失恋から立ち直れない女性へ。引きずる恋の克服方法や復縁方法を解説

彼氏に振られた時など辛い失恋を経験すると、なかなか立ち直れないですよね。上手く克服できず、人によってはいつまでも引きずってしまうことも。そこで今回は、失恋から立ち直るまでの期間や立ち直れない女性の特徴、失恋の上手な立ち直り方を解説!さらに、復縁したい時の方法も紹介します。

失恋から立ち直れないと悩んでいる女性へ。

引きずる恋を克服する方法や復縁方法

片思いで終わった恋や、心から愛し合った人との思い出は、なかなか忘れられないものですよね。「いつまでたっても過去の失恋から立ち直れない」という人もいるのではないでしょうか。

今回は、失恋から立ち直れない理由や、うまく立ち直れない女性の特徴を徹底解説。さらに、上手に立ち直る方法や、別れた元彼と復縁する方法についてもご紹介します。

失恋を綺麗に克服して、前向きな毎日を取り戻しましょう。


失恋から立ち直るまで引きずる期間はどれくらい?

片思いでもカップルでも、本当に好きだった男性のことはずっと忘れられないものです。

失恋のショックから立ち直るためには、一体どれぐらいの期間が必要なのでしょうか。ここでは、失恋から立ち直るまで引きずる期間について、解説していきたいと思います。


期間1. サバサバした女性なら「3ヶ月〜半年」

片思い、カップルにかかわらず、恋愛にあまり執着心のないタイプの人は、3ヶ月〜半年ほどで失恋から立ち直るようです。

気持ちの切り替えが早い女性の中には、1週間や1ヵ月以内で失恋を克服したという人も。

また、仕事や趣味など、恋愛以外に集中できるものや楽しめるものを持っている女性ほど、失恋から立ち直るのが早い傾向にあります。


期間2. 約1年以上付き合った場合「半年〜1年」

約1年以上付き合っていれば、誕生日、クリスマス、バレンタインなど、イベント事を一通り経験することになります。

楽しかった思い出が多いほど、立ち直るのに必要な時間も長くなると言えるでしょう。また、1年以上付き合っていれば、相手の男性に対して恋心だけでなく情も生まれます

その分、失恋した時の辛い気持ちや寂しさが強くなり、なかなか立ち直れない状態になってしまうのです。


期間3. 同棲したり、結婚を意識していたなら「1年以上」

「この先もずっと一緒にいられる」と思っていた相手との別れは、かなり辛いものとなります。

結婚を意識できるほど想っていた相手との失恋なら、立ち直るのに1年以上の長い時間を要しても不思議ではありません。また、同棲していた場合は、日常生活の中に相手の男性がいることが当たり前になっています。

失恋することで孤独を強く実感するため、余計に寂しい気持ちが募り、立ち直るのに時間がかかってしまうでしょう。


期間4. 親も公認で婚約もしていた場合、2年以上

婚約とは、結婚の約束をすること。親の前で結婚を宣言しているような状態で失恋するのは、精神的に大ダメージです。

将来の幸せが崩れ去ったショックと、親に対する申し訳なさで心がいっぱいになり、2年以上立ち直れないだけでなく、トラウマになってしまうこともめずらしくありません。

また、中にはショックから立ち直れない状態が続き、10年以上も引きずる人もいます。失恋の傷が深いゆえに、長い年月が経っても心が癒えず、新しい恋に進めないのです。


失恋からなかなか立ち直れない理由とは

「大好きだった男性のことが忘れられない」「事あるごとに幸せだった頃を思い出してしまう」などと、いつまでも失恋から立ち直れないのは、一体どうしてなのでしょうか。

ここでは、失恋からなかなか立ち直れない理由について解説します。


理由1. 結婚する相手だと思いこんでいたから

結婚を意識する相手というのは、そう簡単に出会えないものです。

お互いに深い愛情で繋がっているだけでなく、性格面や金銭感覚でも安心できる間柄でなければいけません。そんな相手と別れるということは、精神的にも将来的にも大ダメージ。

