上品な人の特徴14選|下品な人との違いから上品になる方法を解説!

上品な人って雰囲気や立ち振舞が素敵ですよね。しかし、上品な人になるにはどうしたら良いか気になるところ。今回は、上品な人の特徴や下品な人との違い、品のある人になる方法を解説!さらに上品な芸能人もお届けします。品を身に付けたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

上品な人になりたいと思う時ってありますよね。

上品な人の特徴14選

年齢を重ねると上品な人になりたい、立ち振舞が素敵な人に憧れるという気持ちを持っている人も多いのではないでしょうか。

上品になりたいと考えても、具体的にどう行動を起こせばいいのかわからないと悩むもの。

そこで今回は、上品な人の特徴について紹介します。合わせて下品に見られる人の特徴についても解説しているので、自分はどちらに多く当てはまるのか確認してみてくださいね。


そもそも「上品」とはどういう意味?

上品とは、品格の高い行動や言動のことを指します。品(ひん)があり、洗礼されているさまを表しています。

外見や性格、言葉遣いなどから柔らかい雰囲気を与える人は、上品な人と思われることが多いですね。


上品な人に共通する15の特徴

上品の意味はわかったものの、具体的には何をすれば上品さや優雅さを身につけられるかわからないもの。

そこでこの章では、上品な人に共通している14の特徴について紹介します。

上品になりたいと考えている方には、参考になるところばかりでですので、自分にはいくつ当てはまるか確認していくのもおすすめです。


上品な人の「見た目」に共通する5の特徴

見た目とひと言でいっても、どんな人が上品な人に見られるのでしょうか。

この章では意外と曖昧になりがちな「見た目」の上品さについて紹介します。

5つの特徴を抑えることで、今よりも一歩上品な人へ近づくことでしょう。


1. TPOに沿った服装をしている

優雅で上品な人ほどTPOを意識し、服装に気を遣っています。上品に見えるのは、身につけているものが高級品だからということではありません。

上品な人ほどマナーが身についており、TPOに合わせた服装を自然と着ていけるのです。

自分が着たい洋服を身につけることは悪いことではありませんが、上品な人ほどその場に合わせた服装を用意できる人なのです。


2. アイラインや眉毛など、華やかに見える大人メイク技術を習得している

上品な人の特徴に、メイクを上手に取り入れている人が多いことです。上品な人ほど自分が綺麗に見える魅せ方を知っているのです。

特にメイクの技術は、プロに習ったり、自分で練習したりと自分の骨格や特徴を把握しておく必要があります。

上品に見える人ほど派手すぎないメイクでいて、華やかさのある自分に合ったメイクを取得しているのです。


3. 胸を張って、背筋がピンと伸びている

上品に見える人は、立ち振舞にも気を使います。特に、歩き方や座る姿勢などの見た目は重要です。

気を抜くと姿勢が崩れてしまう部分を常に意識しているのは一見簡単そうに見えますが大変なことです。胸を張って歩くことで、シャキっとした印象に見せるだけでなく自信があるようにも見せてくれますよ。

姿勢を正すことの大切さを上品な人は知っているのです。


4. 筋トレやダイエットを行い、程よく引き締まっている

年齢を重ねるとお腹周りにお肉が付きやすくなります。体型が崩れるのはある程度仕方のないことではありますが上品な人ほど、年齢だからしょうがないと諦めるのではなく、食べる物や運動に気を遣っているのです。

自分が相手からどう見られているのかを常に意識しているので、食べたり、飲んだりすることも自分の中でバランスを考えながら行っています。


5. 寝癖などをきちんと直し、髪型を整えている

ボサボサ頭で外出することは鏡を見ていませんと言って歩いているようなものです。上品な人は、寝癖やほつれ毛など乱れた部分がありません

時間に余裕を持って、寝癖があればスプレーやドライヤーを利用しきちんと髪型を整えています。

ブラシでしっかりとかしたり、ほつれ毛は抑えたりなど最低限の身だしなみには気をつけています。


上品な人の「行動」に共通する10の特徴

上品に思われる人に共通しているのは「ある行動」です。

一つ一つはどれも難しいものではなく、実は今日からすぐに実践できることばかりです。10個全てをいきなり身につけるのは大変ですが、少しずつ意識していくだけで自然と身に付きます。

