大学デビューした人の特徴あるある20選|痛いと思われる言動とは?

「うわ、大学デビューかよ。」なんて入学早々、言われたくないですよね。この記事では、大学デビューと言われてしまう人の特徴から、そう言われないために気をつけるべきポイントを詳しく解説します!

そもそも「大学デビュー」とは?

大学デビューとは?

大学デビューとは、

  • 高校生の頃はさほど目立たなかったような生徒が、大学という新しい環境に入るにあたって新たな自分を作ろうと努力すること

を指します。

一見とても良さそうな行動に思えますが、

頑張ろうとしているのが周囲から見てあからさまなことも多いため、馬鹿にされてしまうことがあります。


【あるある】大学デビューしたのがバレバレな人の特徴とは?

大学デビューしたのがバレバレな特徴とは

「大学デビューってなんでバレバレなのかな。見分け方がある?」

「大学デビューした人にあるあるな特徴ってどんなのがあるのかな?」

陰キャから垢抜けるために大学デビューを狙っても、バレバレだったらただの恥ずかしい人になって痛いですね。

ただ、具体的に特徴があるとバレやすいのか、具体的にはわからないもの。

そこでここでは、大学デビューがバレバレになりやすい人の特徴を解説していきます。

髪型や言動など共通した特徴を把握して見分け方をつかんでいきましょう。


特徴1. ブリーチしただけの「ど金髪」

大学デビューする人は、とりあえず染めることがかっこいいと思いがち

高校では校則で明るい髪色にできないことも理由になっているのか、その反動で「金髪で目立ちたい」と派手なカラーにするのです。

黒髪からいきなりど金髪にしたり、似合ってもないのに金髪にしてきたりするパターンが多く、大学デビューがバレバレになってしまいます。

そこにおしゃれさが感じられないので、よりただの大学デビューとして見られることに。


特徴2. SNSで未成年飲酒自慢をし始める

大学デビューをして目立ちたいと思っている人たちは、「お酒を飲んだ悪い自分達=イケてる」と思っているのが特徴です。

大学に入ってからインスタのストーリーなどでお酒の写真をアップ。

そして、未成年飲酒をアピールするような行動を取ってしまいます。

法律で禁止されている本当は駄目な行為

にも関わらず、わざわざ公の場でさらす時点で、「大学デビューして一目置かれたい」という心理がバレバレなのです。


特徴3. 「大学だるい」系のツイートが増える

大学デビューしたのがバレバレな特徴とは大学ダルイ系のツイートが増える

高校まで大して目立つタイプではなかった人にあるあるな特徴。

大学デビューする時は、ちょっとでも目立とうとして学校に行っていない人へマウントを取ろうとしがちです。

例えば、何かにつけて「大学だるい、授業めんどくさい」など。

やたらとだるいアピールをするツイートはあるあるです。


特徴4. お金使ったアピールをしがち

大学デビューした人は、自分を良く見せるために余裕を見せたいという心理が働きやすいです。

お金を使う=余裕があるアピールですね。

そのため例えば、

パチンコで〇万円使っちゃった
昨日〇〇(有名なハイブランド)のバッグ買ったんだ!

