今すぐお金が欲しい人が取るべき対処法|お金に悩まないための方法も解説

生活をしていると、「お金が欲しい」と思うことってありますよね。本記事では、真っ当な方法でお金をもらう方法や、稼ぐ方法をご紹介します。さらには、お金は欲しいと思う理由から、お金がない状態にならないために意識することまで徹底ガイド!ぜひ参考にしてくださいね。

すぐにお金が必要な方へ。手に入れる方法を解説!

今すぐお金が欲しい人が取るべき対処法

「今すぐお金が欲しいけど、どうすれば手に入るのかわからない…」と困ってしまうことってありますね。そこで今回は、お金が欲しい人におすすめの対処法について詳しくまとめてみました。

今すぐお金が手に入る方法から、お金が無くならないようにするコツまで幅広くご紹介しているので、ぜひあなたも参考にしてくださいね。


【当日(即日)】今すぐお金が欲しい人の場合の対処法

急な事情でお金が必要になった時は、時間がなくて困ってしまいますよね。ここでは、今すぐお金が欲しい人向けの対処方法をピックアップしてみました。

5つの方法について詳しく説明しているので、あなたも参考にして実践してみてはいかがでしょうか。いくつかの方法を合わせることで、十分なお金が手に入ることもありますよ。


対処法1. 友人や知り合いからお金を借りる

必要な金額によっては、自分1人で今すぐ用意するのが難しい時もありますね。そんな時には、信頼関係のある友人や知り合いにお金を借りれるか、相談してみてはいかがでしょうか。

お金が欲しい事情や必要な金額について説明した上で、お金が借りられないか、借りられるなら、どれくらいの金額が可能かなどを話し合ってみましょう。


対処法2. 両親や兄弟からお金を借りる

友人・知人以外にもお金を借りるあてはあります。両親や兄弟などの身内だと、比較的相談もしやすいでしょう。

お金が必要になった経緯を話し、金額や返済計画についてもきちんと説明した上で、借りられるかどうか相談してみてください。両親が高齢の場合は、自分がお金を借りることで困窮してしまう可能性もあるため、相手の事情も考慮しましょう。


対処法3. 日払いの仕事をする

今すぐお金が欲しい時には、自分で働いてお金を稼ぐ方法もあります。日払いのバイトであれば、即日勤務可能で、給料を手渡ししてもらえることも多いですよ。

工場内の作業やイベントスタッフ、交通整理など、高校生や未経験者でもできる仕事がたくさんあるので、日払いの単発バイトをこなすことで、短期間にまとまったお金が手に入れられます。


対処法4. いらない物を質屋や中古ショップで売る

より手っ取り早くお金が欲しい人は、家にあるものを整理してみるのもおすすめです。女性ものの服・バッグ・アクセサリー、家電など、売れそうなものがあれば、質屋や中古ショップへ持っていきましょう。

買い取ってもらえれば、その場でお金が手に入ります。今すぐお金が欲しいという時は、まずこの方法を試してみてはいかがでしょうか。


対処法5. カードローンやキャッシングを利用する

友人や家族にお金を借りるのが難しい時もありますね。そんな時は、大手の消費者金融でサービスを受ける手もあります。ネットからでもキャッシングの申し込みが可能で、短時間でお金が借りられるため便利です。

ただし、便利だからと言って返済計画がないのに借りるのは絶対にNG。利子が高くついてしまうため、返済期限内に返せないと借りた額の倍以上を返済する羽目になります。

デメリットが多すぎるため、カードローンは本当の最終手段として考えるようにしてください。


週単位でお金が欲しい人の場合の対処法

今すぐとまではいかなくても、できるだけ早くお金が欲しいという時もあるでしょう。そこで、次に週単位でお金が欲しい人に向けた対処法をご紹介していきます。

持ち物の整理や仕事をすることで、短期間にある程度のお金が手に入るので、ぜひチェックしてみてくださいね。


対処法1. フリマアプリやネットオークションで物を販売する

今すぐお金が欲しい場合と同様に、家にある物を整理するのも1つの方法です。

現在では、様々なフリマアプリやネットオークションを利用して買い物をする人が多いので、あなたもこの機会にトライしてみてはいかがでしょうか。出品作業が簡単にできるため、経験のない人でも安心です。

