バツイチの再婚は難しい?離婚後の婚活が大変な理由&再婚のきっかけを作る方法

離婚を経験したバツイチの男性・女性の再婚事情を解説します。もう一度結婚することが難しいのは本当?その理由は?などの疑問に答えつつ、幸せな結婚生活が送れるパートナーとの出会い方やきっかけまで解説します。今話題のネット婚活やアプリを駆使して、良い出会いを探しましょう!

離婚を経験したバツイチさんが再婚をするのは難しい?

バツイチの婚活

一度離婚を経験した人を意味する「バツイチ」。最近では3組に1組が離婚するとも言われていて、離婚経験自体は割と身近な存在になりつつあります。ですが、依然として離婚やバツイチ、シングルに対する良くないイメージを持っている人もいます

そのため、いざ再婚をしようと思っても、なかなか良い出会いに恵まれないのも事実です。

そこで今回は、「バツイチだと再婚が難しい理由」と「出会いのきっかけの作り方や婚活方法」の2つを解説していきます。

そもそもバツイチの再婚が大変な原因を紐解き、再び幸せな結婚生活を送りたい人のためのきっかけの作り方を学んで、幸せな結婚生活を手に入れましょう!


再婚している人は意外と多い!日本の再婚率は、全体の婚姻数の約26%

一度離婚を経験したバツイチ男性・女性に関する正確な統計は出ていませんでしたが、厚生労働省の調査によると一年間で結婚したカップルの内、約26%(4人に1人くらい)が再婚したカップルとして記載されています。

その歳に結婚したカップルの内、4人に一人が再婚なことを考えると、一度離婚しても再婚することが身近になっているようですね!


バツイチで再婚するのが難しい/大変な理由とは?

バツイチの再婚が難しい理由

まずは、バツイチの境遇で再婚が難しい原因やその理由を解説したいと思います。晩婚化が進んで、初婚の人ですら結婚してくても出来ない状況の中、ちょっと変わった境遇のバツイチさんたちが再婚出来ない理由はどこにあるのでしょうか。

世の一般的な状況や相手側の心理など幅広い視点から原因を探っていきます!


バツイチの再婚が難しい理由① 世間的に離婚に対してのイメージが良くないから。

バツイチの再婚が難しい理由は世間のイメージが悪い

離婚というと一般的にはマイナスなイメージがついて回ります。結婚生活をする上で何か問題があったのか、性格が災いしたのかなど、ありもしないことまで色々想像されてしまいます。

また収入が多かったり容姿が優れていたりするのに離婚経験があると、更に疑り深くなってしまう方もいるそうです。「スペックは良いし理想の結婚相手なのになんで別れたの?」という目線を持たれてしまうので、出会った時点でマイナスになってしまう傾向にあります。

バツイチの再婚が難しい理由に占める割合が大きいのは、この悪いイメージを払拭するのに苦労してしまうことが一因のようです。


バツイチの再婚が難しい理由② 子供(連れ子)との距離感や接し方に相手が悩んでしまうから。

バツイチの再婚が難しい理由は子供との接し方に悩む

シングルマザーやシングルファザーの場合、再婚をする上でどうしても子供の事を第一に考える必要があります。

新しいパートナーと我が子がうまくやっていけるのか、子供は新しい父親(母親)を受け入れてくれるだろうかなど、子供に与える心理的なプレッシャーや苦労を考えるとお互いに結婚に前向きではなくなってしまうそうです。

特に子持ちの相手と結婚する初婚の方や、離婚経験はあるけど子供がいない方の立場で考えると、相手の連れ子との接し方に苦労したり心の距離感に悩むため、交際は出来ても再婚までは行かないケースもあるそうです。

子供がいる場合は、無理やり再婚するよりも子供のことを第一に考えたライフスタイルを考えるほうが得策かもしれませんね。


バツイチの再婚が難しい理由③ 相手の元夫・元妻の存在が気になってしまうから。

バツイチの再婚が難しい理由は元妻や夫の存在

バツイチの相手と交際や結婚するとなると、どんなに円満に離婚が成立しても相手の元夫や妻の存在は気になります

特に子供がいる場合は、離婚してからも定期的に顔を合わせたりしますし、慰謝料や養育費の問題は大丈夫か、元パートナーは信頼できるのかなど、相手が真面目な人ほど深く考え込み疑り深くなってしまって、再婚まで至らないケースが多いそうです。