など、お金を使ったアピールによって余裕がある自分を醸し出そうとします。


特徴5. 地元でやんちゃしてたエピソードを意気揚々と話す

過去の自慢をして、周囲から「すごい」と言われたいという心理も大学デビューあるあるの特徴です。

「地元ではケンカばっかりしてたな」
「実はやんちゃしてたからケンカ強いんだよね」
「学校行ってなかったなぁ〜。仲間と遊んでたわ。」

と、昔はワルだった自分のことを延々と話すなど。

もてはやされたいと思っています。


特徴6. とりあえずピアスを開ける

大学デビューしたのがバレバレな特徴とははピアスをあける

大学デビューの際は、

「悪いことをする=かっこいい、イケてる」

と勘違いして、高校の校則で禁止されていたことほど真っ先にやろうとする特徴があります

例えばピアスは高校では禁止されている場合も多いため、卒業後すぐピアスを開けるパターンはあるあるです。

ピアスを開けている自分がおしゃれでイケてると、酔いしれています。


特徴7. 周囲の真面目な子を馬鹿にして楽しんでいる

「悪さをする=イケてる」という考えが芽生えるのか、逆に真面目にしている人が周囲にいるとダサいと感じます

例えば

「めっちゃ真剣に授業受けてるし、真面目かよ。」
「毎日講義受けてるとか、ガリ勉じゃん。」
「うわ、あいついつも教授に質問してて、意識高い系だわ。」

なんて、何かと馬鹿にしようとして楽しんでいるのです。 

真面目な人に対して、マウントを取るためにやってる所もありますね。


特徴8. 謎のタバコを吸い始める

タバコを吸う人がかっこいいと思っているのも、大学デビューあるあるの特徴です。

高校まではそんなタイプじゃなかったのに、大学デビューでかっこつけようとしていきなりタバコを吸い始めます。

ただ、吸いやすいタバコを選ぶあまり、奇抜な色のタバコを探してきて吸っていることが多いです。


特徴9. 香水を浴びるようにふりかける

大学デビューしたのがバレバレな特徴とは香水を浴びるようにふりかける

大学デビューで心機一転!

