目立つ人の特徴7選。目立つメリット/デメリットと好印象な目立ち方を解説

大人数の中にいても目立つ人っていますよね。目立つ人はリーダーシップがあってかっこよく感じますが、目立ちすぎることはデメリットにもなりかねません。そこで今回は、目立つ人の特徴や周りから好印象な目立ち方を詳しく解説していきます。

何もしていなくても目立つ人っていますよね。

目立つ人の特徴7選

他の人よりも目立って、自分を認めてもらいたいという気持ちは誰にでもあるもの。

皆が自分の事を噂してくれていたら嬉しいですよね。しかし悪い目立ち方をして、陰口を言われたり、軽蔑されたりするのは避けなければなりません。

ここでは目立つ人の特徴や、メリットデメリットなどを紹介していきますので、相手に好印象を与える良い目立ち方をしたい方は必見です。


周囲の人より存在感がある?目立つ人に共通する7つの特徴

目立つ人はどんな場所にでもいますが、良い意味で目立っている人は羨ましいですよね。女性で顔が美人、男性で顔がイケメンだったり、オーラがある人には憧れます。

しかし、憧れているだけでは、目立つ人にはなれません。

ここでは目立つ人に共通する特徴をまとめました。共通点の中で、自分でも発揮できるものがあれば、積極的に伸ばしてアピールしていきましょう。


特徴1. 姿勢がよく、全体的にスタイルが良い

見た目が良いというのは、それだけでも目立つもの。美人やイケメンの顔でなくても、姿勢やスタイルが良いだけでオーラや存在感が出るのです。

特に今はパソコンやスマホの時代で、猫背や姿勢が悪い見た目の方が多いです。良い異なり方の見た目をすれば、良い目立ち方が出来ます。

努力してスタイルの維持や、姿勢の矯正を行っている人はもちろん、何気なく目立っている人が無意識にやっている特徴でもあります。


特徴2. リーダーシップがあり、先頭に立って行動ができる

人前に立って先導したり、進むべき方向を示すことは、もちろん目立つ行為です。リーダーシップをとると人前で話す回数が増える為、大勢が注目する回数が増えます。

何度も視界に入ったり、声を聴いたりする人物は印象に残りやすく、目立つ存在です。また、先頭に立って起こす行動も、大勢が注目します。イケメンや美女でなくてもリーダーシップをとったり、周囲の前で行動することで目立つのです。


特徴3. 自己肯定感が高く、立ち振る舞いや表情に自信がみなぎっている

人はオーラがあって、存在感がある人に注目します。自己肯定感が強い人は、エネルギッシュで人に影響を与えて動かす力があり、おのずと目立つのです。これは男性も女性も同じです。

大勢の人が同じように、自己肯定感が強くてエネルギッシュであれば目立ちませんが、大勢はいない部類の人間です。目立つ人の中には、人とは異なる圧倒的な自信にみなぎる態度で目立っている人もいます。


特徴4. コミュニケーション能力に優れており、誰とでも親しい関係を築ける

人と上手にコミュニケーションが取れる人は、多くの人の印象に残りやすく目立ちます。また誰とでも親しい関係を築ける能力は、簡単に手に入る能力ではありません。特に大変なのが男性から女性、女性から男性へのコミュニケーション。異性という事で人一倍気を遣います。

誰とでも、男性でも女性でも親しい関係作れるというのは、相手をよく見て臨機応変に対応できる人間にだからこそ成せる業なのです。多くの年代や、女性からも男性からも目立っている人は、人に合わせてコミュニケーションを取っています。


特徴5. 考え方に独自性があり、人とは違った思考プロセスを持っている

単純に人と違うものは目立つもの。具体的な行動でなくても、考え方や思考プロセスでも大きく目立ちます。

考え方や思考が行動につながるので、結果的に人とは異なったものになりやすいのです。切り口が独特な人や、着眼点が異なる人でも同じことが言えるでしょう。もちろん思考は見えませんので、考えているだけでは目立ちません。目立つ人は自分の思考プロセスを、発言や行動につなげてるので目立っているのです。


特徴6. 何かしら特筆したスキルを持っている

人は皆、自分にないものに注目して嫉妬したり、憧れを抱く生き物です。人より優れた能力がスキルがあるのであれば、目立って当然です。

例えばパソコンスキルや資格などでもいいですし、会社内などで一番わかりやすいのは圧倒的な実績でしょう。特に目立とうと思わなくても、他の人には簡単にできないことが出来るだけで目立つのです。


特徴7. 服装や佇まいなど、個性的な雰囲気を醸し出している

皆が同じような服装をしているのに、一人だけ異なる服装をしていたら目立つもの。独特で個性的な雰囲気の男性や女性は、視界に入ったら目に留まりますよね。

目に留まるという事は印象に残りやすく、いい意味でも悪い意味でも個性的なことは目立ちます。良い目立ち方をする人とは、服装や雰囲気が人と異なり、不快な気持ちにさせない個性の出し方をする特徴があるのです。

