彼氏にイライラするのは倦怠期?イライラが止まらない理由と対処法を紹介!

デート中、彼氏の行動や言動にイライラがする瞬間ってありますよね。「このイライラは倦怠期なのかな?」と疑問に思っている人も多いでしょう。今回は、彼氏にイライラする理由とそのイライラをなくすための対処法をご紹介します。また、倦怠期についても詳しく解説していきますので、参考にどうぞ!

彼氏にイライラする時ってありますよね。

彼氏にイライラする瞬間

彼氏に対して、普段は好きで好きでたまらなく感じていても、急にうざいと思ってイライラする瞬間がきますよね。

「付き合いたてはどんな会話も、どんなLINEも嬉しくて仕方なかったのに、今や会話もちょっとめんどくさい」

と、このように感じてしまう方は、彼氏と少し話し合った方がいいかもしれません。

今回は、彼氏にイライラする理由や原因をご紹介します。共感すること間違いなしの理由ばかりですよ!イライラが止まらないときの対応や対処法も紹介するので、悩んでいる方はぜひ読んでみてくださいね。


彼氏にイライラするのは倦怠期の可能性も?

倦怠期とは、いわゆる「マンネリ化」。付き合いたては新鮮さが勝って、相手の良いところばかり見えます。よく「恋は盲目」と言われている時期が、この最初の頃です。

対して、倦怠期に入ると、一気に相手の嫌な側面が目立つように。イライラしたり「飽きてきたな」と感じたりしてしまうのです。この倦怠期が、彼氏へのイライラが止まらない理由になっている可能性があります。


倦怠期を乗り越えるカップルの絆は強くなる

倦怠期はどのカップルにも起こり得ること。ずっと付き合いたての頃と変わらない気持ちを持ち続けることは、難しいのです。また、あなたが彼氏に対してそう感じているように、男性側も彼女に対して同じく感じている可能性が高いことも、覚えておくといいでしょう。

目立ち始めてきた相手の嫌なところをお互いが受け入れて、「それでも好き」と包み込んであげられたら、「倦怠期を乗り越えた」状態です。倦怠期を経験し、乗り越えたカップルの絆は強くなること間違いなしです。


共感の嵐…!彼氏にイライラした瞬間はいつ?

彼氏にイライラする瞬間は人それぞれですが、不思議と女性はイライラする瞬間が共通しているようです。女性がどんなときに彼氏に対してイライラするのか見ていきましょう。


1. デートをする時は常に女性側に任せっぱなし

計画は全て女性任せで自分では何もしない彼氏には、イライラしますよね。

彼らの口癖は「何でもいいよ」。「何でもいい、彼女に任せるよ」という言葉が、優しさであると勘違いしているのです。

直してほしいと思っているなら、イライラをぐっと堪えて、「たまには○○(彼氏)の考えたプランでデートしてみたいな」と伝えてみてはいかがでしょうか。


【参考記事】はこちら▽


せっかく決まった場所に言っても小言を言う

何もしないくせに、女性が決めた場所に文句を言ってくると、余計イライラしますよね。「じゃあ、あなたが決めれば?」と言ってしまいそうになった経験をしたことがあるのは、あなただけじゃありませんよ。

何もしてくれないことを根本的に変えたいなら、「直してほしい」と直接伝えるのがベスト。文句を言うところを直してほしいなら、最終決定をする前に場所の候補を彼氏に提示し、その中から選んでもらうようにするといいでしょう。


2. デートの待ち合わせに遅刻する

時間にルーズでデートの待ち合わせに平気で遅刻するような彼氏にも、イライラすることでしょう。

しかも、こういう男性に限って、下手な言い訳をするのです。電車は遅れてないのに「電車が止まった」、その辺にある花屋さんでお花を買っていたのに「君のために遠くまで行ってプレゼントを選んでいたら遅くなった」、まだ家を出ていないのに「もう電車に乗るよ」など。