彼氏・彼女を作り、楽しい大学生活を送りたいのでしょう。

高校卒業したてでよくあるのが、香水をつけていると大人っぽくてモテやすいという勘違い。

本来はほのかに香らせるべきですが、使ったことがない大学生は単にいっぱい付ければ良いと思うことも。

「いい香りするね」と周囲から言われたいという心理が働いて、香水をかけまくるのです。

香水臭い人は、恋愛が充実した大学生活を送りたいと意気込んでいると見分けられますね。


特徴10. 一眼レフに手を出す

大学という新しい環境で、これまでとは違う自分を見せたいと考えている傾向にあります。

あるあるなのがカメラ。

彼らはカメラを持っていると、何となく知的に見えると思っています

そのため、取り敢えず一眼レフをサラッとぶら下げる。

そして、周囲にスマートなカメラ男子・女子と印象づけようと狙っているのです。


特徴11. お酒強いやつが正義

お酒が強いと周囲から崇拝される

お酒は20歳という高校を卒業してから飲めることが多く、大学デビューした人はお酒に目が行きがち。

ついつい、「酒が強い=カッコいい」と思っています。

例えば、

  • アルコール度数の強いお酒を一気飲みしたと周囲に話す
  • 夕方から朝まで飲み続けたとアピールする

など、酒が得意自慢をして、周囲に「すごい」と言ってほしいのです。


特徴12. 「飲みすぎて記憶ない」のがかっこいい

お酒をめちゃめちゃ飲む=リア充アピール

となっている人も。

たくさん飲む人はイケてるという心理もあります

例えば、

「昨日飲みすぎちゃってさざ。全然記憶ないわー」 「記憶失って、居酒屋のトイレで寝てたw」

なんて自慢げな表情で話しているのも、大学デビューバレバレな人によく見られる言動の一つ。


特徴13. 声が死ぬほど大きい

大学デビューしたのがバレバレな特徴とは声が大きい

特に高校まで陰キャで肩身の狭い思いをしてきた男女にあるあるな特徴。

大学デビューしたら自分の居場所を主張したいがために、声がうるさい。

特に、高校の時に見た陽キャの真似をして「うぇーい!」と騒いだり

いつでもどこでも大声でしゃべっていたりするのです。


特徴14. イケてるグループに入ろうとする

他のイケてる男女グループと一緒にいることで、自分も彼らと仲が良くてイケてる人間だと思ってもらえると考えています。

大学デビューしたての自分1人では自信が持てないこともあって、それまでつるんでこなかったような

  • お酒をよく飲んでるパリピ系グループ
  • 女の子とよく遊んでいるチャラい系なグループ

に入って、自分もモテたりカッコいいと思われたりしたいのでしょう。


特徴15. 大学をサボることに誇りを持っている

「悪いことをする=かっこいい」

という心理は、大学生活でも表れています。

例えば

「だるいからまた授業さぼったわ~」 「今(昼)起きた。面倒くさいから今日学校行かないわ。」

と自慢したりしてくるなど。

大学デビューの定番あるあるですね。

また頻繁に遅刻してくるパターンもよく見られます。


特徴16. 高校の後輩に”充実しているアピール”をする

大学デビューしたのがバレバレな特徴とはは先輩後輩という事でマウントを取る

高校の後輩など目下の人のにカッコつけようとする特徴もあります。

例えば、

「研究とかめっちゃ面白くて、充実してるよ!」
「毎日サークルで飲んでて、ホント大学って良いわ。」

なんてやたらと充実しているアピールするなど。

大学に入ったことで、自分は高校の時とは違うことを見せたいのでしょう。


特徴17. カラオケオールが生きがい

受験勉強から解放されたことによる反動により、大学デビューする人にとってはオールしている時間が幸せです。

例えばカラオケオールはありがち。

とにかく夜更かしして遊ぶことが楽しいのです。

特に、サークルのメンバーやバイト仲間と飲み会の流れでカラオケオールするのが鉄板になっているでしょう。


特徴18. 「ウェイ」が口癖になる

大学デビューしたのがバレバレな特徴とはウエイが口癖になる

特に陰キャだった人が大学デビューしようとした時。

ノリのいい陽気なキャラを目指すパターンも多いです。

あるあるなのが「ウェイ系」というもの。

  • 初めて会った人にもすぐに「ウェーイ」とあいさつ
  • 飲み会で誰かがお酒を一気飲みしたら「ウェーイ」と口にして場を盛り上げる

など。

とにかく「ウェーイ」という言葉を使いがちです。


特徴19. アクセサリーをつけておけばいいと思っている

大学デビューした人は、とにかくアクセサリーを付ければおしゃれに見えると思っていることも。

例えば、今人気の芸能人に憧れて、

  • 指輪
  • バングル
  • ピアス
  • ネックレス

などのアクセサリーを身につけるなど。

自分に似合っているかかどうかは、あまりチェックしていません。

身につけさえすれば、イケてるように見えるという心理から付けているのです。


特徴20. 疲れてないのに「お疲れ」って言いがち

大学デビューする人は、大学生っぽいことに憧れを持っています

高校と違い、大学に入ると先輩たちが挨拶で「お疲れ」を定番に使うことが多め

自分も真似をして、別に疲れていない時でも、友達と会った時や別れる時に「お疲れ」というフレーズを使っているでしょう。


大学デビューしがちな人の傾向|どんな心理があるの?

