頭の回転が遅い原因とは?頭が回らない人の特徴&改善方法を解説!

頭の回転が遅いと悩んでいる方へ。頭の回転が速くなるにはどうすればいのか気になりますよね。そこで今回は、頭の回転は遅い人の特徴や原因から、頭の回転を速める方法まで詳しく解説します。おすすめのアプリや本も合わせて紹介していくので、そちらもぜひ参考にしてくださいね!

頭の回転が遅くて悩んでいる人へ。

頭の回転が遅い原因

頭の回転が遅いことで、様々な物事が上手くいかなくて悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そんな人は、叶うのなら頭の回転が速い人になりたいと思うはず。しかし、学力を上げる方法は分かっても、頭の回転速度を上げるのにはどうすればいいか分からない方も多いでしょう。

そんな方のために、今記事では頭の回転が遅い人の特徴や原因から改善方法まで幅広く解説していきます。簡単なことではありませんが、努力次第で頭の回転を早くするのは十分可能ですよ。


頭の回転が遅いのはなぜ?気になる主な原因とは

頭の回転の速さは生まれつきの影響も大きいですが、後天的な原因によって頭の回転が鈍ってしまった場合も少なくありません。

一体どのような原因で頭の回転が遅くなってしまうのか、考えられる主な原因を4つ紹介していきます。改善するためには、まずそうなってしまった原因を解明していきましょう。

「急に頭が回らなくなった…」という人は思い当たる節があるはずですよ。


原因1. ワーキングメモリーの機能が低下しているから

ワーキングメモリーとは日本語訳で作業記憶と呼ばれるもので、短時間で脳内に情報を保持し、並行して処理をする能力のことを指します。人間の脳には自然と備わっている機能ですが、こちらの機能が低下してしまうと計算能力や記憶力が低下し、脳で考えてから実行するまでに時間が掛かってしまうように。

結果として頭の回転が遅いことに繋がりますので、ワーキングメモリーの低下は頭の回転が遅くなる原因として考えられます。


原因2. 寝不足など体調管理ができていないから

肉体的に不調を覚えれば、脳の働きも比例して鈍くなってしまいます。睡眠不足や偏食など不健康な生活をしていれば身体も崩しやすくなり、それに連れて脳が働かなくなるのも当然だと言えるでしょう。

万全な体調を保ててこそ、頭も回転して処理速度が上がりますが、反対に体調管理ができていない不健康体では判断力や思考力が低下し、頭の回転が遅くなってしまいます。


原因3. ストレスが溜まっていて集中力が欠如しているから

頭の回転の速さは自分の心理状態によって、大きく左右されます。ストレスが掛かっていれば気掛かりとなって物事にも集中できませんし、脳も効率よく働いてくれません。

実際に仕事で説教された時には落ち込んだり、イライラしたりして仕事に集中できず、頭が働かないといった経験をした方も多いはず。ストレスは頭の回転を鈍らせる原因となってしまい、ストレスが溜まれば普段は頭の回転が速い人でもたちまち遅くなってしまいます。


原因4. 普段から頭で考える習慣を身につけていないから

脳は使わなければそのまま劣化してしまうものです。普段から自分で考える習慣がなければ、その分脳も使わないのでどんどんと鈍くなってしまうように。

脳の働きが鈍っているため、いざ物事を考えようとしてもなかなか答えが出せず、頭の回転が遅いことに繋がってしまいます。普段から自分で考える習慣があれば脳も活発化して頭の回転も速くなりますが、そのような習慣が無いのなら頭の回転は遅くなってしまう一方です。


頭の回転が遅いと言われる人の7つの特徴

仕事やプライベートでの振舞いを見て、頭の回転が速い人・遅い人と自然と見分けが付きますよね。しかし、何をもって頭の回転が遅いのかを具体的に説明できる方は少ないはず。

そこで、ここからは頭の回転が遅いと言われる人の特徴を7つに分けて紹介していきます。自分や周囲の人が当てはまっていないか思い浮かべながら確認していってくださいね。


特徴1. 何度同じ説明をしても物覚えが悪い

頭の回転が遅い人は、受けた説明全てを暗記しようとしてしまいます。自分なりに解釈して自分の力へと変換できる能力が欠けているため、暗記するしかないのでしょう。

情報量に暗記が追い付いていないため、何度も同じ説明を受けなければならず、ミスを繰り返す物覚えが悪い人と捉われてしまいます。頭の回転が遅い人は決して覚えようとする気がないのではなく、覚えようとしても覚えられないのが実態でしょう。


