結婚を前提に付き合うとは?交際期間や親への挨拶の仕方をレクチャー

結婚を前提に告白された女性へ。結婚を前提に付き合うというのは、どのような状態のことを指すのでしょうか。今回は、結婚を前提に付き合いたいと言う男性の心理や、将来を見据えて付き合いたいと思う女性の特徴を大公開!結婚を前提に付き合ってからのステップも全て解説していきます。

結婚を前提に付き合う方法を大公開!

結婚を前提に付き合うとは

結婚前提に交際をする。人生の重大な決定の一つである結婚を最高の形で迎えるために、結婚前提の交際期間に考えるべき様々なポイントがありますね。

結婚前提で付き合うことを申し込む男性は、どんな心理でその告白をしているのでしょうか。この記事では、結婚前提の交際をしたい男性心理と交際期間のステップについて詳しく解説していきます。


結婚を前提に告白してくる男性の心理

結婚を前提に告白する男性の心理

まず、結婚前提という条件を使って告白をする男性たちの心理について考えてみましょう。付き合う前の告白の時に、結婚前提という条件を述べることには、どんな気持ちや心理状態が含まれているのでしょうか。3つのパターンを見てみましょう。


男性心理1. 本気で彼女と結婚をしたいと思っている

交際を始めるために告白する時は、これまでの間にお互いに知り合う機会があって、だいたいどんな人であるのかを知っていることでしょう。

女性としての自分を知ってくれている上で、交際を結婚前提でしたいということは、人生のパートナーとして本気で考えているということです。

男性側としては、結婚後の生活に必要な資金や住居などにもだいたいのめどがあり、相当の覚悟をもって告白していることにもなります。


男性心理2. 年齢的に落ち着いた恋愛をしたいと考えている

ただただキュンキュンしたいために女性と一緒に過ごしたいというわけではないケースもあります。真剣であることを女性側に伝えるために、結婚前提での交際というワードを使うのです。

若いときのように、二人の将来については漠然としか考えていないような恋愛でなく、二人が人間的に成長できるような恋愛をしたいという心理なのです。


男性心理3. 結婚前提と公言することで彼女に本気度と安心感を伝えたい

結婚を前提に公言する男性は彼女に安心感を与えたい

結婚前提というワードを使うということは、その交際についてチャラチャラした考え方ではなく、相手の女性の幸せについて真剣に考えた真面目な交際をしたいと考えている証拠といえます。結婚という一生涯のお付き合いしたいと思っていることを示したいのです。

遊びのような恋愛ではなく、ちゃんとステップを徐々に踏んでプロポーズや結婚へ進んでいきたいという本気度を伝えたい心理なのです。

【参考記事】はこちら▽


男性が結婚を前提に交際したいと思う女性の特徴

男性が結婚を前提につきあいたいじょせいは料理好き

ここからは、男性が結婚前提に付き合うために告白したいと思うような人がどんな女性なのかを解説します。

男性は、大まかに分けて7つのポイントを評価して、結婚前提としてお付き合いをしたいと思うようになります。それぞれの特徴を見ていきましょう。


特徴1. 気配り上手で思いやりがある女性

男性は結婚対象として見る女性に、家庭での役割をどのように果たしてくれるかという点を重視します。疲れて家に帰ってきたとしても、妻が優しい配慮をしてくれて、癒やしてくれるような女性を、結婚相手として望みます。

気配り上手で思いやりをいつも示してくれるような女性なら、結婚前提での交際をしたいと思えるのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 料理上手で家庭的な女性

家庭での役割として男性が女性に求めたい大きなポイントの一つに、上手に家事をこなしてくれるかどうかという点があります。特に、料理が上手な女性は、より家庭的として評価してもらえます。

美味しい料理を作れるというだけでなく、健康管理もしっかりしてもらえるなら、家庭のことは妻に任せて、自分は自信を持って仕事に出かけることができるので、料理上手であることは重要なのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴3. 自分と性格や価値観が近い女性

男性が結婚を前提に付き合いたい女性は価値観が似てる

結婚する相手は、一生をともに過ごす相手でもありますから、お互いに馬が合う相手であるなら、より共通点を多く持てることになります。共通点があると、話も合うし、意見の相違も少なくなります。

ですから、男性自身が思う自分と、相手の女性との間に、性格的な類似点があると思うと、結婚相手の候補として見られます。また、価値観が似ているという場合も同じで、結婚相手候補になりえるのです。