大好きな人を失った辛さだけでなく、理想を描いていた将来設計まで崩れてしまうため、失恋から立ち直れない状態に陥ってしまいます。

特に、30代手前や30代以降で結婚を意識していた相手との失恋は、将来的な不安から立ち直るまでの時間を長く要することでしょう。


理由2. 自分が本気で好きな相手だったから

片思いでもカップルでも、心の底から好きだった相手のことは、なかなか忘れられないものです。

実際はそんなことはないのに、「この人以上の男性にはもう出会えない」という強い気持ちを抱き、想いを断ち切れなくなってしまいます。

本気で好きな相手だったからこそ、「まだ振り向いてもらえる方法があるかも」「いつか復縁のチャンスが訪れるかも」と諦めることができず、いつまでも失恋から立ち直れないのです。


理由3. 片思い期間が長く、付き合うまで苦労した男性だから

人には、時間や労力をかけて手に入れたものほど、手放すのが惜しくなる心理が備わっているものです。

これは恋愛においても言えることで、片思い期間が長く、付き合うまでに色々と苦労した相手ほど、別れる際に苦痛を伴います。

出会ってからすぐに付き合って別れた相手なら、案外すぐに忘れてしまうものですが、何ヶ月や何年も片思いをして付き合えた相手のことは、そう簡単に忘れられないものなのです。


理由4. もっと良い人に巡り会える自信がないから

自分にあまり自信がない女性は、恋愛に対して視野が狭くなりがちです。

「自分なんかを好きになってくれる人はいない」という考えが根本にあるので、失恋を機に、今後は一切恋のチャンスが巡ってこないような気分に陥ってしまいます。

また、30代以降になってくると周囲に独身男性が少なくなってくることから、「もうこれ以上の男性に出会えないだろう」と、失恋から立ち直れない状態に陥りやすくなるようです。


理由5. 完全に自分に非があって別れてしまったから

過去を後悔する気持ちや、自分を許せない感情が強いと、いつまでも失恋から立ち直れません。

自分のわがままや身勝手、浮気などの裏切りで失恋した場合、「あの時、自分を変える努力をしていたら」「あんな軽はずみなことをしなければ」などと、ずっと後悔することになります。

「どんなに後悔しても反省しても過去を変えることは出来ない」と頭で分かっていても、愚かなことをした自分がどうしても許せず、思い返して後悔することがやめられないのです。


失恋からうまく立ち直れない女性の特徴

「大好きだった男性が忘れられない」「ずっと辛い気持ちが続く」と、いつまでも失恋を引きずってしまう女性には、いくつかの共通する特徴があります。

ここでは、失恋からうまく立ち直れない女性の特徴を解説していきます。


特徴1. 彼氏が居ないと不安に思う恋愛体質な女性

恋愛体質な女性にとって、恋愛は生活の全て。「恋をしていないと生きている気がしない」というほど、恋愛を必要不可欠なものと捉えており、友情や仕事を差し置いて付き合っている男性を優先します。

