男女の友情はある?異性の友達がいるメリットと関係が長続きする方法とは

男女の友情が成立するかしないかは、意見が分かれる問題ですよね。今回は、異性の友情が成立するかどうか、成立する派の理由と成立しない派の理由を解説していきます。また、異性の友達がいるメリットと友情関係を維持するためのコツまで詳しくお教えするので、悩んでいる人は参考にしてみてくださいね。

男女の友情は成立すると思いますか?思いませんか?

男女の友情はある?

異性の友情は、成立するかしないかで意見が分かれます。異性の友人と関係を継続させたいと考えても、なかなか関係が継続しない例も多いです。

それでは、異性の友情を構築しづらい理由はどこにあるのでしょうか?

今記事では、異性の友人ができない理由から男友達・女友達がいるメリット、長く友人関係を構築するコツを説明します。


男女の友情はある?男女別に男女の友情が成立する理由・成立しない理由を解説

まずは、異性の友情が成立するのかについて男女の見解をピックアップします。

賛否両論ですが、細かい理由については男女とで違うようです。

どのような意見あるのかをチェックして、成立するのかを考えてみてはどうでしょうか?


男性から見た男女の友情について

男性は、女友達にいろいろな感情を持ちます。「男友達と同じと思っている」「恋愛対象になるかも」など、視点が違うのです。

女友達との友情が成立するかに関しても、自身の視点を参考して結論を出す人がいるので、どんな視点があるのか見ていきましょう。


男女の友情は成立する派の意見

まずは、友情が成立すると考えている男性の意見です。

恋愛感情を持たない相手を女友達にする人が多いようで、「恋愛対象にならない」を大前提にしているフシがあります。

どのような意見があるのかチェックしてみてましょう。


成立派の意見1. 異性だと思ってなければただの友人だから

「同性だと思っているから友達以上にはならない」という意見があります。もともと男友達と同じ存在と認識しているなら、女友達も成立すると考えるとのこと。

男友達と同じような関係になる女性なら、長年友人関係を構築できたと推測できます。

しかし、女性が同じように認識しているかは分かりません。もし女性側が恋愛感情を持っていると、認識のずれから亀裂を起こすことも。


恋愛感情を持てない女性と友人になれば良い

恋愛感情を持てない相手なら、女友達になれると考える人もいます。このように主張する人は、恋愛感情を持ちそうな相手は避けて女友達を作っているようです。

恋愛感情を持つ可能性のある女性を除けば大丈夫という理屈は、説得力も感じます。こちらも認識がズレがあると良くないですし、前項以上に女性が傷ついてしまうかも。


成立派の意見3. 実際に女友達がいるから

自分に女友達がいるんだから、他の人も女友達を作れる」と主張する人も。経験則に基づいた意見で、自分がいるから成立するというシンプルで分かりやすい見解となります。

確かに、実際に女友達がいれば成立派となるでしょう。

ただ、あくまで自分の状況のみを述べただけなので、誰でも成立すると考えてはいないようです。あくまで個人の意見なので、鵜呑みにするのは危険かもしれません。


男女の友情は成立しない派の意見

逆に成立しないと考える男性は、どのような考えを持っているのでしょうか。

成立派の意見と比較すると、「絶対に恋愛対象を抱かない女性はいない」と考えている点が違います。

それでは、意見をチェックしてみましょう。


成立しない派の意見1. 何かのきっかけに好意を抱く可能性があるから

成立しない派の人は、恋愛対象にならないと思っていても「きっかけがあれば好意を抱くのでは?」と考えているようです。

きっかけに関しては人それぞれですが、男女である以上好意を抱くターニングポイントがないとはいえません。

確かに、これまで意識していない人に女らしさを感じて好意を抱くケースもあります。このような意見を持っていれば、友情は成立しないと考えても不思議でないでしょう。


成立しない派の意見2. 「チャンスがあれば!」と狙っている男性は多いから