特徴4. 精神的にも経済的にも自立している女性

結婚する相手には、当然ながら大人であることを望みます。家庭は二人の立派な大人によって上手に築きあげられるものであり、子どもじみた考えを持つ相手と家庭を築きたいとは思わないのです。

なんでも一緒にするというより、夫婦で役割を分担して、妻にしっかり担ってもらいたいと思っている分野もあるので、自立してきちんと行動してもらいたいのです。

大人であることには、精神的に自立していること、ちょっとしたいざこざや問題は常識的に自分で対処できることも含められます。また、経済的にも、生活内での収支のバランスをよくわかっていて、上手にやりくりができることも求められます。


特徴5. 子供が好きで面倒見のいい女性

結婚をしたい男性は、たいてい子どもを持つことにも関心があります。家庭内では、どうしても妻の方が子どもを世話する機会が多くなりますから、結婚相手として考える女性にも、子どもたちと上手に過ごせるのか、面倒をうまくみられるのかというポイントが評価されます。

子どもが好きで、上手に面倒を見られる女性は、男性にとって結婚前提の相手としてふさわしいと思える特徴なのです。


特徴6. 真面目な性格で自分を一途に愛してくれる女性

男性が結婚を前提に付き合いたい女性は愛してくれる人

結婚を前提にするということは、相手の女性にも、家庭のことを真剣に考えてもらいたいということ。

チャラチャラした恋愛の続きのような考え方をされて、家庭のことや夫のことを飽きたかのように放棄する可能性がありそうな女性は、結婚前提の対象にはなれないのです。

真面目な性格であり、夫である相手の男性のことを一途にサポートして愛してくれるような女性を結婚候補として選ぶようになるのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴7. 家族や友人にも紹介しやすい礼儀正しい女性

男性は、自分との相性だけでなく、自分の周りにいる人々である家族や友達たちと関係性も考慮して、結婚する相手を選びたいもの。自分の友達や家族を大切にしてくれるかということが気になるのです。

ちゃんと礼儀正しく挨拶をしたり、夫の関係者としてだけでなく、自分にとっても深い間柄の人々として見てくれる女性なら、結婚前提で付き合うようになりたいと感じます。


結婚を前提に付き合うとはどんな状態?

結婚を前提に付き合うとは結婚にむけたjyんび

そもそも、結婚を前提に付き合うということは、どういうことなのでしょうか。

結婚までの道には同棲をしたりプロポーズの段階があったりするものですが、結婚前提であるとはどういう意味なのか、3つのポイントから解説していきます。


1. お互いの家族と良好な関係を築いている

結婚は、ただ二人だけの繋がりというわけではありません。二人のそれぞれの家族もその繋がりに関係します。結婚前提での付き合いということであれば、当然、お互いの家族のところに挨拶に行ったりということも含まれます。

両親にとって、子どもの配偶者は、もう一人の子どものようなものですから、どんな人なのかということに強い関心があります。そして、相手方の家族との良い関係を保てるようにとスタート前の時点から考えているのです。


2. 相手としっかりとした信頼関係を築けるか見極めている

ただの寂しさを紛らわすための恋愛ではなく、結婚を前提として付き合うということには、スタート前の準備として必要なポイントがあります。

お互いが一生のパートナーとして良い信頼関係を築いていけるかということ、または、難局に陥った時に、お互いに補い合い許し合うことができるようになれるかを見極める期間なのです。

率直な話し合いが必要になるシーンもあるでしょうし、結婚に至らずに別れた方が良いという前向きな決断を下すこともあるでしょう。


3. 同棲するなど、結婚に向けた準備している

結婚を前提に付き合うとは結婚に向けたjyんび

プロポーズや婚約などのステップを踏んでいき、結婚式の準備をしたり、式後の旅行の計画を立てたり、今後の生活の拠点をどうするかということを具体的に決めたりすることも、結婚前提のお付き合いならではのイベントです。

同棲をするのか、子どもをどのタイミングで何人ぐらい持とうと思っているかなどの詳細な決定事項も結婚の準備として必要になります。


女性が結婚前に確認しておきたいポイント

結婚を前提に付き合うポイントは家事育児するい

女性が、結婚前提のお付き合いをしているタイミングで、ぜひ確認しておきたいいくつかのポイントがあります。

この時期に確認できていないと、結婚してから、思ってもいなかったような事態に陥ってしまったりすることもあるので、よく覚えておきましょう。


1. 家族を養うだけの収入や経済力があるか

二人が結ばれて家庭を築いていくということになったなら、二人の財力の範囲内で生活を成り立たせなければなりません。結婚前に確かめておきたいことは、二人の経済力が、あたらしい門出以降の生活のために十分であるかどうかという点です。