服やアクセサリーなど、売れそうなものがないか、探してみてくださいね。


対処法2. 週給で支払い可能なアルバイトや派遣をする

単発・短期の仕事も積極的に活用してみましょう。週払いのアルバイトや派遣であれば、毎週お金が入るので助かりますね。

イベントスタッフや交通誘導、ラベル貼りなどの単純作業まで、週払いの仕事は幅広くあるので、あなたにあった仕事も見つかりやすいでしょう。週1日から勤務可能なアルバイトもあるため、高校生や主婦も自分の都合に合わせやすいこともおすすめの理由の一つ。


対処法3. クラウドソーシングに登録し仕事をする

外に働きに出るのが難しい場合は、在宅でできる仕事を探してみましょう。クラウドソーシングは、オンライン上で様々な企業からの仕事を受ける在宅ワークの形です。

ライティングやデザイン、データ入力など、色んな種類の仕事があり、自分の空き時間を活用して収入を得られます。主婦が隙間時間を活用できる他、副業として収入を得ることも可能です。


対処法4. 写真やイラストをネットで販売する

お金が欲しい人は、ぜひ特技や趣味を積極的に活かしてみてはいかがでしょうか。写真やイラストを趣味にしているなら、それをネットで販売することも可能です。

フリマアプリやハンドメイド通販サイト上で出品するのも手軽で便利。また、イラストや写真の無料素材サイトに登録すれば、自分のイラスト・写真がダウンロードされる度に収入が入りますよ。


月単位でお金が欲しい人の場合の対処法

もう少し長い期間を掛けてお金を手に入れたい人には、さらにたくさんの対処法があります。次に、月単位でお金が得られる方法をまとめてみました。

4つの対処法について解説しているので、自分に合う方法を見つけてできるだけ早く取り組み始めましょう。


対処法1. ブログを書いて広告収入を得る

文章を書くのが好きな人なら、書く仕事でお金を稼ぎましょう。ブログは手軽な方法の1つです。自分が作成したブログに、広告表示ツールを貼り付けることで広告収入が得られますよ。

また、ブログの人気が出て読者登録数が増えれば、企業から商品レビューなどのオファーが来る場合もあり、さらに大きな収入が見込めるでしょう。


対処法2. スキルアップや、転職をして給料を上げる

今の仕事では十分な給料がもらえないと不満に感じている人も多いことでしょう。

仕事の給料としてよりお金が稼げるようになりたいのなら、今より条件の良い会社へ転職したり、今の職場で上のポジションを目指すためのスキルアップに取り組むのもおすすめです。

専門的で難易度の高い資格を取得すれば、給料アップにも繋がる可能性がありますよ。


対処法3. ポイントサイトに登録して、ポイントを貯める

気軽にできる仕事を探したいなら、遊び感覚でお金を稼げる方法を試してみましょう。ポイントサイトは、無料登録をしてゲームや動画を楽しむだけで、ポイントを貯められるサービスです。

たまったポイントは、現金の他、電子マネーやマイレージに交換することも可能。主婦でも気軽に始めやすいのが嬉しいポイントでしょう。


対処法4. 使わない部屋を民泊として貸し出す

自宅で使っていない部屋や、所有している空き部屋などを持っている場合は、ぜひ有効活用してみましょう。世界的にも広がっている民泊ビジネスは、海外からの旅行者に部屋を貸し出す仕事です。

airbnbなど、各地の宿泊先を紹介しているサイトへ登録すると便利でしょう。なお、民法の法改正が行われているので、事前にチェックしておいてくださいね。


長期的にお金が欲しい時にできる対策とは

時間的な余裕がある人には、時間を掛けながらコツコツとお金を貯める方法も試してみましょう。

ここでは、投資や副業など、7つの対策について説明しています。将来にわたって本気で稼げるようになりたい人にもおすすめですよ。


対策1. クレジットカードでポイントやマイルを貯める

主婦をしながらでも、コツコツ気長に取り組めるような方法って魅力的に感じられますね。例えば、クレジットカードの有効活用もおすすめの方法です。

日々の買い物でクレジットカードを使えば、ポイントやマイルを貯められます。ポイントが貯まれば商品券などと交換して活用できるので、単純に現金で買い物をし続けるよりお得ですよ。