そのため、失恋で恋愛対象を失ってしまうと、今まで恋愛に注いできた情熱や時間をどう使っていいのか分からず、過去を振り返るばかりになってしまいます。

恋愛体質な女性は失恋で大きく落ち込みますが、新しい恋を見つけると、あっという間に元気を取り戻す特徴も持っています。


特徴2. 振られた理由が受け入れられない気が強い女性

気が強い女性ほど、振られた理由にこだわりやすい傾向があります。元々プライドが高いため、振られること自体が不本意なことなのです。

例えば、「他に好きな人ができた」と振られた場合、別れて落ち込む気持ちよりも、心変わりした女性に対抗心を燃やす気持ちの方が強く現れます。

「私の方が絶対イイ女なのに」「私の良さに気付いて戻ってくるはず」などと、結果的に相手の男性に執着してしまうため、いつまでも失恋に捉われることになるのでしょう。


特徴3. 寂しがりやで彼氏に依存しやすい女性

生活の全てが彼氏優先で、どんな時でも彼氏にベッタリしていたいのが、依存しやすい女性の特徴。朝起きてから寝るまで、頭の中は彼氏のことでいっぱいです。

そんな寂しがりやで依存傾向のある女性が失恋すると、心の拠り所を失ったショックにより、絶望的な気分に襲われます。

「もう生きている意味がない」「辛くて耐えられない」と、激しく塞ぎ込んでしまうこともめずらしくありません。

彼氏に対する依存傾向が強いほど、失恋から立ち直れない期間が長くなります。

【参考記事】はこちら▽


特徴4. 誠実で一途な女性

純粋に一人の男性だけを愛し続けるタイプの女性は、彼氏を不安にさせるのを避けようとして、付き合い始めをきっかけに男友達と縁を切ることが多くあります。

そのため、失恋後、男友達に話を聞いてもらったり、他の男性と遊んで気を紛らわしたりするようなことができません。

なかなか新しい出会いがない状態で一人悲しみに浸ってしまうため、立ち直るのにどうしても時間がかかってしまいます。


特徴5. 内向的な性格で一人で抱え込みやすい女性

内向的な性格の女性は、心の内を人に話すのが苦手です。失恋したことがどんなに辛くて悲しくても、誰にも言わずに自分一人で対処しようとします。

失恋の痛みや悲しみは、誰かと共有することで少しは楽になったり、立ち直りが早くなったりするものですが、内向的な女性はそれができません。

ずっと自分一人で抱え込んでしまうため、いつまでも失恋から立ち直れないのです。


特徴6. 自己肯定感が低く、マイナス思考な女性

自分に自信がなく、ネガティブ思考な女性は、失恋を自分のせいにしてしまいがち。「自分がこんな容姿だから」「女性として魅力的じゃないから」などと、全部自分が悪いと決めつけて、後悔の気持ちを深めていきます。

失恋の原因を全部自分に向けてしまうと、ますます自分に自信が持てなくなる原因に。

「やっぱり私なんか恋愛しない方が良いのかも」と、マイナス思考な考えに捉われ、失恋後の恋愛に消極的になる特徴があります。

【参考記事】はこちら▽


特徴7. 打たれ弱く繊細な女性

普段から些細な事で傷つきやすい性格の女性が失恋すると、人よりも大きなショックを受けやすいと言えるでしょう。

繊細な女性は、人から拒否されることを恐れる傾向があるため、「私の何がいけなかったんだろう」「何か嫌なことをしてしまったのかな」などと、ひどく落ち込んで悩みます。

性格的にショックなことを引きずりやすいため、いつまでも失恋から立ち直れないのです。


失恋を克服したい女性必見!失恋から上手に立ち直る5つの方法

失恋の辛さや悲しみをいつまでも引きずるのは、心にも体にも悪影響です。

ここでは、失恋から上手に立ち直る方法をご紹介していきます。失恋のショックを克服して前を向くために、立ち直る方法をぜひ実践してみてくださいね。


立ち直り方1. 仕事や趣味に打ち込んで恋愛以外の私生活を充実させる

何かに集中したり没頭したりしている時間は、他のことを考える余裕がありません。もちろん、失恋の辛い気持ちも思い出すことはないでしょう。

失恋から立ち直れない理由の一つに、「過去を何度も思い出すことで、強く記憶に焼き付けてしまう」というものがあります。

つまり、仕事や趣味に打ち込んで、過去を思い出す時間を減らしていくことで、やがて失恋の傷も癒えていくのです。

あえて暇な時間を作らないようにすることは、立ち直る方法としてとても有効です。


立ち直り方2. 出会いの数を増やして、次の恋を始めてみる

素敵な男性に巡り会うと、意外にあっさり失恋から立ち直れるもの。

過去を忘れようと頑張るのではなく、新しい恋を探しに行くのがおすすめです。まずは、出会いの数を増やすことが大切

友人に紹介をお願いしたり、合コンや社会人サークルなどに参加したりするのもいいでしょう。

色々な男性と出会ううちに、「世の中には素敵な男性がいっぱいいる」「いつまでも失恋気分に浸っているのはもったいない」と、前向きな気持ちになるはずですよ。


立ち直り方3. 思い出の品や二人でとった写真を処分・削除する

思い出の品や写真がいつまでも捨てられないのは、「もしかしたらいつか復縁できるかも」という未練があるから。過去の恋愛に関するものを全て処分すると、「本当に恋愛が終わったんだ」と、自分の心にけじめをつけることができます。

また、過去の恋愛を連想させるものが目に入らないようになると、その分思い出す回数も減っていきます。

アクセサリーやバッグなど高価な品物は、友人に譲ったり、お店に売ったりするといいでしょう。


立ち直り方4. 自分磨きに注力して、自分に自信をつける

失恋しても、「また素敵な男性に出会えるはず」と、上手に気持ちを切り替えられるのが、自分に自信のある女性。自分に自信をつけるのは、失恋から立ち直る方法として非常に効果的です。

