恋人と別れるべき?10の診断方法&付き合い続ける際の対処法も解説

恋人と別れるべきか悩む時ってありますよね。しかし一時の感情で判断すると、別れた後に後悔することも。今回は、迷った時の診断方法や別れを切り出す前に試すこと、今後も付き合い続ける際の対処法まで解説します。別れてから後悔しないためにも、ぜひ確認してみてください。

恋人と別れるべきか、悩んでいる方へ。

彼氏や彼女と別れるべきか悩む時に行いたい10個の診断

彼氏や彼女と何らかのズレを感じ、別れるべきかどうか悩むこともあるのではないでしょうか。

このまま付き合いを続けていくべきか、それとも別れるべきか、考えれば考えるほど分からなくなってしまいますよね。

今回は、彼氏や彼女と別れるべきかが分からない時に行いたい10個の診断をご紹介。

さらに、恋人に別れを切り出す前に試したいことや、倦怠期を乗り越えて今後も付き合っていく方法について、詳しく解説していきます。


彼氏・彼女と別れるべきがか分からない時に行いたい10個の診断

別れるべきか別れないべきか思い悩んでいるものの、いつまでたっても答えが出せない人もいるのではないでしょうか。

ここでは、彼氏や彼女と別れるべきがか分からない時に行いたい10個の診断をご紹介していきます。


診断1. 相手が頻繁にお金を貸してと言ってくる

お金の管理ができないのは、計画性が無く、自分に甘い証拠。お金を稼ぐことの大変さを知っている大人なら、たとえカップルの関係であったとしても、そう簡単に「貸して」とは言えないはずです。

趣味にお金を費やしたり、嘘をついてギャンブルで浪費したりする人は、余程固い決意をしない限り、自分を変えることができません。もし、同棲や結婚をしたら、お金の問題で揉めるのは目に見えています。

【参考記事】はこちら▽


診断2. 相手の行動や態度にストレスを感じる

相手の何気ない仕草や、普段と変わらない言動に苛立ちを感じるのは、気持ちが冷めた可能性が高いと考えられます。

また、相手から「好きだよ」などと愛情表現をされた時に、鬱陶しさや嫌悪感を感じるなら、恋愛感情が冷めてしまったと判断して間違いないでしょう。

相手の言動にストレスを感じる状態で付き合っていけば、自分が幸せな気分になれないだけでなく、相手を傷つけてしまうことも。

カップルで一緒にいてストレスを感じることが多いなら、別れを視野に入れた方が良いと言えます。

【参考記事】はこちら▽


診断3. 恋人としての感情が冷めてしまった

恋愛感情が冷めてしまった相手と付き合っていても、気持ちが満たされることはありません。また、冷めた気持ちや無理をして付き合っている雰囲気は、やがて相手に勘付かれてしまうものです。

「手を繋ぐのが気持ち悪い」「キスをするのに嫌悪感がある」など、カップル特有のボディタッチを避けたい気持ちが強いなら、恋愛感情が冷めてしまった可能性大。

無理して付き合い続けてもお互いが幸せになれない可能性が高いので、別れたほうが良いでしょう。


診断4. 相手に浮気癖がある

「浮気癖は一生治らない」という言葉が広く知られているのは、実際に浮気を何度も繰り返す人がいるからです。

「もう浮気をしない」と約束したにもかかわらず浮気を繰り返す人は、付き合っている相手のことをそれほど大切に思っていません。

もし、本当に大切な存在なら、自分の浮気や嘘で泣かせたり傷つけたりするようなことは絶対にできないはずです。

浮気癖が治らないのは、付き合っている相手の気持ちを軽視して、自分の欲求ばかりを尊重している証拠。特に、信頼関係が何より大切な遠距離恋愛の場合は、別れたほうが身のためでしょう。

【参考記事】はこちら▽


診断5. 相手と一緒にいても笑顔にならない

一緒にいて楽しくない相手と付き合う意味はあるのでしょうか。

「妙に気をつかいすぎてしまう」「悩むことが多くて不安ばかり」など、全く笑顔になれない関係は、自分をただ疲れさせてしまうだけです。

恋愛とは、本来幸せな気持ちになるものです。カップルで一緒に過ごしていても楽しくない、気持ちが満たされない、というのなら、別れたほうが良いと言えるでしょう。


診断6. 相手の束縛が激しすぎる

束縛が強すぎる相手と付き合っていると、単に自由が無くなるだけでなく、自分の可能性やチャンスを潰してしまうことにも繋がります。

仕事後や休日などの時間を全て束縛されることで、仕事や趣味、友人関係の時間が全く取れなくなる可能性も。

束縛する気持ちの元には、「自分のものだけにしたい」「自分の思い通りにしたい」という心理があります。

相手は「好きだから束縛してしまう」と言うかもしれませんが、結局は相手の気持ちはお構いなしに、自分の欲求を叶えたいだけなのです。「束縛=愛情」ではないことを覚えておくといいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


