休日に引きこもりがちな人の特徴とは?出不精を改善する克服方法を解説

休日に引きこもりがちな方へ。今記事では、休日に引きこもりがちな人の特徴や原因から、出不精を改善する方法まで詳しくご紹介します。自宅でのんびり過ごすのも魅力ですが、より有意義な休みを過ごしたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

休日に引きこもる体質を改善したい人必見!

休日に家に引きこもる人

せっかくの休みなのに、部屋に引きこもって一日を無駄に過ごしてしまうことはありませんか。

「休日を有意義に使いたいけど、どうしてもダラダラしてしまう」と悩んでいる人は多いものです。

そこで今回は、引きこもりをやめて、もっと充実した休日を過ごすために役立つ情報をお届けします。引きこもりを脱出してもっとアクティブになりたい人は必見ですよ!


どんな人が多い?休日に引きこもりがちな人の特徴

「明日は休みだ〜」と喜びながらも、特に出かける予定を作らない人は多いようです。休日をずっと家の中で過ごしてしまうのは、性格や趣向と大いに関係があります。まずは、休みに引きこもりがちな人の特徴を見ていきましょう。


特徴1. 休みの前日は食料を買い込んで帰る

一人暮らしの社会人に多いのですが、休み前日の仕事帰りはお買い物タイム。録画しておいたテレビ番組や、見たいネット動画を思う存分楽しむためにも、食料を買い込んでおきます。スマホゲームや他の趣味にハマっている人も同様です。

食事のために外出することをなくして、長時間引きこもっていられるように事前準備をするのが特徴と言えます。


特徴2. 自分の家が一番好き

外出すれば、突然の雨、暑さや寒さ、交通機関の遅延や人混みなど、うっとうしく感じる状況が発生しやすいですよね。そのようなストレスがない自宅は、一番心の落ち着く場所になります。一人暮らしだったり、家族との仲が良かったりすれば、なおさらリラックスできる空間です。

特に不自由もなくて、ありのままでいられる自宅が大好きな人は、引きこもって家から出たがらないのも当然でしょう。


特徴3. 休日の誘いは基本的に断る

忙しい社会人なら、休日に遊ぶ元気がないのも仕方ありませんよね。そのため、友達がせっかく誘ってくれても、身支度をしたり、約束の時間に待ち合わせ場所へ行ったりするのを億劫に感じてしまいます。

無理して休日も遊んだら、体調を崩してしまう心配も。体力を温存しておきたいという防衛本能が働くため、お誘いを断って引きこもりの過ごし方を選ぶという特徴があります。


特徴4. 人混みが好きじゃない

通勤で満員電車に毎日揺られている社会人なら、休みの日ぐらいは人混みから離れたくなるものです。そうでなくても、祝休日の行楽地は家族連れやカップルでごった返しています。貴重な休みを潰して、わざわざ混雑している中へ出かけたいとは思いませんよね。

レジャーをゆっくり楽しめず、リフレッシュするどころかかえって疲れると考えるので、休日に引きこもる人は人混みを好まないのが特徴です。


特徴5. フットワークが重い

休みに出かけるとなると、「いちいち着替えるのがダルい」と思う男性や、「化粧するのが面倒くさい」という女性がいます。出不精な人は身だしなみを整えるのが煩わしく、外出しようと思うだけで気が重くなるものです。

初動が遅くて無駄に時間がかかるため、外出することはエネルギーを浪費する行動に思えてきます。結果、ますます外に出たがらないという悪循環に陥ってしまうのです。


理由は何?休日に引きこもってしまう原因とは

休みの日は、普段行けないところに行くには絶好のチャンスですよね。買い物に行ったり映画を見に行ったり、休日にしかできないことはたくさんあるはずです。

それにもかかわらず、引きこもってしまう理由とは何でしょうか。以下に6つの原因を挙げてみました。


原因1. もともとインドア派だから

休日に外に出たがらないのは、読書をしたり、絵を描いたり、動画を見たり、室内でやることに没頭したい気質の人に多いようです。また、開放的なアウトドアよりも、閉じられた空間のほうが落ち着くという性格を持っています。

家で何かをするのが好きなので、出かける気にならないのも仕方ありません。休みの時こそインドアの過ごし方を満喫したいと思っているのですね。


原因2. 遊びに行く友達がいないから

行きたいところはあるけれど、一人で行くのは気が進まないって人いますよね。学生時代に友達とつるんでばかりいたタイプは、社会人になって友達と休みが合わなくなると、外へ遊びに行く頻度が激減するケースがあります。

買い物や食事などを一人で楽しめないと思い込んでいる人は、一緒に出かける相手がいなければ引きこもりの原因となってしまうようです。

【参考記事】はこちら▽


原因3. 家で過ごして節約しようと思っているから

外へ出れば、交通費や飲食費などいくらかのお金を使います。完全に無料で利用できる施設はそう多くはないので、遊びに出かければ何らかの代金を支払うことになるのが普通ですよね。

