優しい顔になりたい女性へ。優しい顔の特徴&愛されメイク術を紹介!

男性からモテる女性の見た目は、優しい顔をしていることが多いですよね。今記事では、優しい顔の女性の特徴から、優しい性格の女性の特徴をお教えします。穏やかで周りを明るくするような優しいモテる女性に変身できるように、身近なメイク方法から変えてみてくださいね。

優しい顔をしている女性って魅力的ですよね。

優しい顔の特徴&愛されメイク術

やわらかい雰囲気があってふんわりとしている優しい顔になりたい、そう思って努力している女性は少なくありません。

「女性らしい」「品がある」など優しい顔の印象は誰からも良いものです。

この記事では、優しい顔の特徴を解説した上で、優しい顔に見せるためのメイク術や優しい顔に自然となっていく性格のポイントをご紹介します。


優しい顔の女性に共通する特徴とは

優しい顔の女性がいると、何となく安心感があってとても好感が持てるものです。

同性からはもちろん、異性からも注目されやすく、誰からも好かれる顔立ちと言えるでしょう。

優しい顔とはどんな顔をさすのか、その特徴を6つご紹介します。


特徴1. 唇が分厚い

初対面にもかかわらず優しそうだと相手にイメージさせる顔には、ふくよかさがあります。丸みのある部分が多いと、やわらかそうな雰囲気から優しさを感じさせるのです。

特に唇が分厚いと、情に厚そうな顔立ちになるので、男性からも女性からも愛情深く包容力があるように見えて「優しい人なのかも」と思ってもらいやすいでしょう。


特徴2. クシャッとした笑顔

笑顔は誰から見ても好感度が高いものですが、同じ笑顔でも心から笑っているように見える笑顔は特に好印象です。

口元だけで笑うのではなく顔全体をクシャッと動かして笑うと、目が細くなって頬の位置が高くなるため、相手を見守っているかのような優しい雰囲気が出ます。

見ている側もつられて笑ってしまうという、明るさも優しい印象を高めるポイントでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴3. 口角がキュッと上がっている

優しい顔立ちは、基本的に笑顔であることがポイントです。大きく口を開けて笑うよりは、口を閉じた状態で静かに微笑んでいる表情の方が優しい顔に見えます。

微笑んでいるような表情をつくるには、左右の口角が上がっていることが大切。

笑顔で受け入れてくれているような雰囲気を感じさせ、優しい人だろうとイメージづけることができますよ。


特徴4. 下がり眉毛

人の表情を印象づける顔の部位として重要なのは、目元です。

特に眉毛の角度は、上がっているか下がっているかで性格やその時の機嫌などが何となく分かるものです。

優しい顔の人は、たいてい眉尻の角度がゆるやかに下方向に下がっています。

おおらかな性格というイメージが強く、少し太めの眉だとさらに優しい顔立ちに見えるでしょう。


特徴5. タレ目

人の表情を左右する目元において、眉毛と同じく大きな要素なのが目の形です。目の大きさよりも、目尻が上がっているか下がっているかがポイント。

目尻が少し下がったタレ目は、笑った時の表情に似ているため、目尻が上がった目よりは優しい顔立ちに見えます。

目尻が下がっているだけでやわらかい雰囲気になり、機嫌もよさそうに見えて優しい印象を与えやすいと言えるでしょう。


特徴6. たぬき顔

人の顔を動物でたとえることはよくあります。

従順な犬や気まぐれな猫、凛としたきつねなど、動物に持っているイメージをそのまま人の顔立ちのイメージと結び付ける考え方です。

優しい顔というと、代表的なのはたぬき顔でしょう。

ぱっちりと丸く黒目が大きな目元で、顔全体も丸い輪郭だと、ソフトな印象があって優しい顔と感じやすいのです。

【参考記事】はこちら▽


優しい顔に見せる「愛されメイク術」をレクチャー

もともと優しい顔の特徴がある人だけでなく、少しきつそうに見られがちな顔立ちの人も、女性ならメイクで変えていくことができます。

生まれ持った顔立ちを生かしつつ、優しい顔に見せるようメイクの仕方や使用するコスメの種類などを工夫したいもの。

優しい顔になりたいと思ったらどういったメイクが良いのか、おすすめのメイク術をご紹介します。


メイク1. アイメイクでタレ目を作る

優しい顔をつくるメイクのポイントは、何といっても目元。

目の形は優しい雰囲気を出すためには重要な要素の一つです。

アイシャドウやアイライン、アイブロウなど、アイメイクでタレ目をつくることが優しい顔立ちをつくるのにとても効果的。効果的なアイメイクの方法を一つずつ見ていきましょう。


