ドライな彼女の特徴とは?寂しい時に試したい上手な付き合い方を紹介

ドライな彼女の特徴について詳しく知りたい男性へ。今記事では、ドライな彼女の特徴から、上手な付き合い方まで詳しくご紹介します。サバサバしていて一見そっけなく見えやすい女性と付き合うコツを解説するので、気になる男性はぜひ参考にしてみてください!

ドライな女性と付き合うと不安に感じる男性は多い

ドライな彼女の特徴とは

彼女のことが大好きで、いつでもベッタリとスキンシップしていたいくらいの気持ちがあっても、彼女が同じ気持ちとはかぎりません。

サバサバした性格のドライな彼女だと、恋人同士だからといっても、あまりイチャイチャするのが好きではない場合もあります。

そんな時に気持ちの温度差を感じて、「自分が思っているほど、彼女は好きではない」「他に好きな人がいるのかも」など不安な気持ちを抱く男性は意外と多いのです。


ドライな彼女の特徴とは|さっぱりした女性の共通点を大公開

好きな人や、自分の彼女がどちらかというと、サバサバした印象の女性だという人もいるでしょう。

ここからはドライな彼女の特徴について詳しく紹介します。

気になる女性が当てはまるかどうか、確認してみてくださいね。


ドライな彼女の特徴1. 絵文字や顔文字をあまり使わない

LINEやメールなどの連絡ツールは「必要なことを伝えられればそれでいい」と単なる連絡手段ととらえている傾向があるのがドライな彼女の特徴。

ドライでしている彼女だとデートの約束などのLINEをしても、絵文字などなくて、「本当に楽しみなのかな」と心配になることがありますよね。

ドライでサバサバしている性格ゆえに、絵文字や顔文字を使う必要をあまり感じていないのです。


ドライな彼女の特徴2. どんな状況でも冷静

ドライな彼女は、あまり感情をむき出しにした行動がスマートではないと考えているので、あまり感情を乱す姿をみせません。

ドライな彼女と付き合っていると、いつも感情の起伏がなくて、「なんだか掴みどころがない」と感じることがあるのではないでしょうか。

あまり状況に振り回されて、感情を乱したくないという性格から常に冷静でいるのです。


ドライな彼女の特徴3. 連絡を取らなくても平気

「いつも誰かとつながっていたい」など人を求める気持ちがそれほどないのが、ドライな彼女の特徴。

彼氏としては、毎日彼女と連絡を取り合いたいのに、ドライな彼女はあまり連絡をしてこないので、寂しく感じるようなことがあると思います。

常に人とつながっていたい気持ちが薄く、独立心が旺盛なので、どうしても連絡の頻度が下がってしまうのです。


ドライな彼女の特徴4. 一人が好き

恋人との時間と同じくらい、趣味など好きなことをする、一人ですごす時間も大切だと考えるのもドライな彼女の特徴の一つ。

休みの日は絶対デートしたいと思っているのに、「その日は一人ですごすから」などと、いわれて寂しい気持ちになった経験がある人もいるのではないでしょうか。

ドライな彼女は、趣味など好きなことに自由に使える、一人の時間が好きな傾向があるのです。

【参考記事】はこちら▽


ドライな彼女の特徴5. 愛情表現が苦手

ドライな彼女は好きな気持ちを素直に表現しないため、恋人からしてみると、「ドライだな」と思われてしまう傾向があるもの。

全く愛情表現をしてくれない彼女が、お酒を飲んで、酔っ払った時などにスキンシップしてきて、「意外に好かれているんだな」と安心するようなケースも見られますよね。

愛情がないわけではなく、気持ちを表すのが苦手なために、ドライな彼女だと思われてしまうのです。


ドライな彼女の特徴6. 恥ずかしがり屋

照れ屋であったり、すぐに緊張してしまう性格などから正直になれないのがドライな彼女。

何事にも動じない、ドライな性格だと思っていた彼女が、こちらから積極的な愛情表現をすると、すごく恥ずかしがるシーンに遭遇することがあります。

恋愛的なムードやシリアスな場面などで、恥ずかしい気持ちが勝ってしまって、ドライな対応をしてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