貯金したい人や節約が好きな人は、外出が浪費につながると考えています。そのため、特に用事がなければ家に引きこもって、無駄な出費のない過ごし方を好みます。


原因4. 自宅で取り組める趣味があるから

インターネットやIT機器の発達によって、自宅にいながら高度な体験ができるようになりました。オープンワールドのゲームやVRテクノロジーは、リアルな世界をも超えた面白さを経験できるので大人気です。

ハウツー系のインターネットコンテンツも充実し、家庭でのDIYも一昔前に比べると多種多様かつハイレベルで可能になってきています。インドアでできる趣味が広がってきたことも、休日に引きこもる人が増えている原因だと言って良いでしょう。


原因5. 女性の場合、化粧やヘアセットが面倒くさいから

男性でも外出時に身なりに気を遣う人も多くいますが、社会人女性なら、ほぼ全員が化粧をして出かけるはずです。ヘアスタイルにまでこだわると、外出する前にそれなりの準備が必要になりますよね。

休みの日ぐらいゆっくりしたいと思えば、化粧やヘアセットが非常に煩わしく感じるもの。出かけなければスッピンのまま家でゆっくり過ごせると考えて、休日には引きこもってしまいたくなります。


原因6. 仕事の疲労が溜まっているから

毎日の仕事がハードだと、休日は寝て過ごしたいと思うものです。

学生のうちは若いこともあって、休みの日に遊びに行く過ごし方もできたかもしれません。ところが、社会人になり、毎日の疲労が溜まってくる年齢になると、休日に遊びに出かける体力がなくなる人もいるでしょう。

仕事に疲れて余力がないので、一日中家に引きこもっていたいと思うのも仕方ありませんね。

【参考記事】はこちら▽


休日に引きこもるメリット/デメリットは?

休みの日は、言うなれば「人生の自由時間」です。普段行けないところに行ってもいいですし、部屋に引きこもっていてもいいはず。とはいえ、引きこもることには良い面も悪い面もあります。

ここからは、休日に家で引きこもる過ごし方のメリットやデメリットについて解説します。


休日に引きこもるメリット

引きこもり派の人にとっては、「外出するのが嫌だから」という消極的な理由以外にも、引きこもりの過ごし方を選択したくなるメリットがいくつかあります。

この項では、休みの日に出かけるよりも引きこもったほうが良い点を3つ紹介しましょう。


メリット1. 自分の時間をゆっくり過ごせる

社会人として忙しい日々を送っていると、家事や趣味などが満足にできないことが多いですよね。自宅で丸一日を過ごせば、掃除をしたり音楽を聴いたりする時間を確保できます。

ゆっくりと充実した休日の過ごし方で、自分の心と体のメンテナンス。休み明けの仕事にフレッシュな気持ちで取り組めるのは、引きこもりの大きなメリットと言えるでしょう。


メリット2. 外出による出費がなくなる

休みの日に遊びに出かけたり、買い物をしに行ったりすると、数千円から数万円の出費になりますよね。毎週でないとしても、月に何回か出かけるだけで遊興費もバカにならず、貯金も増えません。

一切外出せずに引きこもっていれば、休日の無駄遣いを防げるので、何か目的があって貯金をしたい人には最も手軽な節約術となります。


メリット3. のんびり過ごすことで体力を回復できる

朝早くに出勤し、残業で深夜に帰宅。そんな毎日を送っていたら、休みの日に出かける気力も体力もないでしょう。睡眠不足も重なれば、休日は一日中寝ていたいと思うのも当然です。

遊びの予定を入れることなく、家でのんびり休むと少しは疲れを取り除けますよね。無理せず引きこもることで体力回復を図れるのも、メリットのうちの一つです。


休日に引きこもるデメリット

外出せず、自宅でのんびりと休みの日を満喫するのが好きだとしても、いくつかのマイナス要素があるのを無視できないでしょう。

ここでは、休日に全く外出しないために発生してしまうデメリットを解説します。


デメリット1. 周囲から誘われにくくなる

休日に友達からの誘いを何度も断っていたら、「誘っても無駄かな」と思われるようになります。休みのたびに家に引きこもっている姿ばかり見せていると、恋人や家族からも誘われにくくなるものです。

引きこもってばかりいると、「たまには誰かと出かけようかな」と思った時には、誰にも声をかけられなくなっているというデメリットがあります。


デメリット2. 運動不足になりやすい

家の中に運動器具がなければ、休みの時はほとんど座るか寝るかして一日が終わるはずです。部屋にこもって筋トレするのが趣味だという男性もいるかもしれませんが、「活動的な引きこもり」なんて基本的にはいませんよね。