そのうち元パートナーに対してだけでなく、あなた自身にも疑心暗鬼になってしまってうまく行かなくなってしまった、ということも。

相手が気になってもなかなか聞けないことは、最初にきちんと伝えましょう。相手の不安や気になることは最初に解決いておくことで、その後の関係を発展させやすくなりますよ。


バツイチの再婚が難しい理由④ 相手の家族の理解を得るのが難しいから。

バツイチの再婚が難しい理由は相手の家族の理解を得るのが難しい

相手の家族の理解を得られない、相手の家族の理解を得られるかで悩んでしまうパターンもあります。初婚同士の結婚ですらスムーズに行かずに揉めることがあるので、もし相手がバツイチだったら、相手の親の理解を得るのはさらに難しいかも。

特に親世代はバツイチに対して、私達以上に良くないイメージを持っている人のほうが多いでしょう。どれだけ真剣に挨拶をしても、突っぱねられることもありえます。それに疲れてしまって、再婚を諦めてしまうケースもあるそう。すぐに諦めずに時間をかけて交流を深めることが大事です。


バツイチの再婚が難しい理由⑤ 仕事と子供優先で婚活の時間が確保できないから。

バツイチの再婚が難しい理由は仕事と子育ての両立でいっぱい

離婚後もフルタイムで仕事をして、子供の世話をして、家事をして、となると単純に自分のための自由な時間がなくなってしまいます。

仕事も育児も家事も生活のために必須なことですが、できる人が自分一人しかいないのでワンオペ状態になってしまい、自分のことは二の次となってしまうライフスタイルに自然となってしまいます。

仮に自分の時間があっても、疲れていて何もする気が出ない、子供がいるので長時間の外出は厳しい、となってしまいます。そうなると出会いどころか、自分への投資をする時間を確保できずに、どんどん自信を失って再婚を諦めるケースもあるそうです。


バツイチで再婚するための婚活方法やきっかけの作り方を解説!

バツイチが再婚する方法

ここからは、バツイチでも再婚をするためのきっかけの作り方や婚活方法について解説していきます。

バツイチに対して全員がネガティブに捉えているわけではありません。過去は気にしない、と言ってくれる素敵な異性は必ずいます。そんな素敵なパートナーとの出会いを手繰り寄せるためのきっかけの作り方や婚活の方法を学んでいきましょう!


バツイチでも再婚できるきっかけの作り方① 離婚経験に対してポジティブに捉えた言動を心がける

バツイチが再婚する方法やきっかけは明るく振る舞う

離婚の経験から学んだこと、結婚生活のリアル、など離婚を経験した人しか分からないことはたくさんあります。

そこからしっかりと学んで、良い経験だったとポジティブに捉えられれば必要以上に落ち込まず、卑屈にもなりにくいですよね。

まず再婚を目指すなら、離婚した原因や経験から次回に生かせることをしっかりと思い返して、再婚に向けて婚活をするための準備をしましょう。

明るく振る舞っていれば、自然と人のつながりが増えてきて、自然な形で円があるかもしれません。出会いを無理やり増やしに行くのではなく、まずは自分の言動を変えることから始めてみましょう。


バツイチでも再婚できるきっかけの作り方② 子供と過ごす時間を楽しむようにする

バツイチが再婚する方法やきっかけは子供との時間を楽しむ

無理に新しいパートナーを探して結婚生活を再開させるよりも、子供との一対一の時間を楽しむことを心がけることも大切です。家族のあり方に縛られずに、子供との時間を大切にしてみてください。

もしかしたら子供と出かけた先で、シンパパ・シンママと知り合いになったり、なにかのきっかけでコミュニティに入ることになって、人とのつながりが広がるかもしれません。

離婚経験者、子育てに奮闘しているという共通点がきっかけで、親しい関係になるケースも増えています。子供との時間を優先して親子で参加できるようなイベントにも足を運び、子供と一緒に過ごす今だけの時間を楽しんでみてくださいね。


