男性が結婚を決意したシチュエーション5パターン。結婚したいと思わせる瞬間とは?

長く付き合っている彼氏がいる女性は、「やっぱりこの女性しかいない」と男性が思うのはどんなときなのか気になりますよね。そろそろプロポーズがあってもいいのにと思っても、何もない時期が続くと、ちょっと不安になることも。そこで、男性が結婚を決意したシチュエーションや結婚を意識した瞬間についてご紹介します。

男性が結婚したいと感じた瞬間はどんな時?

結婚を意識する瞬間

お付き合いしている期間だけでなく、ふたりの距離感や年齢はある程度結婚の時期を測る目安になります。でも、恋人同士にはそれぞれのペースや結婚観、仕事や家族の状態など千差万別で同じ状況で進むカップルはいないですよね。

それでも、体調の悪いときに看病してくれたり、男性の家族と打ち解けた雰囲気を見せたりすると、やはり結婚を考えやすくなるようです。そこで、男性にとって「そろそろプロポーズしようかな」と思える、恋人との結婚を決意した瞬間はどんなときのか、5つのパターンにまとめてみました。


女性はぜひ、これからご紹介する瞬間を狙ってその気にさせてみて

結婚願望のある女性にとっては、周囲のカップルが結婚していくのを見ると、「私たちも…」と考えてしまうのは至極当然のこと。しかし、女性と男性では物事の考え方が異なるので、結婚に対してもどう考えているのか、本音がわからないということもあるかもしれません。しかし、交際を続けている女性がいるなら、プロポーズや結婚を決意するきっかけがないだけかもしれないのです。

そこで、結婚を急かすよりも、男性がどんなときに結婚を意識しているのかをチェックしてみましょう。もしかすると、きっかけがないだけだったり、女性の側にもう少しステップアップが必要だったりと、自分磨きをするチャンスかもしれません。


男性が無意識に結婚したいと思うシチュエーション5パターン

どちらかというと女性の方が結婚したいと思っていて、結婚願望が強いのは女性と思いがちです。しかし、男性も周りの人が結婚して幸せそうなところ、子供をあやして笑顔でいるところなどを見ると、女性と同じように「結婚したいなぁ」という気持ちになるようです。とはいえ、男性の場合は、女性よりもより具体的な結婚のイメージが必要になります。たとえば、ただ料理が上手な女性というよりも、具合悪いときに食べやすいものや元気のでるものを作ってくれたというときに結婚を意識するという人もいます。また、ただ子供が好きという話だけでなく、友人の赤ちゃんや子供をあやしたり、一緒に遊んだりしている姿を見ると、2人の子供がいる家庭のイメージが湧きやすいでしょう。そこで、結婚を決意したシチュエーションの5つのパターンを紹介します。


① 病気や怪我の時に看病をしてくれた時

風邪を引いたり、怪我をしたり、いつものように動けないだけで滅入ってしまうこともあります。男性はとくに家事に慣れていないことも多いので、親切な看病とやさしい気遣いには感動してしまうもの。そのため、体調不良のときに寄り添ってくれる彼女の姿を見ると、「このまま結婚したい」と感じてしまうことがあるようです。とくに、仕事に行けない、やらなきゃいけないことがあるけど身体がだるくて動けないというとき、男性は看病してくれる女性に弱いかもしれません。やさしく声を掛けるだけでなく、おかゆや栄養バランスの良さそうな料理を見ると、結婚したらいつもこんな風にしてもらえるのかなという、幸せな家庭のイメージができるのかもしれません。


② 自分の家族と打ち解けて仲良くなった時

恋人同士がお互いの家族と接するときも、男性が「結婚するなら彼女しかいない」と思える瞬間の出来事に値します。彼のご両親や彼女のご両親に会うことで、家族間の距離も近くなり、家族公認のカップルになることが可能です。同棲していたり、一緒に過ごす時間が多かったりしても、家族に会っておかないと、家族に認めてもらえないという気持ちになっていることもあるそうです。そこで、両親や家族に会ったときに、敬意を払って接し、気遣いながら会話をしているのを見るのは、男性にとって結婚の決め手になることもあるようです。ほかにも、両親が病気になったとか、入院したなどの情報があれば、「実家に行かなくていいの?」とか「手伝えることある?」と聞いてみるのもひとつの方法です。


③ 彼女と過ごす時間に居心地の良さを感じた時

彼の家での待ち合わせで仕事を終えて帰宅したら、「おかえりなさい」という声と笑顔で迎えてもらって、「結婚を決めた」という男性は少なくありません。また、一日の激務の後のデートでも、待ち合わせ場所での一声目がねぎらいの言葉で「お疲れさま」なんていわれて笑顔を見せられたというシチュエーションで、すぐ結婚したいと思ったという人もいます。どちらの場合も、彼女と過ごす時間に居心地の良さを感じる一コマですよね。一日疲れで滅入っていても、「癒やされるな」と感じたり、「結婚してからも続くといいな」と思ったりするのは、結婚生活のイメージをくっきりとさせていくのに効果的です。そして、彼氏の自宅で待っているときに、おいしいご飯を用意したり、病み上がりの彼氏にのど飴を用意してあげたりなど、気遣いの「+α」もすぐに男性を結婚したい気持ちさせる方法です。