一度ならまだ許せますが、毎回この様子だと、今後の付き合い方を考えてしまいますよね。


【参考記事】はこちら▽


急にドタキャンされる

急なドタキャンをする彼氏にも、イライラは募ります。

女性はデートに向けて、コンディションを整えたり、メイクをがんばったり、洋服を選んだり、気持ちを高めて準備に時間をかけますよね。

それなのにも関わらず、「ごめん、今日やっぱ無理」の一言で、その努力が水の泡に。イライラするのは当たり前です。

ドタキャンが続くようなら、一度話し合いの場を設けた方がお互いのためになりますよ。


3. 何事も「上から目線」で話をされる

男性によくあるのが、女性を下に見ていること。アドバイスがすべて上から目線だと、イライラしますよね。たとえば、料理の味付けひとつにしても、まるで自分が完璧にできるように言ってきます。

もし本当に料理が上手な彼氏であれば、素直にアドバイスを聞き入れたくなりますが、上から目線の助言をしてくる彼氏は、大抵何もできない人。イライラしたら、軽く無視してもいいでしょう。


【参考記事】はこちら▽


4. ちっちゃいことを気にしすぎる

小さなことを気にしすぎて、細かすぎる彼氏にもイライラしますよね。

たとえば、彼氏の家で「何かをしてあげよう」と片付けや料理をしたら、「フライパンはここに置かないとだめ」「リモコンの定位置はここだから」とこまごま言われるなど。めんどくさくてもう何もしてあげたくないと思ってしまいます。

また、相手からの言葉を深読みして「どうしよう……」とクヨクヨしている彼氏は、めんどくさくてイライラするでしょう。

ですが、「気にしなくて大丈夫だよ」とあなたが助言してあげるだけで、不安がなくなることも。イライラをグッと堪えて、声をかけてあげてはいかがでしょうか。


【参考記事】はこちら▽


5. 食事中に「クチャクチャ」と口を開けながら食べる

倦怠期が訪れると気になり出すのが、彼氏の食事マナー。

クチャクチャと音を立てながら食べる彼氏を見ていると、段々気持ち悪くなってきます。「どうして行儀よく食べられないんだろう」とイライラが止まらない女性は多いはずです。

こういったところで下品な男性とは、一緒に過ごしたくなくなりますよね。

食事マナーが悪い男性は、親からちゃんとしたマナーを教えてもらわなかったのでしょう。注意を受けず甘やかされて育った可能性が高いので、結婚相手としても考えものですよ。


【参考記事】はこちら▽


口に物が入ったまましゃべりかけてくる

いくら彼氏でも、口の中の食べ物までは見たくありません。汚くて不快ですし、そのまましゃべりかけられても、何を言っているのかわからないですよね。好きで付き合った彼氏のことを、気持ち悪いと思いたくないはず。

「口に物が入った状態でしゃべらない」ことは、ほんの少しの意識で改善できます。彼氏に「気をつけてほしい」とお願いしてみるといいでしょう。


6. びっくりするくらい、彼女の話を聞かない

お互いが同じくらい自分の話をして聞き合うのが、バランスいいカップルですよね。しかし、彼女の話をまったく聞かない男性が意外にも多くいるのです。

彼女が熱心に話していても上の空。相づちも適当。イライラしないわけがありませんよね。

あなたの話を驚くほど聞かない彼氏は、そもそも自分のことにしか興味がないのかもしれません。付き合い方を考えた方があなたのためです。この行動は「仕方ない」と受け入れるのではなく、今後のためにもしっかり伝えるべきでしょう。


【参考記事】はこちら▽


自分の話は最優先で話をさせようとしてくる。

彼女の話をぜんぜん聞かない割に、自分の話は真剣に聞くべきと考えている、自分勝手な男性もいるのです。

「でも」「そうだね」の相づちのあとは、「俺は」が続く。どんな話でもぜんぶ自分の話につなげようとする彼氏にイライラするのは、仕方ないことです。

自分勝手な彼氏は、会話だけではなく、全てのことにおいてあなたをないがしろにする可能性が高いのです。これからの行動もじっくり観察しておいた方がいいでしょう。


彼氏にイライラする原因や理由とは

次に、彼氏に対してイライラする原因を探っていきましょう。全部彼氏が悪いと思っていたことも、もしかしたら彼女自身に問題があるかも知れません。どんな原因や理由があるのか見ていきましょう。