口では恋愛対象にならないと言っても、本心は違う」と主張する人も。特に女性側に好意を明かされた時に、満更でもないと感じるケースが考えられます。

これまで意識していなかった女性でも、好意を抱かれると付き合ってしまう男性もいるようです。

好意を抱かれれば惹かれる人も多いので、この意見にも説得力を感じられるでしょう。


成立しない派の意見3. 過去に女友達と付き合ったことがあるから

先ほどの成立派の意見と真逆で、成立しないという経験則から語られています。

女友達だと思っていただけど、次第に好意が…」という人も男性の中には多いようです。

女友達だと思っていた人に恋愛感情を持った人や、実際に恋人になった人は、このような意見を抱いてもおかしくありません。


女性から見た男女の友情について

女性も男友達との友情については賛否があるようです。

ただ、男性と比べると「恋愛対象にならないと人は一貫してならない」と考えた上での意見が多く見られます。

成立の可否はともかく、男性と違う視点を持っているのが分かるでしょう。


男女の友情は成立する派の意見

まずは、友情が成立すると思っている女性の意見です。

対象でない男性に対して明確に好意を持たないと思っている傾向にあります。

それゆえに、ある程度仲良くなってもあくまで男友達止まりと割り切れるのかもしれません。


成立派の意見1. 相談相手として良き理解者になってくれてるから

男友達を相談相手としか認識していない人は、成立すると考えるようです。

仕事や恋愛を含めて相談相手と認識すれば、頼りになる男友達と考えるのかもしれません。

恋愛に関する質問を行う相手なら、恋愛対象にならない相手にするのが基本です。そのため、相談相手としての距離感なら友達になれると考えるのもうなずけます。


成立派の意見2. 特に何の恋愛感情を持たないから

男友達に恋愛感情を持ったことがない女性は、成立すると考えます。確かに、恋愛感情を持たないことが一貫すれば、男友達は成立するでしょう。

また、女性側も男性と同様に恋愛感情を持たない相手を男友達とするようです。恋愛感情を持たない相手と友人関係を構築すれば、恋愛感情は起こらないといえます。

このように、女性側は男性との友情を構築しているのです。


成立派の意見3. 家族や姉弟の感覚に近いから

男友達を家族同然に認識している女性も、異性の友情が成立すると考えるようです。こちらも先ほどの意見と似ていますが、より男性側と距離が近い状況が推測されます。

そのため、男性側に恋人ができると自分のことのように喜ぶ場合も。男友達というよりは肉親のような感覚であり、よりくだけた関係を望む女性の意見といえるでしょう。


男女の友情は成立しない派の意見

続けては、逆に男女の友情が実現しないと思っている人の意見です。それでは、なぜ友情が成立しないと考えるのかチェックしていきましょう。


成立しない派の意見1. 相手に好意を持たれてしまったことが何回もある

男友達側からのアプローチがあったことで、友情が成立しないという意見を持つきっかけになるケースも。

自分が男友達と認識していた人に好意を持たれれば、成立しないと考えるのも当然といえます。

一度ならともかく、何度も男友達から好意を持たれるとよりその傾向は強くなるでしょう。


成立しない派の意見2. 特別扱いされるとすぐに好きになってしまう

男性側から他の人とは違う振る舞いをされて、男友達として見れなくなる場合もあります。

今まで恋愛対象にしていない男性に対して心変わりするケースもあるようです。

特別扱いをされて悪い気をする人は少なく、他の女性と違う扱いを受けるうちに、自分も特別に扱っていたという例が見られます。

お互いの気持ちが一致するなら、友情からのステップアップと認識できるかもしれません。


成立しない派の意見3. 何かの間違いで関係を持ってしまったことがあったから

そのつもりがなかったのに男友達と肉体関係を持った人は、成立しない派です。

お酒の席で相談に乗っているうちになど、酔った勢いそのままにお泊まりして関係を持つケースも。

恋愛対象にしていない人と関係を持つと、友情が成立しないと考えるのも納得できます。