① アイシャドウの塗り方

優しい印象のタレ目をつくるには、アイシャドウの色と塗り方に工夫が必要です。

目元部分には塗らず、目尻部分のまぶたにピンクやオレンジといった色のアイシャドウを薄めに塗りましょう。

グレー系やパープル系などは、きつい顔になりやすいので避けること。

暖色系の色を使えば、やわらかい雰囲気でふんわりとしたぬくもりを感じさせる印象をつくれます。


② アイラインの引き方

暖色系のアイシャドウでやわらかな色合いの目元を演出するのに加えて、アイラインで目の形を工夫します。

アイラインは目尻よりやや下方向に向かって引きましょう。

本来の位置よりも目尻が下がっているように見せられて、笑っているような目元になります。

より優しい顔になりたいという場合は、ブラックよりチャコールグレーのアイラインを使うのもおすすめ。


③ アイブロウの描き方

眉の形を調整するために使うアイブロウは、眉毛の流れに沿って使うとやわらかい雰囲気になります。

上方にグッと上がった眉はきつい顔になるので、眉尻が少し下がったラインの眉にしましょう。

ただし、眉の目尻を下げすぎると困っているような気弱な印象が強くなるので要注意。眉の太さはやや太めで、左右の眉の眉頭をぼかして自然な眉になるよう描くといいでしょう。


④ まつ毛の作り方

優しい顔立ちは、目元がぱっちりとしているのが特徴です。

黒く丸い瞳がよく見えるようビューラーで立ち上げることで、より愛らしく優しい印象を与えます。

ビューラーでつくったカールはマスカラでキープしておきましょう。

透明のマスカラでもいいですが、ブラック色のマスカラだとまつ毛の量を多く見せられて目元がよりパッチリします。


メイク2. リップはふっくらした厚さをイメージする

優しい顔になりたい時は、口元にもポイントを置いてメイクしたいもの。

ふくよかさが優しさにつながるよう、唇にリップを塗る時は元の唇よりもやや厚めに塗るのがおすすめです。

やわらかさを出すためには、はっきりとした赤系ではなくふんわりとしたピンク系が良いでしょう。リップラインははっきり描かず、ぼやかしておく方がソフトな印象を与えます。


メイク3. チークは明るく淡いカラーがおすすめ

顔全体がふんわりと丸みのあるフェイスラインだと、優しい雰囲気が出ます。優しい顔になりたい場合は、明るめで淡い色のチークを使って丸みを出しましょう。

頬骨よりやや高い位置にブラシで丸く塗ると、ほどよくチークが広がって柔らかさを感じさせるのです。

頬に斜めの角度をつけてシャドウを入れるのは、立体感は出ますがきつい顔になってしまうので、できれば避けましょう。


優しい顔を際立たせるには、性格も優しく見せること!

優しい顔になる方法としてもっとも取り入れやすいのは、見た目で優しい顔立ちをつくれるお化粧です。

しかし、顔の表情はお化粧だけではカバーできません。性格そのものが優しければ、内面からにじみ出て自然と優しい顔になっていくと言えます。

優しい顔になりたい場合、どういった内面を意識したらいいのかについてご紹介します。


優しい性格1. いつも笑顔を意識する

優しい顔の人だという印象を周囲に与えるには、笑顔は欠かせないポイントでしょう。

会話をしている時はもちろんですが、話を聞いている時や本を読んだり携帯電話を見ている時など、どんな時でも笑顔でいる女性は優しそうだと思われやすいです。

口角を上げて、できるだけ笑顔でいるよう常に意識しながら過ごすようにしましょう。

【参考記事】はこちら▽


優しい性格2. ポジティブな言葉で明るい雰囲気を演出する

周囲に対して気遣いができる、状況にあわせた対応ができる、そんな女性がいるとやる気が出るものです。

「いつも頑張っているのだからきっと大丈夫だよ」とポジティブに応援してくれたり、「きっとできるから応援してるよ」と背中をポンと叩いてくれたり、さりげない言葉で明るく接してくれると、そんな優しさに触れて前向きになれる人も多いはず。

【参考記事】はこちら▽


優しい性格3. 些細なことでも感謝する

何でも前向きにとらえ、頑張ろうとする女性は自然と優しい顔になるもの。

努力している姿を見て声を掛けたり手伝ってもらったりした時に、「ありがとう!助かります」などとすぐ感謝の言葉を言える女性は、たいていふんわりと優しい顔になっていることが多いです。

周囲に対する感謝の念を常に持っていると性格が優しくなり、自然と表情も優しくなっていくと言えるでしょう。


優しい性格4. おおらかでゆったりとしている

仕事や家事などで忙しい毎日を過ごしていると、ついイライラしたり辛くなって表情がきつくなりやすいです。

時間に追われて大変な時でも、ゆったりと構えて細かいことを気にしない女性は、自然とやわらかい雰囲気になるもの。

優しい顔になりたい場合は、物事をゆったりととらえて「まあこれでも何とかなる」などと大らかに物事をとらえるようにするといいでしょう。


優しい性格5. 自分のことが好き

優しい顔になりたいなら、まず何よりも自分自身が心身ともに満たされていなければいけません。

内面の充実度を高めて自分自身を大切にすることが、お化粧では出せない自然な優しい顔立ちになるコツと言えます。

自分の長所をしっかり理解し、自分自身の持つ能力を認めて自信を持って日々を過ごすことが、優しい顔になる方法として一番効果的です。

【参考記事】はこちら▽


優しい顔の女性になって、周りに好かれる人に変身しよう!

優しい顔になりたい、人から優しい人と見られたい、そんな気持ちを多くの女性が持っています。

優しい顔になると異性にモテるだけでなく、周囲の人たちとのコミュニケーションがスムーズにいく可能性も高まるでしょう。

この記事を参考に、優しい顔の特徴をつかんで、優しい顔になる方法としてお化粧の仕方や内面の磨き方など、できることから始めてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事