「もういいや」と思う瞬間とは?どうでも良くなる原因&対処法を解説!

毎日を何気なく過ごしていると「もういいや」と思う瞬間ってありますよね。今記事では、「もういいや」と感じる瞬間を『恋愛』『仕事』『人生』に分けてご紹介!また、もういいやと諦めたくなってしまう原因も追求していきます。「どうでもいい」と、投げやりになる性格を直したい人は必見ですよ!

「もういいや」と諦めたくなる瞬間ってありますよね。

「もういいや」と思う瞬間とは

恋愛や仕事に疲れたら「もういいや」とヤケクソになってしまうことがあります。何をやっても思い通りにいかなくて、生きる意味さえわからなくなってしまう人も多いですよね。

どうして大切だったものを、どうでもいいと感じる時がきてしまうのでしょうか。

今記事では、人生においてもういいやと感じる瞬間や原因、対処法を徹底調査。彼氏や彼女との関係で、「なんかもういいや」と感じてしまった人も必見ですよ。


恋愛において「もういいや」と感じる瞬間はいつ?

恋愛では思い通りにならないことも多いですよね。せっかく彼女や彼氏と両思いとなれても、ふとしたきっかけから疲れた、と感じることもあるでしょう。

ここからは、恋愛においてもういいやと感じる瞬間をご紹介します。


彼氏に「もういいや」と感じる瞬間とは

いくら好きな彼氏だったとしても、冷めてしまう出来事があると、途端にどうでもいいや、と感じてしまうことがあります。

ヤケクソになって急に別れを切り出してしまう女性もいるでしょう。

ここでは、彼女が彼氏にもういいやと感じる瞬間について、詳しく解説していきます。


瞬間1. 彼氏が浮気した時

一度裏切られたという気持ちになると、関係の修復は難しい、という女性は多いものです。彼氏の浮気が明らかになった時、もういいやと感じるのは当然といえるでしょう。

また、いくら好きだった彼氏でも気持ちが離れてしまうと、どれだけ謝られても冷めていく一方で、なんかもういいやとヤケクソになって別れてしまう女性もいます。


瞬間2. 嫌いな部分を見てしまった時

付き合う前は気づかなかった彼氏の性格や態度を知ってしまった時、もういいやと感じる女性もいます。

例えば、普段外では優しい彼氏が家では暴力をふるってきたり、付き合ってから急に冷たくなったり、と一緒にいる時間が長いほど嫌な部分が次第に分かってくるものです。

我慢できる範囲ならいいのですが、限界を超えてしまった時、なんかもういいやと感じ始めるでしょう。


瞬間3. 他の男性を好きになってしまった時

今付き合っている彼氏よりも魅力的な男性が現れると、どうしても気持ちが揺らいでしまいがちです。

特に、その男性に相手がいないことがわかると、途端に好きな気持ちが新しい男性へと移ってしまう女性も多くいます。

比較してしまって、今の彼氏が見劣りして見えてしまうと、もういいやとなってしまうケースも多いようです。

【参考記事】はこちら▽


彼女に「もういいや」と感じる瞬間とは

女性は付き合い始めから期間が経つにつれて、彼氏から気持ちが離れてしまう場合があると分かりました。

では、男性の場合はどういう時にどうでもいいや、と感じるのでしょうか。

ここからは、男性が彼女にもういいやと感じる瞬間について、詳しく解説していきます。


瞬間1. 元カレのことを何度も話される時

女性としては何気なく元カレの話をしていても、どういうつもりか理解できない、という男性は多いものです。

しかも、一度ではなく事あるごとに元カレの話ばかりされては、いい気分はしないでしょう。

最初は聞き流していても「俺のことより元カレのことを考えているんだな」と感じてしまい、もういいやとなってしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


瞬間2. 趣味など頻繁に否定してくる時

人によって趣味は心のよりどころで、精神の安定に重要な場合もあります。例え女性からすると理解しがたい趣味でも、侮辱されると許せないものでしょう。

彼女に好きなものや趣味を何度も否定された時、男性はもういいやと感じてしまうことがあります。

ことあるごとに彼女から趣味に関する傷つく発言をされ、別れを選択したという男性も多いです。


瞬間3. 束縛が激しすぎる時

彼氏の行動や交友関係を逐一チェックしてしまうなど、重い女性になりすぎると、精神的に疲れさせてしまいます。

好きだから彼のことが心配、という気持ちは分かりますが、必要以上に自由を制限してしまうのはNGです。

時には相手を信頼して、寛容に接しないと「もういいや、疲れた」と彼氏の心理が冷めてしまうことになりかねません。

【参考記事】はこちら▽


仕事において「もういいや」と感じる瞬間はいつ?