ドライな彼女の特徴7. あまり束縛をしない

ドライな彼女には、相手を疑って、自由を奪うような行動に、拒否感に近い気持ちを持っています。

このような女性と恋人関係になると、一緒にいない時に何をしているか、しつこく詮索をされたり、「女性も参加する飲み会は禁止」などの強めの束縛をされることはありません。

付き合う相手を束縛しないので、良くも悪くも過剰に構われないと感じさせて、ドライな関係だという印象を与えるのです。


ドライな彼女との付き合い方|サバサバ系女子と長続きするコツを大公開

ドライな彼女だと、恋人らしい付き合い方ができなくて、「上手くいくのか心配……」という人もいるのではないでしょうか。

ここからはドライな彼女と上手く付き合うコツを詳しく紹介

付き合い方を知って、サバサバした彼女といい関係を築いてみましょう。


ドライな彼女との付き合い方1. 連絡のペースを合わせる

自分の連絡ペースを、彼女に押し付けてしまうと、ストレスを溜めさせる可能性があります。

連絡の頻度はできるかぎり、彼女のペースに合わせて、あまりたくさん連絡を求めないのが、仲良く付き合っていくコツの一つ。

彼女の連絡ペースに合わせてあげることで、彼女に余計な負担をかけずに、心地よく付き合ってもらえますよ。

【参考記事】はこちら▽


ドライな彼女との付き合い方2. 束縛は基本的にしない

恋人を束縛するのを嫌うドライな彼女は、自分が恋人に束縛されるのも、「重い」と感じる傾向があります。

かわいい彼女だと心配な気持ちもあるかと思いますが、基本的に相手の行動を制限するような、束縛した恋愛は止めるのがおすすめです。

お互いに信じあって、自由を奪わない恋愛をすることで、ドライな彼女と相性が良い関係が築けますよ。


ドライな彼女との付き合い方3. 適度な距離感を心掛ける

ドライな彼女は、恋人といつも一緒で、べったりしているような関係を好まない人も多いです。

いつも一緒にいたい気持ちがあっても、ぐっとこらえて、適度な距離感を持って彼女と付き合ってみましょう。

ドライな彼女は一人の時間が好きな場合もあり、適度な距離感で付き合っていくほうが、末永く円満な関係で付き合っていけるはずですよ。


ドライな彼女との付き合い方4. お互いの価値観を共有する

「自分語りはうざいかも」とじっくり自分の気持ちを語らないところが、ドライな彼女にはあります。しかし、それではお互いの価値観などを知る機会も少なくなり、絆もできにくくなってしまいがち。

こちらから、彼女と二人でお酒を飲んでいる時など、お互いのことを深く理解できるような会話をする時間を設けてみましょう。

お互いの価値観を共有すれば、相手の気持ちを尊重できるようになって、絆も深まっていきます。


ドライな彼女との付き合い方5. 気持ちはきちんと伝える

サバサバ系の女性は愛情表現が苦手な傾向があるので、彼氏側も愛情表現をしないと、お互いの気持ちを伝えるきっかけがなくなってしまいます。

愛情表現の少ないドライな彼女と付き合っている時は、「愛している」と自分の気持ちをしっかりと伝えるようにするのがおすすめです。

しっかり愛情表現をすることで、「愛してもらえている」とドライな彼女が実感できて、良好な恋人関係が築けるでしょう。


ドライな彼女とは、相手に合わせつつ上手に付き合ってみて。

今回はサバサバしたドライな彼女について特徴や、上手に付き合う方法などを紹介しました。

現在、付き合っている彼女がサバサバ系で、「普通の女性と違う」とか「愛されているか心配」などの悩みを抱えている人もいるかもしれません。

ドライな彼女は愛情表現が苦手とか、恋人との適度な距離感を持ちたいと考えているだけで、あなたを愛してくれているもの。彼女の個性を尊重して付き合えば、円満な関係を築けるものですよ。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事