お金がない時の切り抜け方8選|金欠になる人の特徴と原因も解説

お金がないと悩んでいる方へ。今記事では、お金がないと言われる人の特徴から、金欠に陥る主な原因、お金がない時の対処法まで詳しくご紹介します。給料日前になるといつも金欠で困っている人は、ぜひ参考にして、上手なお金の使い方をマスターしましょう!

お金がない時ってすごく不安ですよね。

お金がない時の切り抜け方

お金がないため不安、貯金ができないと悩んでいませんか。月末になると、金ない状態で乗り切り方に苦労する人もいるでしょう。

そこで今回は、お金がないといわれる人の特徴や、お金がない原因、金欠の時の乗り切り方をご紹介します。

お金がない不安感をなくしたい人や仕事でもっと稼ぐ方法が知りたい人、貯金にチャレンジしたい人もぜひ参考にしてください。


普段から「お金がない」と言う人の特徴とは?

身の回りに、もしくは自分自身が気が付くと「お金がない」と口にしている人がいます。

普段からお金がない、と言っているまさにお金ない状態で不安な人には、共通した特徴があるのです。

普段からお金がないと言う人の7つの特徴を見てみましょう。


お金がないと言う人の特徴1. 仕事を転々としていて定職に就いていない

お金がない原因の一つに、収入が安定せずにその日暮らしの日々を過ごしていることがあります。

安定した仕事をしていないので、日々の生活費を安定して稼ぐ手段がないため、お金がない人も多いでしょう。

仕事を転々としている、アルバイトなどの非正規の仕事など定職についてない人も多くなっています。安定して働く手段を持っていないのも、お金がない人の特徴の一つです。


お金がないと言う人の特徴2. 能天気な性格で危機感がない

生活するお金が少なくなっている状態でも、「何とかしなければ」と危機感を抱けない人は、ぎりぎりまで働く意欲は湧かない傾向があります。

たとえ手元にお金が少なくても「何とかなるから大丈夫」と楽観的に考えてしまいやすいです。

能天気な性格の人も、本当のお金がなくなるまで働くなどの手段を取らないため、お金に困る状態になりやすいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


お金がないと言う人の特徴3. 給料日前に近づくと「お金がない」が口癖になる

自分だけでなく、周りの人も同じようにお金がない状態と思っている人も、良く「お金がない」と言いがちです。

給料日に給料が支払われてから、次の給料日までは徐々にお金が減っていきますが、中には全てを使い切らずに貯金している人もいるでしょう。

「お金がない」が口癖の人は貯金するなどお金を残す考えがないため、自分だけでなく周りの人も給料日前はお金がないと思い込み、「給料日前だから金欠だ」と思い込んでいるのです。


