凛々しい顔とは、どんな意味?キリッとした顔つきになる“7つの方法”

凛々しい顔について知りたい方へ。本記事では、凛々しい顔の特徴から、凛々しい顔に合うメイクや髪型まで解説しますので、ぜひ参考にしてください。

“凛々しい”とは、どんな意味?

 凛々しいとは

凛々しいとは、キリッと引き締まった感じや若々しくて雄々しいという意味で、主に人に対して使用する言葉です。

男性、女性に使えて、主に褒め言葉として使用します。

「凛(りん)」とは、立ち振る舞いや外見に緩みがなく、それでいて内側から清らかな美しさを放つ、ということ。

力強さがあり、自信に満ち溢れている様子を表しますが、決して荒々しい感じではありません。

表情や仕草などがエレガントとも表現できる洗練された魅力を指す言葉なのです。


凛々しい顔の6つの特徴|顔立ちや表情で分かる共通点とは?

 凛々しい顔の特徴とは

「頼りがいのあるカッコイイ女性ってどんな外見だろう」

「クールな印象の素敵な女性になってモテたい!」

凛々しい顔立ちに憧れを持つ女性は多いですが、具体的にどんな特徴なのでしょうか。

まずは、凛々しい顔に共通する「顔立ち」や「表情」について解説します。

モテる女性に近づくための参考になさってくださいね。


特徴1. 引き締まった『口元』

口元がぴったりと閉じていると顔が引き締まって見えるため、凛々しい印象を与えられます。

例えば、口元に緩みがないとしっかりした印象を与えられるので、自立した人間に見られるでしょう。


特徴2. 綺麗に整えられた『太めの眉毛』

ある程度の太さを持った眉毛は、確固たる意志が感じられるので、大人っぽい、たくましい印象を与えられます。

また、綺麗に整えられていることで、品のある女性らしい凛とした印象を持たれやすくなりますよ。


特徴3. 彫りが深くてスッキリとした『輪郭』

凛々しい人は横顔が綺麗なイメージがありますよね。彫りが深いと正面はもちろん、横顔がとてもはっきりと綺麗に映ります。

フェイスラインがシュッとすることで、クールな凛々しさを与えるでしょう。


特徴4. きつすぎる位の『強い目力』

 凛々しい顔の特徴とは強い目力

「目で語る」と言われる程、人は目に全ての感情が出るとも言われています。

目力が強いとその分思いも強いと思われるため、しっかりとした凛々しい女性だと印象付けるのです。

  • しっかりとした眼差しからは信念が感じられるので、信頼されやすい
  • 目力が強いと相手の印象に残りやすい

などといった凛々しい顔立ちならではの特徴があります。


特徴5. 真面目なシーンでの『真剣な表情』

凛々しい人は、なんと言っても真剣な表情がかっこいいのが特徴。

普段は優しく笑う人でも、会議などの真面目な場ではキリッとした表情になるので、そのギャップにやられる人は少なくありません。

本人はそんなつもりがなくても顔の造り的にキリッとした表情になりやすいので、周りから凛とした人と思われます。


特徴6. 大きめの『顔のパーツ』

凛々しい人は、大きな目、二重、大きめの口など、パーツがハッキリしている傾向があります。

ハーフっぽい印象が凛々しい姿をより際立たせてくれるのです。

さらに、顔のパーツが大きいと小顔で引き締まって見えるので、凛々しい印象を与えやすいといえるでしょう。


特に『鼻筋』はスッと通っていて綺麗

顔の中心であり印象を左右する鼻筋。凛々しい人は特に鼻筋が通っている傾向があります。

鼻筋が通っている人は、堂々とした自信あふれる印象を持たれやすくなります。自分のぶれない芯があるため、より凛々しく見られるといえますよ。

外国人のように通った鼻筋の顔からは、凛とした美しさを感じる人が多いでしょう。


凛々しい顔立ちになる7つの方法|顔を引き締めるメイクや髪型とは?