対策2. 株やFXにチャレンジする

より本気でお金を稼ぎたいなら、投資にも目を向けてみましょう。株は、企業が投資対象となり、FXは、為替に投資をして利益を得る方法です。

どちらも少ない資金で始められることから、本気で稼ぎたい投資初心者にも注目されていますよ。

ただし、株式が値下がりしたり、元本割れしたりするなど、リスクもある方法のため、しっかりとした知識と余裕のある資本がない限りはおすすめできませんので、注意してくださいね。


対策3. 不動産投資を検討する

本業以外にも安定した収入源があれば、より生活をする上でも安心度が高まりますね。不動産投資は、長期的に本気で稼ぐ方法としてもおすすめです。マンションや戸建てを購入し、貸し出すことで家賃収入が得られます。

入居者は基本的に、長期間住んでくれるため、安定した収入が見込めるのです。元手がなければ、銀行の融資を受けるなどして始める方法もありますよ。


対策4. 投資信託でお金を運用する

投資信託とは、たくさんの投資家から集めたお金を、プロが投資して運用する商品です。投資から設けたお金をそれぞれの投資家で分けて受け取ります。

お金を出すだけで、運用はプロに任せられるため、主婦や本気で稼ぎたい初心者でもトライしやすい方法とされているのです。また、複数の投資家から集めたまとまった資金を運用することで、一度に様々な所に投資できて効率が良くなります。

※ただし、多少のリスクがあるため、自分のお金としっかりと相談しましょう。


対策5. 定期預金や財形を利用する

毎月決まった日に任意の金額を積み立てていく「定期預金」や、給与から天引きしてお金を貯める「財形貯蓄」は、元本が補償される安全な貯蓄方法です。

金利は低くなりますが、リスクが少ない方法のため、主婦業をしながらでも気軽に取り組めます。少しずつでも良いので、確実に貯蓄を増やしたいという場合にはおすすめです。


対策6. 本業と両立できる副業を探す

副業とは、本業と別で副収入を得ることです。本気で稼ぎたい人は、本業に加え、通勤時間や夜の時間帯を利用して副業を始めましょう。

ライティングやプログラミングをはじめとするネット上の仕事を引き受けるなど、幅広い分野の仕事を副業として始められます。ただし、本業の副業禁止規定に違反しないか、事前に確認しておきましょう。


対策7. 農業をはじめ、作った物を販売する

身体を動かすことが好きな人なら、週末に農業を楽しみ、収穫した作物を販売するのもおすすめです。また特に主婦などの女性の間では、ハンドメイド作品の販売も人気が広まっています。

趣味と実益を兼ねた方法なので、楽しみながら続けられるのがメリット。地域のマルシェなどに参加して販売すれば、作り手同士の繋がりも増えますよ。


国や自治体の制度や補助金を利用して、お金をもらう方法

お金が欲しい人は、公的な制度の利用漏れが無いか、今一度チェックしてみてください。あなたが知らなかった補助金の制度などが見つかるかもしれません。

国や各自治体で実施されている、5つの制度について紹介していきましょう。


方法1. マイホームを買う際に「住宅ローン控除」を利用する

住宅ローン控除」とは、年末ローン残高の1%が、所得税から控除される制度です。控除された金額は、確定申告で戻るようになっています。控除期間は10年間で、最大控除額は合計400万円。

毎年最大で40万円も戻ってくることになり、家計にとっても助かりますね。控除額は、借入額や購入する住宅の使用によって異なるので、事前にきちんと確認しましょう。


方法2. 高額な医療費には「高額療養費制度」を活用する

高額療養費制度」は、公的医療保険の制度です。ひと月あたりの医療費の自己負担額が、一定額を超過した場合に、超えた分の金額が後から払い戻される制度です。

年齢や所得によって医療費の上限が決められており、計算方法も異なります。また払い戻しまでは3カ月以上かかるので、必要に応じて医療費の貸付制度なども合わせて利用しましょう。