診断7. 相手の喜びを共感できない

大好きな相手のことは、まるで自分の出来事のように感じられるもの。相手が喜んでいれば自分も嬉しくなり、相手が悲しんでいれば自分も悲しくなってしまいます。

つまり、相手に喜ばしい出来事があったにもかかわらず、その喜びを共感できないということは、気持ちが冷めてしまっている可能性があると考えられます。

「仕事で昇進した」「上司に褒められた」など、相手が心底喜んでいる様子を見ても大して心が動かないのなら、別れを意識したほうが良いかもしれません。


診断8. 相手の趣味を受け入れられない

「相手の趣味が理解できない」というのであれば問題ありませんが、「相手の趣味が気持ち悪い」と嫌悪する気持ちが強いのは、カップルの関係に影を落とします。

相手が趣味にのめり込むほど嫌悪する気持ちが高まり、それはやがて軽蔑のような感情に変わるためです。

もし、将来結婚した場合、趣味にお金をつぎ込む相手を見て、嫌悪感だけでなく怒りを覚えることもあるかもしれません。

相手の趣味が生理的に受け付けられないというレベルなら、将来的に考えても別れたほうがいいと言えるでしょう。


診断9. 遠慮してしまい、本音を話せない

遠慮して気を遣いすぎる関係は、自分が疲れてしまうだけです。また、相手も気を遣われていることが重荷となり、何となく居心地の悪さを感じているはず。

付き合いたてのカップルなら、相手を尊重するあまり、本音が言えないこともあるかもしれません。

しかし、彼氏彼女の関係になってずいぶん経つのに本音が言えないのは、お互いの相性が悪い可能性もあると考えられます。

相手に本音を話せなくて別れるべきかどうか悩んでいるのなら、普段から相当気を遣っている証拠だと言えるでしょう。


診断10. 結婚など価値観が違いすぎる

価値観の代表的なものには、人生観や結婚観、金銭感覚などが挙げられますが、カップルで価値観が違いすぎると喧嘩やすれ違いの原因となります。

特に、相手に対して理解できない価値観や、許せない価値観がある場合、何度も揉めてしまうでしょう。これまでの人生で培ってきた価値観は、多少の努力で変えられるようなものではありません。

将来的に結婚したいと考えているのなら、価値観を認め合える相手を探すのは必須。

恋愛感情のある相手との別れは辛いものですが、あまりにも価値観が合わない場合は早めに別れたほうが自分のためです。

【参考記事】はこちら▽


恋人に別れを切り出す前に試したい6つのこと

別れるべきか別れないべきか色々と迷った挙句、それでもやっぱり答えが出せないこともあるでしょう。

ここでは、恋人に別れを切り出す前に試したい6つのことを挙げていきます。

「別れるべきか別れないべきか」とモヤモヤ悩む心に、もしかしたら答えが出せるかもしれませんよ。


1. いったん距離を置く

相手から離れることで客観的な視点が生まれ、自分の気持ちや相手のことが見えやすくなります。特に、長く付き合っているカップルや、同棲中のカップルに効果的な方法です。

いつも居て当たり前だった相手がいなくなることで、きっと何か思うことがあるはず。もし、一緒に居てくれるありがたみを再認識できれば、これからも前向きな気持ちで付き合っていけることでしょう。

その反対に、「距離を置いて気が楽になった」という場合は、残念ながら別れを考えた方が良いのかもしれません。


2. 他の異性の人と食事に出かけてみる

他の異性と過ごすことで、何かしら感じるものがあるはずです。

「相手に嘘をついて申し訳ない」と、罪悪感でデートが楽しめないのなら、相手とまだ別れたくないと思っている証拠。

反対に、デートを素直に楽しめた場合は、「他にも素敵な異性がいっぱいいる」「今の相手と無理して付き合うこともない」などと、別れを決意するきっかけになるかもしれません。