どれくらいで子どもを持ちたいと思っているかも、生活費に関わることなので、この時点で二人の間で率直な意見交換をしておくべきです。


2. 家事や育児に協力的か

育児には、主に母親が対応することが求められる分野とはいえ、子育てという家族のプロジェクトは夫婦の両方が積極的に参加して成功に導くべきものです。

交際期間の間に、夫となる男性が育児や家事などの家庭内での仕事に協力的に対応してくれるのかどうかを見極めておく必要があります。

社会に出て働きたいという願いを持つ女性なら、夫が家事や育児の分担を担当できないなら、仕事との両立が非常に難しくなってしまうでしょう。


3. 価値観や金銭感覚が自分と似ているか

女性が結婚前に確認しておくポイント

これまで別々に生きてきた二人が一緒になるわけですから、二人の間に理解できないような価値観があるというケースも多くあります。

二人の間で調整して一致団結していくしかないのですが、どうしても合わせることができないような大きな隔たりが結婚後に見つかってしまうなら、後戻りできないですよね。

価値観や金銭感覚において、だいたい同じような見方を持っているかどうかを確認できるのも、結婚前提の交際期間なのです。

【参考記事】はこちら▽


付き合ってからプロポーズまでの平均的な交際期間

プロポーズまでの期間

では、交際期間の長さについての平均的なデータを調べてみましょう。3つの交際タイプに分けて、それぞれ、付き合いはじめからプロポーズなどのステップを経てどれくらいの期間で結婚に至るのが一般的なのかを確認しておきましょう。


1. 社会人カップルで多いのが「1年〜2年」

結婚前提として交際を初めて、お互いについてよく知るようになり、家族に紹介して、プロポーズ、結婚の準備という段階が一般的でしょう。

二人とも社会人であり、ある程度結婚式やその後の生活のための蓄えがあるという状態なら、1年から2年程度の真剣な交際を経て、結婚に至ります。

まだ20代の若いうちですから、結婚を急いでいるわけではありませんが、1年や2年あれば、十分な準備ができますね。


2. 同棲もしてしっかり見定めるなら「3年」

結婚前提の交際の中に、同棲を含めて見極めたいという場合は、さらに1年程度の期間を設けて、3年程度で結婚というスタートに立つ用意ができます。

お互いの日常をさらに知ることができ、より多くの情報を得て、二人の結婚が本当に幸せへの道であるのかどうかを知れます。

スムーズな結婚生活をスタートする良い備えを3年間の交際を通してしていきましょう。


3. お互いに結婚適齢期を過ぎている場合「1年未満」

適齢期を過ぎてる人はプロポーズまで1年未満

お互いにそこそこの人生経験を持っており、結婚適齢期を過ぎているというカップルの場合なら、もう少し、物事の見極めをスムーズに行えます。交際期間も1年未満で結婚の準備を全て揃えることも可能でしょう。

若いときの交際とは違い、二人とも人間性により円熟性を備えており、相性を見極めるのがよりやりやすいというのも短期間交際で済む要因となっています。

【参考記事】はこちら▽


お互いの親にはいつ挨拶へ伺うべきか?

