彼氏と喧嘩した時の仲直り方法は?気まずい空気を変える“きっかけ”を解説

彼氏と喧嘩した時の仲直りの仕方について知りたい女性へ。今記事では、彼氏と喧嘩してしまう主な原因から、上手な仲直りの仕方まで詳しくご紹介します。さらに、喧嘩した時のNG行動や音信不通になった時の対処法も解説。ぜひ参考にして、彼氏と円満な関係を築きましょう!

彼氏と喧嘩した時の仲直り方法を教えます!

彼氏と喧嘩した時の仲直り方法

大好きな彼氏とは「喧嘩をしたくない」と考える女性が多いですよね。

一度喧嘩してしまうと、仲直りのタイミングやきっかけを探すのに悩んでしまうという女性の意見をよく聞きます。

そこで今回は、彼氏と喧嘩する原因や仲直りの仕方、NG行動などを徹底解説!音信不通になった時の対処方法もありますので、自分と彼氏の今の関係に合わせた対処法を参考にしてみてくださいね。


そもそも、彼氏と喧嘩になってしまう主な原因は?

大好きな彼氏と喧嘩になってしまうのは、お互いへの配慮不足や、十分なコミュニケーションが取れないことで起こる信頼関係の希薄さが原因になることが多いですよ。

まずは、彼氏と喧嘩になってしまう主な原因をご紹介します。


原因1. 彼氏が連絡を返さないから

彼氏と離れている時、LINEを送っても既読にならないことや、電話に出ないなどがあると「何で読まないの?」と不安になる女性は多いです。

彼氏に連絡できない理由があっても事後報告になることに納得がいかず、責めてしまう言葉使いが原因になることもあります。また、彼氏が連絡を返さない理由を話しても信じようとしない態度も喧嘩の原因です。

【参考記事】はこちら▽


自分(女性側)が連絡を返さないケースもある

連絡を返さないのは、男性ばかりではありません。女性にも連絡を返さない人はいて、男性も女性と同じように「浮気しているのでは?」「もう嫌われたのかな?」と不安に感じる人もいるでしょう。

問いただせば理由はあるにせよ「聞いていない」「前回は既読して返信もあった」など、互いにお互いのスケジュールを把握できていないことも喧嘩の原因になります。

【参考記事】はこちら▽


原因2. 約束を破ったから

楽しみにしていたデートが仕事でドタキャンになるなど、約束を破った時に喧嘩へ発展するケースも多いです。大切な仕事と比較をしてはいけないと分かっていても、ぶつけようのない寂しさが怒りに変わってこじれてしまうのでしょう。

お互いが無理のないスケジュールで会う約束をしないと起こってしまう事例で、男女ともにやるせない気持ちが残ってしまいます。


原因3. 彼女、または彼氏の束縛や嫉妬が激しいから

信用や安心感が十分に得られないと、束縛や嫉妬が起きやすくなります。好きな気持ちが加速しすぎて「私だけを見て欲しい」といった執着に変ってしまうと、2人の関係性に溝ができてしまうのです。

彼のLINEをのぞき見したり、今日あったことを事細かに説明させたり、尋問や監視といった感覚になれば息苦しさを覚えるでしょう。ストレスが怒りに変わり喧嘩になってしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


彼氏と喧嘩した場合、仲直りするのに最適なタイミングは?

喧嘩の後の気まずい雰囲気は、早急になんとかしたいもの。バトルを繰り広げた後、仲直りするまでの期間やタイミングに最適なのはいつなのでしょうか。

ここからは、喧嘩後に仲直りする最適なタイミングについてご紹介します。


タイミング1. 喧嘩をした日のうちに仲直りする

喧嘩は2人が互いに背を向けた状態です。些細なことでも、期間が長ければ長いほど溝は深くなってしまいます

気まずいかもしれませんが、喧嘩するほど仲良くなりたいのなら、できるだけ早い段階で仲直りして、溝ができないようにしなければなりません。

なので、その日のうちにLINEや電話で直接自分の気持ちを話しましょう。どちらかが元の仲のいい2人に戻りたいと考えている時、大概相手も同じ気持ちでいることが多いですよ。


