目立ちたくない人の特徴とは?目立つのが苦手な人はどんな心理なのか解説!

目立ちたくないという人が身近にいる方へ。今記事では、目立ちたくない人の心理から、目立ちたくない人に多く見られる特徴まで詳しくご紹介します。部下に人前に立って目立って欲しい人は参考にしてみてください!

目立ちたくない人が多い日本民族

目立ちたくない人の心理とは

「いや、人前に出て目立つのはちょっと…」

外国人から“謙虚な民族”と言われる日本人って、あまり目立ちたがる人いませんよね。

でも、目立って生きている人からしたら「なんで?」となってしまうもの。目立っているほとんどの人は良い目立ち方をすれば、実績が大きく評価されたり、マネジメント力が付いたり、ムードメーカーになったり、プラスに働くと知ってますから。

「それでも目立つのは苦手なんで…」と目立つことを拒む人はいるはず。今回の記事ではそんな絶対に目立ちたくないという人の特徴を紹介していきますよ。

目立ちたくない人との付き合い方に悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね。


目立ちたくない人の心理とは|内心で考えていることを解説

目立つことを好まない人は一体どんな心理を持っているのか、気になる人もいるのではないでしょうか。

ここでは目立ちたくない人の心理について、詳しく紹介します。

目立ちたくない人を理解する参考にしてみてくださいね。


目立ちたくない人の心理1. 恥ずかしい

たとえ良いことでも、大勢の前で自分の話題があがるのは、ちょっと気まずい気持ちになってしまうもの。

会社でも学校でも、みんなの前で褒められていると顔が赤くなってうつむいてしまうシャイな人を見かけることがありますよね。

目立ってしまうのは照れくさい」と恥ずかしい気持ちがあり、目立つのを好まないのです。

【参考記事】はこちら▽


目立ちたくない人の心理2. 注目されたくない

周囲の人から常に見られるというのは、それが快感になる人もいれば、落ち着かなくて、居心地が悪いとか、怖いと感じる人もいます

仕事でも大勢から注目を集めるプレゼンをやるよりは、プレゼンをお膳立てする裏方をやる方が気楽でいいという人は少なくないでしょう。

あまり注目されたくない控えめな性格を目立ちたくない人は持っているのです。


目立ちたくない人の心理3. 他人と関わりたくない

目立ちたくない人は、基本的に一人でいることが好きな人も少なくありません。

職場でも同僚や後輩と和気あいあいと仕事をしたがる人がいる一方で、一人で黙々と仕事に取り組むのが好きで、「仕事以外の会話をしない」という人もいますよね。

あまり他人と関わりたくない気持ちから、どうしても目立たないような行動になるのです。

【参考記事】はこちら▽


目立ちたくない人の心理4. 妬まれるのが嫌

何かしら秀でた能力を持っていても、それが原因で周囲から孤立するのは望ましくないもの。

仕事に関する知識を誰よりも持っているのに、周囲から嫉妬されるのを恐れて、その知識を隠してしまう人が職場にいるケースもあるでしょう。

妬まれて、周囲から嫌がらせを受けるのでは」と考えて、なるべく目立たないような立ち振る舞いになってしまうのです。


目立ちたくない人の特徴とは|共通するポイントを徹底ガイド

目立ちたくない人はその性格ゆえに、共通する特徴が多く見受けられます

ここからは、目立ちたくない人の特徴について詳しく紹介。

目立ちたくない人とコミュニケーションを取る時など、参考にしてみてくださいね。


目立ちたくない人の特徴1. 人の目を気にする

目立ちたくない人は、他人に悪く思われたくない気持ちが強い傾向があります。

職場や学校などで大騒ぎして、「ウルサイ人だなぁ」と周囲から悪目立ちするよりは、なるべく控えめな行動を心がけて、周囲に悪印象を与えないことを大切にする人もいるもの。