親に会う時期

結婚前提のお付き合いであれば、お互いの親への挨拶をするタイミングを上手に見極めなければなりませんね。

どんな時期にお互いの両親の顔合わせを行うと良いのでしょうか。挨拶をするタイミングの3パターンを解説します。


1. 付き合って半年が経過した頃

結婚前提のお付き合いなら、まず、二人がよく知り合って、相性がどうなのかということを判断する期間が必要です。

相性が分からなければ、結婚まで至るかどうかまだわかりませんから、親に紹介したとしても無駄になってしまうこともあるでしょう。

半年程度、二人の相性をじっくり確認してから、半年後に両方の親に会いに行くという計画が、スムーズに親を巻き込むタイミングとなります。


2. 同棲を始めるタイミング

結婚前提のお付き合いで同棲をすることにしたなら、二人の間ではほとんど結婚を目前とした段階であるという認識であることでしょう。

同棲というステップに入る前のタイミングで、それぞれの親を巻き込んで、ふたつの家族として、結婚の計画を進めるようにしましょう。

一つの世帯として生活を始めるタイミングが、親に認めてもらうための良いタイミングとなることでしょう。


3. お互いに結婚を意識し始めたタイミング

shutterstock_274000004.jpg

両親に紹介した後に、交際を解消して別れることになったら、期待して待ってくれている親たちへの言葉がなくなってしまいますよね。

そんな場合は、お互いが結婚をだいぶ具体的に意識するようになったタイミングで、親たちに紹介するようにしましょう。

プロポーズがもうすぐという状態で、家族に挨拶をしたりするイベントがあれば、結婚式に向けて準備を始める良い合図となりますよ。


結婚を前提にお付き合いする際の注意点

結婚を前提に付き合う前の注意点

結婚を前提にお付き合いをする際に注意しておきたいポイントがあります。

ここでは手短に2つのポイントを解説します。お付き合いを始める前に、良い計画性をもって交際を始めるためのアドバイスとして、くれぐれも気をつけてくださいね。


1. ズルズルと時間が過ぎないよう、ある程度の期限を設けておく

交際期間には、相性を確認したり、お互いの意見がそれぞれの人生計画に合っているのかどうかをすり合わせたり、いろんな判断や決定をする機会があります。

良い決定をするには、見極めのための時間が必要ですが、ただただ時間を引き延ばせば、良い決定ができるというわけでもありません。

決定をするための的確なタイミングがあり、だらだらと交際を続けても、良い決定をする助けとなるわけではないので、付き合う時に大体の結婚の目安を話し合っておきましょう。


2. 結婚後に後悔しないよう、できるなら同棲しておく

結婚を仮に試すかのように、とりあえず同棲をしてみるカップルもいます。同棲をするなら、結婚後に初めて知ってびっくりしてしまうということが、より少なくできるでしょう。

結婚前に相手のことをよく知るということは肝心です。同棲をするかはそれぞれが決定できますが、結婚を後悔しないように最善の努力をしましょう。


破局するケースも多い。結婚を前提に付き合っても別れる原因

結婚を前提に付き合っても別れる原因

結婚を前提に付き合うからといって、全ての交際が結婚にたどり着くというわけではありません。

男性から別れを切り出すことも女性から破局を提案することもありえます。どんなことが破局の原因となるのか、見ていきましょう。


1. 付き合ってみて性格や価値観にズレを感じたから

真剣な交際をするということは、なんでも大目にみて、とにかく結婚できるようにするということでは決してありません。価値観の違いがあり、どうしてもその隔たりを埋めることができないなら、交際を終了させることが最善であるというケースもありえます。

性格上のことで、どうしても気になってしまうことがあるという場合も同じで、我慢して結婚しようとするより、別れることを選ぶ方が正しい決定ということもあるのです。


2. 同棲して生活習慣が合わないと思ったから

二人の生活の仕方がどうしようもなく異なるものであれば、結婚は成り立たないでしょう。

同棲中にも結婚後に衝突してしまうと思える点があれば、無理に結婚しようとするべきではなく、率直に意見を交換するようにして、二人の間のすり合わせが上手くいくのかどうかをきちんと確かめるようにしなければなりません。

生活習慣など、どうしても合わせることができないポイントがあるなら、婚約を解消する原因となります。


3. 浮気や借金など、相手の受け入れられない部分が見えたから

結婚を前提に付き合っても別れる原因は浮気

相手のために自分が全て我慢するべきというわけではありません。

交際期間の間に、相手の浮気癖が露呈したり、相当な額の借金があることが分かる場合も。愛しているならいろんなことを乗り越えることができるのですが、わざわざ片方の自分勝手な問題を背負い込む必要など全くありません

自分の気持ちを正直に考えて、受け入れられない部分があるなら、重い決定ですが率直に相手に話して、関係を解消するカップルが多いようです。


たくさんの事前準備をした上で、結婚を前提にお付き合いを開始してくださいね。

事前準備して結婚を前提に付き合おう

結婚を前提に交際をするということは、人生の重大な決定を真剣に考えている証拠ですね。彼氏彼女の関係から、夫と妻という関係になるには、いろんな判断と決定が必要です。

前提の付き合いは必ず結婚しないといけないわけでもありませんから、男性からでも女性からでも、どうしても受け入れられないことがあるなら、率直に別れを提案しましょう。

結婚を成功させるために、結婚前提の交際に真剣に取り組んで幸せをゲットしてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事