方法3. 「出産育児一時金」「育児休業給付金」など子育てにまつわる補助金を受け取る

出産育児一時金」とは、妊娠4カ月以上で出産する健康保険加入者(健康保険の被扶養者)を対象とした助成金です。通常、赤ちゃん1人につき42万円が支給されます。

一方の「育児休業給付金」は、育児休業中の従業員をサポートするために設けられた給付金制度です。通常は1歳まで、給付金が受け取れるようになっていますよ。


方法4. 「失業保険」「就職促進給付」を申請する

失業保険(雇用保険)」は、給与から天引きして保険料を支払う公的保険制度です。

職場を退職した後、次の仕事が見つかるまでの期間、生活維持のために国から失業手当(基本手当)が給付されます。

就職促進給付」は、早期再就職を促すことを目的とした制度です。申請すると、「就業手当」などが支給されます。支給条件がそれぞれ定められているため、事前に確認しましょう。


方法5. 学費が必要な場合は給付型の「奨学金」を調べる

給付型の「奨学金」とは、原則として返還義務がない奨学金のことを指します。経済的な理由で進学を断念することがないよう、進学を後押しすることを目的として設けられた制度です。

「学費を払いたいけれど、返済の必要がある貸与型の奨学金は利用したくない」という場合は、おすすめします。大学や機関から給付型の奨学金が提供されているため、チェックしてみてください。


「本気でお金が欲しい!」と思う9つの理由

明確なモチベーションがあると、お金を稼ぐための努力も続けやすくなります。ここでは、人々が本気でお金が欲しいと感じる理由を9つ取り上げてみました。

あなたが考えている理由と比べながら、ぜひチェックしてみてくださいね。


理由1. 目先の生活費がないから

今すぐお金が欲しいと本気で考えている人は、一時的に状況をしのぎたい場合が多いです。例えば、給料日前になって目先の生活費が足りなくなってしまった時などが、考えられるでしょう。

貯蓄をあまりしていなかった人は、予定外の出費があった時に、急に生活費が足りなくなる場合もあります。家計のやりくりを計画的に考えていない人だと、直面しやすい状況でしょう。


理由2. どうしても欲しい物があるから

家電や衣類、アクセサリーなど、欲しいけど買えないという状況はよくありますね。しかし、時には「無理をしてでも必ず手に入れたい」と思うような特別な物も出てくるのではないでしょうか。

そんな場合には、本気でお金を手に入れる方法を探し、努力して手に入れようという気持ちが湧いてくるものです。趣味に関するものなどは、我慢せずに買いたいと考える人も多いでしょう。


理由3. 自分のスキルを上げたいから

常に向上心を持とうと意識している人にとって、自己投資は欠かせません。仕事で出世するためのスキルアップや、趣味をもっと極めるためのスキルアップなど、それぞれの目的に合わせてスキルを上げようとします。

突き詰めようとするほど、費用も時間もかかるため、常にスキルアップのための資金を確保しておく必要があるでしょう。


理由4. 結婚式などで急な出費があるから

年代によっては、同じ月に結婚式が複数回重なってしまったり、毎月のように結婚式があったりすることもあるでしょう。

ご祝儀や女性のヘアメイクなども含めると、1回あたり数万円の出費につながるため、生活費が足りなくなってしまう場合も。そんな時には、一時的にでも収入を増やす必要があり、本気でお金が欲しいと考えるはず。


理由5. 新しい趣味を始めたいから

今では、様々な年代別の習い事や趣味を楽しむ人も増えています。新たな出会いを求めて趣味サークルに参加する人もいるでしょう。しかし、取り組む内容によっては、初期投資費用が必要になる場合もあります。

スポーツ、アウトドア、カメラ、ものづくり関係など、ユニフォームや道具を購入するとなれば、まとまったお金が必要ですね。


理由6. 貯金額が少ないから

本格的に貯蓄を始めようとする時も、本気でお金が欲しいと考える傾向にあります。特にお金を計画的に使ってこなかった人や、消費癖のある人は、なおさら意識的にお金を稼いで賢く運用したいと思うでしょう。