目立たないことで、周囲から嫌われないように気を遣っているのです。

【参考記事】はこちら▽


目立ちたくない人の特徴2. 多数派の意見に従う

目立ちたくない人は、集団の中で自分の意見を押し通すよりも、目立たないほうを優先する傾向があるもの。

職場などで多数派の意見にどうしても納得できないものの、「反対意見を出すと注目される」と考えて、その意見に従ってしまうようなところがあります。

注目をされるぐらいなら自己主張をしないで多数派の意見に従うほうを選ぶのです。


目立ちたくない人の特徴3. 大人しめな服装・髪型をしている

見た目に関してはひと目を引かないものを選ぶ傾向があるのが、目立ちたくない人の特徴。 いつも地味なファッションをしている友達に、「もっとファッションで遊んでみたら」と提案すると、「悪目立ちしたくないから……」と断るケースが見られるもの。 奇抜な服装や髪型で周囲にアピールするのを好まない性格なのです。


目立ちたくない人の特徴4. いつも冷静

目立ちたくない人は、自分の感情を周囲の人たちに見せない傾向があります。

仕事でそれまでの努力が実を結んで大成功をおさめても、感情を全開に出して喜ぶようなことがなく、クールでそっけない対応を見せるでしょう。

喜びでも、怒りでも感情を爆発させてしまうと、目立ってしまうので、いつも冷静な態度になってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


目立ちたくない人の特徴5. 内向的な性格

周囲の人と気兼ねなく付き合う開かれた性格というよりは、気持ちが内にこもりがちなのが目立ちたくない人。

集団の中では誰とでも気軽に付き合う、みんなの人気者タイプというよりは、一人でいるほうが気楽だと考えるタイプだといえるでしょう。

多くの人と関わりたくない気持ちが強いので、なるべく目立ちたくないと思っているのです。

【参考記事】はこちら▽


目立ちたくない人の特徴6. ネガティブ思考

注目を集めることにメリットを感じられない性格なのが目立ちたくない人といえるでしょう。

グループ内で目立つ行動をすれば、「でしゃばり」「自己中」などと嫌われるイメージしか持てなくて、積極的になれないという人もいるものです。

注目を集めるような行動をすることのメリットを感じられないネガティブ思考が、行動を消極的にしてしまいます

【参考記事】はこちら▽


目立ちたくない人の特徴7. マイペース

目立ちたくない人は他人にペースを乱されるのが苦手なもの。

集団内で中心人物のような目立つ存在になるとしきりに話しかけられたり、遊びに誘われたりする機会が増えて、自分のペースで生活できなくなるのを苦痛に感じる人はいるものです。

マイペースで日常をすごしたいと考えているので、なるべく目立ちたくないと考えています。

【参考記事】はこちら▽


目立ちたくない人の特徴8. 緊張しやすい

ささいなことで気持ちが乱れてしまう自分を理解していて、それを警戒するのが目立ちたくない人です。

仕事で大勢の前でプレゼンするのはもとより、仲間内でもみんなの前で話すのは緊張してしまうというあがり症の人っていますよね。

人から注目されると、緊張してしまうので、なるべく目立たないようにしているのです。

【参考記事】はこちら▽


目立ちたくない人の特徴9. 口数が少ない

目立ちたくない人は、あまり人と会話するのが好きではありません。

グループ内で積極的に会話に参加すると、必然的に周囲から注目を集めるので、なるべく目立たずに、静かにしていようと考える人もいます。

あまりに目立ってしまって、会話を多くする機会が訪れるのは面倒だと考えて注目されないようにしているのです。


目立ちたくない人の特徴10. 聞き上手

あまり積極的に発言をして注目を集めるよりは、人の話を聞いてあげるのを好むのが目立ちたくない人。

自分からあまり話をしないので目立たないものの、話を聞いてふくらませるのは得意なので、みんなに好かれている人がいますよね。

聞き役に回るほうが自分に適していると考えているので、自身は目立たたなくていいと考えているのです。

【参考記事】はこちら▽


相手の気持ちに寄り添って、良い関係を

今回は目立ちたくない人が抱く心理や、特徴を深堀りしてみました。

会社や学校などに控えめな人がいて、目立ちたくない人と、本当は目立ちたいけど目立てない人なのか判断がつかない場合もありますよね。

今回紹介した特徴と照らし合わせて相手が目立ちたくない人なのか判断して、適切な付き合い方を見つけてみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事