自宅でまったりするよりも、外でアクティブにしているほうが体を多く動かせるのは明らかです。休日にいつも引きこもっていたら、どんどん運動不足になってしまいます。


デメリット3. 自己嫌悪に陥りやすい

家でゴロゴロしているのは精神的に楽ですよね。しかし、家の中でダラダラと過ごしてばかりいると、ふとした時に「何やってんだろ」と考えてしまう時があります。

休日を有効に使えば、男性なら趣味を見つけて打ち込んだり、女性なら自分を磨いたりできるはずですよね。

引きこもって人生を無駄にしている自分に気付くと、自己嫌悪に陥りやすいデメリットがあります。

【参考記事】はこちら▽


休日に引きこもるのをやめたい!改善してアクティブになる方法

悪いことばかりではないとはいえ、休みが来るたびに引きこもるのは健全ではないでしょう。引きこもりをやめたいなら、休日に外でも楽しめるようになることも大切

最後に、休みをアクティブに過ごせる人になる方法をレクチャーします。


改善方法1. 休日も規則正しい生活を心がける

休みの日に昼まで寝てしまうと、外出するタイミングを失います。結局、一日中引きこもる結果に。何もできないまま休日が終わるのは少しやるせないものです。

引きこもりをやめたい人の一番の解決策は「早起き」。

仕事がある日と同じように規則正しい生活を送れば、午前中から活動を始められます。買い物や外食に出かけるなど時間を有意義に使えるので、引きこもりを改善するのに良い方法です。


改善方法2. 新しい趣味や習い事を始める

引きこもりの状況を打開するためには少なくないエネルギーが必要です。新しく興味を持つものができると、新鮮な気持ちとやる気が生まれてくるので、趣味や習い事を始めてみるのをおすすめします。

何かに熱中すると体の奥底からエネルギーが湧いてくるはず。やることもなく引きこもっていた休日が、活力にあふれた楽しい一日に変わっていくのを実感できるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


改善方法3. 外出用の洋服を購入する

「外出するのに着替えるのが面倒」という人が引きこもりから脱出するのは簡単。着替えたくなるような、お気に入りの服を持てばいいのです。男性でも女性でも、着ればテンションが上がるようなおしゃれな一着を購入しましょう。

家の中で素敵な服を着てもつまらないですから、自然と外に出かけようという気持ちが芽生えるようになります。家で引きこもるよりも街に出るのが楽しみになる改善方法です。


改善方法4. 恋愛をする

「休みになっても外出する用事がないし、一緒に出かける相手もいない」と嘆くくらいなら、気になる誰かを好きになってみましょう。

まずは友達からで構いません。いつかは恋人となってくれそうな異性がいれば、思い切ってアタックしてみてください。

恋愛をすれば、男性であれ女性であれ、好きな人とデートに行けるのが嬉しいはず。休日に二人で出かける機会が増えるので、引きこもりもあっけなく解消できますよ。

【参考記事】はこちら▽


改善方法5. アクティブな人と友達になってみる

いつも休日を楽しそうに過ごしているアクティブな人がいるなら、男性か女性かを気にせずに仲良くなってみましょう。活発な人と一緒に行動していると、知らず知らずのうちに自分も行動的になっていくので、休みに外へ出るのが苦ではなくなります。

休みの日に何かと遊びに誘ってくれる友達を一人作るだけで、引きこもっていた悪循環の状況から脱出することができます。


改善方法6. 一人で楽しめるスポットを巡ってみる

「友達と出かけると気を遣うから嫌だ」という人は、無理して誰かと遊びに行く必要はありません。自分だけで行きたいところに行って、好きなように楽しめば良いのです。一人でも楽しめる場所はいろいろとあります。

最近は一人カラオケも増えていますし、ダーツやビリヤードなどは一人で行ったほうがたくさん練習できてお得です。

気ままに思う存分楽しめて、良い気分転換になりますよ。一人遊びできる場所を巡っているうちに、引きこもりが解消されるでしょう。


改善方法7. 休日に体を動かす習慣をつける

最初は家の周りをウォーキングしたり、ジョギングしたりするだけでもいいです。外に出たくなければ部屋の中で筋トレでも構いません。5分でも10分でも、休日には少しでも体を動かしましょう。

引きこもっていたら筋力は衰えるばかり。運動不足が解消されて体力がついてくれば、フットワークが軽くなって休日の外出も嫌でなくなるはずですよ。


少しずつ改善して、充実した休日を過ごしましょう。

引きこもりにはメリットといえる部分もありますが、やはり健全でないと感じて「何とかしたい!」と考えている人が多いのも事実。日々の疲れもあるので、休日に引きこもってしまう状況を打破するのは難しいと思ってしまいますよね。

実は「できることを、できる範囲でやっていく」だけでいいのです。完全解決しようとするとハードルが高くなって、逆にやる気が出なくなります。

「たまには外に出てみようかな」と気が向いた時は、この記事の改善方法を参考にしてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事