上品な人は一体どういった「行動」を取っているのでしょうか。確認してみましょう。


1. 丁寧な言葉遣いで話している

言葉遣いはその人を表します。上品な人は、初対面の人に対しても普段から仲が良い人に対しても相手に気を使いながら話します。

丁寧な言葉遣いを使う人は、相手を見て言葉を選んでいるわけではありません。

たとえ、自分より年齢が下の人でも年齢だけで判断するのではなく、関係性を築けていない相手であれば敬語で話します。上品な人は普段から言葉遣いに気をつけて話しているのです。


2. 食事マナーなどあらゆる行事のマナーを身に付けている

大人になれば冠婚葬祭に呼ばれる機会は多くなります。上品な人とは既にマナーが身についているので、アタフタしてしまいそうなシーンでもサッと対応ができるのです。

「あれ?これはどうするんだっけ?」と悩むこともありません。食事や行事のマナーは知らないと恥をかくことも多く、優雅で上品な人ほどマナーについて勉強しているのです。


3. 大げさに笑わず、口に手を添えながら小さく笑う

大きな口を開けて「ガハハ」と笑う姿は、本当に楽しそうに見えます。しかし、上品な人ほど面白いことがあったとしても、大げさに笑うことはありません。

面白いとは思っていても、「ガハハ」と大げさに笑うことで、見る人によっては下品な人と捉えることを知っているからです。

上品に見せる笑い方は、口元に手を添えて小さく笑うだけです。手を叩いたり、オーバーリアクションをすることはありません。


4. 習字を習っていたりして、綺麗な字を書く

上品な人とは綺麗な字を書く人でもあります。今はパソコンやスマートフォンでメッセージを簡単にやり取りできる時代なので、大人になると字を書く機会は少なくなります。

それでも、年賀状や手紙など数は減っても手書きを目にすることはあります。

どんなにかっこいい人やかわいい人でも、文字が汚ければガッカリとしてしまうこともあるぐらい大切な字。上品な人ほど、字を綺麗に書くことの大切さを知っているのです。


5. ご近所さんや知り合いとあったら、適切な角度でお辞儀して挨拶する

挨拶をすることの大切さは小さい頃から皆当たり前のように教わります。上品な人は挨拶する時、声に出さなかったとしてもきちんと頭を下げます。

それは、挨拶をすることで周囲との良い関係性も築けることを知ってるからです。

挨拶することは最低限のマナーではありますが、近所の人に知り合っても知らないフリをしてしまったり、頭だけペコっと下げるだけだったりと挨拶が雑になる人も多いです。上品な人ほど、挨拶をする際は軽い会釈をして挨拶をします。


6. 持ち物を整理整頓している

上品な人の特徴として、持ち物を自分のルールによって整理しています。その理由は、持ち物を整理整頓することで、自分の今の気持ちを確認しているです。

仕事で忙しくなれば、持ち物が乱雑になることもあります。しかし、常に整理整頓をしておけば、乱れたことにもすぐに気が付き、「今、心に余裕がないなと」と客観的に自分を見ることができます。

上品な人は、自分を客観的に見られるように、些細なことでもきちんとしているのです。


7. 歩く時や物を置く時など、大きな物音を立てない

上品な人ほど、動作や行動には気を使います。必要以上に大きな物音を立てることはなく、歩くときもかかとをズリながら歩くことはしません。

大きな物音を立てるということは、周りの人にも聞こえています。「ドンッ」「ドカッ」といった音やヒールの「カツカツ」といった音は意外と響くので、相手から「うるさいな」と思われることもあるのです。