お金がないと言う人の特徴4. 計画性がなく、給料が入るとすぐに使ってしまう

手元にお金が入ると、後先を考えずに使ってしまうため結局金欠になる、計画性のない人もお金がないと良くいいがちです。

お金を貯金するという気持ちがないのと、お金を計画的に使わないため、結局生活費がたりずに困ってしまうことも多いでしょう。

衝動買いや、欲しいものは手に入れないと済まない人。無計画にお金を使うってしまうのも、お金がない人に多い特徴です。


お金がないと言う人の特徴5. 見栄を張るためにお金を使っている

周りに自分のすごさやリッチなところを誇示したい気持ちから、お金を使ってしまう人もたくさんいます。

生活が苦しくなるよりも、周りの人から見下される方が我慢できないので、自分の見栄やプライドのためにお金をかけてしまうのでしょう。

SNSなどで金持ちのように見せたいために、収入に見合わない高級ブランドを複数購入してしまうなど、見栄を張るために金欠になりがちな人も多いです。

【参考記事】はこちら▽


お金がないと言う人の特徴6. 彼氏や彼女とのデートは基本的にお互いの家が多い

外出すると、食事代やテーマパークなら入園料、交通費などとにかく色々な費用がかかります。

恋人とのデートも出費を抑えるために、男性または女性の家での家デートが多いのも、お金がない人の特徴の一つ。

付き合っている男性または女性が外出デートをしたいと言っても、「お金がないから家で遊ぼう」と断ることも多くなっています。


お金がないと言う人の特徴7. 食事は基本的にカップ麺や菓子パンがメインになっている

一人暮らしをしている場合には、食費を抑えるために食事も質素で安い商品を食べているのも、お金がない男性や女性の特徴です。

特に外食はお金がかかるため、自分一人での食事はもちろん、恋人とのデートでも安い物を買ってきて家で食べることが多いでしょう。

菓子パンやカップ麺、半額シールのついた安い物を食事に選びやすい人もたくさんいます。


なぜお金がないの?金欠に陥ってしまうきっかけや原因

金欠になると乗り切り方に苦労することが多いですが、繰り返し金欠になってしまう人の裏にはお金がなくなる原因があります。

金欠になってしまうきっかけや原因を5つ見てみましょう。

なぜいつもお金がなくて不安になっているのか悩んでいる人も、チェックしてみてください。


お金がない原因1. お金のかかる趣味に打ち込んでいる

自分の好きな物や趣味がお金がかかる物の場合、没頭したり打ち込んだりしてしまうため、どうしてもお金をつぎ込みやすく、金欠になりやすくなります。

車の乗り換えや旅行から、好きなアイドルやバンドのファン活動などが自分のやりがいや生きがいになってしまいやすいでしょう。

趣味にお金をかけているため、生活費まで失ってしまいやすいのです。

【参考記事】はこちら▽


お金がない原因2. 給料が低く、生活を送るので精一杯だから

仕事の給料が低く人並みの給料を稼ぐことができない人も、元々の給料が少ないため、お金がない状態になりやすいです。

一生懸命に働いても、収入そのものが少なく、日々の生活を送るだけで手元のお金がなくなってしまうでしょう。

就職に失敗してずっと非正規雇用で働いている、理由があってアルバイト生活を送っているなど、安定して稼ぐことができないのも金欠の原因の一つです。


お金がない原因3. ギャンブルにハマっているから

人並に稼ぐ人でも、ついつい気持ちを入れ込みやすくお金をつぎ込んでしまいやすいギャンブルにはまると、お金を簡単に浪費するようになってしまいます。

ギャンブルは勝ち負けのスリルからハマる人が多いため、たとえ負けても「次に勝って負けた分を取り戻せばいい」と、どんどんお金をつぎ込んでしまう傾向に。

パチンコや競馬、競艇などギャンブルの種類問わずハマるほどのめり込んでいるのも、金欠の原因です。


お金がない原因4. 家賃や光熱費など、固定費が高すぎるから

自分のお給料に対して月々の固定費が高い、身の丈に合っていない生活をしているのもお金がなくなりやすいです。

周りの人に見栄を張りたい、優越感を得たいなどの理由で、家賃が高いエリアや高級マンションに住んでいる、電気や水道の無駄遣いが多いことも。

月々の固定費がかかりやすく、自分が使える分のお金が足りなくなってしまうのでしょう。


お金がない原因5. クレジットカードを使いすぎているから

手持ちの現金がない時でも使用できるクレジットカードは、その場で現金を支払う感覚がないため、自分の支払い能力以上に使ってしまいやすいです。

ついついクレジットカードを使いすぎてしまい、結局支払いが間に合わなくなってお金がなくなる原因となるでしょう。

さらに支払いが苦しくなると、分割払いやリボ払いを多用してしまい、毎月カードの支払いだけで給料がなくなってしまうこともあります。


お金がない状態から脱却するための方法とは