異性の友達を作ることで得られる7つのメリット

男女ともに友情の成立に対して意見が分かれることが分かりました。ズレがある点を考えると、なかなか異性の友達を作るのは難しいですね。

ただ、異性の友人がいると大きなメリットがあるのも事実。ここからは、異性の友人の存在によるメリットを説明します。


メリット1. 同性には分からない、異性の視点で意見を聞くことができる

男性ならでは、女性ならではのアドバイスを受けられるのが、メリットの一つです。

恐らく、異性からの意見をもらい参考にしたいと考える人は多いと思われます。

異性の友人がいると、そんな時に気軽に相談してアドバイスをもらえます。自分にはない視点を得れる意味でも大きいです。


モテるファッションコーデが異性に教えてもらったほうが説得力がある

ファッションコーデの場合、男女で認識が異なるケースが多いです。女性が好むブランドファッションであっても、男性には高飛車にしか映らないことも。

そのような違う視点の意見は、異性の友人がいると聞きやすいため、メリットとなります。


メリット2. 異性の友達がいると、異性との交友関係を広げやすい

異性の友人がいると、それをきっかけに異性同士の繋がりが増えていきます。交友関係を広げてくれるため、恋愛においても異性の友人は心強い味方に。

共通の友人を通して恋愛に発展するケースはよくありますが、異性の友人がいるとより出会いの可能性が上がります

パートナーを見つけようとしても、出会いがなければ始まりません。異性の友達は、出会いのサポートをしてくれる存在でもあるのです。


合コンのセッティングもスムーズにできる

男女の出会いの場の定番といえる合コン・飲み会も、異性の友達がいるとセッティングがしやすいです。

お互いの友達がいれば、ライン等で声を掛けて集めるとスムーズに計画できます。


メリット3. 異性と話す練習ができる

パートナーにしたい人がいる時は、練習相手になってくれることも。ラインでの会話、遊ぶ誘いや旅行のシュミレーションなど、いろいろと協力をしてくれるので心強いです。

同性では、いくら遊ぶ誘い・旅行のシュミレーションをしても限界があります。異性ならではのアドバイスやレクチャーを受けられるのも、大きなメリットです。


メリット4. 異性の恋愛に対する考え方の違いに気付くことができる

「旅行を誘うならどれくらいの仲良くなった時?」「どこで遊ぶと楽しい?」など、男女によって意見が分かれる内容もあります。

その時に異性の友達がいると、同性ならではの意見を教えてくれるでしょう。

他にも、仕事で男女どちらかをターゲットにしたプロジェクトに関わる場合に心強いです。自分だけの意見だと偏ることも多いので、異性の意見は貴重ですね。


メリット5. 好きな人ができた時に協力してもらいやすい

好きな人ができた時にアドバイスやサポートをしてくれる友人は、とても心強い味方。

上手くフォローしてくれたり、大人数での旅行をセッティングして遊ぶことができたりと、メリットは多いです。

前述の通り、異性視点のアドバイスを行ってくれることも。好きな人との関係を深めたい時に、異性の友人の存在は非常に大きいといえるでしょう。


メリット6. 男友達であれば力仕事、女友達であれば細かい仕事を頼むことができる

女性の場合、男友達がいると、力仕事の時に協力にしてくれる可能性があります。恋愛対象でなくとも、女性に大変な仕事をさせずに守ってあげたいと考える男性も多いです。

逆に男性は、女友達に苦手な細かい仕事をお願いできることも。仕事ついては男女とも異性に頼りきりにならず、持ちつ持たれつの関係を心掛けましょう。


メリット7. 同性の友達だと行きづらいお店や、デートスポットで遊ぶことができる

男女ペア限定だったり、同性だけでは入りづらい場所に行きやすくなるのもメリットの一つです。

男女ともに一人では行きづらいデートスポットやお店があります。

そんな時に異性の友人がいればお願いして遊ぶこともできるので、くだけた関係なら気軽にライン等で誘ってみるといいでしょう。異性の友人は、遊びに行く際も味方になってくれるのです。