大学デビューしてしまいがちな人の傾向

「わざわざ大学デビューするのってどんな理由があるの?」

「大学デビューする本人ってどんな意味を感じてるの?」

自分の見た目をガラッと変えてまで大学デビューしようとする理由や心理って、どういうものなのか気になるところですね。

ここからは、大学デビューしがちな人にあるあるな傾向を紹介します。

大学デビューの理由や深層心理を理解していきましょう。


傾向1. 高校の時にいじられキャラだった

高校でいじめられていたり、いじられキャラだったり。

すると、新しい環境に出ることをきっかけに、何とか陰キャのイメージを払拭したいと考えます

そのため、

  • 髪色を黒髪からいきなり金髪にする
  • 濃くて派手メイクする

など、見た目を変えようとがんばりすぎてしまう痛い傾向があるのです。

これまでと真逆の自分を極端に目指そうとして、恥ずかしいバレバレな大学デビューになります。


傾向2. 地元が田舎で都会の大学に進学した

地方から都会の大学に行く場合は、友人と離れることが確定していることもあります。

自分が変わっても地元の友人にはバレないと思っているため、新しい環境では理想の自分を目指そうとしてしまうのです。

そのため、

  • 地味な服装から派手なファッションに変える
  • 髪を染めてパーマもかける

など、思い切った見た目の変化を狙いにいくことも。

地元の人たちの目が気にならないからこそ、それまでの自分を変えるきっかけとして大学デビューを狙うのです。


傾向3. 受験で死ぬ程努力をして入学した

大学デビューしてしまいがちな人の傾向は受験で死ぬほど努力をしてきた

受験で死ぬほど努力をして大学に入った人は、大学への憧れが強いため入学と同時に頑張ってしまいがちです。

「念願の大学に入れたから、キラキラしたい」
「早く友達や恋人を作って毎日楽しみたい」

と考えている人もいるでしょう。

受験から解放された後の精神的な反動が大きいため、思い切った大学デビューになってしまいやすいのです。


傾向4. 高校の校則や家庭のルールが厳しかった

高校までとは違い、大学生活は自由度がグッと高くなります。

そのため、厳しい校則や家の決まりに縛られて過ごしてきた人ほど、大学に入った途端に溜まっていたうっぷんを発散してしまう傾向があるのです。

例えば、

  • 校則で禁止されていたピアスを開けたり茶髪にしたりする

という行為は、大学デビューする人の間で定番となっています。

ずっとやりたいと思っていたことが大学でできるため、ついついやり過ぎてしまうのでしょう。


新入生が気をつけるべきポイント|恥ずかしい思いをしないための秘訣とは?

新入生が気をつけるべきポイント

大学デビューをして見た目が垢抜ける人はたくさんいます。

ただ、失敗してバレバレになると恥ずかしいですし、痛い人と思われてしまいます

そうならないためにも注意点を押さえておくことが大事。

ここからは、大学デビューをする上での注意点をご紹介します

恥ずかしい思いをしないためにも、しっかりチェックしておきましょう。


ポイント1. 身の丈以上のことはしないようにする

大学に入りたての頃は、何でもできると思い込んでしまいがちです。

気が大きくなると、本来の自分とはかけ離れた見た目の変化を狙ったり背伸びしたりして、周囲に違和感を与える恥ずかしい結果に。

上手に垢抜けるためには、ハイブランドのものをたくさん取り入れたり、変にテンションを挙げようとしたりするのは避けてください

あくまでも、自分にあった言動を心がけましょう


ポイント2. 理想の自分をあらかじめ見直しておく

大学デビューがバレバレになって恥ずかしい思いをする人は、

しょっちゅう飲み歩いて授業もさぼるなど、目指すべき大学生像が的外れになってしまっているパターンが多いです

  • 授業などやるべきことをしっかり押さえた上で友達との時間も充実させる

など、そもそも本当にかっこいい大学生とはどういったものなのかをあらかじめ見定めておくことが大切。

そしてそんな理想像から外れないように、日々気をつければ失敗を避けられます。


ポイント3. 関わる友人を選ぶ

魚顔な人の性格や恋愛傾向とは?

大学生は、良くも悪くも友人に流されやすい時期です。

いくら

「この人なんかかっこいい」
「いつもふざけてて一緒にいると楽しい」

と感じても、だらしない人や危ない人とは関わらないようにしましょう

例えば、昼夜逆転生活で寝坊が多く、いつも授業に遅れたりさぼったりする人などには注意してください

「ズボラな友人に影響されて授業に出ないようになり留年してしまった…」

なんてことになれば、とても恥ずかしいですよ。


ポイント4. ファッションや髪型など見た目の知識をつけておく

高校は制服を着ている方は特に注意!

高校はほとんど私服を着る機会が少ないため、高校生の頃の感覚で見た目を変えようとすると、浮いてる感が出がち

人によっては、

「ダサい」
「中二病」

なんて言われてしまうこともあります。

服装やメイク、パーマなど新しい自分を目指すのは良いですが、しっかりと見た目の勉強もしておきましょう

トレンドが変わっても基礎的な知識は重要です。

ファッションのセンスを磨くためにも、ぜひ基本知識は雑誌や本などで勉強しましょう。


ポイント5. 清潔感を大事にする

どれだけ良いものを身につけて自分を飾っても、清潔感がなければみっともないだけです

髭や眉毛も忘れずに整えたり、毎日お風呂に入ったりするなど、基本的な清潔感を忘れないようにしましょう。

爪を綺麗にしたり、服や小物のシワが気にならないかチェックしたりと、細かいところが意外と清潔感の印象を左右しますよ。


【対処法】もし大学デビューに失敗してしまったら?