お金がない状態になると、毎月の乗り切り方で悩んだり、不安な気持ちが常にあったりして精神的にも辛いです。

次に、お金がない状態から脱出するための8つの方法をご紹介します。

金欠の乗り切り方を知りたい男性から女性まで、ぜひ参考にしてください。


お金がない状態の脱却方法1. 緊急でお金が必要な場合、当日払いの短期バイトを行う

明日の支払いまでに間に合わない、週末に急な冠婚葬祭でお金が必要になったなど、今すぐにお金が必要な場合は、日払いの短期バイトを利用すればすぐ手元にお金が入ります

日払いバイトは、男性でも女性でもイベントスタッフや警備員など、色々な単発バイトがあります。

暇な日を利用して一日バイトをすれば、その日のうちに給料が支払われるため、緊急時のお金の工面もできてピンチの乗り切り方としておすすめです。

【参考記事】はこちら▽


お金がない状態の脱却方法2. フリマアプリでいらない物を売ってお金を得る

見栄や優越感のためによく物を買ってしまってお金がなくなってしまう人の手元には、まだまだ使える高級品などもたくさんあるでしょう。

使わなくなった物を手放して、お金を得るのも金欠の乗り切り方の一つです。

スマホで撮影するだけで気軽に出品できるフリマアプリを使えば、暇な時間を利用していらない物を売ってお金を作れます


お金がない状態の脱却方法3. 家計簿をつけて、まずは無駄な浪費をなくす

計画性がなく、気が付くとお金を全て使ってしまっている人はお金の出所を正しく把握し、無駄な浪費を失くすのが金欠解消への第一歩。

日々の生活の中でのお金の流れを知るために、まずは家計簿をつける習慣を身につけましょう。

家計簿を正しく使えば、無駄な浪費の原因が分かるので、お金も正しく計画的に使えるようになります。


お金がない状態の脱却方法4. 口座を分けて、給料日になったらお金の振り分けをする

無計画にお金を使ってしまう、手にしたらあるだけ使ってしまう人は、あらかじめ使う分のお金を分けて自分で使えないようにする工夫が効果的です。

給料が入ってくる口座に加えて、家賃や光熱費などの固定費を支払う口座、交際費や生活費に使う口座とお金の使い道によって口座を振り分けておきましょう。

お金を手元に持たなくなるので、ある分だけ使ってしまう癖も防げますよ。


お金がない状態の脱却方法5. 純粋に給料が低い場合、スキルアップや転職を検討してみる

自分の稼ぐお給料が低くて日々の生活が苦しい場合は、収入アップのために転職を考えるのが解決方法としておすすめです。

資格を取ってスキルアップを目指してみる、収入の良い職業や正規採用を目指してみるなどで、収入アップのための転職をしてみましょう。

お給料が増えれば生活も楽になるだけでなく、将来的な不安も少なくなります。

【参考記事】はこちら▽


お金がない状態の脱却方法6. 家賃や通信費など、固定費をもう一度見直してみる

お金の浪費を防いだり収入を防いだりする以外に、毎月出ていくお金を減らすのも、手元のお金を保つ秘訣です。

家賃や光熱費、通信料などの固定費で削れるところがないか、固定費の見直しを行ってみましょう。

家賃の安い部屋やエリアへ引っ越す、契約プランや携帯電話、電気ガスなどの契約会社の見直しを行ってみると、固定費のスリム化に繋がりますよ。


お金がない状態の脱却方法7. フリーターや働いていない人は、定職に就くことを視野に入れる

アルバイトや派遣などの非正規雇用で働いている人や、現在働いていない人で収入が安定していない人は、定職につけば毎月安定した給料を稼げるようになります。

中途採用に応募してみる、非正規から正規社員への転職を目指すなど、安定した職種への転職にチャレンジしてみましょう。

定職につけば、収入面だけでなく社会的な安定も得られて将来の不安も少なくなります。男性なら、結婚なども視野に入れられるようになります。

【参考記事】はこちら▽


お金がない状態の脱却方法8. 副業OKの会社なら、チャレンジしてみる

毎月のお金のやりくりが難しく、かつ仕事以外で暇な時間が多いのなら、暇な時間を活かして副業にチャレンジしてみるのも良いです。

今は会社規定で副業OKの企業も多くなり、副業の種類も色々なものがあります。

自分にぴったりの副業を見つければ、暇な時間をお金を稼ぐ時間に変えられるので、生活にもゆとりが出るでしょう。

※必ず副業規定があるかどうかチェックしましょう。

【参考記事】はこちら▽


金欠状態を防いで、余裕のある生活を送りましょう!

お金がない男性も女性も、金欠になる背景には色々な原因があります。

お金がない状態から抜けるためには、まず自分のお金のない原因を把握して、正しい対処法をすれば、生活にも余裕が少しずつ出てくるでしょう。

こちらで紹介したお金がない時の乗り切り方を参考にして、生活にゆとりや余裕をもって自分らしく過ごしてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事