髪型を変えたり、ファッションや美容に凝ったりするなど、外面的な美しさを磨くと、自分に自信がつくだけでなく前向きな気持ちになれます。

また、習い事や資格取得の勉強を始めて、知性や教養を高めるのも、自分磨きにおすすめの方法です。


立ち直り方5. 時間やお金があるなら思い切って旅行に出かけてみる

いつもの生活圏を飛び出して旅行に出かけることで、心をリフレッシュさせることができます。

美しい景色を見たり、美味しいものを食べたりしているうちに、「いつまでも失恋に捉われるのはもったいないな」と、自然に思えるようになるはずです。

失恋で立ち直れない時は、つい視野が狭くなってしまいがちですが、旅行に出かけて新しい刺激を受けることで、視野はグンと広がります。旅行先は、非日常感のある場所を選ぶのがおすすめですよ。


別れた元彼と復縁したい場合はどうすべき?

辛い失恋から立ち直れない人の中には、元彼と復縁できるのを願っている人もいるのではないでしょうか。

元彼と復縁するためには、いくつかのポイントや手順に気をつけることが必要です。

ここでは、別れた元彼と復縁する方法を解説していきます。


復縁方法1. まずは“冷却期間を”設けて距離を置く

別れたばかりの頃は、何をしても逆効果になります。連絡を取ろうとしたり、復縁を迫ったりすれば、鬱陶しがられるだけです。

別れの理由は人それぞれ違いますが、「魅力を感じなくなった」「一緒にいるのが疲れた」など、どれもネガティブなものばかり。

まずは、そんなネガティブな印象を薄めるため、1度冷却期間を設けることが大切です。冷却期間中は、元彼と全く連絡を取らないようにしましょう。

【参考記事】はこちら▽


復縁方法2. 自分磨きをして、元彼が驚くような魅力的な女性になる

元彼に再び恋愛感情を抱いてもらうためには、魅力的な女性へ大胆に変身し、新鮮な印象を与えることが鍵です。髪型やファッション、スタイルに磨きをかけ、女性らしさをアップさせましょう。

また、自分に自信が持てる価値観や考え方を身につけ、内面の美しさや魅力を高めることも必要です。

元彼が驚くような魅力的な女性に変身すれば、復縁に繋がる可能性が高くなります。


復縁方法3. 誕生日や年末年始など自然なタイミングで連絡してみる

誕生日や年末年始などの連絡は、好意的に受け取ってもらいやすくなります。メールやLINEで連絡する際のポイントは、文章が長くなりすぎないこと

「おめでとう」という挨拶に、プラス一言を付け加えるぐらいがベスト。彼女の有無を探るような内容や、復縁を匂わすような言葉は、もちろんNGです。

もし、相手から返信が来なくても、何度も連絡するのは避けましょう。鬱陶しいと思われて拒否されてしまう恐れがあります。


復縁方法4. 連絡が続くようになったら、デートに誘って再会を果たす

ある程度連絡が続くようになったら、直接会うことを提案してみましょう。デートに誘う時は、軽い雰囲気で伝えるのが大事

「何だか懐かしくなっちゃった。久しぶりにご飯でもどうかな」などと簡潔に伝えると、相手も誘いに乗りやすくなります。

恋愛感情を込めた長文や、復縁を狙うような言葉での誘いは、元彼の警戒心を刺激し、断られる可能性が高いので避けましょう。


復縁方法5. デートに行って再び距離を縮めたら、告白して復縁する

元彼との再会デートが成功すると、復縁できる可能性は高くなります。二人の距離が縮まったと感じたら、思い切って告白しましょう。

告白する時は、「もう一度やり直したい」ではなく、「新しい関係を築いていきたい」と伝えた方が、前向きな印象を与えられます。

良い意味で「あの頃から、ずいぶん変わったな」と思わせることができれば、元彼の心は復縁に傾くはずです。

【参考記事】はこちら▽


辛い失恋を克服して、上手に立ち直りましょう。

失恋から立ち直れない理由や、うまく立ち直れない女性の特徴、さらに、上手に立ち直る方法や、別れた元彼と復縁する方法についてお伝えしました。

「過去の恋を忘れたい」「失恋から立ち直りたい」と思うほど、過去の思い出に捉われてしまうものですよね。失恋から立ち直るためには、できるだけ過去に目を向けないことが大切です。

友達と遊んだり、趣味に集中したり、暇な時間を作らないようにしましょう。また、出会いの場に足を運ぶのもおすすめの方法ですよ。失恋で辛い思いをした時は、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事