上品な人は周囲のことまで考えているので、むやみに大きな音を出さないのです。


8. どんな時も冷静に立ち振る舞っている

トラブルが発生した時、ついパニックなってしまう方が多いですが、上品に見られる人は冷静に状況を判断するのが上手です。

それは、パニックになったからといって状況が良くなるわけではなく、周りの不安を仰ぐだけで、かえって誤った判断を下してしまう可能性があることを知っているからです。

もちろん、上品な人でも心の中では焦っていることもありますが、表に出さないだけで周囲から冷静に見られて頼りになる存在になります。

【参考記事】はこちら▽


9. 知らない人に対しても、気配りや気遣いができる

社会人になると食事会や打ち合わせなど、知らない人との交流が増えます。

上品な人の特徴は、自分が知っている人だけに気を遣うのではなく、飲み会の場など周囲を見ながらグラスが空いてないか、1人ぼっちになっていないかなど気にかけることができること。

知らない人に話しかけることは勇気が入りますが、上品な人とはそういった場面でも、他人にためらうことなく気配りできる人なのです。

【参考記事】はこちら▽


10. 香水でほのかな香りをまとわせている

通りすがりにフワッといい香りが漂えば、男女関係なく印象に残る人になります。

女性であれば香水やボディスプレーなど利用するシーンは多いですが、男性の場合は制汗シートで汗を拭くぐらいの方が多いのではないでしょうか。

優雅で上品な人ほど香りには気を遣っていますし、TPOに合わせて上手に香りを楽しんでいるのです。


下品な人の特徴から分かる、上品な人との大きな違いとは?

自分は下品な人とは違うと思っている方も、これから紹介する5つの特徴を見ることでドキッとするかもしれません。

人はどのような部分に下品だと感じるのかをこの章で知ることで、自分でも意識するようになります。


1. 常に音を立てて、ガサツさがある

「ドカッ」「ドンッ」といった大きな音を立てることは下品でガサツに見られます。ガサツな人は、大きな音を出すことで周囲に迷惑であることに気がついていません

例えば、外出から帰宅した時、荷物をそこら辺に「ドカッ」と音を立てて置けば下の階にも音が伝わりますし、家族も音でビックリします。

無意識で行っている傾向があり、下品な人は特に物音が周囲に影響を与えていることを気づいていないことが多いです。

【参考記事】はこちら▽


2. 言葉遣いが悪く、声が大きい

「腹減った」「マジめんどくさい」「だるい」といったような言葉遣いは、男女ともに下品に見られる傾向です。ここに声の大きさがプラスされると、さらに下品に見られるでしょう。

言葉遣いは普段使っている言葉からしかでてきません。

そのため、話し方や言葉遣いで、その人が普段どのように話しているのかが相手に分かってしまうのです。下品な人は言葉遣いを気にしたりしないので、品が悪いと周囲に印象を与えてしまうのです。


3. 自分中心で物事を考えているため、周囲に気を遣えない

相手のことを考えずに行動している人は、下品に見られます。その理由は、周囲まで注意を払えず視野が狭いからです。

上品な人は自分の立ち振舞いも上手に行いますが、周囲がどのような状況かを把握し、さり気なく相手を気遣うことにも長けています。

しかし、下品な人は自分さえ良ければいいという発想でしか考えていません。周りのことを考えられない人は、どんなに高い洋服を着て上品そうに繕っても、周囲からは下品と見られてしまうのです。


4. 見た目に清潔感がない

髪の毛に寝癖がついたまま、洋服はしわだらけといった状態ではどんなに性格が良くても上品な人には見えません。

それぐらい周囲からの見る目は厳しいのです。清潔感がなければ上品に見えるどころか、好感を持つことは難しいでしょう。

特に、初対面の場合であれば、第一印象でその人の印象が決まってしまうことも。下品な人は服装に清潔感がない格好をしているので、品がないと思われてしまうのです。


5. 食べ方が汚いなどマナーが身に付いていない

「クチャクチャ」と音を立てながら食べる、お皿を持って食べないなど食べ方のマナーはその人の日常が浮き彫りになります。

食事は基本的に1日3食取るので、いつもの癖が出てきやすいところでもあります。

仕事で会食、恋人との食事など他の人とご飯を食べるシーンは社会人になれば多くなります。下品な人は、他の人にも見られている意識を持たないので、食事のシーンでマナーを守らないため、周りから下品と思われてしまうのです。