恋愛中は男女ともに、彼氏や彼女への気持ちが冷めてしまう出来事があった途端に、もういいやと感じてしまうのが分かりました。

では、仕事でもういいやと感じてしまうタイミングはあるのでしょうか。

ここからは、仕事においてもういいやと感じてしまう瞬間について、詳しく解説していきます。


瞬間1. いくら努力しても評価をされない時

毎日仕事を効率良くこなしていても、それを認めてもらえないと、モチベーションは下がってしまいます。

特に、毎回のように上司の評価に納得がいかないという人は、この職場で頑張っても報われないと感じ、ヤケクソになって退職や転職を考えてしまう場合も。

一度仕事関係で自暴自棄になってしまうと、辛い思いをすることが多く、なかなか抜け出せないという性質があります。


瞬間2. 成果を残しても給料が上がらない時

自分が努力したという自己評価というのは仕事において、あてにできない場合があります。

しかし、しっかりと成果として残るような良い結果が出ているのにも関わらず、給料やボーナスアップなどの実益が全くないと「もういいや!」とヤケクソになってしまうのも仕方ないでしょう。

頑張ることに疲れたと感じ、会社なんてどうでもいいや、と自暴自棄になってしまいがちです。


瞬間3. 上司がしつこく説教してくる時

部下に説教をするのも上司の仕事ではありますが、やり方に問題がある人も多くいます。

例えば、同じ内容の説教をしつこくくり返したり、改善できているのに過去のことを蒸し返して説教されると、心理的にも負担が強く、モチベーションは下がるばかりです。

有能な上司であれば、手短かつ簡潔に大事な点だけ説教するものですが、そうでない上司の説教は時に、ヤケクソになって退職や転職を考えてしまう人がいるほど、ひどい場合もあります。


人生において「もういいや」と感じる瞬間はいつ?

仕事でもういいやとなってしまうのは、上司や会社の方針と合わず、正当な評価がされていないと感じている場合が多い、と分かりました。

では、人生の中で、もういいやと自暴自棄になってしまうのは、どんなタイミングなのでしょうか。

ここからは、人生においてもういいやと感じる瞬間について、詳しく解説していきます。


瞬間1. 生きがいにしていた物事を失った時

他に代わりがないほど大切なものを手放すことになったら、人生どうでもよくなることが多いでしょう。

例えば、プロのスポーツ選手を目指していた学生が、突然の事故で体の自由を奪われてしまったり、心から愛していた恋人が原因不明の病に倒れたりした時、生きがいを無くしてしまって、ものすごい喪失感に襲われます。

生きていく支えとなっているものを外された瞬間、自分の人生に価値が見いだせなくなるものです。


瞬間2. 結婚できないと感じた時

婚活をしていて何度も失敗したり、周りの友人はほとんど結婚してしまったりすると、自分だけが取り残されたような気持ちになってしまいがちです。

努力していても結婚できないかも、と感じた時に人生がどうでもよくなってしまう人もいます。

結婚したい気持ちが強いほど、将来を考えるとますます不安が募って、結婚を諦めてしまうと生きる意味を失ってしまうことになりかねません。

【参考記事】はこちら▽


瞬間3. 信頼していた人に裏切られた時

友人や恋人を信じすぎてしまう人ほど、いざという時にショックを受けやすいです。

特に、他人に依存してしまいがちな人は、相手に何かを求めすぎたり、必要以上に期待をしてしまうことがあります。

一度ではなく、何度も裏切られた経験がある人は、もう人を信じるのは疲れた、と人間関係に諦めを感じることが多いでしょう。


「もういいや」と思ってしまう原因とは?

恋愛や仕事、人生において様々な場面で、もういいやと感じる人がいるのが分かりますね。では、どうして人は生きる意味を失ったような心理に陥ってしまうのでしょうか。

ここでは、人生においてもういいやと思ってしまう原因を詳しくご紹介します。


原因1. 精神的に疲れが溜まっている

ゆっくり考える暇がないほど多忙だったり、立て続けに想像していなかったことが起きると、人は思った以上に疲れたと感じやすいものです。

そんな精神的に疲れた状態のまま生活していると、面倒な出来事が起こるたびに、もういいやと諦めて投げ出したくなってしまうでしょう。

今を変えるために新しいことに挑戦しようとする気持ちすら起きず、負のサイクルに陥ってしまいがちです。


原因2. 自分の自由な時間が作れない

主に忙しすぎたり、仕事や相手に縛られた状態で生活を続けていると、プライベートな時間が無くなってしまいがちです。

自分の趣味や好きなことが全くできないでいると、心の寄りどころを失ってしまう場合も。

次に頑張るための活力すら無くなってしまうため、あまりにも休暇やフリーな時間が取れないと、人生自体がどうでもいいやと感じてしまう原因になりかねません。


原因3. 人間関係で嫌なことがある

職場や学校などでコミュニケーションが上手くいっていない人は、どうでもいいやと感じてしまいがちです。

例えば、人間関係の悩みが解決できずにいると、学校や職場に通うことすら面倒くさくなってしまいます。

また、自分が直接関係していなくても、人間関係のトラブルが近くにある状態が続くと、気持ちが疲れてしまって、休みたくなったり、辞めたくなったりすることもあり得るでしょう。