イライラする理由が、自分にある場合


1. 女の子の日で、感情が起伏している

普段一緒にいるときに言われても、何とも思わないのに、「今日はイライラするな……」と感じた場合。もしかしたら女性の体調に原因があるかもしれません。

女の子の日の前や当日で気持ちが荒ぶってしまうのは、ホルモンバランスが理由なので、自分ではコントロールしきれることではありません。もし、PMSがひどい場合は、その時期に連絡をしたりデートをしたりするのは避けるなどの対策が必要です。

ただし、同棲中など一緒にいなければいけない状況のカップルもいますよね。その場合は、PMSの症状がひどいことや、イライラをぶつけてしまうかもしれないなど、前もって彼氏に説明しておくといった対応をすると安心です。


【参考記事】はこちら▽


2. ナチュラルに体調が悪くて、少し感情的になっている

体調が悪くなると、気持ちに余裕がなくなりますよね。いつもはイライラしないようなことでもイライラしてしまうのは、体調の悪さが原因かもしれません。

たくさんごはんを食べて、たっぷり睡眠をとって、いつもの体調に戻ったら、彼氏へのイライラもおさまるはずですよ。

また、体調が悪いときのLINEや電話での連絡は最小限に抑えるのがおすすめ。イライラの芽をなるべく排除しておきましょう。


ストレスが溜まっている時も要注意

身体的な不調はもちろんですが、心の不調にも注意が必要です。

仕事などでイライラして余裕がなくなっているときは、関係ない彼氏に対してもイライラしてしまう可能性があります。

その状態では、仕事と彼氏、どちらにもイライラして疲弊してしまうでしょう。心に平穏が訪れるまではしばらく、彼氏とずっと一緒にいることは避けた方がいいかもしれません。


3. 理想が高く、男性に完璧を求めてしまっている。

理想が高く、「男性はこうであってほしい」と凝り固まって考えを持ってはいませんか。もし自分の高い理想に当てはまらないとすぐにイライラしてしまうようなら、彼氏と上手に付き合っていくのは難しいかもしれません。

もし、彼氏があなたに対して自分の理想の彼女像を押し付けてきたら、嫌な気分になりますよね。「そのままのわたしを好きでいてほしい」と思うはず。それと同じことです。

彼氏に自分の考えを押し付けすぎると、あなたと一緒にいること自体が窮屈に感じてしまいますよ。


【参考記事】はこちら▽


彼女がイライラする、その他の原因


1. 倦怠期に入っている

倦怠期に入って、相手に飽きてきていることが、イライラが目につく原因かもしれません。

倦怠期の大きな理由は「慣れ」です。デートにも会話の内容にも新鮮味がなくなり、一緒にいることに慣れてしまってきているのです。

倦怠期から脱出したいなら、デートに新しいことを取り入れるのがおすすめ。同棲しているなら、あえて待ち合わせをしたり、普段は参加しないイベントに参加してみたりしてはいかがでしょうか。


【参考記事】はこちら▽


2. 彼氏に対して理想と現実が違っていた

付き合うまでは「ステキに見えるフィルター」がかかっていて、とても魅力的に見えていた彼氏。女性は誰しも、好きな人の普段の言動から、「付き合ったらこんな感じなんだろうな」と想像しますよね。

しかし、付き合ったあとに、その人の本質的なところが見えてくるのが現実。彼氏に抱いていた理想と、現実とのギャップが大きいことが原因で、イライラが止まらないパターンもあります。


3 そもそも、彼氏との価値観が合わない

そもそも、彼氏との価値観が合っていないから、イライラしてしまうパターンも。他人を根本的に変えるのは難しいことです。そのため、あなたが彼氏を受け入れるか、受け入れられずに離れるか、どちらかの選択が必要。

価値観が合わずにイライラしている状態で長く付き合っても、結局最後は価値観の違いで別れることになってしまうでしょう。


彼氏にイライラした時の対処法

彼氏にイライラしたからと言って簡単に別れを決めてしまっては、後悔するかもしれません。いくつか解決策を試してみてから最後の決断をしてみてくださいね。それでは早速、彼氏に対してイライラした時の対処法をお教えします。