バツイチでも再婚できるきっかけの作り方③ 自分の境遇を隠さず、正直に打ち明けるようにする

バツイチが再婚する方法やきっかけは正直に打ち明ける

交際したいと思える素敵な人に出会ったときに、「バツイチであることを正直に伝える」のはとても大切なことです。

相手が聞きにくいことは自分からオープンにして話すことで、付き合ったあとの揉め事も減らせますし、何より自分の秘密を相手に打ち明けることは、相手を信頼していることの証として相手からも信頼をされ、心の距離も縮まります。

一度結婚生活を経験しているのは、未婚の方にしてみれば頼もしい経験値としても映ります。今までの結婚生活や離婚で経験したいろんなことをバネにして、次の結婚では再婚の幸せで楽しい結婚生活を築くために努力を惜しまない、という印象も持ってもらえるかもしれません。

できる限り早い時期、もしくは初めから、バツイチであることを正直に伝えるようにして、過度にバツイチだということに対して卑屈にならずに、明るく振る舞うことを意識しましょう。


バツイチでも再婚できるきっかけの作り方④ ネットで再婚のきっかけを探してみる

バツイチが再婚する方法やきっかけはアプリを使う

再婚するための婚活の手段はたくさんありますが、スマホを使ったネット婚活なら、ちょっとした時間でも気楽に出会いを探せます。すでに20代、30代の5人に1人はネットを使った恋愛サービスで出会っているそうです。

子供がいて長時間目が離せない環境でも10〜15分で出会いを探せたり、条件に合う相手をおすすめしてくれたり、ネットでの出会いも充実しています。

上場企業が運営している婚活サービスも多いので、自分のための時間が確保できない方は、ネットをフル活用して出会いを探してみてください!


スマホ一つで自由に婚活できる『ペアーズエンゲージ』

バツイチの再婚におすすめの婚活サービス

時間がない中で効率良く、しかも自分の好きなタイミングで自由に相手探しができるネット婚活サービス『ペアーズエンゲージ』。条件にあった異性を毎月30人紹介してくれるので、登録後は待っているだけでも出会いがあります。

月額費用が“9,800円”は婚活サービスの中でもリーズナブルに設定されていて、担当者への相談は24時間対応。忙しくて時間がない、生活があるから大金は払えない、という方でも再婚を目指した出会いを探しやすくなっています。

登録から14日間は月額費が無料なので、試しに登録して良い人がいるか使ってみてください!

公式サイトで詳細を見る


バツイチでも再婚できるきっかけの作り方⑤ 再婚者の支援に特化した婚活サービスを使う

バツイチが再婚する方法やきっかけは再婚者支援似特化したサービスを使う

ネットの出会いの中でも、再婚を目指している人を対象にした婚活サービスが一番出会いの可能性が高いきっかけです。

どれだけ出会えると言われている婚活サービスでも、どうしても初婚も人と比べられてしまうので、どんなサービスでもいいというわけではなく、再婚支援に力を入れているサービスがベスト。

相手も離婚経験や子供がいることを知っていてサービス利用しているので、出会った最初から理解してもらえているのは大きなメリットです。同じ体験しているので意気投合も早く、お互いを尊重して理解し合えるパートナーが見つかりやすいのも、再婚支援に重きをおいたサービス利用の利点。


再婚者優遇を明記しているマッチングアプリ『マリッシュ』

バツイチの再婚を後押ししてくれるマリッシュ

マリッシュ』は再婚希望者の支援に重きを置いたマッチングアプリサービスです。運営会社が公式に“バツイチ、シンママ、シンパパ優遇”と断言している珍しいアプリ。

離婚経験があっても出会いに積極的になれるように、ポイント増量などアプリ内での活動がしやすいように配慮してくれます。

もし今流行りのアプリを使って気軽に出会いを探すなら、優遇措置があってバツイチに理解があるユーザーが多いマリッシュがおすすめです!

公式サイトで詳細を見る


バツイチでも再婚して幸せを掴んでいる方はたくさんいます。

バツイチでも新しいパートナーを見つけて、幸せな結婚生活を送っている人はたくさんいます。

確かにバツイチというだけでマイナスなイメージを持って接してくる人もいるかもしれませんが、それはもうごく少数。今は離婚経験をネガティブに捉えない人はたくさんいます。

大切なのは、必要以上にネガティブにならずに、常に未来を見ること。今自分が置かれた立場を楽しむくらいの明るい気持ちで過ごすことが大切ですよ。

【参考記事】はこちら▽

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事