特徴2. 決断力が乏しく、物事を判断するのが遅い

物事を判断する時には、知識や経験といった引き出しの多さが速さに影響します。頭の回転が遅い人は引き出しが他人よりも少ないため、判断も遅くなってしまうのです。

判断が遅くなれば、その分決断を下すまでにも時間が掛かりますので周囲からは優柔不断な人と思われることも。プライベートならまだしも、仕事の面では周囲に迷惑を掛けてしまうのも少なくありません。


特徴3. 臨機応変な対応が苦手

頭の回転が遅い人は、自分で物事を考えるという思考力が低い傾向に見られます。物事が変化すれば自分が理解することにすら時間が掛かってしまうので、状況に合わせた対応をするほどの余裕がありません。

臨機応変な対応は頭の回転が遅い人にとっては最も苦手としており、仕事などでトラブルが発生した場合はただ戸惑うことしかできないでしょう。


特徴4. 注意されても、なぜ怒られているのか理解できていない

大半の人は注意されればすぐに思い当たる節を考えますので、自分が怒られてしまっている理由に見当がつきます。しかし、頭の回転が遅い人は怒られている理由に思い当たる節が浮かびませんので、何をミスしたのか、何が悪かったのかを全く理解できません。

そのため、反省している様子が見られずにさらに怒られてしまうことも度々見られます。これはやる気がなかったり、反発したりしている訳ではなく、そもそも何故怒られているのかということから分かっていないのです。


特徴5. 要領が悪く、マルチタスクを捌くのが得意じゃない

頭の回転が遅い人は、とにかく物事の処理速度が遅い傾向に見られます。一つのことを理解して処理するのが精一杯のため、複数の物事を同時に処理するマルチタスクは到底不可能です。

あえてマルチタスクを避ける人も少なくありませんが、頭の回転が遅い人はマルチタスクをしたくてもできないのが特徴として挙げれらます。仮にマルチタスクをするように命じてしまえばパニックに陥りミスが増えてしまうため、より効率が悪くなってしまうでしょう。


特徴6. 物事を論理的に説明したり、話したりするのが苦手

論理的な思考を行うには、自分自身が物事を理解して整理する必要があります。頭の回転が遅い人は自身が理解するまでに時間が掛かってしまうため、とても論理的な会話を行える状態までたどり着きません。

そのため、話が無駄に長くなってしまったり、何が言いたいのか分からなかったりすることも多く見られます。話下手なのも、頭の回転が遅い人の特徴の一つです。


特徴7. 人とコミュニケーションをとるのが得意じゃない

頭の回転が遅い人は他人の気持ちを察したり、場の空気を読むのを苦手としています。本人にとっては全く悪気がないのに相手がいきなり不機嫌になりますので、怯えてコミュニケーションそのものが苦手になってしまうことも多いです。

会話は、その場で物事を考えて発言するアドリブの連続と言っても過言ではありません。そのため、とっさに考えるのを苦手としている頭の回転が遅い人にとっては苦手意識を持ってしまうのも仕方がないと言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


頭の回転が遅いのを改善する7つの方法!

頭の回転が遅ければ仕事のみならず私生活でも損をしてしまうため、改善したいと感じている人も多いはず。そこで、ここからは頭の回転が遅いのを改善する方法を7つに分けて紹介していきます。

一日二日で改善できる程簡単ではありませんが、必ず改善できますので焦らず取り組んでいきましょう。


方法1. 日頃から思考する習慣を身につける

頭の回転が遅いのは物事を考える習慣がなく、知識の母数が少ないのが原因です。そのため、日頃から様々な物事に興味を持つ習慣を身につけ、「なぜ?」と疑問を持つことから始めるといいでしょう。

自然と知識が増えていきますし、疑問を解決する能力が身についていきますので自然と頭の回転も速くなっていきます。好奇心を旺盛にしていくのが頭の回転を改善することに繋がりますので、視野を広く持って生活を送るようにしていきましょう。