【上品な人になりたい人必見!】周りを魅了する上品な人になる方法

上品な人とは一体どのようにして、立ち振舞やマナーを身に付けたのでしょうか。

上品になりたいと考えている方は、ここで紹介するポイントを抑えれば上品な人へ近づきます

今日からすぐに実践できることばかりなのでぜひ試してみましょう。


1. 常に姿勢を正すことを意識する

歩き方や座り方など少しでも気を緩めればあっという間に姿勢が悪くなります。

しかし、上品な人は姿勢を正しくキープしているのです。これは無理やり行っているのではなく、日常生活の中に自然と姿勢を正すことを取り入れています。

例えば、イスを浅く腰掛けて背筋を伸ばしているなどです。すぐにでも実践できるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。


2. 声が大きいなら、普段の声量を下げる

意外と自分が発している声の声量は、どのくらいの大きさかわからないものです。上品な人になりたいと思うのであれば、周囲に強力してもらうのもいい方法です。

例えば、普段通り話している声で話し相手に「声のボリュームって大きい?」と確認してみることです。これを繰り返していくと声をどのくらい出せばいいのかがわかってきます。

「声が大きいかな?」と思った方は、普段より声の音量を絞るよう意識してみましょう。


3. あらゆるマナーを勉強する

マナーは大人になってから勝手に身につくものではありません。そのため、優雅で上品のある人になるためにはマナーを身につける勉強が必要です。

マナー講座は多くあり、食事からビジネスマナーまでと様々です。色々な知識を付けておくことで、いざという時に役に立つことも多く、知っておいて損はありません。

特に冠婚葬祭のマナーは今後使うことも多く、間違えると失礼にあたることや恥ずかしい思いをする可能性があるので、マナーを勉強しておくことは自分のためにもなるのです。


4. 見た目に清潔感をもたせる

清潔感と聞いただけでは何をどうしたらいいのかわからない人もいるでしょう。

例えば、髪型をブラシを使って整える、洋服のシワやほつれがないか鏡でチェックするといったことに気をつけるだけで相手に与える印象は変わってきます。

爽やかさと清潔感を出すには、Tシャツや上着にホワイトカラーを選ぶことです。顔周りを明るく見せるだけでなく、清潔感のある印象を相手に与えます。

【参考記事】はこちら▽


5. 自分だけでなく、他人に気が利くほど心に余裕を持って行動する

上品になりたいのであれば、心にゆとりを持つことが大切です。ゆとりがなければ、行動や言動はガサツになり相手に不快な印象を与える可能性があります。

例えば、初対面の方を囲んだ食事会の場合は定期的に声をかけたり、1人にならないように気にかけるといったことです。

上品な人ほど「自分が、自分が」という行動ではなく相手のことをよく考えて行動できる人なのです。

【参考記事】はこちら▽


6. 自分の周囲にいる上品な人と親密に関わる

自分を上品な人にする方法は、上品と思う人の近くにいることです。どのような行動や立ち振舞をするのか、服装や髪型など間近で見ていれば何をどのように気をつけているのかがわかります。

相手に思い切って、上品さや優雅な雰囲気を出すにはどうしたらいいか聞いてみるのもおすすめです。

上品な人のそばにいれば自分も意識するようになるので、早く上品さを身につけることができます。


優雅で上品な人になるには、上品で有名な芸能人の見た目や言動を真似してみるのもアリ!

芸能人で素敵だなと感じる方は上品な人が多いのではないでしょうか。自分の周りに華やかさがあって優雅で上品な人がいなければ、芸能人をお手本にしてみるのも1つの方法です。

芸能人の方たちは、華やかな世界で多くの人に見られる仕事です。そのため、立ち振舞や言葉遣いなどには注意している方も多いです。

言動や行動を少しずつ真似してみることで、あなたも上品な人に一歩近づくことでしょう。


上品な女性芸能人

多くの女性芸能人がいる中で、今回紹介する3名の方は特に華やかさがあり、優雅で上品な人です。

上品になりたいと考えている方は、どの部分が上品に見えるのかを参考にすることで、自分にも今日から取り入れられることができます。


1. 松たか子さん

ドラマや映画を中心に活躍する日本のトップ女優でもある松たか子さん。「HERO」や「カルテット」などドラマで明るいキャラクターからミステリアスな役まで人を釘付けにする演技が特徴です。