異性の友達と友人関係を上手に継続する7つの方法

異性の友達を作ることは、いろいろな面でメリットがあります。

しかし、親密になりすぎて関係がギクシャクしたり、認識が変わる可能性も。

ここからは、異性と友人関係を続けるための方法を7つ紹介します。


方法1. 異性として見るのではなく1人の人間として向き合う

「異性以前に一人の人間である」と認識し、友人関係を維持していく方法です。異性以前に個人としてリスペクト出来れば、恋愛対象に変わる可能性もないでしょう。

ただ、あくまで本人の気持ちによるところが大きいのが不安要素。意識をすればするほど…というケースもあるので、自然に向き合えないなら難しいでしょう。

その場合は、他の方法も並行して実践するといいかも。


方法2. 二人きりではなく、集団で会うようにする

次は、異性同士に合うのを避けて、集団での関わりに留める方法です。集団の中の一人であると思っていれば、自ずとただの友達同士の距離感に収まってしまいます。

どうしても会わざる得ない事情がない限りは、ライン等での距離感にしておくといいでしょう。

異性の友情を維持するなら、特別な関わりを持たないのが重要なのです。


方法3. お互いの恋愛相談をして、友達だという自覚を持ってもらう

次は、恋愛相談を友人同士で行う方法です。

双方が好きではない気持ちを明確にすれば、友人関係を無理なく続けられるという考えになります。

しかし、相談の距離感を一定に保つのが必須です。そもそも、恋愛相談をしたり聞くうちに好意を抱くケースはありがちなので、ある程度わきまえて行うようにしましょう。


方法4. 常にお互いが、他の異性と付き合っている状態を作る

常にお互いが付き合っている人を作るのも方法の一つです。お互いパートナーがいれば、友人として認識しやすいという考えもあります。

浮気にならないように距離感を保てば、異性の友人も問題ないという意見も。異性視点のアドバイスをもらうことで、よりパートナーと上手く付き合っていける余地もあります。

他の異性の恋人がいれば、友人関係を維持でき以外にもメリットがあるといえるでしょう。


方法5. 中性的に振る舞うことで、異性としての魅力を出さない

次は、中性的に振る舞う方法です。女性らしさ・男性らしさに見解の違いはあれど、意識的に振る舞えば同性のように認識してもらえます

中性的な振る舞いがよく分からない場合は、異性に振る舞い方について聞いてみるのもいいです。

無理に振る舞う必要はないですが、友人関係の継続を強く望むなら一考といえるでしょう。


方法6. 安易にハグをしたり、軽い気持ちで肉体関係を持たない

本来恋人が行うハグなどをすれば、恋愛感情が沸き上がってくる可能性も。そのため、ハグをしたり関係を持たないのも友人関係を維持する方法の一つといえます。

上手く距離感を保つことにより、友人関係を構築し続けれるのです。肉体関係を持つくらい親密なら、むしろ恋人同士になるためにアプローチするべきといえます。

恋愛感情を持っているならともかく、そうではないなら距離感を保ちましょう。


2人きりで飲み・お泊り・旅行には行かないようにする

2人きりでの飲み・お泊まり・旅行も、大抵は恋人同士で行うものです。飲むのは友人同士もあるかもしれませんが、お酒が入って関係に至るケースも

お泊まり・旅行については、仲が進展している相手を誘いましょう。


方法7. ラインでの連絡は最低限の内容で、無理ない連絡頻度にする

ラインやメールの連絡についても出来るなら最低限にしたいところ。恋愛関係の踏み込んだトークは、お互いを異性と強く認識させることになりかねません。

友人の状態を維持するなら、連絡は仕事・サークルにおける業務連絡の範疇に留めるべきです。連絡頻度も少なめにして、適度な距離を保つように心がけましょう。


男女の友情を成立させたい人は距離感を大切にしてみて。

異性の友達がいれば、仕事や恋愛に対して心強い味方になるのがメリットです。しかし、男女ともに異性の友情の成立については賛否両論で、いろいろな意見があります。

特に付き合っている人がいる場合、異性の友人がいることで不安や怒りを覚えたり、逆に怒らせることも。

自分の状況に応じた距離感を保てないと、異性の友達をきっかけにトラブルになりかねないので注意してくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事