方法2. 人と会話する機会を増やす

会話することで相手からの情報を認識する理解力、相手の顔色を見て話題を選ぶ状況判断力が自然と身につきます。会話は脳を活性化するために非常に有効かつ簡単な方法ですので、頭の回転が遅いのを改善するには積極的に人と会話する機会を増やしていきましょう。

コミュニケーション能力も高まりますし、友好的な関係を築けば仕事でも私生活でも円滑に物事が進んだりと、まさに良い事尽くしです。インターネットが発展して会話も少なくなってきている現代だからこそ、進んで会話していくように心掛けましょう。


方法3. 睡眠時間をしっかり確保して、脳をしっかりリフレッシュさせる

寝不足な日々が続けば、どんな人でも頭の回転は遅くなってしまいます。脳の働きを万全にするためにも、しっかりと睡眠をとって脳を休ませてあげてください。

質のいい睡眠をとれば脳の活性化が望めますので、ゆっくり入浴したり、寝具を自分の身体に合った物に取り換えたりすると尚効果的です。

ただし、睡眠が良いからといって寝すぎてしまうと、ボーっとしてしまい、逆効果となってしまうので7・8時間を目安にするようにしましょう。


方法4. すぐに判断する癖づけをするなど、決断力を習得する

他人から頭の回転が遅いと言われないようにするには、物事を判断するスピードを上げるのが良いでしょう。そのためには、何か選択を迫られた際には5秒以内に判断するなどの自分ルールを作って取り掛かるのがおすすめ。

仕事などの重要な判断ではなく、食べる食事や着る服など些細なことでも構いませんので、とにかく即決する癖をつけていきましょう。気が付けば、判断力・決断力が身について頭の回転が速くなっているはずです。


方法5. こまめに気分転換をして、ストレスを溜めないようにする

心理状態は脳の働きにも影響しますので、平穏なメンタルを保つように心掛けましょう。ストレスは脳の働きを邪魔する天敵ですので、定期的にストレス発散をして溜めすぎないようにしてください。

休日は仲のいい友人と過ごしたり、趣味に没頭したりすることでストレスがなくなり、冷静に物事を考えられるようになるはず。頭の回転を改善するには、まずストレスを上手に解消することから始めましょう。

【参考記事】はこちら▽


方法6. インプットやアウトプットの機会を増やす

頭の回転が遅いのを改善するためには、まず勉強をして頭の中へインプットしなければなりません。知識をどんどん蓄積していくことで頭の引き出しが増え、物事を考える際の材料となってくれます。

また、インプットしたら欠かさずアウトプットまでセットで行い、自分の知識として定着させましょう。口に出したり、文字にしたりと思考を外部に出すことで、単なる暗記ではなく自分の知識となります。


頭の回転を速くするおすすめアプリ4選

ここからは具体的に、頭の回転を速くするのに効果的なアプリを4つピックアップして紹介していきます。

アプリなら移動中や休憩時間にも気軽に脳トレを行えますので、頭の回転を速めたい方はぜひアプリをダウンロードして遊んでみるといいでしょう。


アプリ1. 『Brain Wars (ブレインウォーズ)』

『Brain Wars』はリアルタイムの対戦型脳トレアプリで、パズルやクロスワードなど10種類以上のゲームが収録されています。世界中の誰かと競いながら脳の活性化が図れますので、楽しみながら頭の回転を速めていくのが可能です。

シンプルなゲームばかりですので、大人はもちろん子供の脳の勉強にも活用できます。累計2,000万ダウンロードを記録している大人気ゲームですので、頭の回転を速めたいと考えている方には非常におすすめなアプリです。


アプリ2. 『頭の回転を早くする!脳トレ!Blackhole』

『Blackhole』は、パネルを画面中央に集めるパズルゲームです。150以上のステージが用意されており、十分な遊びごたえがあるので長期間に渡り脳トレを図れます

若干難易度が高いため、高校生や大学生、働いている大人の方におすすめしたいアプリです。1日2ステージをクリアするなど習慣付けていけば、毎日の暇な時間で頭の活性化が図れるでしょう。


