分も自販機に向かいます。さっき飲み物を買ったばかりなのに。


恋愛あるある4. 相手が皆に優しくて脈ありか分からない

仕事ができる人は困っている人がいれば誰にでも手を差し伸べるような、皆に平等に優しい人が多いイメージ。

そんな人を好きになってしまうと、自分のことをどう思っているか分かりづらいもの。そのため、不安な気持ちになってしまいます。皆に優しいって罪ですよね


恋愛あるある5. 筋トレを始めてアピールする

好きな人には「かっこいい!」と思って欲しいのが男心。そのため片思いの人ができると、今までやったこともなかったのに突然筋トレを始めたりすることも。

そして、好きな人の前でスーツの袖をまくりあげたりなど、筋肉アピールを始めます。男ってわかりやすい生き物ですよね。


恋愛あるある6. 話せたら気があると思う

恋愛あるある6. 可愛いスタンプを買っちゃう

好きな人にニコッと笑いかけられたり、ちょっと話が弾んだりすると、「俺のこと好きじゃん!」「これってワンチャンあるかも?!」とテンション爆上がり

些細なことで気分がアップするのも男性の特徴といえるでしょう。


恋愛あるある7. 妄想デートを楽しむ

好きな女性とカップルになった後を勝手に想像し、「まずはあそこで待ち合わせして…」「彼女はこんな服装で…」「その次は水族館で…」など、脳内デートをすることで楽しくなります。

実はこの時間は1番楽しかったりするかも


【LINE・SNS】8つの恋愛あるある|片思い中によくあるエピソードとは?

LINEやSNSの恋愛あるある8つ

続いては、LINEやSNSでの恋愛あるあるです。

近年恋愛に置いても欠かせなくなったLINEやSNS。こういったツールと恋愛の思い出がリンクしている人も多いのではないでしょうか。

絶賛片思い中の人も、両思いで幸せ真っ只中の人も「その気持ちわかる!」と共感することばかり。

中学生から大学生、社会人、もしかしたら小学生も共感できる恋愛あるあるを見ていきましょう。


恋愛あるある1. LINEが来ても既読をつけずに見てから、返信内容をじっくり考える

好きな人へのLINEの返信は失敗したくないから慎重になりますよね。

スマホのホーム画面のLINEの通知だけで相手からの返信を確認し、「こう返そうかな」「この内容で大丈夫かな」と、いつも以上に返信に悩んでしまいます。


恋愛あるある2. LINEは送る前に見直す

返信内容を考えて、打ってからも「これでちゃんと返信くるかな」「嫌われてしまわないかな」と細心の注意を払って、何度も何度も見直します。

送る前に見直した時に「やっぱりこう送るのはやめよう」と打ち直したりすのもあるあるですよね。


恋愛あるある3. 返信がくるまで長く感じる

恋愛あるある3. 返信がくるまで長く感じる

返信をしたら次は「早く返信がこないかな」と気になってしまいます。

連絡が待ち遠しすぎて、通知が鳴っていないのに何回もスマホを見てしまうことも。

実際には10分しか経っていなくても、本人の感覚的には1時間待っているような気分になるんですよね。


恋愛あるある4. 好きな人のSNSは四六時中チェックしてしまう

インスタやツイッターなど、SNSを見ればその人の趣味や行動がある程度分かってしまうもの。

好きな人のそんな情報が気になりすぎて四六時中「更新されてるかな?」とチェックしてしまいます。まるでネトスト。でも好きだからネトストしちゃうんですよね。


恋愛あるある5. 突然のLINEが来て、見たら業務連絡でガッカリする

好きな人と職場が同じ場合、LINEがきてもプライベートか業務連絡かわからないもの

突然連絡がきて「何かのお誘いかな?」などと思い嬉しくなり、テンション高くLINEを開くと中身は仕事の内容。

期待していた分、一気にガッカリした気持ちになってしまいます。社会人あるあるですね。


恋愛あるある6. 可愛いスタンプを買っちゃう

恋愛あるある6. 可愛いスタンプを買っちゃう

彼が好きそうなキャラクターや、自分が可愛いと思ったスタンプを買ってしまうのもLINE恋愛あるある。

「あのスタンプなんていうやつなの?」など、自分に興味を持ってもらったり、会話のネタになったりするかなと期待します。


恋愛あるある7. 誕生日にはお祝いメッセージを送る

誕生日メッセージは両思いの人も片思いの人にも共通するあるある。

大切に思っていることをアピールするために、0時ちょうどに送ったりします。

せっかくなら1番に好きな人をお祝いしたいという気持ちからですよね。


恋愛あるある8. 既読スルーされるとへこむ

返信したら既読が付くかどうかも気になって見てしまいますよね。

「既読が付いた!」と思って喜んでいたのになかなか返信がないと「何か変なこと言ったかな」「興味なかったのかな」とネガティブな気持ちになってしまいます


【交際後】5つの恋愛あるある|両思いのカップルによくあるエピソードとは?