給与が少ない場合でも節約に取り組み、それでも貯金が十分できない時は、プラスアルファの収入を得ようと副業など、様々な方法を模索しましょう。


理由7. 老後の生活費が心配だから

仕事も引退した老後の生活までを考えている人は、老後の生活費を確保するために、今お金を集めておきたいと考えていることでしょう。

定期預金などの確実な資金運用方法を試したり、主婦業や本業をしながらでもできる別の仕事を探したりして、できる限り、老後のためにお金を残そうとします。自分の子どもに負担がかからないようにと感じている人も多いでしょう。


理由8. 子どもの教育費に不安があるから

子どもを育てるためには、教育費だけでも数千万円かかるとされています。そのため、子どもを持つ多くの人が、教育費に対する不安を感じているのではないでしょうか。

満足な教育を受けさせたいと考えている人ほど、子どものための資金を豊富に準備しておこうとするものです。そのため、本業はもちろん、貯蓄や投資など、様々な方法を実践しながら、本気でお金を得ようとします。


理由9. 身内が病気になり、医療費が必要になったから

病気やケガは、いつ起こってしまうのか、中々予想がつかないものです。自分だけに限らず、家族などの身内が急な病気にかかってしまうと、高額な医療費が必要となるケースもあります。

別の目的で貯金していたお金を使用せざるを得ないこともあり、生活への不安も高まるでしょう。そのため、少しでも生活費や貯金の足しになるような収入源を探すといえます。


「お金が欲しい!」と追い詰められないために、意識するべき5つのこと

できることなら、ある程度経済的な余裕を持ちながら生活を送りたいものですね。そこで次に、お金が欲しいと困ってしまわないよう、普段から意識しておくべきことを解説していきましょう。

すぐに実践できる5つのことをご紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


ポイント1. 欲しい物がある場合は、計画的に買い物をする

何をするにも、行き当たりばったりでは、後から思わぬトラブルに直面してしまう可能性が高くなります。買い物に関しても、常に計画的であることを意識しましょう。

欲しい物があれば、即決で買ってしまうのではなく、一度家に帰ってから考え直してみて。生活費や貯蓄を見直した上で本当に買うべきかどうか、買っても問題がないかを判断してください。


ポイント2. 断捨離をして、必要な物を見分ける力をつける

貯蓄を増やすためには、ミニマルな暮らしを意識することも大切です。家に物があふれている場合は、本当に必要なものだけを残して、残りは売ったり人に譲ったりするなどして整理しましょう。

本当に必要な物だけを使って生活できるようになれば、自然と余計なものは目につかないようになっていきます。すっきりと整頓された空間で生活するのは、心身の健康にとっても良いですよ。

【参考記事】はこちら▽


ポイント3. 貯蓄と生活資金の2つに口座を分け、計画的に貯金をする

中々貯蓄ができないと悩む人もいるかもしれません。そんな時は、貯蓄用と生活資金用に分けた2つの口座を利用するのがおすすめ。

1つの口座でやりくりしていると、気づいたら残金が少なくなっているということも起こり得ます。しかし、口座を分ければ、生活資金がどれくらい残っているのかも把握しやすく、確実に貯蓄しやすいのです。


ポイント4. 家計簿をつけることで、使ったお金を可視化する

いつも生活費がギリギリだったり、足りなくなってしまうことがある人は、家計の正確な収支を把握できていないケースが多いです。

本気でお金が欲しい時には、家計の状況に対する理解が欠かせないため、家計簿をつけ始めてみましょう。スマホのアプリでも簡単に家計簿が付けられるものがたくさんあるため、未経験の人や高校生でも手軽に利用できますよ。


ポイント5. 通信費や光熱費など、固定費用を見直す

いつもなんとなく支払っている固定費も、安くできるケースがたくさんあります。電力自由化により、自分に合った電力会社が選べるようになったため、他の電力会社に乗り換えることで、電気代を抑えられる可能性も。

また、ネット代が高くついていると感じる場合は、格安SIMだけでまかなえないか検討してみるのも良いでしょう。


あくまでも計画的にお金を手に入れましょう。

急な事情でお金が欲しい人や、将来への不安からお金が欲しいと考える人はたくさんいます。基本的には日ごろから計画的に貯金をするなど、困らないように対策を取っておきたいものですね。

どうしてもお金が欲しい時には、日払いから月払いまで様々な形態の仕事があるため、探してみてはいかがでしょうか。できるだけ、計画的に家計を管理していきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事