 凛々しい顔立ちになる方法

「オシャレが苦手な私でも凛々しい顔になる方法はある?」

「かっこいい美人な女性に見せる方法を教えて欲しい」

凛々しい顔立ちは生まれつきのものかと思ってしまいますが、今からでもメイクや髪型を工夫して凛々しい女性を目指せます。

ここからは、具体的にどのようなことを実践すればいいのか、凛々しい顔になる方法を紹介します。


方法1. ベースメイクはソフトマットでナチュラルにする

あえてマット肌にすることで派手で濃いメイクになりすぎないため、元々持つハッキリとした顔立ちが活かされるでしょう。

艶っぽさを抑え、凛々しい女性らしい、ひんやりとした無機質でクールな印象を与えられますよ。

おすすめは下地を塗ってから、マットな仕上がりになるパウダータイプのファンデーションを使用すること。

特にパウダーファンデーションは、毛の細かいブラシを使うと、毛穴が目立ちにくく、美しい肌を演出できます。


方法2. ストレートでキリっとした太めの眉毛

先述したように、太めの眉毛を持つ顔からは、意志の固さを感じられます。凛々しい顔の象徴とも言えるのが綺麗に整えられたキリっとした眉毛です。

目との距離を近づけるように眉下をぼかしながら書き足すと、目力がアップされて凛々しい印象を演出できるでしょう。

ポイントはパウダータイプとペンシルタイプを使い分けること。

パウダーで眉毛の全体を描いたら、ペンシルタイプで眉毛の薄い部分に描き足していくと自然な仕上がりになります。


方法3. シックな色味のアイシャドウ

目力が強いと凛々しい印象を与えますが、一方、目元を濃いメイクにしすぎてしまうと極端に華美な印象になってしまいます。

そこで、自然体の美しいアイメイクで凛々しい顔立ちに見せましょう。

おすすめは、ブラウン系や明るめのベージュ系のアイカラーです。

肌に馴染む色を選ぶことで目元にナチュラルな立体感が生まれますよ。

薄い色から濃い色まで3色ほど使い分けて、かっこいい目元を演出しましょう。


方法4. 濃すぎない色のルージュやグロス

 凛々しい顔立ちになる方法は濃すぎないルージュ

目元と同様に口元の濃いメイクは派手な印象を与えてしまうため、ナチュラルなルージュやグロスを使用するのがベスト。

控えめなコーラルピンクやベージュ系にすると、濃いメイクにならずナチュラルで大人っぽい印象の凛々しい顔を演出できます。

また、シーンに合わせてカラーを変えるのがおすすめ。

仕事の時は薄めベージュでキリッと、オフの時はピンク系で女性らしくすると、切り替え上手な凛とした女性という印象を与えられます。


方法5. 淡いパステルカラーのチーク

凛々しい顔を演出するにはある程度のメリハリは必要ですが、濃すぎるメイクだとケバく見えるため、チークも淡くナチュラルにつけましょう。

ほんのりと薄付きになるパステルカラーを選ぶのがおすすめ。特にコーラルピンクは日本人の肌に馴染みやすく、上品で美しい印象を与えます。

また、夕方になるとくすみがちになる女性は、化粧直しの際にチークも塗り直して。

そうするとパッと明るい印象の顔になり、1日中凛とした雰囲気をキープできますよ。


方法6. トップのボリュームを抑えるA型シルエットのヘアスタイル

凛々しい顔立ちに見せるには、縦長のラインを作るのがベスト。ただし、髪型のトップがツンツンしていると、猛々しい雰囲気を感じてしまいます。

ナチュラルでエレガントな印象にするために、トップのボリュームは抑えるのがおすすめです。

特に、顔の下にいくにつれて広がる「Aのようなシルエット」は女性らしさも演出できるので魅力をアップさせられますよ。

また、メイクではツヤ感をあえて抑えてマットがおすすめですが、髪の毛はツヤ感を持たせて活き活きと見せましょう


方法7. 目の上ギリギリの前髪

自然に流れる前髪を作っておくと女性らしいシルエットになるので、凛々しい印象を与えられます。

ぱっつんでは子供っぽい印象になってしまうので、目の上ギリギリラインに前髪を流すのがおすすめ。

前髪があることで顔の面積が小さくなるため、よりキリッと凛々しい女性に見せられます。

目が隠れてしまうと凛々しい顔になりにくいので、ヘアアイロンやカーラーで目の上ギリギリに調整しましょう。

少し束感のある方が、かっこいい印象になりますよ。


周りがドキッとする「凛々しい人」を目指してみて。

凛々しい顔立ちは魅力的なので、ついつい憧れてしまいますよね。

でも、生まれつきじゃないから無理と諦めてしまっている人もいるでしょう。

そんな方は、今回ご紹介した凛とした顔になるためのメイク方法や髪型を実践すると、簡単にかっこいい素敵な女性を目指せますよ。

凛とした顔になって過去の自分より魅力的になっちゃいましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事