【参考記事】はこちら▽


目立つ人は嫌われるリスクも高まりやすい?目立つ人のメリットやデメリット

人は誰しもが注目されたい生き物ですが、悪い目立ち方をして嫌われてしまうのは避けたいはずです。

目立つ人には、メリットだけでなくデメリットも存在する事を覚えておきましょう。

ここでは目立つことによって手に入るメリットと、生じるデメリットを紹介します。目立ちたいと考えている人は、デメリットも視野に入れてから行動しましょう。


周囲よりも目立つ人のメリット

芸能人などは認知度が高く、人気者になれれば人生が楽しいはず。目立つメリットはたくさんありそうですよね。具体的なメリットを理解して、良い目立ち方の参考にしてみましょう。

ここでは周囲より目立つ人のメリットについてまとめました。一体どんなメリットあるのでしょうか。


メリット1. 他の人よりも目立つため、目上の人に覚えてもらいやすい

会社や職場で出世を望む場合、人事や評価決定者から自分を覚えてもらう必要があります。会社や職場の組織規模が大きい場合は、目立たなければ顔も覚えてもらえない可能性があります。

目立つ特徴を持っている人は、他の人よりも目に付きやすく噂にもなりやすいため、上にまで評価が届く可能性が高いです。人となりも知ってもらえて評価もしてもらえれば、出世につながる可能性は、他の人に比べて高いというメリットがあります。


メリット2. 自信家で誰に対してもしっかりと自分の意見を述べられる

日ごろから目立っている人は、人前や人の意見に対しての耐性があります。臆することなく自分の意見を伝えることが出来るので、勘違いや余計なストレスを抱えずに済みます。

普通の人は、「こんなこと言っていいのかな」と不安になる場面でも、勇気をもって大胆に発言できるでしょう。自分の意見を述べられるというのは大きなメリットです。


メリット3. 周囲からの認知度も高く、異性からもモテやすくなる

女性も男性も良く知っている人の方が好意を持ちやすいです。たった一度キリあった人よりも、何度も顔を合わせたり、思い出したりする人の方が安心感があるからです。

目立つ人はうわさ話になったり、人前に出る回数が多いので魅力的に感じるもの。顔が美人やイケメンでなくても、目立つことで中身を知ってもらえるチャンスも増えますので、目立つ人はモテるのです。


メリット4. 仕事の場合、上司などに好かれやすく出世しやすい

人間はよく理解している人に安心感を覚えて好意を持ちやすい生き物です。何を考えているのか理解できない部下は、上司は心から好きになれません。

上司から心を開いて接してくれればいいのですが、上司も人間。理解できない人間に完全に心を開き切るのは難しいのです。目立つことで職場の上司から理解されやすく、良好な関係が築けて出世しやすいというメリットがあるのです。


周囲よりも目立つ人のデメリット

一見いいことづくめの目立つ人。しかし、メリットがあればデメリットもあるのが普通ですので、当然目立つ人にもデメリットは存在します。

目立つ人になりたい場合は、デメリットを覚悟した上で行動する必要があるでしょう。

ここでは目立つ人のデメリットを詳しく紹介します。メリットに対してどのようなデメリットがあるのでしょうか。


デメリット1. 周囲から嫉妬されたり、叩かれたりしやすい

人は自分より目立つ人や、能力のある人に嫉妬を抱き、叩くことで満足を得る一面があります。芸能人が良い例ではないでしょうか。自分の事は棚に上げて相手の欠点を責める人は大勢いるのです。

人を叩くことで自分がまともな人に思えて、嫉妬や劣等感をかき消す効果もあるので、人間は人を叩きます。100人いたら100人から好かれる人はいないので、多くの人に目立てば目立つほど、叩かれたりする可能性が上がるのです。


デメリット2. 真面目にしていても、お調子者だと思われやすい

目立つという事は明るくて元気な証拠です。人前で明るくしている印象が強いため、お調子者だと思われてしまう可能性があります。

本当は真面目な性格できっちりとしているのに、お調子者だと思われるせいで、重要な仕事を任されなかったり、真面目な話をしてもらえなかったりすることもあるでしょう。本当は違う性格なのにお調子者と思われやすいことは、目立つことのデメリットの一つです。


デメリット3. 普段から目立つため、ミスや失敗が大きくフォーカスされやすい

人は他人の失敗や不幸が嬉しいという部分を少なからず持っています。普段から目立つ人がミスや失敗をした場合、大勢の人が目立つ人の失敗を笑ったり、叩いたりする可能性が高いです。