もし大学デビューに失敗してしまったら

「意気込んでやり過ぎた…。挽回するチャンスはある?」

「大学デビューで失敗したらもう終わりかも…」

大学デビューは周囲にバレバレで失敗してしまうと、友達に引かれて人付き合いが広がらなくなったり、元の陰キャに戻ってしまったりする可能性もあります。

しかし上手に対処法を取ることで、そんな状況を挽回することも十分可能です。

ここからは、大学デビューに失敗した場合の対処法について解説しましょう。


対処法1. とりあえずファッションを見直す

大学デビューして間もない頃に

「あれ、なんか引かれてる?」

と感じた場合は、服装に理由がある可能性が高いです。

まずは

  • 奇抜な服装を狙いすぎていないか?
  • 周りから浮いていないか?

の点を見直すことが対処法のポイント。

周囲の人に馴染むような落ち着いたファッションやメイクに調整することで、悪目立ちすることもなくなります

その結果、自分と似たような雰囲気で話しかけやすい人、絡みやすい人と感じてもらえて、友人関係も広がっていくはずですよ。


対処法2. 髪型が奇抜すぎないか確認する

大学デビューの失敗でよくあるのが、頑張っておしゃれしてます感が出てしまうパターン

特に張り切り過ぎたが故におしゃれを見失って、個性的すぎる髪型や髪色になっている人がよく見られます。

そんな時は周囲のおしゃれな男女を見習って、おしゃれな髪型を再確認しましょう。

いつも大学に行くときに着ている服装で美容院に行って、どんな髪型にすれば似合うか、ファッションとのバランスがいいかなどを相談してみるのもいいです。


対処法3. しばらくは影を潜めて大人しくしている

もし大学デビューに失敗してしまったらはしばらく大人しくしている

一度失敗して目立ってしまうと、しばらくは何を改善しても「痛い人」という印象をぬぐい去るのが難しくなるケースもあります。

そんな時は変に対処法を探そうとせず、ほとぼりが冷めるまで大人しく身を潜めるのも一つの方法です。

そのうちに他の人も同じような失敗をやらかして、あなたの噂は忘れ去られる可能性も。

そこから自分の言動を見直せばよいのです。

その方が、違和感なく再度イメチェンを狙えますよ。


対処法4. 笑い話にしてネタ役にまわる

クールぶっている人が失敗すると、滑稽でカッコ悪く見えることも。

しかし、ネタ役の人であれば失敗も面白いので人気者になれます

最初はクール路線で大学デビューしようとしたものの、自分は違うなと感じる。

そうであれば、自分の失敗をすぐに笑い話にしてキャラを面白路線に持っていきましょう。

「めっちゃかっこつけようとして失敗したわ、ださー」

と自分でいじって笑い飛ばしてしまえば、周囲も親しみやすくなりますよ。


対処法5. 後輩ができたら優しい先輩を演じる

大学デビューを勘違いしていると、ただイキっているだけの人に見られて失敗するパターンも多々見られます。

後輩ができた時にオラオラした先輩になってしまってる場合は、優しくて感じのいい先輩を目指すよう方向転換しましょう。

当たり前のことですがオラオラした人よりも、柔らかくて感じのいい人の方が万人から慕われます

相手を否定することなく思いやりを持って接するよう意識すれば、優しい先輩として自然と人気が出るでしょう。


自分の思い描く素敵な生活を送るために、大学デビューは失敗しないように!

大学デビューは陰キャを変えたいなどの理由で、多くの人が目指すことです。

しかし、服装やメイクを派手にしたり、似合わないパーマをしたりと、がんばり方を間違えて失敗することも多いでしょう。

大学デビューする人には共通した特徴がみられるため、しっかりチェックして見分け方を理解しておいてください。

たとえ失敗してしまっても、正しい対処法を取ることで挽回することは可能です。

今回の情報を役立てて、ぜひあなたも大学デビューを狙いましょう。


よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事