年収が高い傾向にある業界まとめ。ランキング常連の高収入業界とは

仕事にはやりがいも大切ですが、たくさん給料をもらいたいと考える人も多いのではないでしょうか。どのような業界の年収が高いのかについて、意外と知らない人も多いようです。今回は年収が高い傾向にある業界まとめを紹介していきます。

同じ業界内でも企業によって年収は差があり一概には言えない

年収が高い業界の共通点

業界によって年収の傾向は大まかには分けられますが、同じ業界内でも多い少ないはあるのが現実。特に企業の規模は年収を左右する重要なポイントのひとつです。年収が良いとされる業界でも企業の規模が小さければそれほど年収の水準が高くない場合があります。一方で、年収が低いとされる業界でも大企業であれば年収の水準が高い場合もあるようです。もしも転職によって年収アップを狙う場合は、業界だけでなく企業規模もしっかりとチェックすることが大切です。


年収が高い主な業界まとめ。転職時の参考にしてみて

年収を上げるためには転職をしてみるのも手段のひとつです。ここでは年収が高いとされている業界として、総合商社、コンサルタント、メガバンク、航空運輸、放送・新聞・出版の5つをまとめてみました。どの業種の年収が高いのか、転職を考える際にはぜひ参考にしてください。


① 総合商社

幅広い分野の商材を取り扱う商社を総合商社といいます。食料品や石油、石炭、自転車、航空機、繊維などあらゆるものを世界中を相手に取引する仕事となっています。有名企業も多数揃うだけあり、高年収業界としてトップクラス。優秀な人材も多く集まることから、年収は30代で1,000万円稼ぐ人も多くいる業界です。一方で、体育会系の業界といわれることがあるように、転勤や海外出張なども多いことや、大きなお金を動かすこともあるため責任も重くハードワークになっています。


② コンサルタント

コンサルタント業界は、企業や各種団体の経営課題を分析し、問題に対する解決策の提示や、サポートを仕事とする業界です。近年では企業のグローバル化や新規事業立ち上げなど、企業が目指すところの経営を実現するためのサポートも行っています。

企業経営を中立の立場からサポートする仕事であることから、優秀な人材が集まり年収が高い傾向にあります。一方で、仕事自体はかなり忙しく、案件に取り組んでいる間は帰宅できない人もいるそうで、離職者が多い職業ともされています。


③ メガバンク

銀行員といえば公務員と並んで給料が安定しているというイメージがあります。銀行の中でも規模が大きいメガバンクでは、管理職クラスであれば30代でも年収が1,000万円以上になることを考えれば、年収が高い業界といえるでしょう。

メガバンクでは昔ながらの年功序列があるため、入社したての若い社員についてはさほど高い年収という訳ではないようです。しかし、どちらかといえば実力主義というよりも、年次を重ねるごとに徐々に年収や役職が上がっていけるため、比較的安定して収入が上がっていく業種となっています。


④ 航空運輸

航空運輸業界といえば、パイロットやキャビンアテンダントなど憧れの職業も含まれる業種です。特にパイロットは年収が高いというイメージを持つ人もいるのではないでしょうか。

航空運輸業界には多様な部門や業務があることから、年収は職種によって大きく幅があるのが実情のようです。パイロットの機長クラスになれば年収2,000万円を超える人もいるようですが、地上スタッフでは300万円~400万円前後という職種もあります。


⑤ 放送・新聞・出版

放送や新聞、出版などのいわゆるマスメディアは、新規参入が難しいビジネスであることから、競合が少ないため、各社ともある程度の利益確保ができている状態です。そのため、年収も高く安定している業種といえそうです。

一方で、ほかの業種と同じように、会社の規模によってはやはり年収の違いには差があるようです。たとえばテレビ局の場合は、キー局とNHKや、地方局などによっても年収の違いが大きくなっています。高い年収を得るためには入社する会社によって左右されるといえそうです。


今よりもいい条件の業界へ転職したくなったら、まずはエージェントに相談を。

転職エージェントは、職探しから面接や書類対策など希望に合った転職活動が進められるようにサポートをしてくれるサービスです。求人サイトでは掲載されないような、未公開案件も多く抱えていることから、幅広い転職活動を行えますよ。まずは一度HPを覗いてみてくださいね。


リクルートエージェント

1977年にサービスを開始したリクルートエージェント。転職実績は41万人以上と着実に実績を重ねる業界トップクラスの転職エージェントです。さまざまな業界や職種に精通したキャリアアドバイザーにより、的確に転職活動のサポートを行ってもらえます。企業規模や業種業界問わず、あらゆる求人案件を保有しており、非公開求人だけでも17万件以上となっています。サービスの規模から見ても、転職活動を始める際には登録しておきたい転職エージェントです。


リクルートエージェントのおすすめポイント

リクルートエージェントといえば19万件を超える保有案件の多さが特徴。さらに保有案件の8割が非公開求人というのも強みです。非公開求人はライバルが少ないため、内定が取りやすいという特徴があります。その他、Uターン転職や狭い業界での転職、高齢での転職など、他社では難しい案件でも、保有案件が多いリクルートエージェントなら希望の転職先に出会える可能性がアップ。

サービス開始から41万件以上という豊富な実績を重ねているため、面接対策についても過去データによって質の高いサポートが期待できるのも魅力となっています。

公式サイトで見る


マイナビエージェント

マイナビエージェントは2002年からサービスを開始した転職エージェントです。業界最大数の転職情報を掲載する「マイナビ転職」を運営しているため、他の大手転職エージェントよりも後発でありながら、多様な求人案件を保有し、ノウハウも十分に受け継いでいます。

また、IT業界の求人案件を多く保有しているのも特徴。全体の求人案件のおよそ3割がIT・通信系となっているため、IT業界に強みがある転職エージェントといっても良いでしょう。