1. カラオケやスポーツジムに行き、ストレスを発散する

彼氏へのイライラが止まらないときは、相手に当たり散らすのではなく、自分の中でイライラを解消できる対処法をいくつか持っておくといいでしょう。

歌うことが好きな人におすすめなのは、カラオケに行くこと。大きい声で歌うと、スカッとしますよ。

また、スポーツジムで汗をかき、ストレスを発散するのもおすすめの対処法です。運動している間はそれに集中できるので、イライラさせる彼氏のことをしばらく忘れられます。


【参考記事】はこちら▽


2. 仲の良い友だちに愚痴る

おすすめのイライラ対応方法は、仲の良い友だちに愚痴ること。女子の悩みは女子同士で分かち合うに限ります。

仲の良い女友だちに愚痴って、スカッとするのはいかがでしょうか。根本的な解決にはならないですが、誰かに話すだけで、不思議とイライラが落ち着いてくるはずです。

仲の良い友人と直接会えないなら、電話やLINEで連絡して話を聞いてもらうだけでも気が紛れてくるのでおすすめです。


3. 好きな物を食べたり、買い物に行く

女性が大好きなショッピングでイライラを発散するのもいいですね。イライラを我慢したご褒美に、自分へずっと欲しかったアイテムを買ってあげましょう。

また、おいしいごはんを食べにいくと、幸福感に包まれます。これもおすすめしたいイライラへの対応の仕方です。

しかし、同棲をしているカップルだと、自分だけの時間を持つことは難しいかもしれません。おすすめなのは、月に一度程度、お互いが自由に過ごせる日を作ること。

干渉せず、好きなことに費やせる時間を持つことで、気持ちに余裕が生まれてきますよ。その日に、友だちに連絡して、買い物やグルメ旅に付き合ってもらうといいでしょう。

自分の機嫌を自分で取れる対処法を持っていると、周りと上手に付き合っていけますよ。


【参考記事】はこちら▽


4. 相手の悪い所ではなく、良い所に目を向ける

付き合いたては良いところがたくさん見えていたのに、時間がたつとどんどん悪いところばかり気になりだしますよね。好きだった相手に対して「うざい」「めんどくさい」と感じてしまうのは悲しいこと。

その見方をあらためて、意識的に彼氏の良いところを見てあげるようにしてはいかがでしょうか。好きで付き合った相手ですから、本当に好きなら、良いところを見つけられるはずです。

どうしても良いところが見つからないなら、もうすでに、あなたの気持ちが冷めてしまっているのかもしれません。


5. 寛容な心で相手を受け入れる。

「あなたの良いところはここ。『だから』好き」ではなく、「あなたはこういう悪いところがある。『だけど』好き」と言えることこそ、本当の愛情です。

人間だから、悪いところがあるのは当たり前だと、寛容な心で受け入れることも必要ですよ。

彼氏も、言わないだけで、あなたの悪いところを受け入れてくれているかもしれません。そう思ったら、少しは寛容に受け止められそうだと思いませんか。


【参考記事】はこちら▽


6. 彼氏のイライラする原因を指摘する

好きなところを見るように意識しても、寛容な心で受け入れようとしても、どうしてもイライラが止まらないこともあるはず。そんなときは、直接彼氏に「あなたは、こういうところを直してくれたら、もっとステキな人になれると思う」と伝えてみましょう。

ポイントは、相手を責める口調で伝えないこと。男性にはプライドがありますから、ズタズタに傷つけられるような言い方をされたら、素直に受け止められません。上手に彼をコントロールしてあげるのが、賢い彼女ですよ。


【参考記事】はこちら▽


彼氏にイライラしたら、まずは正しい対処法を試してみて。

付き合うことは、自分という人間を相手に受け入れてもらうこと。そして相手を受け入れることです。そうやって素を見せ合う関係になれたら、相手の嫌な部分も見ることになります。

彼氏に対してイライラしてしまうのが悪いことではありません。そのイライラに対して、どのように対応するかが大切です。イライラする時期には連絡の頻度を抑えたり、自分の好きなことをしてイライラを解消したりしてみましょう。

イライラしてすぐに「うざい」「めんどくさい」と感じるのではなく、イライラへの対処法を見つけ、上手に付き合っていけるように努力してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事