ただし、他の異性とデートしたことが相手にバレれば大きな喧嘩になる恐れもあります。行く場所は食事程度に抑えるようにしましょう。


3. 相手がいなくなった時のことを考える

「相手がもしいなくなったら」と想像してみることで、今恋人同士でいられるありがたみを再認識できるかもしれません。

もし、相手のことをまだ好きなら、寂しさや辛さが込み上げてくるはず。

ギュッと胸を締め付けられるような気持ちになることでしょう。

付き合いに慣れて安心感が高まってくると、「相手がいて当たり前」の感覚になっていきます。

相手がいなくなった時のことを想像することで、別れるべきかどうかの答えがあっさり見つかる可能性があるのです。


4. 相手のことを受け入れることができないか考える

一度冷静になって相手の嫌な部分を見つめてみると、意外と許せることだったりする場合もあります。

「相手のこういう所が嫌い」「あの考え方を直してくれたら文句ないのに」などと感情的になると、どうしても客観性が失われてしまいます。

浮気癖や浪費癖などはもちろん受け入れるべきことではありませんが、別れるべきか悩む理由が、相手の性格やちょっとした態度にあるのなら、受け入れられないか考えるのも一つの手です。


5. 自分が変われば別れなくて済むかを考える

別れるべきか悩んでいる原因になっているものは、実は相手ではなく自分の中にある可能性も。

付き合いが長くなっていけば、知らず知らずのうちに自分の気持ちを優先させたり、些細な出来事に目くじらを立てたりしてしまうことがあります。これは、次第に相手に対する甘えが生まれ、ついわがままになるためです。

相手とすぐに喧嘩になってしまう、考え方が合わないと感じてしまう場合は、自分がわがままや傲慢な気持ちになっていないか、一度冷静に見つめてみましょう。

自分の言動を改めたり、自分から歩み寄れるポイントを探ってみたりすることで、別れる必要がなくなるかもしれませんよ。


6. 相手のことを良く知る友人に相談してみる

客観的な意見を聞くことで、今まで自分が知らなかった相手の一面を知れるかもしれません。また、相手が恋愛に対してどんなスタンスでいるのか分かることもあるでしょう。

例えば、相手がいつも節約していることに嫌気がさしていたとしても、「結婚したいから必死で貯金してるって言ってたよ」と聞けば、相手への見方はずいぶん変わるはずです。

別れるべきか悩んだら、相手のことを良く知る信頼できる友人に相談してみるのもおすすめです。


今抱いてる感情は倦怠期が原因かも?彼氏・彼女と今後も付き合っていく時の対処法

何となく自分の気持ちが盛り上がらないことで、別れるべきか悩んでいる場合、その原因は「倦怠期」かもしれません。

特に、同棲中や遠距離恋愛中のカップルでは、倦怠期が訪れやすいと言われています。

ここでは、倦怠期を乗り越えて、彼氏や彼女と今後も付き合っていく時の対処法について解説していきます。


対処法1. 行ったことのないデートをしてみる

マンネリ気味の関係を打破するには、二人の関係に新鮮さや刺激を与えるのも有効な手段。

これまでデートで出かけたことのないテーマパークや動物園など、初めての場所へ出かけるのがおすすめです。

また、自然の中でアウトドアやグランピングを楽しむのも、非日常感が味わえて刺激になります。

二人で一緒に初めての体験をし、同じ気持ちを共有していくことで、いつの間にか付き合い始めのようなワクワク感を取り戻せるかもしれません。


対処法2. 趣味に没頭して、自分の時間を大切にしてみる

趣味や自分の時間に集中することで頭がリフレッシュし、別れるべきかどうかを広い視野で考えられるようになります。

思いきり趣味に没頭したり、ジムに通って外見に磨きをかけたりと、とにかく自分が楽しいと感じるものを行うのがポイントです。

倦怠期が原因で別れるべきか悩み始めると、いつまでたっても答えは出にくいもの。まずは、別れるべきかどうかの悩みから一度離れて、趣味や自分磨きに没頭するのも一つの方法です。

【参考記事】はこちら▽


対処法3. 相手に対して「好き」な感情があるか自分自身に問いかける

自分の気持ちを掘り下げていくことで、相手に対する本心が見つかるかもしれません。相手の好きなところ、今までしてもらって嬉しかったことを、箇条書きで紙に書き出してみましょう。

視覚的に明確にしていくことで、これまでの様々な出来事や、その時の自分の感情を思い出しやすくなります。

そうすることで、自分の中に「好き」な気持ちがあるか、今相手にどんな感情を抱いているか、見つけられることもあるでしょう。


恋人との別れを決める前に、自分の本当の気持ちをよく考えてみて。

彼氏や彼女と別れるべきがか分からない時に行いたい10個の診断、さらに、恋人に別れを切り出す前に試したいことや、倦怠期を乗り越えて今後も付き合っていく方法について解説しました。

別れるべきかどうかの答えは、なかなか自分一人では見つけられないものですよね。そんな時は、信頼できる友人に相談してアドバイスをもらうのも、おすすめの方法です。

悩み事を言葉にすることで気持ちが整理され、ふと自分で答えを見つけられることもありますよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事