マイナビエージェントのおすすめポイント

マイナビエージェントでは、業界別の選任制のキャリアアドバイザーによってサポートを行います。各業界の出身者も多く在籍していることから、各業界に特化した情報収集や転職活動のサポートが強みとなっています。また、応募書類の添削によって、企業目線で注目しているポイントを客観的にアドバイスし、アピール力の高い書類作成をサポート。そして、模擬面接や過去の実績を生かした的確なアドバイスといった面接対策など、転職活動のトータル的なサポートも魅力。相談期間にも期限がないため、時間をかけてでも納得のいく転職先を見つけたい人におすすめです。

公式サイトで見る


ビズリーチ

ビズリーチは管理職や専門性の高いスキルがある人に絞って、即戦力として活躍できる人材に特化した、ヘッドハンティング型の転職エージェント。ターゲットを絞ることにより、他社の転職エージェントとは一線を博したサービスを展開しています。

企業側からのスカウトを待つ方法と、自分から企業やヘッドハンターにコンタクトを取る方法のふたパターンで転職活動を進めていきます。転職によって更なるキャリアアップを目指したい人は、利用する価値がある転職エージェントとなっています。


ビズリーチのおすすめポイント

ビズリーチの特徴は、ヘッドハンティングを待てること。希望する業界や条件などの要望を登録しておけば、登録内容に興味を持った企業やヘッドハンターからのアプローチを受けられます。自分のキャリアに自信がある人や高収入を目指したい人にとって、納得した好条件の転職先を見つけやすいのではないでしょうか。

また、データベースから求人検索や応募も可能。掲載されている案件はハイキャリアのものばかりなので、一般的な転職エージェントよりも即戦力として求められる案件が多くなっています。案件によっては掲載後すぐに決まってしまうことも少ないため、気になる案件があればすぐにコンタクトをとってみましょう。

公式サイトで見る


DODA

DODAは国内最大手の人材紹介会社「パーソルキャリア」が運営する転職エージェントサービスです。転職サイトとしての一面を持ちながら、エージェントによるサポートを受けられる転職エージェントとしてのサービスも展開しているのが特徴。転職サイトと転職エージェント、どちらのサービスも試してみたい人や使い分けて転職活動をしたい人におすすめです。

DODAでは、常時10万件の求人数を保有。非公開案件も豊富に取り扱っていることから、業界トップクラスのボリュームとなっています。


DODAのおすすめポイント

DODAのおすすめポイントは求人数が多いところです。他社とのサービスを比較した口コミでも高評価の声が上がっています。また、常時10万件ある求人のうち、約8~9割が非公開案件となっているのも魅力のひとつ。非公開案件は即戦力の高い求人が多いことから、好条件の募集も多く、さらにはライバルが少ない場合も多いことから、転職先を探す人にとってはまさに狙い目。一方で、企業からのスカウトメールが多いのも特徴です。どのような業種や職種からメールが来ているのかを見ることで、自分の市場価値の確認にもなりますよ。

公式サイトで見る


パソナキャリア

人材派遣業界でトップクラスの実績を誇る「パソナ」が運営する転職エージェントであるパソナキャリア。16,000社以上の企業との取引実績から、幅広いネットワークを使ってさまざま業種や業界の求人案件を保有し、その中には未公開案件も多数あります。

転職活動のすすめ方やアピール方法など、丁寧なサポートを徹底しているので、初めての転職で不安を抱える人でも安心です。また、登録や面談をすると転職活動のノウハウが詰まったガイドブックがもらえます。


パソナキャリアのおすすめポイント

パソナキャリアでは業種や職種ごとに得意分野のあるキャリアアドバイザーが在籍。豊富な情報量を元に、求人紹介から転職をトータルでサポートしてくれます。

パソナが人材派遣事業を始めたのは1976年。40年以上にわたって国内のさまざまな企業と取引と実績を重ねています。そのため、企業からの信頼も厚く、未公開案件も多数保有しています。

人材派遣業の実績から他の転職エージェントにはない独自のノウハウを生かし、企業へのアピール度が高い書類作成の方法や面接対策など、転職成功にむけた的確なサポートを行っています。

公式サイトで見る


まずは、転職サイトの【リクナビNEXT】に登録して情報収集するのも一つの手。

業界最大数の求人数を誇る転職サイトであるリクナビNEXT。求人数は9,000件以上、新着・更新求人は毎週2,000件以上と豊富。国内の転職サイトの中でトップクラスの件数を誇ります。

スマートフォンアプリからも手軽に求人情報がチェックできるため、空いた時間を使って気軽に求人情報をチェックしたい人におすすめです。


リクナビNEXTのおすすめポイント

リクナビNEXTでは求人検索はもちろん、企業から直接オファーが届くスカウトサービスがあります。職務経歴や希望条件を登録しておけば、スカウトメールによって企業から直接オファーが届きます。

登録した条件を気に入った企業からのオファーが届くこともあり、転職活動の自信につながることも。オファーは登録内容に魅力を感じた企業から送られてくるため、予想外な業界や職種からのオファーが届く場合もあるようです。自分では気づかない市場価値を認識できるというメリットもあります。

公式サイトで見る


意外と知られていない、高収入業界もあるかも。まずは相談してみましょう

年収が高い業種は仕事がハードだったり、専門的な知識が必要だったりと、簡単に仕事に就くのは難しいことが多くなっています。年収の高い業界に転職したくなったら転職エージェントの利用がおすすめ。求人紹介から面談と、転職が決まるまでしっかりとしたサポートが受けられます。転職エージェントを利用してキャリアアップを目指してみてはいかがでしょうか。

【参考記事】転職エージェントってどんなところ?求人紹介までの流れも解説▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事