お金が貯まる人の習慣とは?貯金できない人の特徴&お金を貯める方法を紹介

お金を貯めたいと思っている方へ。今記事では、お金が貯まる人に多く見受けられる習慣や特徴から、反対にお金が貯まらない人の特徴、お金を貯める方法やコツまで詳しくご紹介します。堅実に貯金するためにも、ぜひ参考にしてやりくり上手な人を目指しましょう!

「手軽にお金が貯まる方法」って魅力的ですよね。

お金が貯まる習慣を実践している人.jpg

「思うように貯金ができない」「なかなかお金が貯まらない」と感じている人は、意外と多いはず。お金が貯まるコツを知れば、効率よく貯金ができるようになるかもしれません。

そこで今回は、お金が貯まる人の特徴や貯まらない人の行動、そして手軽にお金を貯める方法をご紹介します。

お金の使い方を見直したい人や貯金をしたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


共通点や特徴は似ている?お金が貯まる人の「7つ」の習慣

まずは、お金が貯まる人の特徴をご紹介します。お金が貯まる人は普段からお金の管理ができており、収入に見合う金銭感覚が身についています。

どのような特徴や習慣がある場合が多いのか、チェックしてみましょう。


お金が貯まる人の習慣1. 家計簿をつけている

お金が貯まる人は、1ヶ月の収入と支出をある程度把握しています。「どれくらいならお金を使っていいのか」という感覚を養うために、家計簿をつけていることが多いです。

経済状態が把握できるので、毎月貯金できる金額や使っていい金額が分かっています。

使い過ぎた場合には「節約しなければならない」と思えるので、無駄遣いがなくなり、お金が貯まりやすい状態になっているのです。


お金が貯まる人の習慣2. 口座を用途別で分けている

貯金をするための口座と生活費の口座を使い分けているところも、お金が貯まる人の特徴。

毎月生活費として使っていいお金だけ口座に残しておけるので、ついつい使い過ぎてしまうことを防げます。

また、貯金用の口座があれば「毎月何万貯金しなければならない」などと意識しやすく、目標に合わせて貯金できる環境を作れるのもポイントです。


お金が貯まる人の習慣3. 財布の中を常に整理整頓している

お金が貯まる人は、今財布の中にいくら入っているのか知っています。

「今日はいくら使っていいのか」「今月はどれくらい余裕があるのか」把握できているので、外出をしても無駄遣いすることが少ないです。

また、日頃からお金の管理がちゃんとできるよう財布の中身を整理整頓する癖があり、レシートなどを溜め込みません。


お金が貯まる人の習慣4. お札の向きを揃えて入れている

財布の中に入っているお金を整理する性格の人も、お金が貯まる傾向があります。

お札の向きを揃える癖や会計時には小銭を使う癖があるので、今どれくらいお金を所持しているのか自然と理解することが可能に。

現状を把握して財布に入っているお金の使い方を工夫し行動するため、後先考えず無計画にお金を使いません。


お金が貯まる人の習慣5. 固定費をなるべく安めに抑えている

毎月かかる固定費が管理できるところも、貯金ができる人の特徴です。

電気代や家賃、携帯代など、毎月必ずかかる費用は1年分を合算すれば、大きな支出となります。だからこそ「固定費を少しでも減らないといけない」という気持ちがあり、節約術を取り入れる一面も。