アプリ3. 『PEAK(ピーク)- 脳トレ』

『PEAK』は、40種類以上の簡単なゲームが収録された脳トレアプリです。こちらのアプリは、ケンブリッジ大学やニューヨーク大学などの研究者の協力の元作られていますので、確かな根拠をもって脳トレに励んでいけます。

記憶力・注意力・問題解決力など様々な能力を楽しみながら鍛えていける上、能力によって最適なアプリを抽出してくれますので脳トレにはもってこいなアプリといえるでしょう。

シンプルなゲームばかりですので子供はもちろん、大人でも楽しめますのでどんな人にもおすすめできるアプリの一つです。


アプリ4. 『みんなの脳トレ〜脳年齢がわかる脳トレ』

『みんなの脳トレ〜脳年齢がわかる脳トレ』は、数字を順番に揃えたり、指定された秒数を計算したりと、非常に簡単なゲームが6つ収録されているアプリです。どのゲームも30秒程度で終わりますので、ちょっとした移動や休憩中の隙間時間に脳トレを行えます。

ゲームが終われば現在の脳年齢が表示されますので、脳の若返りを目指していく楽しみ方も可能です。ゲーム内容に加え、操作もシンプルな作りになっていますので、子供から大人まで幅広い方におすすめできる脳トレアプリとなっています。


頭の回転を速くするなら読んで欲しいおすすめの本3冊

頭の回転を速くするのに読書は非常に有効な手段です。ここからは、さらに内容においても頭の回転を速くするのに役立つ本を3冊紹介していきます。

簡単な概要を添えて紹介しますので、気になる方は読んでみると自分のためになるでしょう。


おすすめ本1. 『頭の回転を速くする45の方法』久保 憂希也、芝本 秀徳

頭の回転を速くする45の方法 (ディスカヴァー携書)

『頭の回転を速くする45の方法』は、ビジネス思考の型を紹介している本です。テクニックや知識といった答えをそのまま紹介するのではなく、自分の頭で考える習慣を身につけるために必要なマインドや思考習慣を45項目に渡り紹介しています。

ビジネス思考の基礎を紹介している著書となりますので、働いている大人の方におすすめしたい一冊です。累計6万部を突破している人気著書ですので、仕事で頭の回転が遅いことで辛い思いをしている方は手にとってみるといいでしょう。

販売サイトで購入


おすすめ本2. 『頭の回転が速くなるすごい!法』佐々木 豊文

頭の回転が速くなるすごい!法 (知的生きかた文庫)

『頭の回転が速くなるすごい!法』は、頭の回転を速くするということにスポットを当てて、脳科学・認知科学をベースにしたトレーニング法を紹介している著書です。脳だけではなく精神面や身体面からのアプローチ法も記述されており、様々な角度から頭の回転を速くする方法について詳しく解説されています。

著書内のトレーニングは大学の学術講演や有名企業の研修などにも採用されているなど注目を集めており、こちらも大人の方におすすめしたい一冊です。

販売サイトで購入


おすすめ本3. 『頭の回転が速い人の話し方』岡田斗司夫

頭の回転が速い人の話し方――あなたの会話力が武器になるユニバーサル・トーク×戦闘思考力

『頭の回転が速い人の話し方』は、会話のテクニックを生かす基礎から紹介しているノウハウ本です。会話にスポットを当てて紹介しており、会話を通じて頭の回転を速くする方法について書かれています。

「面接・プレゼン・セールスなどに効く」と自信を持って売り出しており、ビジネスマンから就活生まで様々な人に役立つ著書となるでしょう。頭の回転向上させるだけでなく、話上手になりたい人にもおすすめできる一冊です。

販売サイトで購入


頭の回転が遅い人は、普段の生活から意識して変えてみて。

頭の回転が遅いことによって、仕事でも私生活でも辛い思いをしている方は少なくないはず。

そんな辛い思いから脱却するためにも、「頭の回転は生まれつきだ」と諦めるのではなく、原因を究明して改善するようにしていくべきです。

すぐに改善できるほど簡単なものではありませんが、トレーニング次第で頭の回転を速めていくのは必ず可能なので、焦らずゆっくりと改善に向けて励んでいきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事