特に人気者で日ごろから嫉妬の対象となっていた場合は、格好の的です。目立つという事は常に失敗した時に、馬鹿にされるかもしれないプレッシャーを感じていなければならないというデメリットがあります。


デメリット4. 自己中心的で空気を読まないと、周囲から白い目で見られやすい

良い意味で目立つだけなく、自己中心的な性格をしており、自己顕示欲が強く、人に嫌われながら目立つ人もいます。特に空気が読めないのにも関わらず、自己中心的な性格の場合は、周囲の反応が冷たくなりやすいです。

目立つ人というのは、良い面もそうだけでなく、悪い面も目立ちやすいというデメリットがあるので注意が必要です。


周囲から嫌われる目立つ人の3つの特徴

絶対にしたくない悪い目立ち方。人気者になって人から好かれるのであれば大歓迎ですが、多くの人に嫌われるのはとても辛いです。

嫌われてしまう人の特徴を理解して、気を付けておかなければなりません。

ここでは周囲から嫌われる目立つ人の特徴をまとめました。必ず確認して取り返しのつかない目立ち方をしないようにしましょう。


特徴1. 空気が読めず、自己中心的な振る舞いばかりして悪目立ちする

一対一のコミュニケーションでも自己中心的なふるまいは嫌われるのに、目立ちながら行えば、大勢から嫌われるのは当然。

大勢の前で自己中心的振る舞いをすれば「目立ちたい」という欲求は満たされますが、嫌われてしまっては意味がないでしょう。


特徴2. プライドが高く、人に対して上から目線で接する

上から目線は人に嫌われる態度の代表です。特に目立つ人は人から注目されているという自信もあるため、傲慢になって人を見下してみてしまう可能性があります。

目立つような能力があっても、人にアドバイスをする時は、謙虚に接する必要があるでしょう。よくある例としては、自分のほうが上で正しいと思っているため、自分の意見を押し付けてしまうことです。

プライドが高くて、上から目線の気持ちが発言や行動に出てしまっては、嫌われるような目立ち方をしてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


特徴3. 目立ちたがり屋で周囲から反感や妬みを買ってしまう

特に目立つような魅力やオーラもないのに目立ちたいだけの人は嫌われます。特別に注目すべきところがないのに、いちいち視界に入ってこられたらうんざりしてしまいます。また人はどこかで目立ちたいと誰しも思っているもの。大して何もない人物が目立っていると嫉妬してしまうのです。

目立つというのは「目立ってしまう」という事。自ら目立つために大きな声を出したり、自己主張するのは反感を買いやすいです。


どうやったら好かれる?周囲の人から好印象を与えながら目立つ方法とは

人から好かれるという事は幸せなことです。簡単に人から好かれれば良いですが、人間関係で悩んでいる人は大勢います。

多くの人に好印象を与えて、多く人から好かれることが出来たら最高ですよね。

ここでは周囲の人に好印象を与えながら目立つ方法をまとめました。目立つ人になりたい場合は、好印象を与える方法を理解してから行動に移しましょう。


目立ち方1. いつも明るく前向きな姿勢でいることを心がける

人は出来ることであれば見ていて気分の良い、幸せな気持ちになれる人を見ていたいものです。楽しそうにしている姿や、目標に向かって一生懸命努力している姿などは素敵で元気をもらえますよね。

好印象を与えながら目立ちたい場合は、常に皆の前で前向きな態度を見せて、見ている人を幸せな気持ちにしてあげる必要があるのです。

【参考記事】はこちら▽


目立ち方2. 自分の中にブレない軸を持ち、常に言動や行動に一貫性させる

人は、嘘つきや人をだます様な信用できない人間は嫌いです。卑劣な人間が目立っていたら一斉に叩きたくなるでしょう。スキャンダル起こした芸能人や、犯罪者などがテレビに映ると、関係ない人たちまで目立つ人を叩きます。

周りから好かれる目立つ人になりたい場合は、発言と行動を一致させるなどの当たり前のことを徹底することが大切です。


目立ち方3. 自分が目立つことだけを考えず、しっかりと周りの人にも気を配れる

人は自分の利益しか考えていない人間が嫌いです。目立つという行為自体が自分の欲求にのみフォーカスした行動ですので、目立つ際は人一倍気を遣う必要があります。

人前に立つときは、自分の事だけ考えて振舞わないように、周囲の人間に気を配り、感謝の気持ちをもって周囲の人間を立ててあげるようなふるまいを心がけることが大切です。


周りから好かれる目立つ人になりましょう。

目立つ人は出世をしやすく、単純に異性にモテるというメリットもあります。しかし目立つことで欠点が浮き彫りになりやすいというデメリットがあるので注意が必要です。

相手に好意を持たれるような目立ち方をして、人生を楽しみたいですね。今回の内容をできるところが少しずつ試して、素晴らしい目立ち方を目指していきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事