地道な努力で毎月使えるお金を増やし、少しでもお金が貯まるように考えています。


お金が貯まる人の習慣6. お金をケチる部分と使う部分を明確に線引きしている

どこにお金をかけるべきか、自分なりの線引きができている性格であることが多いです。

食費など使わなければならない「消費」と、将来を見据えた自己実現のために使う「投資」、そして無駄遣いにあたる「浪費」をしっかり見極めています。

「何に使ったのか分からない」ということが少ないため、貯金に必要なお金も手元に残りやすいです。


お金が貯まる人の習慣7. 「いつまでに〇〇円貯金する」など、目標を設定している

お金が貯まる人は漠然と貯金したいと考えるのではなく、明確な目標を設定しています

「◯月までにいくら貯金する」「◯◯のために貯金する」など、貯金する意味や目的がしっかりとあるので、計画を立てて貯金するのが特徴的。

また、目標実現のための節約や貯金のプランを考えることができるため、コツコツと貯金できる一面もありますよ。


違いは何?お金が貯まらない人の特徴とは

ここからは、お金が貯まらない人の特徴をご紹介します。仕事をして給与をもらっていても、行動によってはなかなかお金が貯まらない場合も。

自分に当てはまる浪費癖や性格はないか、チェックしてみてくださいね、


お金が貯まらない人の特徴1. 日頃から外食ばかりしている

お金が貯まらない人は、外食が多い傾向があります。

食費は毎日必ずかかるもの。仕事が終わってから自炊をすれば低コストで抑えられる食費も、外食をすることでコストが倍近くかかってしまうこともあります。

また、外食ばかりしてしまうと、1ヶ月で換算した時に大きな出費になることも。地道な節約を気にしないため、お金がなかなか貯まらない傾向があります。


お金が貯まらない人の特徴2. 衝動買いをしやすい

その日の気分でお金を使用してしまう人も、なかなかお金が貯まりません。

計画的にやりくりできない性格なので「この服欲しい」「これ欲しい」と感じたら、その気持ちが抑えられません。

また、その時の感情に任せてお金を使ってしまうため、せっかく貯金したお金を崩してしまうことも。そのため、なかなか貯蓄金額が増えていきません。


お金が貯まらない人の特徴3. お金のかかる趣味にハマっている

定期的にまとまったお金がかかる趣味がある場合も、お金が思うように貯まりません。

例えば、車やバイクなどメンテナンスや車検などコストがかさむ趣味や、カメラやパソコンなど高額な機材購入が必要な場合は必然的に出費が多くなります。

収入に比べて趣味にかかる出費が増えてしまうと、思うようにお金を貯められなくなってしまいます。


お金が貯まらない人の特徴4. 収入と支出のバランスを管理できていない

お金が貯まらない人は、「今日はいくら使ってもいいのか」「今月はいくら使えるのか」など、今の自分の状況を把握できていません

また、自分の収支のバランスを把握したり計算したりする習慣がなく、給与明細なども細かくチェックできてない傾向に。

そのため、財布の中に入っているお金を全て使ってしまい、後から「使い過ぎた」と感じることが多いです。お金の管理ができていなからこそ貯金が上手にできないということですね。


お金が貯まらない人の特徴5. クレジットカードを多用しやすい

計画的にクレジットカードを利用できないところも特徴的。「何に使うのか」「1ヶ月にいくらなら使ってもいいのか」把握していれば、クレジットカードはとても便利です。

しかし、無計画に利クレジットカードばかり用すると、お金を使っているという感覚が麻痺してしまうことも。

その結果、ついつい無駄遣いをしてしまい、お金が溜まりにくい状況になっていきます。

【参考記事】はこちら▽


しっかり貯金したい!手軽にお金を貯める5つの方法とは

最後に、お金が貯まる5つの方法をご紹介します。お金を使うことばかり考えないでちょっとしたコツを掴めば、お金が貯まる習慣を身につけられるように。

誰でも実践できる節約術やコツばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


お金を貯める方法1. まずは収入と支出のバランスをきちんと把握する

まずはどのようなことにお金を使っているのか、収支のバランスを把握するところから始めましょう。家計簿を付けたり家計簿アプリを利用したりして、1ヶ月のお金の流れを掴むのがコツです。

最低限必要となるお金が分かれば、どれくらい無駄遣いをしているのか明確に

無駄遣いの理由が分かることでやりくりを工夫するようになり、お金が貯まるようになります。


お金を貯める方法2. 口座を作ってお金を振り分ける

銀行口座が1つしかないと、生活費と貯金するお金を分けて管理することが難しいです。

そこで、「生活費用」「貯金用」「固定資産用」と最低限3つの口座を用意するのがコツ。さらに、臨時出費用にもう一つ口座を用意するのもおすすめです。

仕事先から給与をもらったら、その都度それぞれの口座にお金を振り分ける習慣を作れば、お金が貯まるようになりますよ。


お金を貯める方法3. 下げられる固定費がないか見直してみる

毎月必ず必要となる固定費は、貯金をしたい時に見直したい項目です。水道代や電気代、ガス代などの浪費をなくす節約術を取り入れることで、その分お金が貯まるはず。

意外と見逃してしまうのが、スマートフォンなどの課金アプリ代。不要なものに加入したままの場合は、無駄遣いとなっています。

気づかぬうちに無駄金になっていることがあるので、固定費を見直して、無駄な出費を減らしましょう


お金を貯める方法4. 貯金箱を設けて、小銭を貯める

なかなか貯金ができない人は、貯金をする癖をつけるところから始めましょう。

部屋の見える場所に貯金箱を置いて、小銭を貯めるのも一つの方法。「500円玉は貯金する」など、自分でルールを決めると、よりお金が貯まりやすくなります。

始めはなかなか難しいかもしれませんが、一度癖がつくと深く考えなくてもお金を貯めようと思えるようになるはずです。小さな貯金でも日を追うごとに大きな金額になるので、まずは習慣づけてみてくださいね。


お金を貯める方法5. 趣味や嗜好品にお金がかかっている場合、少し控えて節約する

趣味での出費がかさんでいる場合は、お金がかからない新しい趣味を見つけてみるのも一つの手段です。旅行や車、ショッピングなどはどうしてもお金がかかってしまうもの。

それとは別にあまりお金のかからない自分が楽しいと思えることを見つけておけば、お金がかかる趣味に没頭する時間を減らせます。お金をかけることを分散させるように心がけてみましょう。

【参考記事】はこちら▽


お金が貯まる方法を試して、貯金を増やしていこう!

今回は、お金が貯まらない人の特徴やお金が貯まらない理由、そしてお金が貯まるコツをご紹介しました。

お金を貯めるには、今の収支状態や無駄遣いの状態を把握するところから始めましょう。

どのようなことに浪費しているのか把握できれば、お金をやりくりするポイントが掴めてきます。あとは、自分のできる行動を継続すれば、自然とお金が貯まる人になれるはずですよ。ぜひ本記事のお金が貯まる方法を実践してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事