④ 自然と子供の話をしている時

友人の赤ちゃんや親戚の子供と遊んだり、外出のときに赤ちゃんとや子供連れの家族を見たり、自然と視界に入ると自分の子供について考えるようです。また、幸せそうな子供のいる家族を見ると、子供がほしくなることがあり、彼女との生活でも子供がいたらいいなと思ったりもします。子育ては大変でも、こんなほのぼのとした気分が味わえるなら、結婚して子供がいる風景も悪くないなと思う男性が少なくありません。毎日の生活で子供や赤ちゃんのいる風景がイメージできるようになると、結婚や家庭という言葉が違和感なく自然に溶け込んできますよ。つまり、子供というフレーズが結婚に結び付けやすくなるでしょう。


⑤ この先の結婚生活がイメージできた時

同棲生活やどちらかの家でゆっくりと過ごす時間があると、ふたりの距離感近く感じられるので「一緒にいる」ことが普通に感じます。緊張感がなく結婚したら毎日こんな雰囲気を味わえるのかなと思えると、結婚が間近に迫ってきたような気分になるもの。こうした時間は、恋人感覚のふわふわした気分とは異なり、マンネリでも新鮮味がなくても問題はないようです。むしろ、結婚生活のイメージができ、「彼女と一生一緒にいたい」と思う瞬間のようです。いつまでも恋人気分ではいられませんが、恋人らしい新鮮な期間が過ぎても「一緒にいたい」と思えるならあとはプロポーズでOKといったところでしょう。男性は女性以上に、自然体でいられる関係が結婚のイメージにつながりやすく、結婚の決め手になるのかもしれません。


男性が結婚を強く意識するきっかけは?

男性が結婚を強く意識するきっかけは、ある意味で大きなものや特別なことが起きなくても大丈夫なようです。それよりも、心からのねぎらいの言葉や励ましの言葉、また落ち込んでいるときに慰めてくれるなど、彼女は元気にしてくれる人と思えることなどが関係しています。また、毎日さりげなく応援してくれたり、ほめてくれたり、また一緒に喜んでくれるというのは、彼女のことを「一生大事にしたい」と思える瞬間みたいですよ。そんな気分に、拍車をかける結婚を意識するきっかけは何でしょうか。


きっかけ① 友人がどんどん結婚していく

友人や職場の同僚の結婚式などで、新郎や新婦の幸せそうな姿を見ると、男性も結婚したいという気持ちになるようです。自分自身と新郎の様子を重ねてみたり、彼女がウェディングドレス花嫁衣裳を着ているところを思い描くことで、漠然としていた結婚のイメージがふたりの結婚式の場面を想像させたりもします。でも、男性の場合は女性と異なり、ウェディングドレス姿よりも、家庭的な様子や幸せそうな姿を考えると、より幸せな結婚生活や未来がイメージできるそうですよ。


きっかけ② 年齢を気にし始めた

良くも悪くも、お互いに結婚適齢期になると、周りの人も結婚することが多くなり、結婚を意識することが増えます。年齢や交際期間を考えたとき、お互いにそろそろと思うと自然と結婚の話が出やすいことも。そこで、「そろそろ」と思えるようになってきたときには、そのタイミングが結婚を決めるときかもしれません。また、ご両親も年齢や彼女との交際期間を考えると、そろそろ結婚してもいいんじゃないなど、アドバイスや意見が出るようになったときも結婚を決めるサインになるかもしれません。こうした時期に、それぞれの両親や家族に合ったりすると、結婚が間近になる気がしますね。


きっかけ③ 仕事がちょうど落ち着いた

「まずは仕事」と、結婚よりもビジネスフィールドでの成功や進みたい方向が軌道に乗ったら、結婚を考えたいという男性が多数。これは、とても大切なことですよね。家庭を持ち家族を養っていくには、仕事も優先しなければならないこともたくさんあります。ですから、男性が自分の仕事や仕事の立場が安定してくると、自信もついてくるのでそれから結婚を考えるという人も多いでしょう。仕事も落ち着いてプライベートも順調になってくると、家庭を持って安心するために結婚に踏み切れるときが来るかもしれません。


男性の結婚のタイミングやきっかけを知っとくと良いことあるかも

女性は20代後半から30代になると、結婚への焦りが見え始めます。男性の場合は、年齢や交際期間だけでは決められないことが多く、彼女との幸せな未来がイメージできたとき、一気に方向が変わるようです。そして男性は、日常生活での幸せ感が想像出来たら「思わず」結婚したくなることが多いのかもしれませんね。お互い好きなのになかなか結婚に結び付かないなと思っているなら、イメージ不足が関係しているかも。そんなときには、家庭的な部分が伝わるようにアピールしたり、ほのぼのとした雰囲気や結婚しても続けてほしいと思える気遣いと言動で伝えてみるのは、彼氏の心を動かすのに効果的かもしれません。


【参考記事】理想の結婚相手と出会うための婚活必勝法をご紹介します▽

【参考記事】オタクな貴方でも素敵な異性と出会える方法を徹底レクチャー▽

【参考記事】社会人ならではの出会い方を試して素敵な異性と出会いましょう▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事