タイミング2. お互い感情的になっている場合、次の日に仲直りする

派手な喧嘩をしてしまうカップルは、感情に任せて言葉を投げ、相手を傷つけるような言い方をしてしまう人もいるでしょう。怒りが収まりきれない状態でLINEや電話をしてしまうと、またバトルが再燃してしまいかねません。

喜怒哀楽のコントロールが不能になってしまうカップルは、落ち着いて話し合うことで相手を思いやることができるので、翌日に仲直りするのが最適な方法です。


大喧嘩の場合、気持ちに整理がつくまで期間をあける

自分達でさえ止められないほどの大喧嘩になってしまった場合には、音信不通になってしまう期間もできてしまうかもしれません。

今後、本当に歩み寄って仲直りし、後腐れなく過ごせるように冷静に話し合えるのかどうかも含めて、仲直りの時期を検討する必要があります。

冷静になって自分の気持ちを見直す期間でもありますから、焦らないことが大切です。

【参考記事】はこちら▽


彼氏との喧嘩後に仲直りする“最適な方法”とは

もしバトルを繰り広げてしてしまったら、仲直りのきっかけはどう作ればいいのか悩みますよね。気まずい雰囲気を乗り越えて仲直りするためには、どんな方法があるのでしょうか。

ここでは、彼氏と喧嘩した時に仲直りする方法をご紹介します。


仲直りの仕方1. 素直に「ごめん」と謝罪する

喧嘩が始まると彼氏に言い訳もできないほど責められ、自分の非を棚にあげて逆切れしてしまう人も少なくありません。でも、どこまでも自分の言い分を正当化し、意地をはって謝らずにいては仲直りもできないのです。

素直に「ごめんなさい」と謝罪して、彼が怒ってしまう原因を作った事実を認めることで、彼も言い過ぎを反省し、歩み寄りやすいでしょう。


仲直りの仕方2. 自分が悪くない場合、彼氏が謝ってくるのを待つ

誰しも自分に全く非がない状態で謝罪するのは納得がいきません。彼氏にしっかり反省してもらうためには、喧嘩の許容範囲を淡々と伝え、毅然とした態度をとることが大切です。

男性は女性の出方次第で、謝るか逆切れしてしまうかの反応を示します。彼氏が謝ってくるのを待って反省させることも、仲直りテクニックの一つです。


仲直りの仕方3. LINEやメールで「さっきはごめんね」と送る

喧嘩の後、電話や直接会って話をすると本音が言葉にならずに、スッキリ謝れないという人も多いでしょう。気まずい状態が続いてしまう時の仲直り方法は、LINEなどで素直に「さっきはごめんね」の言葉を送ることです。

「ごめんね」のタイミングが遅いと「自分に非はない」「仕方なく誤った」という印象を持たれてしまうこともあります。自分の悪かった部分を認めてすぐに謝ることも大切ですよ。


電話で仲直りをするのもアリ

相手の反応を確かめたい時の仲直りの仕方は、電話が最適です。声のトーンで相手の気持ちを察することができます。互いの気持ちをじっくり聞き合う時間にすることを意識しましょう。

遠距離のカップルが長続きするのは、電話で素直な気持ちを伝え合えるから。LINEのように既読無視されて悩むこともありません。ゆっくりできそうなタイミングをみて電話してみましょう。


仲直りの仕方4. 同棲している場合、次の日に普段どおりの態度で接してみる

毎日一緒に寝起きするカップルは、距離が近すぎるあまり仲直りのきっかけを作るのが難しいケースがあります。男女共に反省するところがあれば、互いに「喧嘩を長引かせたくない」とも考えているはずです。

仲直りの方法は、何事もなかったかのように接すること。最初は彼もぎこちないかもしれませんが、喧嘩を忘れて気持ちを切り替えてくれる彼女との関係も元に戻りやすいです。


仲直りの仕方5. 自分が悪い場合、直接会いに行って彼氏へ謝罪する

もしも自分に喧嘩の火種があった場合、意地を張って謝れない状況が続けば、彼とも別れの危機が迫ってくるかもしれません。理由がどうであれ、彼が許してくれるか分からなくても、まずは非を認め誠意をもって謝罪します。