付き合ってからの恋愛あるある5つ

片思い中あるあるはいろいろあるものですが、両思いのカップルだからこそのあるあるもたくさんあります。

今両思いでお付き合いしている人も、過去にお付き合いしていた人も「そうなんだよな〜」と思わず首を縦に振ってしまうこと間違いありません。

付き合ってからの恋愛あるあるには、一体どんなものがあるのでしょうか?


恋愛あるある1. なんでもない日常が楽しすぎる

特にカップルになりたての頃は、好きな人といるだけで何をしていても特別に。

大学生なら学校の帰り道を一緒に歩いたり、LINEのやり取りをしたり。社会人なら一緒にご飯を食べたり、部屋で映画鑑賞をしたり。

何か特別なことをしなくても、一緒にいるだけで楽しい思い出になるんですよね。


恋愛あるある2. 一日中LINEのやり取りをする

こちらも付き合いたてのカップルにありがちなあるある。

ずーっとお互いのことを考えているため、朝の「おはよう」から寝る時の「おやすみ」までずーっとLINEをしてしまいます。

時間が長いだけでなく、頻度も異常な程になることもしばしば。


恋愛あるある3. SNSでラブラブアピールをしたくなる

恋愛あるある3. SNSでラブラブアピールをする

付き合いたての頃のカップルは、相手の欠点が全然見えていないもの

いい部分だけを見ているので、「唯一無二の世界一の恋人!」だと思い、自慢したくなってしまいます。

インスタでぴったりくっついた写真を投稿するカップルはよく見かけますよね。


恋愛あるある4. LINEで相手の名前入りのスタンプを買う

念願叶ってやっと付き合え、ラブラブな時期がくると、どんな些細なことでも特別感を出したいもの

そのため「〇〇くんおやすみ」「△△ちゃん大好きだよ」などのスタンプを買い、2人のやり取りの時に使うようになります。


恋愛あるある5. 2人だけの変なあだ名で呼び合う

付き合いたての頃は、恋人と会えるだけで楽しいし、テンションが爆上がりの状態になりますよね。

そんな妙にハイテンションになる時は、名前に「〜ぴょん」や「〜たん」をつけたりして、自分たちだけのあだ名で呼び合います。


【失恋後】5つの恋愛あるある|別れた後やフラれた後のエピソードとは?

失恋の恋愛あるある5つ

最後に、失恋の恋愛あるあるを5つご紹介していきます。

恋愛は楽しいものだけでなく、悲しい失恋もあります。そんな失恋時にも、いろんな共感ポイントが多くあるもの。

絶賛失恋中のあなたも、過去に失恋を経験をしたあなたも、これを見れば「あぁ〜。私もそんなだったなぁ」「わかるわかる」と共感すること間違いなしですよ。


恋愛あるある1. 『失恋ソング』がやたら刺さる

自分の状況に当てはまる歌って恐ろしいほど胸に刺さりますよね。

恋愛がうまくいってた頃に聞いていた失恋ソングは特になんとも思わなかったけど、失恋後は共感できるポイントが多すぎて大号泣してしまいますよね


失恋あるある2. 何もする気がなくなる

好きな人に振られたり拒絶されたことが心に残り、精神的に辛くなってしまうのもあるある。

ハマっていた趣味があっても全く手を付けず。仕事すらもそれどころではなくなることもあります。中には無気力から「失恋うつ」になってしまう人も。


失恋あるある3. 食欲がなくなる

失恋あるある3. 食欲がなくなる

失恋して元気がなくなると何をするのも辛いもの

毎日当たり前に行っている食事すらも体力がいる行為なため、喉を通らなくなってしまいます。

また、好きな人と楽しく食事をした記憶を思い出して、食事をすることでより悲しくなってしまうことも。


失恋あるある4. デートした場所に行けなくなる

思い出というのは残酷なもの。

カップル時代に思い出のある場所のそばを通るだけで、昔の楽しかったことを思い出してしまいます

そのため、その場所に近づけなくなってしまうことも。長い期間付き合っていた場合は行けるところがなくなり、ずっと引きこもっていたいと思う場合もあります。


失恋あるある5. 何が悪かったのかなと1人でずっと考える

人間は「たられば」を考えてしまう生き物

自分に悪い点があったから破局という結果になってしまったと考えるため、「あの時違う行動や態度をしていたら…」「もしこう言っていれば違っていたかもしれない…」などとずっと考えてしまいます。


あなたは何個の恋愛あるあるに共感できましたか?

今回は恋愛あるあるを学生時代・男性・女性などいろいろな視点から具体的なシチュエーションを挙げてご紹介してきました。

恋する人はその属性に関わらず、トキメイたり不安になったり、好きな人のことで考え込んだりしているもの。

自分だけがそうなっているのではありません。恋する気持ちは皆一緒です。

自分の気持ちに正直に、どんどん恋愛を楽しみましょう。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事