松さんが華やかで上品に見えるのは、メイクが自分に合ったナチュラルメイクであることや、座り姿や立ち姿が綺麗なところです。

上品さや優雅さもありながら、優しい雰囲気に見せるのは、派手すぎないメイクのおかげでしょう。


2. 仲間由紀恵さん

「TRICK」「ごくせん」など数多くのドラマに出演している仲間由紀恵さん。TRICKではシュールな役どころ、ごくせんではジャージにメガネがトレードマークの先生役でした。

冴えない役が多い印象ではありますが、バラエティ番組や試写会などで見せるその立ち振舞や顔つきは優雅で上品な人です。

凛とした顔つき、ドラマでは見せない知的さ溢れる姿は、ドラマとのギャップが大きくさすが女優さんと思わせます。


3. 天海祐希さん

元タカラジェンヌで月組のトップスターでもある天海祐希さん。ドラマ「BOSS」ではかっこいい刑事役でまさにボスとしてぴったりな役柄でした。天海さんが上品に見えるのは、所作が細部まで美しいことです。

歩き方、手の動き、全てに置いてキレのある動きで、優雅でありながら上品さも兼ね備えているのです。

意識をして背筋を伸ばして歩くだけで、キリッとした印象を与えることができるので、男性からも上品さのある女性として見られているのです。


上品な男性芸能人

上品になりたいと考えている男性は、女性から支持のある男性芸能人を参考にすることをおすすめします。芸能人だから、マネをするのが難しいと考える必要はありません。

これから紹介する3名の芸能人は、なぜ女性からの好感度が高いのかぜひ自分でも考えて参考にしてください。


1. 小泉孝太郎さん

笑顔が爽やかで、清潔感ある小泉孝太郎さん。バラエティ番組からドラマまでジャンルを問わず活躍している俳優さんです。

小泉さんが上品に見えるのは、清潔感ある髪型や服装はもちろん、落ち着いたトーンで話をするので安心感を感じられますね。

グイグイと前のめりに話すのではなく、一歩引いて落ち着いたトーンで話しをするため、信頼ができる上品な人といった印象を与えているのです。


2. 佐々木蔵之介さん

ドラマを中心に活躍する、独身最後の砦と呼ばれる佐々木蔵之介さん。上品さもありつつ、バラエティ番組ではおちゃめな一面も見せる女性からの人気も高い俳優さんです。芸能人ではあるものの、バラエティ番組で見せる顔は親近感が湧いてきます。

佐々木さんが上品に見えるのは、清潔感や立ち振舞、話し方ではないでしょうか。特に話し方は、落ち着いて話すことや相手の話もきちんと相槌を打つので、相手に安心感を与えます。


3. 櫻井翔さん

嵐のメンバーでアイドルでもある櫻井翔さん。バラエティ番組からニュースキャスターまで幅広く仕事をしています。櫻井さんの上品さが見えるのは、バラエティ番組とニュースキャスターで見せるギャップです。

バラエティ番組では、私服がダサいなどといじられたりするキャラクターですが、ニュースキャスターでは真面目に落ち着いた一面を見せます。

どの番組も自分の役割をしっかりと把握し、周囲に気を遣っていることが上品さに繋がっているのです。女性に魅力的、上品さを見せるのであれば周囲に気を使いつつ、意外な一面を見せることで、好感度を上げているのも特徴的ですね。


上品な人を目指して、周囲から魅力的な人と思われるようになろう!

優雅で上品な人でもある日突然、上品になったわけではありません。日々の小さい積み重ねで徐々に上品に見えるようになったのです。

紹介した上品な人の特徴と、ポイントを抑えることであなたも上品な人になります。

いきなり全部を実践し変わるのは難しいので、少しずつ意識して取り組んでいきましょう。今よりももっと魅力的で誰からも素敵に見られる人になります。


【参考記事】はこちら▽

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事