本当に誠意を伝えたいなら、LINEや電話ではなく、直接彼に会いに行って謝罪しましょう。簡単に済ませられる謝罪でも、足を運んでくれた気持ちは届くはずです。


仲直りの仕方6. 彼氏と本音で話し合う

喧嘩は2人が一旦立ち止まって過去を振り返り、未来をどう進むか判断するきっかけでもあります。彼氏と話し合うことは、お互いに不満や思っていることを全て言い合って、喧嘩を引きずらない仲直りの仕方です。

原因をしっかり見つめるきっかけがあれば、相手に指摘されても素直に受け止められ、改善もしやすくなります。


仲直りの仕方7. 遠距離恋愛の場合、電話で「言いすぎてごめん」と謝る

なかなか会えない遠距離恋愛では、1回のバトルが2人の距離をもっと広げてしまうこともあります。直接会うのは厳しいため、電話で話し合い仲直りするのが最適です。

仲直りのきっかけは、喧嘩になった段階で早めに「言い過ぎてごめん」と伝えた方が良いでしょう。相手の声を聞くことで、声に乗せられる「ごめんね」の感情も伝わりやすくなります。

【参考記事】はこちら▽


彼氏と喧嘩した時にやってはいけないNG行動

せっかく仲直りのチャンスがあっても、泣いてさけんだり、拒んで強がったりして、そのチャンスを逃す人がいます。

次に、彼氏と喧嘩した時にやってはいけないNG行動についてご紹介します。自分に心当たりがないか注意しましょう。


NG行動1. 彼氏が謝ってきても「嫌だ」と意地を張る

彼が誠心誠意で謝ってきた時には、その気持ちをないがしろにしてはいけません。これ以上どうすることもできない相手に対して、相手の謝罪方法を奪ってしまう訳ですから、別れに発展しやすいです。

どうしても納得いかないことがあれば、まずは謝罪を「わかった」と受け取り、その後に「でも…」とするのが賢明です。


NG行動2. 彼氏の連絡を無視する

喧嘩の後に仲直りしようとLINEや電話で連絡をくれる男性も多いでしょう。しかし、LINEを読んでも電話に出ても、怒りや悲しみが収まらないこともあります。

彼の連絡を無視してしまえば、彼が「もういいや」「無視とかありえない」と応答を諦めたり逆切れしたりする原因になることも。

「少し冷静になるまで待っていて」の一言だけでも応答し、気持ちが落ち着いたら連絡を入れるようにした方が最悪の結果を招きません。


NG行動3. 昔の話を蒸し返す

喧嘩が絶えないカップルは「この前だって…!」「じゃあ、あの時はさ…!」などと昔の喧嘩の内容まで蒸し返して、怒りの燃料にしてしまうことがあります。

一度仲直りした喧嘩の内容を蒸し返すと、喧嘩の論点がずれるばかりでなく、彼と過ごしてきた仲直り後の日々も否定してしまうことになります。過ぎたことを今更言われても、険悪感でいっぱいになるだけですよ。


NG行動4. 感情的になって彼氏へ強く当たる

喧嘩の原因を作ってしまった側が感情的に責めると、喧嘩がエスカレートして仲直りできないこともあります。素直に謝りたい気持ちを全て否定されたように感じてしまうからです。

本当に気持ちが落ち着いた状態で仲直りしないと、何度も同じ喧嘩を繰り返してしまいます。ただのヒステリー女にならないように注意が必要です。


喧嘩した彼氏が音信不通になった時の対処法はある?

喧嘩の後になかなか連絡が取れず、不安になってしまう人もいるでしょう。

しかし、男性は怒りの感情を鎮めるまで連絡を断つ人もいますので、気持ちの整理がつくまで連絡は控えて落ち着いたら再度連絡をするのが得策と言えます。

まずは1週間様子を見て、自分からもう一度連絡してみましょう。

【参考記事】はこちら▽


彼氏との喧嘩は早めに仲直りしましょう。

誰しも大好きな彼氏と喧嘩を望むことなどないはずです。しかし、意見の違いや価値観の違いから、全てを認め許すことも簡単ではありません。だからこそ、彼氏とはもっと深い気持ちを普段から伝え合って、冷静で穏やかなコミュニケーションを重ねることが必要です。

喧嘩のあとの仲直りのタイミングやきっかけは、2人の気持ちが歩み寄った時を見極めることが大切ですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事