原因4. 何事に対しても一生懸命

どんなことでも頑張ろうとしている人は、燃え尽きた時の反動が大きすぎる場合があります。

例えば、頑張りすぎる人は一旦緊張が途切れてしまった時、一気にもういいやと感じてしまいがち

何事にも一生懸命なのは良いことですが、常に張り詰めていると緊張状態になりやすいのが難点です。常に張り詰めた状態で、心身に大きな負担がかかっているのが原因といえるでしょう。


「もういいや」と疲れてしまった時の対処法をレクチャー

もういいやと感じてしまう原因は、心身の疲れからきていることが多いと分かりました。では、疲れを感じた時はどうすればいいのでしょうか。

ここからは、もういいやと疲れてしまった時の対処法について、詳しく解説していきます。


対処法1. 新しい趣味を始めてみる

知らない世界に触れることで新しい刺激を得ることができます。

人はどうしても同じことの繰り返しをしているとマンネリに感じたり、飽きたりしてしまうものです。

人生にマンネリ感があるなら、いつもと違った趣味やスポーツなどを始めてみると、心に新しい気持ちが生まれてリフレッシュできることがあります。

特に、普段から具体的な趣味や好きなことがない人ほど、心を豊かにする効果があるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


対処法2. 自分の好きなことをやってみる

気持ちが後ろ向きになりがちな人は、自分の好きなことが何かを思い出してみましょう。

自分の好きな物事に囲まれた生活をすると、嫌な気持ちや出来事を忘れて、前向きに生きていけるようになれます。

仕事で好きなことだけをするは難しいかもしれませんが、休日は存分に趣味や好きなことに没頭する時間を作るのが大切です。


対処法3. 仕事の場合は転職をする

もし、自分がしている仕事への不満ばかりが募るなら、その場所から一旦離れてしまうのも手です。

仕事に対して文句や嫌なことばかりを考えている時は、心が自然と今の仕事から離れていっている証拠といえます。

嫌な気持ちのまま続けていると、心が病んでしまうため、できるなら転職や退職を早めに決断して、新たな仕事を探すのがおすすめです。

【参考記事】はこちら▽


対処法4. 恋愛の場合は、恋人と話し合うことが大切

恋人に対してもういいやと感じてしまった時、まだ相手への気持ちが残っている場合もあります。

その時は、恋人にどんな原因があって、もういいやと感じてしまったのかを思い切って伝えてみましょう。話すことで、原因を改めてくれるなら、また関係性を取り戻すこともできるからです。

また、お互いに気持ちを伝えあうことで、愛情が戻ってくる可能性もありますよ。


「もういいや」と思った時の控えるべき行動とは?

一度もういいやと感じると、全てのことがどうでもよくなって、ヤケクソになってしまう場合もあります。

そんな時は、どういった行動をしてはいけないのでしょうか。

最後に、もういいやと思った時に控えるべき行動について、詳しく解説していきます。


控える行動1. 突然恋人のことを無視する

今の恋人に呆れたからといって、放っておくとトラブルになることもあります。

例えば、LINEのメッセージを放置したり、電話に出なかったりして相手を無視していると、お互いにモヤモヤしたままになって、気分が良いものではありません。その結果、逆上されたり、しつこく付きまとわれる可能性もあるのです。

面倒くさいと感じてしまいがちですが、理由を話してしっかりと関係を断っておくと、スッキリした気持ちで次の恋を探せますよ。


控える行動2. 経済的な余裕があるかどうか考えずに退職する

もういいやと感じた時、衝動的に行動してしまうと後悔する可能性が高いです。

特に、貯金がなかったり、次の仕事が決まっていないのに退職してしまうと生活が困難になってしまい、状況がさらに悪化してしまう場合も。

一度冷静になって考える時間をとって、今の仕事を辞めても生活できるかどうか判断しましょう。


控える行動3. 他人に迷惑をかけるようなことをする

もういいやと感じたからといって、自暴自棄になって他者に何をしてもいいわけではありません。

例えば、チームで一緒に取り組んでいたプロジェクトをいきなり辞めると、他のメンバーに多大な迷惑をかけてしまうでしょう。

いくら途中で嫌になってしまっても、しっかりと区切りをつけて、後腐れがないようにしてから関係を辞めるのがベストです。


「もういいや」と思った時は、自分の気持ちと向き合ってみて。

恋愛や仕事に疲れてしまうと、人生自体がもうどうでもいいやと感じてしまうことがあります。その*原因は、心身の疲れからきていることが多いです。

しかし、忙しすぎて原因について考える時間がない人もいるでしょう。

そんな時は、人に迷惑をかけない範囲で、もういいやと感じるものから距離をとってみるのがおすすめです。

もういいやと感じることを上手に対処できれば、スッキリとした気分で新しい人生を歩むことができますよ。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事